行ってらっしゃい中邑真輔

あれ(参照:中邑真輔ニューヨークへ行く)から3週間、

本当に中邑真輔は向うへ行ってしまいます。
中邑退団会見

昭和新日ファンが、

暗黒期と言われた時代に微かな希望を託した、

それが中邑という存在でした。
吼える!!!!

この若者がWWEへ行くなんて、

あの頃思いもよらなかったです。

でも2016年…暗黒期を抜けて、

再びブームを巻き起こす土壌が出来た新日を、

中邑は本当に去っていくのです。
中邑vs高山煽りV17

退団会見で中邑は言いました。

 新日公式 より
中邑真輔が退団会見でインターコンチ王座を返上し、深々と礼。 新日本プロレス時代を振り返り「こんなレスラー、他にいなかったなと」【1.25会見】

中邑
「自分で言うのもなんですが、『こんなレスラー他にいなかったな』と思いましたよ。まぁデビューまでの経緯から、デビューしてからの数々の挑戦や、もう時代がガラッと変わったわけではないんでしょうが、すべてが自分にとっては、かけがえのないものだなと感じれますね。その当時は、死に物狂いで、ただひたすら前見てやってたんですけれど」


五輪代表や全日本王者の様な実績はなくとも、

大型新人として扱われ、

当たり前の様にヤングライオンを通過せず、

アントニオ猪木の太鼓判によって、

次々と身の丈以上の舞台を課されてきた。
中邑vs高山煽りV21

挙句には突き放され、

制裁を受けて、
中邑を引きずり起こすと、

それに対して反発し、

もう関わる必要のなくなったタイミングで、

逆に思い切り噛み付いていった。
「猪木ーーーー!!」

そこから今の姿になるまでには、

また紆余曲折あった訳ですが、

ハッキリしているのは、

完全に猪木の幻影は消し去った事ですね。
中邑入場@2013.1.4~13

『こんなレスラー他にいなかったな』…うん、

猪木にとっても“こんな弟子いなかった”でしょうね。

どんなに反目しても反逆しても、

むしろ、すればする程に猪木の幻影が浮き出てくる。

それが、これまでの猪木の弟子たちでした。
猪木と前田②

猪木と前田④

中邑はここで猪木から最も遠い世界に旅立ちます。

いや、猪木もWWEの殿堂に入っていますから、

もしかしたら再び猪木に近付くのかも知れません…。
猪木inWWE

私の願いは外れて、

やはりスタートはNXTからの様ですが、

予定ではWWE初登場時の中邑は36歳になる頃、

奇しくも猪木が日本人初のWWFヘビー級王者となった年齢です。
猪木WWF奪取3

まだつながってるんじゃないかなぁ?

こんな事書いてるの私ぐらいかも知れませんね、

もしかしたら、もう接点はない可能性の方が高いですし。

とりあえず明日? 明後日か?

北海道で発売されるこの一冊を読んで、

じっくり考えましょう。
ゴング10号表紙
 ゴング 10号

ん? 「行ってくるぜ」って?
ゴング10号表紙

「さようなら」ではないんですね?

まぁプロレス界では“さようなら”も、

“再び会うまでの短い約束”なんですけどね(笑)。
ファンクス入場

ならば中邑よ!

「行ってらっしゃい!!」

私がWWEを観る機会は、

これからも少ないと思いますが、

思いっ切り翼を広げて羽ばたいて来て下さい!!
中邑on the secondrope

その前に今日、

新闘魂三銃士、最後の揃い踏みです。
新三銃士

関連記事

tag : アントニオ猪木 中邑真輔 WWE

comment

Secret

No title

やはりNXTでしたね^_^;

壮行試合、なんかWCWへ行く事になったナッシュ&ホールとショーン、トリプルHの、俗に言う”カーテンコール”を思い浮かべてしまいます。試合よりも試合後にどうなるかが気になってしまいますな。

まぁでも試合とは違い、あっさりしたものになるのでしょうけど…。

No title

猪木さんの表裏を問わない影響力は桁違いですね…本当に罪深い人ですね(笑)プロレスならば有り得ないなんて有り得ないが期待出来ますよね!

>BKっち

壮行試合…俗に言う”カーテンコール”を思い浮かべてしまいます<BKっちはそうやって自分の中にたくさんのアーカイブがあるからいいんですよね~。スバー! スバー! スバー! 素晴らしい!!

新日の会社的には内藤が残したコメントこそが正論なんですけど、そこにファンとレスラー達がいる限り、中邑が主役になるのは当然の事なんですよね。
でもこれってワールド独占中継だったんですよね? ギリギリ会社の意地じゃないかな…というのは考え過ぎかな?

>浦原さん

表裏を問わない影響力は桁違い…本当に罪深い人<その猪木が新日時代最後に目を掛けたのが中邑ですよね。
現在プロレス界に残る人物の中では中邑は最後の大物かも知れません。

観ました。

昨夜、中邑真輔選手 壮行試合を観る事が出来ました。

オカダ選手がリングインした時から伝わるものがあり、言葉にできないとはこの事だと。

涙の止め方を忘れてしまう程…。

今まで見たことの無い中邑真輔選手を画面を通してですが目に焼き付け、見届けることが出来て本当に幸せでした。

そうなんだ!さよならでは無い!
WWEで更なる刺激を…

1番スゲェーのはプロレスなんだよーーーーー‼︎

>みーさん

おおおーーーっ!! 観ましたかーーーーーっっ!!
みーさんもワールドですね?

言葉にできないとはこの事だと…涙の止め方を忘れてしまう程<プロレスの試合で涙腺に来るのって本当に限られていますよね。その中で昨日の試合は涙腺決壊に値する試合でしたね。

今まで見たことの無い中邑真輔選手<退団会見もそうでしたが、あんな風に深々と頭下げるのって数える程しかないですよね。あの涙もまた新日の歴史に残る涙です。

さよならでは無い!<奇しくも記事中の言葉が中邑本人からも出ました。
必ずつながっていますから、帰ってこなかったとしても、さようならではないですね。

1番スゲェーのはプロレスなんだよーーーーー‼︎<一番…特に…愛してまーーーす!!…バンザーイ!! バンザーイ!!…みーさん IS HAPPY!!…サンキューな!!

何だかよくわからないシメになっちゃいましたが、
とりあえず…夢で逢いましょう(???)。

No title

あなたを見て、黒い色が好きになりました
あなたを見て、赤い色も好きになりました

当日券並んだのですが、20人ぐらい前に売り切れてしまいました
試合は、柴田のシャイニングトライアングル何度も見直してます

No title

途中送信になってしまった......汗
試合後の幸せな空間を見て、貰い泣きしそうになりました
ホント会場に入りたかった......
WWEでどんな立ち位置になるか分からないですが、リングスに移った田村みたいなキャラも見てみたいです
なんにせよ新しい刺激が楽しみです

>夢U病者さん

あなたを見て、黒い色…<高田引退試合の入場シーンですね!!

当日券並んだのですが、20人ぐらい前に売り切れ<うあ~残念でしたね。仕方ない事とはいえ、後楽園規模で行う試合ではなかったんですね。

柴田のシャイニングトライアングル<そういう試合でそういう事をやる柴田がいちいち良いですね。

試合後の幸せな空間を見て、貰い泣きしそうになりました<全プロレスファンの感情に触れる場面ですよ、あれは。
棚橋とのやり取りなんか感慨深いです。

リングスに移った田村みたいなキャラも見てみたい<奇しくもゴングの田村インタビューでそういった内容の事言ってましたね。
普通に出てくるより、そっちの方がいいなぁ、私も。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード