追悼・不死鳥(1995)

今月初め、最大級の衝撃がありました。

“不死鳥”であるはずのハヤブサ、突然の死です。
ハヤブサ

グレーテスト1972の同志の皆さんが追悼記事を書かれています。

 自遊人 より
2016年3月3日(木) の事 大田区総合体育館

 団塊Jrのプロレスファン列伝 より
お久しぶりでございます

FMWに思い入れ深いBKっちは、

独自の観点でハヤブサへの想いを綴っています。

 妄想旅館3~ハートブレイクホテル より
不死鳥が…

あぁ…本当に悲しいな…。

あのハヤブサが亡くなってしまうなんて…。

もしも、ディレクTVが日本で順調に軌道に乗っていれば、新生FMWこそが今頃業界の盟主に君臨していたと、オラは今でも思っています。
今のDDT、大日本、ドラゲー、新日のいいところ全部持っていたのが新生FMWだったのだから。


今の新日本における棚橋弘至の姿こそが、

新生FMWにおけるハヤブサ=Hの理想形だったと。
食らいっぷりは人一倍

私がハヤブサを語るのは役不足かも知れませんが、

プロレスを長く観てきた以上、語る義務があると思い、

ここに追悼記事を捧げたいと思います。



私の中の最初の記憶は、

もちろん第一回スーパーJカップ一回戦の、

vs獣神サンダーライガー

ワープロではダイジェスト扱いでしたが、

あの試合で披露した入場コスチュームを着たままの、

トペコンヒーロが衝撃的でした。
ハヤブサvsライガー2

その後、FMWで躍動していたハヤブサとは疎遠となり、

初めて生で観たのは新生FMWのエースとしてのメイン、

1995年9.5 札幌中島体育センター

グランド・スラム公式リーグ戦

ハヤブサvsザ・グラジエーター
でした。
ハヤブサvsグラジ札幌中島1

この試合のハヤブサが、

私の記憶の中のハヤブサの全てかも知れません。

この日が私にとってはFMW初観戦。

新日と比べても遜色ない観客数が衝撃的でした。

試合は比較的静かな展開から、
ハヤブサvsグラジ札幌中島2

ザ・グラジエーターが力任せに展開を変えていきました。
ハヤブサvsグラジ札幌中島3

さらにこの巨体で飛ぶわ、
ハヤブサvsグラジ札幌中島4

机を破壊するFMW流のボムやら、
ハヤブサvsグラジ札幌中島5

強烈な椅子攻撃やらで、
ハヤブサvsグラジ札幌中島6

倍近くサイズの違うハヤブサを痛めつけるのです。

左腕の負傷箇所に割れた机で一撃、
ハヤブサvsグラジ札幌中島7

リングに戻れば投げっ放しジャーマン。
ハヤブサvsグラジ札幌中島8

人形の様に投げられ、叩き付けられるハヤブサでしたが、

反撃に出ると三角飛びケブラーダ、
ハヤブサvsグラジ札幌中島9

シューティングスタープレスも本家より美しい。
ハヤブサvsグラジ札幌中島10

とにかく空中での姿勢が、

どんな角度であっても美しくて、

さらに魔法をかけたかの様に、

静止画像の様な状態となるんですよね。

フィニッシュを狙ったフェニックススプラッシュは自爆!!
ハヤブサvsグラジ札幌中島11

この技とファイアーバードスプラッシュは、

ハヤブサが遺した“世界遺産”ですよ。

その魂は飯伏幸太らに受け継がれています。

グラジもここから勝負に出て、

アッサムボム!
ハヤブサvsグラジ札幌中島12

さらにランニング式!!
ハヤブサvsグラジ札幌中島13

そしてトドメに狙った、
ハヤブサvsグラジ札幌中島14

カミカゼ・アッサムボムをハヤブサは、
ハヤブサvsグラジ札幌中島15

空中で切り返しながら、
ハヤブサvsグラジ札幌中島16

最後までグラジがボムに行く体勢をキープしておいて、
ハヤブサvsグラジ札幌中島17

キャンバスに自分の手が付いたタイミングで、
ハヤブサvsグラジ札幌中島19

そのままグラジの勢いも利用してのウラカンラナ!!
ハヤブサvsグラジ札幌中島18

私はこれ2階席で観ていて、

「危ないっ!! …え!? 空中で切り返した!?」と思ったのですが、

改めて映像で観ると、

落下の直前までボムの姿勢がキープされてるんですよね。

で、フランケンシュタイナーだと思っていたんですが、

ウラカンラナですよね、これは。

もちろん勢いが凄くてグラジは飛んでいってしまってますが、

これはウラカンだと思うんです。

とにかくこの瞬間の会場の沸き方は尋常じゃなかったです。

さらにハヤブサは棒立ちのグラジに、
ハヤブサvsグラジ札幌中島20

スワンダイブ式のウルトラ・ウラカンラナ!!
ハヤブサvsグラジ札幌中島21

今度は遠心力を加えた、
ハヤブサvsグラジ札幌中島22

コルバタ式に決めていって、
ハヤブサvsグラジ札幌中島23

覆い被さるとカウントは3つ!!
ハヤブサvsグラジ札幌中島24

ゴングが乱打されると一気にリングサイドに観客が殺到。
ハヤブサvsグラジ札幌中島25

このFMWならではの光景を2階席から見下ろすと、

当時は言葉にならない興奮でした。

全日参戦時のハヤブサをかわいがっていた三沢光晴と同様に、

常に死と背中合わせのプロレスを体現していたのでしょうね。



その全日では札幌のアジアタッグ戦が、

私が生で最後に見たハヤブサの雄姿。
ハヤブサ、人生vsノーフィアー

この試合は全日の札幌中島ラスト興行で、

ノーフィアーの快進撃が始まった一戦でしたね。

事故の後もハヤブサは、

奇跡を信じてリングのすぐ傍に居続けました。
ハヤブサ@小橋引退興行1

本当の本当に、

「お楽しみはこれからだ!!」…ったはずなのです。
ハヤブサ@小橋引退興行2

ハヤブサという不世出のレスラーは、

もう、この世にいません。

でも前述した技だけではなく、

ハヤブサが遺したものの一つ一つは、

永遠に若きプロレスラーたちへ伝わっていくはずです。
ハヤブサvsライガー1

ハヤブサ選手のご冥福を心からお祈り致します。

スポンサーサイト

tag : 訃報 ハヤブサ ザ・グラジエーター

comment

Secret

No title

レガさん、ハヤブサのことを書いて下さって有り難うございます。僕はハヤブサに変身する前の素顔の若者しか知りません。
彼は僕の街の体育館でのFMWの試合の際にメインの場外乱闘の最中に二階席までもつれ合ってなだれ込んでいった大仁田を追いかけて、一階のアリーナから2m以上ある二階席の手すりに飛びついてそのまま観覧席に身をすべらせて周囲のお客さんを守っていました。

若いし、背は高いし、バネはあるし、しかもマスクがいい。前座で見せるソバットも美しくて華がある、凄いレスラーになりそうだなって漠然と思っていました。

レガさんも書かれている、スーパーJカップ。テレビを見ていて「あっ!」と叫びました。週プロを読むと、あの彼が変身して帰ってきた!やっぱり彼は凄いレスラーだ!って一人で興奮してました。

彼がケガをしたとき、僕は職業柄あまり明るい未来は描けなくて「終わった」なんてとても失礼な想いにうちひしがれました。でも、この時は彼の本当の力を僕が分かっていなかっただけなのは、レガさんはじめ皆さん承知の通りです。

背丈とか、バネとか、ルックスとかそれ以上に大切なプロレスラーの資質を彼は持ってたんですね。彼の頑張りにどれだけの人が勇気づけられたことか。僕はなまじ知識とか、経験などのつまらない常識に囚われて彼の本当の力を見ていなかった。それが本当に申し訳ないんです。いつか彼に会えたら謝ろうってずっと思っていました。でもこんな形で別れが来るなんて。

レガさん、こんな想いをぶつけられる場を提供してくれて有り難うございます。これからもブログ、楽しみにしてます。午後も頑張るぞ!

No title

こんにちは。

Jカップでの三沢タイガーのデビュー戦を思わせる伸身のトペを決めてからのガウンを脱ぐ様には、当時、社員寮で同僚と見ていたのですが思わず「カッコいいんでないか!!」と呟きましたね。

FMWのグラジ戦は別の茶色の格好をした試合のビデオを持っていた気がします。

地上波で映っていたら、もっとスターになっていたのに、首のケガといい、太く短いプロレス人生だった様に思います。

しっかし、あのトペは格好良かったなぁ〜


No title

どもっす。

ブログ、取り上げてくれて有難うございますm(._.)m

中島のグラジ戦、観に行きましたが正直内容ほとんど覚えてません。最後のウルトラウラカンラナだけですね、記憶にあるの。
多分、ハヤブサにジレンマを感じてた時で、最後も反りきれずパワーボム状態で落ちたので、本当体の心配しかしてなかった様な気がします。

こういう頭から落ちる試合多かったですよね、ハヤブサは。それも一因だったのかな…。

最近ハヤブサブログも読んでたんですが、近況は前向きでいて、楽しそうでもあり、こっちまで嬉しくなってしまう事が多いのが、回顧録となると、荒井社長、冬木、三沢、グラジ、ウマガなど、悲しい思い出ばかりが目についてしまいました(もちろんそれだけではありませんが)。



でも本当、あの当時のFMWってやっぱり面白かったんですよ。
キャラクターは揃ってますし、ルチャあり、エンタメあり、デスマッチあり、女子プロあり。
ハヤブサ、冬木、雁之助、田中、黒田、金村、邪道、外道、グラジに加えて井上京子やチョコボール向井、ECWまで来てたし凄い豪華ですよね。
ブシロードのような会社に買い取ってもらえてたらなぁ。

まぁ、そんなこと言っても仕方ないですね。

レガっちも書いてくれて嬉しかったですわ。




No title

ハヤブサ選手、実は新生FMWの初戦後楽園ホールにて観客席の位置的に本当に目の前で
「フェニックススプラッシュ」(スターダストプレス)
を目の前にしました。

周囲の知らない人たちと
「今の何??」
と言い合ってました。

筋肉質で傷のない身体。
そして、華麗な動き。
本当にかっこよくて、帰りはハヤブサの話ばかりしてました。

新生最初のリーグ戦、ハヤブサとグラジ、そして怪奇派をかなぐり捨てて1レスラーとして挑んでいっていたレザーフェイスが3強という状態。
試合のスタイルは2大メジャーとは違うものの、どれも当時の新日本と全日本に比べても遜色ない試合内容でした。
「こういうプロレスをやっていけば、絶対に認められる」
と、敢えて大仁田さんが
「江崎にはデスマッチはさせない」
として同期の雁之助は日本に置きながらも、メキシコへ行かせた大仁田さんの見据えた未来に期待をしました。


私は大仁田FMW時代を見てきてその流れで新生を見ていて、そのうちデスマッチ路線に身を投じ1年が過ぎようとしていた頃に新生から足が離れていきました。
何故かというと、ハヤブサが輝きを失っていっていたんですよね。
元々、痩せやすい体質で筋肉質に見えた身体は細くなり、身体はデスマッチによる傷だらけ。
新生初期に見られたかっこいいハヤブサはもういませんでした。

その後、ディレクTV参入によるエンタメ路線が始まりましたが正直見向きもしない状態でした。
もっとフラットな目線であれば、楽しく見れていたのかも知れませんが。

>てつさん

僕はハヤブサに変身する前の素顔の若者しか知りません<FMWという団体においては突然変異みたいな新人でしたね。
私はベタですが、若手時代の武藤と重ね合わせてました。

一階のアリーナから2m以上ある二階席の手すりに飛びついてそのまま観覧席に身をすべらせて周囲のお客さんを守っていました<果てしない場外乱闘が団体のカラーでした。観客を守る若手の仕事をきっちりこなしていたんですね。

前座で見せるソバットも美しくて華がある、凄いレスラーになりそうだなって<打点が高かったですね。あのフォームもまた武藤っぽかった。

スーパーJカップ。テレビを見ていて「あっ!」と叫びました<もしかすると、凱旋以降は江崎で行こうとしてたのかなぁ? …と。
思いのほかJカップでブレイクしたためにハヤブサ継続となったのかなぁ??

彼がケガをしたとき…<てつさんは私なんかより、現実的に怪我の状態を理解されたんでしょうね。
奇跡が起きて…なんて軽々しく口には出せないお仕事ですから。

プロレスラーの資質を彼は持ってた…いつか彼に会えたら謝ろうってずっと思っていました<思いはなかなか伝わらないものですよね。
でも今後も語り継いでいく事が、謝る以上の意味を持つと信じています。

これからもブログ、楽しみにしてます<いつも本当にありがとうございます。
お互い、プロレスを糧に頑張って行きましょう!!

>aliveさん

こんばんわ。

三沢タイガーのデビュー戦を思わせる伸身のトペ…思わず「カッコいいんでないか!!」<インパクトですよね。ささのっちさんから借りた長州本でも長州のプロレスの幹はインパクトだ、と。
あの日、長州はTAKAのプランチャにインパクトを覚えたのですが、我々ファンは圧倒的にハヤブサでしたね。

グラジ戦は別の茶色の格好をした試合<茶もカッコいいですね。赤が最も印象に残っていますが、全色いいんですよね。

首のケガといい、太く短いプロレス人生だった<飛ばなきゃならない義務感と、常に故障を抱えた状態が三沢も共感を覚えた部分なんでしょうね。

しっかし、あのトペは格好良かった<ダイナミックでしたね~。

>BKっち

こんばんわ。

中島のグラジ戦、観に行きましたが正直内容ほとんど覚えてません<GA9さんも言ってましたが、あの日のハイライトは女子の有刺鉄線と長与でしたもんね。

最後も反りきれずパワーボム状態で落ちたので、本当体の心配しかしてなかった…こういう頭から落ちる試合多かったですよね<この試合はグラジの腕力も関係してますが、一個一個のハヤブサのバンプが凄まじいんですよね。

ハヤブサブログ…回顧録となると、荒井社長、冬木、三沢、グラジ、ウマガなど、悲しい思い出ばかり<かかわった人がことごとくこの世を去っていますからね。
だから余計に我々ファンは知ってる部分だけでも語り継いでいく義務があると思うんですよね。

本当、あの当時のFMWってやっぱり面白かった…ブシロードのような会社に買い取ってもらえてたらなぁ<当時はまだキャラクタープロレスの力が弱かったですもんね。
試合内容よりもキャラクターが前面に出ていたのがFMWの悲劇かも知れないです。

書いてくれて嬉しかったですわ<いや、BKっちとかの内容に比べれば薄っぺらい記事ですけど、読んで下さる方がたくさんいてくれてよかったです。

>ナリさん

観客席の位置的に本当に目の前で「フェニックススプラッシュ」(スターダストプレス)を…周囲の知らない人たちと「今の何??」<ああ、その雰囲気が良いですね。プロレス会場ならではです。

本当にかっこよくて、帰りはハヤブサの話ばかり<あ~、ナリさんと一緒に観戦したいなぁ。

試合のスタイルは2大メジャーとは違うものの、どれも当時の新日本と全日本に比べても遜色ない試合内容<ガイジンの説得力も引けを取らなかったですしね。

敢えて大仁田さんが「江崎にはデスマッチはさせない」として<本当の意味で新時代の旗頭だったんですけどね。

そのうちデスマッチ路線に身を投じ1年が過ぎようとしていた頃に新生から足が離れていきました…何故かというと、ハヤブサが輝きを失っていっていた<大仁田に求めたものとは180度違ったはずなのに、結局は団体の色がそうさせてしまったみたいですね。

もっとフラットな目線であれば、楽しく見れていたのかも<フラットに見るにはナリさんにとって思い入れが強すぎたのかも知れません。
私にとってのUインターと一緒でしょう。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード