他流-U-試合~後編~(1994)

前編からの続きです。

若き日の田村潔司が、

初めて同門以外の日本人レスラー、佐野直喜を迎え撃った一戦は、

ノンストップで転がって行きます。

スタンドから再開すると、

田村は巧みに崩してから佐野の左足を捕獲。
佐野の足を取って、

一気に膝十字固めを極めに行きますが、
膝十字に行く、

佐野の反応も速くアキレス腱固めでの返し、

田村も同じ技で返して極め合いに。
佐野も取り返してアキレスの攻防

これを田村が制して、

佐野もこの試合初のエスケープ。
ここでやっと佐野もエスケープ

再びスタンドの手繰り合いから、
手繰り合いから、

田村は中間距離に入って、

膝蹴りをぶち込んでいきます。
田村には膝蹴りがあった!

当時の田村はレガースを装着しておらず、

キックを封印していたのですが、

打撃において、この膝蹴りは貴重な飛び道具でした。

これが鳩尾あたりに入ると、

田村は組み付いて逆一本背負い狙い…、

『1・2の三四郎』的に言えば“腕取り逆回って体落とし風投げ”ですね。
なぜか逆一本背負い狙い、

これは不充分で佐野がバックに回ります、
佐野は堪えてバックを取ると田村も切り返し、

スピーディーに田村も奪い返すと、

佐野は田村の肩をロック、
バックに回ると佐野は田村の肩を取って、

向き合ってカンヌキに極め、

見事なサルトで投げ切ります。
両方極めて完璧なサルト

佐野のレスリング芸術点も高いですね!!

そのままダブルリストロックに極めると、

田村3度目のエスケープ。
佐野のダブルリストロックにエスケープ

揉み合いから流れの中でグラウンドへ、
流れの中でグラウンドへ、

佐野のアンクルホールドをきっかけに、

またしても互いの足首を極め合いますが、
またも足の取り合いから、

ここは佐野が極め勝ちます。
佐野が極め勝った

スタンドでの再開後、田村が片足タックルに行くと、

潜り込む形で佐野は膝十字を狙っていきます。
さらに膝十字狙いの佐野に、

上になった田村はここで、

顔面に強烈な張り手。
田村は上から強烈な張り手!

さらに挑発していくと、

カッと来た佐野は下から張り返していきますが、
佐野も下から返していくと、

これは田村の誘い水! 注意を逸らしておいて、

一気に逆片エビ固めに持って行きます。
これは田村の誘い水! 一気に逆片エビへ

佐野はステップオーバー前にエスケープ、
佐野がエスケープ

ここから息が上がって来た様子の佐野に、

田村はバックからフェイスロックの仕掛け。
田村の強烈なフェイスロック

佐野が起き上がってくると、

速攻の両足タックルで持ち上げますが、
両足タックルから持ち上げるが、

空中で体重をかけて潰されてしまいます。
佐野が潰して、

そのまま縦四方からV1アームロックに行きますが、

田村は横回転でロープエスケープ。
もう一度V1アームロックに来たが田村は返す

田村は持ち点10点になります。

ここで佐野は思い出したかの様に打撃ラッシュに転じます。

掌底ラッシュから、
佐野の掌底ラッシュから、

独特の腰を回さないフォームのハイキック、
佐野のハイキック、

そして必殺のソバット!! 打点が高い!
そして必殺ソバット! 打点が高い!!

さらにローからのハイキックを、

田村はキャッチすると、
田村はキャッチして、

そのまま裏アキレス腱固めに持ち込んで、

佐野は必死にエスケープ。
裏アキレス腱固めで佐野エスケープ

田村は片足タックルから、

やや強引に逆片エビ固めへ。
今度はやや強引に逆片エビへ、

これは佐野が切り返してのアンクルホールドで、

逆に田村がロープへ。
切り返した佐野のアキレスで田村エスケープ

さらに佐野はジャーマンでスープレックスポイントまで奪取、
ジャーマンでスープレックスポイントも奪取

ここは投げられた方の田村が、

ダブルリストロックに行きますが、
逆に田村が腕を取りに行くが、

すぐに佐野が腕ひしぎ逆十字で返して、

またも田村のエスケープ。
佐野が腕十字に切り返してエスケープは田村

スタミナの残り少なくなった佐野は、

再び掌底ラッシュで追い込みますが、
そして掌底ラッシュ

これを掻い潜って田村はタックルから持ち上げると、

今度はすぐに後方へ放り投げます。
田村がタックルから高角度で落とすと、

そしてもう一度、逆片エビ固めへ、

念には念をで、佐野の手首を掴んでひっくり返しに行きます。
逆片エビ狙いと同時にリストも掴んで…、

…が!! 実はフェイント!!

足を手離すと一気に佐野の頭部に回り込んで、
足はフェイント!

速攻の腕ひしぎ逆十字!!
一気に腕ひしぎ逆十字!!

虚を突かれて左肘が完全に伸び切った佐野は、

即刻タップアウト。
ガッチリ極まった!!

ノンストップで繰り広げられた激闘を制した田村は、

しばらく動けませんが、

駆け寄った垣原賢人は本人以上に嬉しそうです。
激戦を制した田村に駆け寄るカッキー

敗れた佐野も疲労困憊ながら、

素直に田村を讃えます。
佐野も素直に田村を讃える

お互いに持ってる技術を出し切っての名勝負、

素晴らしいUスタイルの攻防戦でした。

最初に書いた通り佐野は、

藤原組参戦を経てUインターへ辿り着きました。

藤原組において船木誠勝には全敗していますが、

鈴木みのるとは五分の印象。

プロレスファン特有の三段論法から行くと、

この試合を以って、「田村が鈴木を超えた」と思える結果でした。

さらに“Uの芸術点”においても船木に肉薄した印象です。

…はい、Uインターに偏向してるのは百も承知です(笑)。



桜庭がよく使う例え話として、「MMAは数学、プロレスは国語」というのがあります。

両方経験してるファイターならではの表現なのですが、

私はUWFスタイルというのはその両方だと思うんです。やや数学寄りの。

言うなれば“応用問題”ですね。

「太郎君は500円を持って一個80円のリンゴを三人兄弟ぶん買うために…」とかって奴。

“手首を掴んで逆エビのフェイントから腕ひしぎ”という、

この試合のフィニッシュこそ、その最たる例じゃないかなぁ?

とにかく、もうじきMMAじゃ観られない田村のUの技術が観られます。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 佐野直喜

comment

Secret

No title

確かな技術と経験に裏打ちされた流れるような攻防…本当に素晴らしいです!田村選手の持っている刹那的な雰囲気は貴重だなと思います。

>浦原さん

確かな技術と経験に裏打ちされた流れるような攻防…本当に素晴らしい<とにかくスパーを繰り返していないと、こういう試合内容は不可能なんですよね。
この試合においては佐野も素晴らしいといえます。

田村選手の持っている刹那的な雰囲気は貴重<新日と関わらなかった最後の大物だと思っていますよ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード