ミスターを超えろ!

2015年の東スポ・プロレス大賞が発表されました。
2015プロレス大賞1

今年のMVPは“レインメーカー”オカダ・カズチカ

私の頭の中では全く異論ありません。

天龍引退試合やIWGPヘビーを巡る数々の試合はもちろん、

オカダの評価すべき点は、

現代のプロレスの最先端を行きながら、

自分自身を貫き、諸々の事に動じない。

オールドファンの誰もが感嘆するドロップキックに、

長身から繰り出すジャーマンの人間橋。

何気に昭和の必殺技をリバイバルさせているのが凄いです。

ベストバウトもそのオカダと天龍源一郎の11.15両国決戦が獲りました。
2015プロレス大賞2

オカダ
「正直複雑ですね。やっぱり天龍さんと試合した時もそうなんですけど、やっぱ今のプロレスを見てもらいたいってのはありましたし。だからこそ、今のそれこそ棚橋さんだったり、中邑さんだったり、AJだったり、そういう今の人たちとやってるのをやっぱベストバウトに選んでもらいたかった」

「正直、ボクの中ではベストバウトではないですね。もっと辛い試合キツイ試合、他にありましたし」


これも本音でしょうね。

天龍戦も色んな意味でキツさはあったでしょうけど、

オカダにしてみれば新日のリングにおける、

棚橋、中邑、AJの方が断然ハードだ、と。

そこに誇りを持っているのでしょう。

これこそ、“あっぱれ”ですよ。

それともう一つ、

一部のオールドファンがオカダに抱く印象として、

「外道が描いたシナリオ通りにキャラを演じてるだけなんでしょ?」と。

これ、スタート時は多少なりともそういう部分あったと思いますが、

私は思うに、プロレスラー…いやプロレスラーに限らず、

例え作られたキャラクターであっても、

もっと言えば偶像だったとしても、

覚悟を決めた上で看板掲げて、

日一日とそれを全うしていけば、

もはやそれは作られた偶像なんかではなく、

既に実像になり得ているのではないかと。

オカダのプロレスには圧倒的な運動能力と、

技のセンス、組み立て…そう、

全て実体が伴っているんですよ。

あと、結婚? いいじゃないですか。

どうせなら“国民的女優と電撃入籍!”とかやって欲しいですね。

ミスタープロレスを超越した、

国民的スーパースターになって欲しいですよ、オカダには。
オカダ2015MVP



他の賞もバラエティに富んでいますが、

果たしてこれ本当に多数決で決まったの? っていう。
2015プロレス大賞4

川の流れが止まっていたノアに、

激流を作った鈴木みのるは大納得ですけど。

タッグとか技能賞とか、

基準変わって来てませんか?

もし『今年話題になった選手』が選考基準なら、

女子のMVPは辞めていった二人でしょう?

…って毒を吐いてもしゃあないので、

そこら辺はアレしますけど。
2015プロレス大賞3

初めの方に書いたベストバウトの部分、

新日を中心に追っているファンの方にとっても、

「オカダなら天龍戦よりAJ戦の方が良かった」とか、

「イッテンヨンの中邑vs飯伏しかないだろ?」みたいな、

真っ当なご意見もあるかと思います。

試合内容だけ考えれば、そっちが正論ですよね。

でもね、

ベストバウトっていうのは名勝負であるべきですから、

名勝負にはその試合に至るまでのプロセスこそ大事。

そこをつくと今年は天龍vsオカダ以外考えられないんですよ。

「それは身内の中じゃ作れないよ」って?

それはそうでしょうね。

でも、私はそれが日本のプロレスだと思っていますから。

「今回負けたら、もうIWGPは挑戦しません」とか、

そういうのもアリかも知れませんが、

一時的感情をアレするのではなく、

時期を“寝かす”っていうのも立派なアングルですからね。

関連記事
スポンサーサイト

tag : オカダ・カズチカ プロレス大賞

comment

Secret

そこに強さはありますか?

私はニュースでこれを知ったときまた少し鼻の奥が熱くなりました。
レガさんの言うプロセスは、わくまゆ命さんが言ったようにこのベストバウト受賞で完結したんです。

オカダは入場するとき今まで見たことないくらい緊張していました。
いつもと違う観客にどう受け入れられるのか不安があるんだと見ました。
けれどそれが杞憂であることは私も観客もよーくわかってた、踏みつけレインメーカーへのブーーイングも姿勢を貫くオカダへの返礼でした。
昭和もオカダを受け入れているんですよ。
難しいオファーでしたがオカダにとっても新日本にとってもこの試合は予想を超えたメリットがあったと思います。

「もっとキツイ試合」・・はい、よくわかりますよ。
だけどオカダよ、今回は昭和ファンとプロレスの歴史に免じて受け入れてほしい。

レガさん、プロレスの強さはそこにありましたか?
これは見た人それぞれでしょうけど私はこう見ました。

「全盛と天龍ならオカダに勝ったかもしれない。しかしオカダの全盛期はこれからだ。」とね。

はい、どうぞ笑ってやってください。

異議なし  m(_ _)m

ベストバウトと言って、どこまでを試合と定義するか? という事ですよね。

確かにアレがベストバウトに選ばれたら反則だよな?  とも思いますよ。リング上の技の攻防だけ見れば、中邑vs.飯伏だろうという意見も当然だと思います。

でもね、両国で柴田戦が終わった後に乱入してジャーマンかまして1.4は俺だ〜みたいなのとは、そこに至るまでのプロセスが違いますよ。

2年近く楽しませて貰った人間からすると、もう試合の重さが違うんですよね。

レガさんに教えて貰ってからですけど、あの動けない天龍を見てオカダはシングルでどんな攻防を見せるんだろう?  とか、想像する所からもう試合は始まってるように思います。

最先端を走るオカダですが、技の組み立てとかどこか昭和の香りがするというか、オジサンの心をくすぐるような何かがあるような気がします。



国民的大女優って、本当にオジサンの考えることはみんな一緒ですね!

前にタレントの有吉が番組の打ち上げか何かで長州と飲んで、帰りがけにまた飲みましょうってマネージャーに電話番号を渡されたらしいのですが、有吉はその紙をこっそり捨てたって話が有りまして、その気持ちスゲー分かる〜って、共感したんですよ!

長州さんはずっと手の届かない憧れの人でいて欲しいって言うんですよね。

コレ言ったら反感を買うと思うんですが、今の新日のファンの人と話してると、棚は凄い気さくでサイン会とか握手会で会うと自分のこと覚えていてくれてとか、凄い友達感覚で親しみやすいAKBみたいな等身大のアイドルって言うんですかね?  それはそれで凄いことだし、お陰で新日は復活出来たので全然否定はしないのですが、俺はそれは要らね〜なと …

オカダには浮世離れしたようなスーパースターになって欲しいってのは時代に合ってないですかね?

自分みたいな、安生と天龍の引退興行くらいしか観戦してないような人間がベストバウト云々なんておこがましいと思っていたのですが、同じ意見の人が居たので思わず吐きだしちゃいました。

すみません。
m(_ _)m

     

>アスク御大

プロセスは…このベストバウト受賞で完結<長い…実に長いプロセスでしたね。
でもね、これ私には免疫あるんですよ、実はぁ!! 高田vs田村ね、これ7年半寝かされたんですよ。

オカダは入場するとき今まで見たことないくらい緊張<私はふてぶてしく「さぁ見てろよ昭和のファンたち」みたいに見えたんですよね。
どこまで図太いの? くらいに。

オカダにとっても新日本にとってもこの試合は予想を超えたメリットがあった<天龍に引導を渡す…これ唯一無二の存在ですからね。
ルーツの全日系でも、自らの城であるWAR系でもなく、オカダを指名したという天龍がまず凄いんですけどね。

プロレスの強さはそこにありましたか?…「全盛と天龍ならオカダに勝ったかもしれない。しかしオカダの全盛期はこれからだ。」<我々が幸せなのはその天龍の全盛期をゴールデンタイムで体感し、これから数年後…オカダによって再び国民的ジャンルとなったプロレスを体感出来る事でしょうね。
さらに御大は天龍(天竜)の出発点まで知ってる訳ですからね!!

この幸せ者ぉーーーっ!!
ぐわぁーはっはっはっ!! かーーーっかっかっ!!…

>アステさん

ベストバウトと言って、どこまでを試合と定義するか?<単純に総当たりリーグ戦の公式戦の中の方が良い試合あったりするんですよね。
でも東スポのベストバウトってそういうのほぼ皆無ですよね。多分、MVPとベストバウトだけは基準がしっかりしてるんだと思います。そう信じたい。

2年近く楽しませて貰った人間からすると、もう試合の重さが違う<御大のところでも書きましたけどね、高田vs田村に比べりゃ事ないんですよね。
でも今の流れの中では特別でしたね。

動けない天龍を見てオカダはシングルでどんな攻防を見せるんだろう?<11月にサミットやった際にも話題になったんですが、「試合の展開が全く読めない、想像力働かされる試合っていつ以来だろ?」って。
そう言う試合でしたよね。

長州と飲んで、帰りがけにまた飲みましょうってマネージャーに電話番号を渡されたらしいのですが、有吉はその紙をこっそり捨てたって話<いやぁ~、それプロレスファンならではの心理ですよね。
私も高田とか田村とか大好きなんですけど、そういう人と親しく「いやぁ高田さんさぁ」とか「田村さんちょっと聞いてよ~」みたいな関係には絶対になりたくないんですよ。必ず一線二線引いていたいんです。

棚は…凄い友達感覚で親しみやすいAKBみたいな等身大のアイドル…俺はそれは要らね〜なと<う~ん…時代ですかね?
神対応、塩対応とか…基本対応は塩ですよね、スターって。

オカダには浮世離れしたようなスーパースターになって欲しい<全面賛成!! そこは。

安生と天龍の引退興行くらいしか観戦してないような人間がベストバウト云々なんておこがましいと思っていたのですが<まずですね…、

羨ましい!!(笑)

その2大会に足を運んだことで、G1全戦観戦した位の価値あるでしょう。

こんにちは

レガさん お疲れ様です。
オカダさんの「そろそろ結婚したいっすね」発言については、もっと早くてもよかったんじゃないかと。結婚するからって、ファンやめたりしないからさオカダさん。って感じです。
さて…12.9仙台ワールドタッグリーグ優勝決定戦に
行ってきました、全体的に場外マットにへたりこんで孤軍奮闘な感が濃かったんですけど…。
MAOちゃんもかわいかったんですが、マリアのお尻ばっかり見てました私。
決勝戦、EVILですが私的意見では中途半端かなと。パレハは広夢の方がよかったな~!
なかなかスーツを脱がない内藤に対して1階席から
「内藤!焦ってくれー」って。
真壁はほんとマイクうまいですね、リング上に降った大量の青テープに本間が足をとられて転んでいました(笑)
この日の試合前サイン会はオカダさん!
4時間並んで整理券もらいました。
柔らかい雰囲気のオカダさんでした。

続いて12.11Road to TOKYO DOME開幕戦へ。
ここでは過去毎回ニコニコしっ放しの矢野様、
今回もです(笑) コジ以上に笑ってるんです。
髪をアッシュにした裕二郎だけど、なんか一回り痩せたような気も。
何気に裕二郎も嫌いではないので。
中邑真輔も元気です!
内藤んとこに移ったBUSHI、なんかまだ拭いきれてないんですよね~。
このユニット、もう1人くらい増員してもおもしろいかもです!
棚橋のエアギターNEWverもありました。
外道とオカダさんのタッグも新鮮でした。
物販で悩んだあげく、ロスインゴベルナブレスのパーカーを購入…このデザインは少しの外出にも着ていける!
2015年は2月の中邑永田インターコンチ戦から始まり昨日まで5回観戦できまして、2016年はどこから始めるか分かりませんがまた楽しみます。
長々と駄文失礼いたしました。

>怜ちゃん

お疲れ様です!!

結婚するからって、ファンやめたりしないからさオカダさん。って感じ<これ日プロの時代からレスラーの結婚って人気に直結してたみたいです。
でも猪木から始まって新日系は公表していますね。逆に馬場さんとかデンジャラス某とか全日の選手は伏せる傾向にありますね。

12.9仙台ワールドタッグリーグ優勝決定戦に行ってきました<おおっ!! 観戦率高いですねーー!! タッグリーグの優勝戦が仙台っていうだけで昭和のファンにはたまらないです。

MAOちゃんもかわいかったんですが、マリアのお尻ばっかり見てました<怜ちゃんもなかなかのおっさん目線っすね(笑)。

EVIL…私的意見では中途半端かなと。パレハは広夢の方がよかった<高橋はまだ帰ってこれない事情があるんですか? カマイタチでしたっけ?

1階席から「内藤!焦ってくれー」って<あー野次がいいですね。生の醍醐味、そこにもありますね。

真壁はほんとマイクうまい…大量の青テープに本間が足をとられて転んでいました(笑)<GBHでしたっけ? ヒールユニットとしてスタートしながら、今や女性ファンの心をも奪っていますよね。
本間なんて北海道じゃTOYOTAのCM出てるんですよ!

試合前サイン会はオカダさん!<レアですね! お客さん大喜びだったんじゃないですか?

続いて12.11Road to TOKYO DOME開幕戦<凄い!! 中一日で連続観戦!!

毎回ニコニコしっ放しの矢野様<なぜ矢野って女性ファン多いんですか? 以前からずっと疑問です。

髪をアッシュにした裕二郎だけど、なんか一回り痩せたような気も<ずっと観てるから変化がわかるんでしょうね。

BUSHI、なんかまだ拭いきれてない…このユニット、もう1人くらい増員してもおもしろいかも<本場から来て加わるのも面白いでしょうね。

棚橋のエアギターNEWver<何通りあるんですか?(笑)

外道とオカダさんのタッグ<気が付けば関係長いですね。
90年代みたいにヘビーとジュニア混成タッグでワンナイト・トーナメントみたいのもいいんじゃないですかね。

ロスインゴベルナブレスのパーカーを購入<怜ちゃん、相変わらずおしゃれなんですね。

2015年は2月の中邑永田インターコンチ戦から始まり昨日まで5回観戦<うわぁ~観戦女王じゃないですか!!
あのインタコンチもいい試合でした。

年5回かぁ…私は2002年が最後ですね。
怜ちゃん凄いなぁ…またレポート書いて下さると嬉しいです。

No title

ベストバウト・・・

30歳になったばかりの友人2人は
「意味がわからん」
という感じでした。

私も正直、試合の凄さ・派手さ・迫力でいえばあの試合はベストバウトとは言えないと思います。
ただ、
『その年を代表する試合』
という意味では引けを取らないかなぁと感じます。
ある意味、今の新日本プロレスって四天王プロレス時代のように
「毎回すごい試合をしてるけど、残っていかない」
といいますか、
「あの棚橋とオカダの試合」
「いついつの真壁と石井の試合」
と言われても思い出しにくいというか?
それは単に私がおっさんになったのかも知れませんが(苦笑)


All Togetherの小橋と武藤のタッグがベストバウトになったみたいなもの、と説明したらちょっとわかってもらえましたが。


オカダの結婚相手は国民的女優・・・
これはいいですね。
石原さとみあたりはいかがでしょうか?
位置づけは違うかもですが、大島優子でもいいかと。

ただ、乃木坂46の桜井玲香とSKE48の松井珠理奈だけは勘弁してもらいたいです(笑)

No title

こんばんは。
おひさしぶる~~
今年もあと3週間で終わりますね。
サミットには参加できなかったけど
G1で会えたからいいや!!

天龍とオカダの試合はざっくりとしか観てないんだ。
だから、なんも言えないけどさ、
天龍と試合を成立させたオカダに拍手かな?
どうみたって、天龍とは試合にならないでしょ。
難しかったとおもいます。

>ケロ姐さん

こんばんわ。
お久しぶりです!!

今年もあと3週間…G1で会えたからいいや!!<早いですね~、何だかんだと一年に一回はお会いしてますね(笑)。
来年はぜひサミットで!!

天龍とオカダの試合はざっくりとしか観てない<ワープロでやるはずなんですけどね。
でも2週間もほったらかされて、昨夜のオープニングでテロップ…『この番組は関東地方で10月に放送されました』って、なめとんのかーーー!!

これ年内に天龍引退試合流れんのかなぁ…。

こんばんは

棚のエアギターは短くスパッと決めてくれるといいのですが、長かったりするとダレてくる(笑)
内藤のパレハは広夢だなって予想してたのに。
海外行ってだいぶ経つしキャラもいいので。
帰ってきたらchaos入ってほしいな~!
矢野様人気の理由としては、ケイオス関連DVDの企画の良さや試合中のあのキャラクターと自身のお店
ではお客のテーブルを廻って丁寧にお話して下さるそうなんです!そのギャップが良いんでしょうね。

2015年2月の中邑永田IC戦レポできないまま大分経ってしまって…ごめんなさい。
桜庭さんと飯伏の絡みもおもしろかったです。

>ナリさん

順番が前後しまして申し訳ありません。

30歳になったばかりの友人2人は「意味がわからん」<若い方にしてみればその試合に至るまでのサイドストーリーってそれほど重要じゃないんですかね?
それもプロレスの大事な部分であったんですけどね。

『その年を代表する試合』<あー…なる程、確かに歴代の試合を振り返ると、ジャンルは違えどその時代その時代の象徴的な試合ですね。
一口に名勝負とかベストバウトって言っても時代を表す試合ってほんの一握りですよね。

ある意味、今の新日本プロレスって四天王プロレス時代のように
「毎回すごい試合をしてるけど、残っていかない」…単に私がおっさんになったのかも<まぁそこは私自身も耳が痛い部分ではありますが(苦笑)、確かにね…四天王時代よりも残っていないかも知れません。
これ非常にもったいないですよ。
石井とかの試合なんかはさらにそういう感あります。

All Togetherの小橋と武藤のタッグがベストバウトになったみたいなもの<それ非常に合点のいく説明でしょうね。
数あるタイトルマッチや何やらよりも、あの年を象徴したのが復興支援と銘打った興行のあのタッグマッチでした。

石原さとみあたりはいかがでしょうか?…大島優子でもいいかと<この辺の流れはもうナリさんに委ねるしかないですね。
綾瀬はるかとか長澤まさみとか…どうでしょうか?

乃木坂46の桜井玲香とSKE48の松井珠理奈だけは勘弁<ここでナリさんの思惑も絡んでくる訳ですね(笑)。

>怜ちゃん

棚のエアギター…長かったりするとダレてくる(笑)<3回やるって言うのが慣例化していますから、もう大変でしょうね。
でも棚橋は棚橋で“媚びてる”と言われながら、これをやって来た事で新日復興の一役を担ってきた自負もあるでしょうから、ずっとバージョン変えながらやっていくんでしょうね。

広夢…海外行ってだいぶ経つしキャラもいいので。帰ってきたらchaos入ってほしい<マスクもいいですよね。
ただchaosだとYOSHI-HASHIの立ち位置が微妙になってしまう気もします。飯塚的立ち位置は空席になっていますけど(笑)。

矢野様人気の理由<そんなにマメなんですか?
まぁ学校とか会社でも、ああいう感じのキャラの人っていうのが一番もてたりしますからね。
プラス矢野の場合は強さの裏打ちもある訳ですし。

桜庭さんと飯伏の絡みもおもしろかったです<いや、気の向いた時で全然OKですから。
観戦して来て、『ああこの興奮誰かに伝えたい…』ってときにご利用頂ければ嬉しいです。

怜ちゃん、レポありがとうございます!!

No title

国民的スーパースターに…

あ〜なるほど!!

でも、まだ独身で居ていただきたいような
気がしなくもないかな…

鈴木選手の受賞は納得ですよね‼︎
と言うか今後のノアが心配です。

新人賞はコグマ選手が良かったかな〜。

>みーさん

まだ独身で居ていただきたいような気がしなくもない<女性としては複雑な想いでしょうね(笑)。
実際、人気の面では少し落ちるかも知れません

鈴木選手の受賞は納得<主君という言葉以外思い浮かびませんもんね。

新人賞はコグマ選手が良かった<スターダムの選手でしたよね。良い選手でしたが…廃業したんですか?
女子も一時のスキャンダルで散々な目に遭いましたが、ここから淘汰されていくんじゃないですかね?
どの位選手がいるのかわかりませんが、男子にない武器で伸し上がる選手が現れるかですね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード