猪木と三四郎の遭遇(1979)

不朽の名作『1・2の三四郎』において、
東三四郎

主人公の東三四郎が尊敬して止まない、

アントニオ猪木登場シーンが多々あります。

その中で直接顔を合わせた場面が、

単行本『第4集』においてのみ“4度も”あるのです。
猪木×三四郎1

のちに同じプロレスラーとして、

挑戦状まで送付する事になる三四郎(参照:天龍、幻の2大カードとは?)ですが、

当時はまだ高校生です。

その“奇跡の遭遇”を振り返ってみましょう。
猪木×三四郎2

それは1979年5.1 新賀田武道館で行われた、

『第33回新賀田県高等学校総合体育大会 柔道大会』に臨んだ、

三四郎ら天竜学園総合格闘部が会場に到着した際に起きた、

ハプニング的な出来事でした。

体育館前の河原でブリッジする大きな男を発見し、

同じ大会に出場する他校の選手と勘違いした格闘三兄弟。
猪木×三四郎3

三人揃って挑発行為に出ると、
猪木×三四郎4

猪木×三四郎5

その男の顔が余りにも猪木似だった為、
猪木×三四郎6

すかさずディスりまくった直後…、
猪木×三四郎7

猪木×三四郎8

翌日に同所で行われる新日の興行ポスターを発見!!

前乗りしていた猪木本人と知って大慌てです(笑)。
猪木×三四郎9

これが猪木と三四郎らの初遭遇でした。

気合を入れ直して、難なく団体戦の予選突破、

決勝トーナメント一回戦に臨む前に体育館前の階段で、

炎のファイターを口ずさみながら三人でスクワットをしていると、
猪木×三四郎10

明新高校の異端児・金田麻男が現われます。
猪木×三四郎11

期せずしてプロレス談議から猪木・ウィリー戦の話題となり、
猪木×三四郎12

互いに持論を曲げないがゆえにここでヒートアップ。
猪木×三四郎13

そこに出現したのが練習を終えた猪木です。
猪木×三四郎14

これが猪木と三四郎らの2度目の遭遇でした。

直後、体育館に戻るとロビーに再び猪木の姿が(笑)、
猪木×三四郎15

これが猪木と三四郎らの3度目の遭遇でした。

そのままトイレに向かう三人、
猪木×三四郎16

試合前に用を済ませておこうと入った所に…、
猪木×三四郎17

これが猪木と三四郎らの…ってもうええわい!!(笑)

この後のストーリーで何らかの展開がある訳でもなく、

まさしく、たまたま出くわしただけという話です。

本編と全く関係ない部分で繰り広げられる、

この“小林まことワールド”、私は大好きです。



これに近いエピソードが実は私もありまして、

1998年7.14 札幌中島体育センター

メインでIWGPヘビー級の防衛戦を行う藤波辰爾と、

観戦前に友人と中島公園で時間を潰してた時に、

立て続けに公園内で三回遭遇したんですよ(笑)。

一回目はもちろん握手してもらったんです。

二回目…もう一回握手してもらいました(笑)。

三回目…さすがにもうお互い見て見ぬふりという(笑)。

プロレスラーを目の前にして素通りしたのは、

後にも先にもこの時だけです。

この後、中島神社に藤波必勝祈願をした甲斐あって、

試合では天山を相手に卍固めで快勝!!

思えばあれが藤波最後のチャンピオン姿でした…。

もっともこの後、私と藤波にも何も展開はありません(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 藤波辰爾 東三四郎

comment

Secret

No title

アハハ、藤波と3度も!
最後に公衆便所で会ったら完璧でしたね!

三四郎、やっぱり面白いなぁ〜。

レガさんお疲れ様です!

あのアントニオ猪木との3度目から4度目の遭遇の流れの小林まこと先生の独特の「間」がたまりませんよね(笑)

「1.2の三四郎」は最高っすね!

キン肉マンでも本物のアントニオ猪木に偶然遭遇して猪木の試合用のパンツを貰う場面があるんですよ

その後キン肉マンが試合で履いてたかは謎ですが

(残念ながらアニメとかでは赤いパンツですよね)


三四郎のシーン久しぶりに見ましたが

猪木カッコいいなー!


ではでは

>BKっち

最後に公衆便所で会ったら完璧でしたね!<それがね、二回目の遭遇は友人が公園内のトイレに入って、私が外で待ってる時だったんですよ(笑)。遠くから「フフン…フフン…」って聞こえてきて、顔上げたら藤波だったんです。
さっきは二人だけど、今は私一人だから覚えていないだろ、と思い「藤波さん、頑張って下さい。握手お願いします!」って。
三回目はその3分後くらいだったので、さすがに気まずかったです(笑)。

>ヨンペイさん

お疲れ様です!! 先日は衝撃情報ありがとうございました!!

3度目から4度目の遭遇の流れの小林まこと先生の独特の「間」がたまりません<2度目~4度目は数分間の出来事ですからね(笑)。たまらないです。

キン肉マンでも本物のアントニオ猪木に偶然遭遇して猪木の試合用のパンツを貰う場面がある<その場面はちょっと覚えていないんですけど、思い出したのはジャンボモデルの3つ星パンツ穿いてた試合ありませんでしたっけ?
島田先生自身はバリバリの全日派だった様ですね。

猪木カッコいいなー!<小林まこととか浜岡賢次には笑いのネタにしていても、猪木に対するリスペクトが見えるんですよね。
だから私、それが見えない○渡氏とか、板○氏の作品は大嫌いなんですよ。

No title

キン肉マンでの猪木…オラもパンツ借りる記憶がないですなぁ…(ー ー;)
ラーメンマン戦で漏らしたキン肉マンが馬場さんの胸板を洗濯板代わりにしてパンツ洗うシーンは覚えてるのですが…(後ろで猪木が爆笑してました)。
あとはアントンリブを猪木がキン肉マンに売っていたり…
「アントンマテ茶もよろしく」


お疲れ様です〜

Hさんそれです!!

そのアントンリブ買う場面の直後ですよ

このあいだ息子が読んで手元に置いてあったのを

見たばかりなんで間違いないです(笑)






今度1・2の三四郎を語るだけの飲み会

やりましょう!


どうでしょうレガさん(笑)

No title

ヨンペイさん、
あ!その後でしたか!
確か7巻ですね。

プロレス漫画サミットも面白そうですね。

No title

レガさん!!ROMってばかりの自分でもこのネタはスルーできません!!

前回の挑戦状ネタの時の猪木の返事にも痺れましたが、この時の猪木のいじり方も可笑しくて、でも敬意が感じられて凄く良いですよね。
結局三四郎は高校生の頃も、プロになってからも、ずっとずっと猪木のことが好きで好きでしょうがないんでしょうね。プロレス者ってそうですよね。

しかしレガさんの藤波エピソードは小林まこと先生に作画してもらったら、この場面以上の破壊力ですよ。きっと。

いつかレガさんにお会いできたら、プロレス話ももちろん、三四郎の話題でも美味しい酒が飲めそうだなあ。いつかその出会いがあることを祈ってチャンスを探し続けます(北海道出張、ないかな〜)。その時は宜しくお願いします!!

>BKっち

ラーメンマン戦で漏らしたキン肉マンが馬場さんの胸板を洗濯板代わりにしてパンツ洗うシーン<また懐かしい!!(笑)
パンツが勝負を決したパターンで、ベンキマン戦も思い出されますなぁ。

アントンリブを猪木がキン肉マンに売っていたり<初期ですよね? まだレストランがあった時代なのかなぁ?
新日パンフの広告にアントンリブが出てて、「行ってみたいなぁ」とか思いましたよね。

>ヨンペイさん

このあいだ息子が読んで手元に置いてあった<あー! ヨンペイさんのお子さん小学生ですよね?
キン肉マンが世代超えてつながってるのが嬉しい限りですね。親子で同じ作品を語り合えるって漫画でも映画でも素晴らしいなぁ。

1・2の三四郎を語るだけの飲み会<いいですね!!
格闘探偵団まで含めると、あれ大河ドラマですからね。
前にも書きましたが、2での美鈴戦と赤城戦はプロレス史に残る名勝負ですよ。

>名も無き戦士さん

ん? ○○さん…かな?

この時の猪木のいじり方も可笑しくて、でも敬意が感じられて凄く良い<そうなんですよ。猪木が好きな者にしかわからない、愛のあるいじり方って言うんですかね?
上のコメに書いた浜岡賢次なんか“う●こ”ですからね(笑)。
それでもリスペクト感じるって素晴らしいですよ。

藤波エピソード<当時、私26歳ですよ。それでも出待ち入り待ちやってたんですね(笑)。
中島では公園でアップしてる選手けっこう見掛けたんですよ。

お会いできたら、プロレス話ももちろん、三四郎の話題でも美味しい酒が飲めそう<こちらこそ!! 一声お掛け下さい。
無理はせずに、時間の許す限りやりましょうね!!

リアルタイム世代です

プロレス漫画数あれど、三四郎こそ唯一無二のベスト。
グレイシー一族を梶原一騎、桜庭を1・2の三四郎に例えた評には妙に納得しました。
ストーリー漫画なのにギャグ漫画顔負けのギャグが出てくるのも、三四郎からじゃないかな。

連載終了後、小林まことを囲むプロレスファンの集いがあって、参加させてもらいました。小林先生、三四郎たちが歯をむき出しにするスケベな笑顔を実演してくれたりして、おもしろかった。三四郎のベストバウトは柔道の対柳戦だそうです。
この猪木との遭遇のことも話題になって「今にして思えば猪木を出したのは失敗だった」そうです。
このころは、三四郎たちをプロレスラーにするつもりはなかったから、実在の猪木が登場できた、と。
でもそれまでも、猪木やアンドレや赤靴ズーガンやユキーデのネタがあって、馬場子さんシーソンポップ子さんが出ていたのだから、これはこれでOK、失敗じゃないと思いますね。
このあと連載が始まったI am マッコイには、このファンの集いの主催者が端役で登場しました。

うわあああ!(◎_◎;)



凄えー!!

驚愕のコメントだー

ありがとうございます


そうか小林まこと先生の

三四郎ベストバウトは柳戦ですかー


確かにあの試合のスピード感は

漫画を超越してました


あの流血からの猪木ポーズ

「オッシァア」も最高でしたし


クライマックスの闘魂パンツをはいていた

泣かせるエピソードまで


みなさんと語りたいっすわー


いや凄い方が集まる場所ですね

レガさん

>SisLANDさん

ストーリー漫画なのにギャグ漫画顔負けのギャグが出てくるのも、三四郎から<あ、そうかも知れませんね。私なんかは、その逆がキン肉マンからだと思っています。

小林まことを囲むプロレスファンの集いがあって、参加させてもらいました<なんですかそれは!!! 凄い!!

三四郎のベストバウトは柔道の対柳戦<三四郎の生涯のライバルって結局、柳でしょうかね?
三四郎によって自分の柔道家としての人生を大きく変えられたんですからね。さらに赤城との関係とか。

「今にして思えば猪木を出したのは失敗だった」…これはこれでOK、失敗じゃないと思いますね<そういう思いがあったんですね。
でも三四郎に限らず、当時のプロレス・格闘技漫画のアイコンが猪木という存在だった気はします。

I am マッコイには、このファンの集いの主催者が端役で登場しました<そういう裏ネタをしってらっしゃるだけでも凄いですね。
岩清水のモデルは存在するんでしょうかね?

>ヨンペイさん

驚愕のコメント<ですね。本当に凄い体験です。

あの流血からの猪木ポーズ「オッシァア」も最高…クライマックスの闘魂パンツをはいていた泣かせるエピソードまで<そこから柳のストーリーが続いていくというのも凄いですよね。
スピンオフで柳の物語が読みたくなってきました。

凄い方が集まる場所<いやいやヨンペイさん!!
貴方こそ凄い方だという事はサミット参加者全員が認めるところですよっ!!

No title

岩清水くんは愛と誠のパロディですよね。

オラが大好きな
「コータローまかりとおる!」
は、やっぱり三四郎の影響を受けてるなと思います。愛と誠の砂土屋のパロディもしてるし。

島本和彦の「アオイホノオ」の中でも、新しいギャグ漫画を試行錯誤していた主人公が、梶原一騎に笑いを混ぜる手法は小林まことに全部持って行かれた…、と書かれてましたね。

三四郎集めた後、I am マッコイも集めました。アレもおもろかったなぁ〜。
でもこの小林まことが本当の意味でブレイクしたのが「what's マイケル」ってのが意外ですよねぇ〜。
なんで俺が猫の漫画描かなきゃいけねぇんだ、とか思ってたらしいですが…。

あぁ、「青春少年マガジン」が読みたい…。

No title

興奮しすぎて名乗るのを忘れてました。ご想像の通り、私です。恥ずかしい。皆さんのコメント、熱いな〜。

三四郎と稲毛の試合も好きなんです。ラグビーで果たせなかった夢をタックルに込めて突進しまくる、三四郎の胸中を思うと描写は無くても泣けるんです。


北海道出張、チャンスを探しますよ!!

>BKっち

岩清水くんは愛と誠のパロディ<ああ! そうでしたね。
愛と誠も出てきましたし、四角いジャングルも出てきてました。飛んだカップルも(笑)。

オラが大好きな「コータローまかりとおる!」は、やっぱり三四郎の影響を受けてる<さすが。JAC好きのBKっちらしく、コータローとか伊賀のカバ丸にいっちゃうんでしょうね。

新しいギャグ漫画を試行錯誤していた主人公が、梶原一騎に笑いを混ぜる手法は小林まことに全部持って行かれた<偉大ですね! そう考えると、カジセンセのパロディをディスって描く様な勇気ある人は小林先生しかいなかったんじゃないですかね?

本当の意味でブレイクしたのが「what's マイケル」ってのが意外<アニメ化されましたもんね。
柔道部物語も名作でしたが、チチョンマンチみたいな不思議な作風もありましたね。

>てつさん

ご想像の通り、私です<97パーセントわかっていましたが、もし万が一違ったらアレですので、一応アレしておきました。

三四郎と稲毛の試合も好き<完全に締めが入っていながら立ち上がって歩いていく三四郎がカッコ良かったですね。で、最後はブレーンバスターで一本!!

北海道出張、チャンスを探しますよ!!<待ってますよー!! うっしゃあ!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード