Wrestle And Raging~後編~(1992)

前編から続きます。

反選手会同盟の猛攻を受け切った上で、

反撃に転じた天龍源一郎は、
WARvs反選手会同盟54

北原光騎につなぐと、

飛び込み様にブレーンバスター崩れのDDTから、

ハイキックを繰り出しますが、
WARvs反選手会同盟55

UWF軍団や破壊王に蹴られてきた越中詩郎にはノーダメージです。

捕まえるとハイアングルのバックドロップから、
WARvs反選手会同盟56

青柳政司にスイッチすれば、

元気全開で回し蹴りの連射。
WARvs反選手会同盟57

北原も蹴り足を捕えて、

フィッシャーマン・スープレックスからカバー。
WARvs反選手会同盟58

上になってのパウンドから腕十字に入ると、

すぐに木村健悟がカットプレー。
WARvs反選手会同盟59

目まぐるしい中盤の攻防の中、

再び天龍がリングインしてきます。

北原が青柳をコーナー対角線に振ると、

間を置かず天龍がラリアート!!
WARvs反選手会同盟60

そのまま逆水平チョップをフルスイングでぶち込むと、
WARvs反選手会同盟61

青柳はたまらず膝から崩れます。
WARvs反選手会同盟62

さらに攻撃に手を緩めない天龍は、

顔面蹴りを挟んでからの延髄斬り!!
WARvs反選手会同盟63

反選手会寄りの声援が鳴り止まない館内へアピールしてから、

折原昌夫にスイッチすると、

折原はミサイルキックで青柳を吹っ飛ばして、
WARvs反選手会同盟64

代わったキムケンをがぶって潰してから、

強烈な蹴り上げ。
WARvs反選手会同盟65

ここら辺りの思い切りの良さが、

折原のトンパチたる真骨頂です。

しかしキムケンも「顔じゃないよ」とばかり、

右フック一発で逆転。
WARvs反選手会同盟66

さらに顔面パンチ、
WARvs反選手会同盟67

も一つおまけに顔面膝蹴り。
WARvs反選手会同盟68

体抗戦でのみ見られる、

“らしくもない”キムケンの面目躍如です。

越中との連係も抜群で、

軽量の折原を二人掛りのニークラッシャーで叩き付けます。
WARvs反選手会同盟69

越中はダブルアームで持ち上げておいて、

スラム気味に叩き付けるとカバーへ。
WARvs反選手会同盟70

カウント2でキックアウトした折原に、

今度は青柳が正拳連打から、

左右の蹴りでやりたい放題。
WARvs反選手会同盟71

力が入らない折原を引きずり起こして、
WARvs反選手会同盟72

今度はキムケンのバックドロップから、
WARvs反選手会同盟73

ボストンクラブ狙いに行ったところで、

折原は下からの張り手で脱出。
WARvs反選手会同盟74

すぐに交代せず、ガンガン張っていくのが折原らしさです。
WARvs反選手会同盟75

そして天龍へつなぐと、

これまたフルスイングの逆水平を5連発!!
WARvs反選手会同盟76

さらに顔面へのチョン蹴りで動きを止めて、

お膳立てしておいてから折原に。

一気に行ったムーンサルト・プレスは、
WARvs反選手会同盟77

モロに剣山で迎撃!!

思わず天龍の口が開きます。
WARvs反選手会同盟78

かくも厳しいキムケンは、

さらに全体重を乗せたダブル・フットスタンプ。
WARvs反選手会同盟79

厳しい攻めを受けながらも、

折原の心は折れません。

ダブルのクロスラインを潜り抜けて、
WARvs反選手会同盟80

逆にドロップキックでキムケンと越中を蹴散らして、
WARvs反選手会同盟81

大将へつなぎました。

天龍は起き上がりこぼしチョップの連打から、
WARvs反選手会同盟82

一気にコーナートップへ駆け上がって、

ダイビング・エルボードロップ投下。
WARvs反選手会同盟83

カバーに行きますが、すぐにツープラトンのカットプレー。
WARvs反選手会同盟84

タッグにおける連係の差に、

両軍かなりの開きがあります。

それでも孤軍奮闘の天龍は、

越中をコーナーに振ってのラリアート。
WARvs反選手会同盟85

これをかわされてしまいますが、

すぐに返す刀で後頭部へ右のラリアートを打ち、
WARvs反選手会同盟86

全速力でロープに走って左のラリアート!! これは強烈!!
WARvs反選手会同盟87

天龍は貴重な両打ちラリアッターなんですよね。

カバーに行きますが、またも瞬時にキムケンのカット。
WARvs反選手会同盟88

両軍同時に交代すると、

ここからは急展開です。

飛び込み様、青柳のニールキックをかわした北原はミドルキックから、
WARvs反選手会同盟89

北斗原爆固めにいくと、またキムケンのカット。
WARvs反選手会同盟90

折原、2発目のミサイルキックで青柳を吹っ飛ばすと、
WARvs反選手会同盟91

代わった越中にもドロップキック炸裂。
WARvs反選手会同盟92

ここをチャンスと見た折原は越中を羽交い締めに捕え、

すぐに北原がロープに走りますが、

ベストタイミングで青柳の蹴りが後頭部にヒット!!
WARvs反選手会同盟93

さらに折原のクラッチが緩んだところ、

越中脱出と同時に稲妻!! しかも顔面にスネ!!
WARvs反選手会同盟94

そのまま分断すると、

もう中島体育センターは興奮度MAX!!
WARvs反選手会同盟2

高々と折原を持ち上げての、
WARvs反選手会同盟95

サムライ・パワーボムでカウント3!!
WARvs反選手会同盟96

これ以上ない形での敵地制圧です。
WARvs反選手会同盟97

諸々の結末に天龍の怒りも収まりません。
WARvs反選手会同盟98

館内は鬼の首を獲ったかの様な大騒ぎに、

何度も応える反選手会同盟のメンバー。
WARvs反選手会同盟99

そりゃあそうですよ、

この当時の札幌における新日本の人気といったら、

天井知らずでしたからね。

でも観戦帰り一番心に残ったのは、

対戦相手の攻撃に対しても、

新日一色の館内の空気に対しても、

胸張って全部受け切った天龍の姿だったんですよね。
WARvs反選手会同盟100

ほとんどのプロレスファンの記憶にあるかどうかも微妙な、

地方会場における、この6人タッグマッチこそが、

私にとっての天龍ベストバウト1位なのです。



さて、天龍源一郎の引退試合、

いよいよ明日です!!

この偉大なプロレスラーの引退に際して、

誰もが感傷的になって見入る事だと思います。

でもこのDVD観て思い出しました。

天龍は全日本なんですよ。

猪木も長州、藤波も三銃士もピンフォールされた怪物ですよ。

ついでに言えば、高田延彦も最後は敗れています。
これは高田も返せない

最後の相手、オカダ・カズチカはIWGPヘビー級王者、

現在の新日本プロレスの頂点ですよ。

もう全日本と呼べるレスラーってほとんど絶滅してるじゃないですか?

やっぱり明日の試合が新日本vs全日本のね、

最終戦争(参照:カッコイイ男の最終戦争)なんですよ!!
天龍オカダ対戦決定28

そしてaliveさん!!

このDVDによって思い出に浸らせて頂きました。

本当にありがとうございました!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : 天龍源一郎 北原光騎 折原昌夫 越中詩郎 木村健悟 青柳政司 反選手会同盟

comment

Secret

ふざけるなこのやろう

革命終焉
週プロmobile読んだだけで涙がこぼれ落ちました。
自分が中3の時に天龍革命、龍原砲がぶち上げられ、以来27年間、気持ちの羅針盤でした。
BSスカパーや新日ワールドは無縁で、今日は週プロmobile追ってましたが、ジータス放送は酒飲みながら魂かけて観戦します。酒に関しても影響をバリバリ受けました。
今日は2005~6年辺りのドラゲー参戦時を初めて観ましたが、ショートタイツで53歳、サッカーボールキック、椅子攻撃等々とにかく攻めも受けも乱れ打ちで、42歳独身が独り部屋で声をあげちゃいました。
天龍源一郎の話は尽きないです。これからまた酒飲みながら天龍映像に浸ります。

シャキーン!

レガさん こんばんは。

観ましたよー。

レガさんがブログに書かれてるまま。

とにかく北海道のファンは熱い!
入場から観客のボルテージが物凄かった!

で、マイクを持った天龍選手…何を言ってるのか分からなかった(笑)

的外れかもしれませんが、折原選手頑張ってましたよね⁈
ちょっと応援してましたよ〜
実況の方も「折原頑張ってる」と言ってましたし(笑)

また越中選手の声援も一際 大きかった〜

青柳選手の蹴りも”おぉー”と唸りましたが、折原選手の蹴りも良かった。
天龍選手の逆水平チョップはやはり威力抜群でした。

やはり試合映像を観るのはいいな〜と改めて思いました。
まして、そこから今日で最後になった天龍選手の引退試合!
これはまた後日かな。

記事にして下さりありがとうございました。
そしてaliveさん ありがとうございます。

>わくまゆ命さん

週プロmobile読んだだけで涙がこぼれ落ちました<やっぱり時代を作ったレスラーの引退って言うのは特別なものがありましたね。

中3の時に天龍革命、龍原砲がぶち上げられ、以来27年間、気持ちの羅針盤<そこから観てきたわくまゆ命さんにしてみれば人生においても一つ大きな区切りなんでしょうね。

酒飲みながら魂かけて観戦します。酒に関しても影響をバリバリ受けました<あーそういう事でしょうかね? 昨日は観ていて酒が進む進む(笑)。
天龍のプロレス(興行)って酒が合いますよ、ええ。

2005~6年辺りのドラゲー参戦時を初めて観ましたが、ショートタイツで53歳、サッカーボールキック、椅子攻撃等々とにかく攻めも受けも乱れ打ちで、42歳独身が独り部屋で声をあげちゃいました<良い休日だったんですね!!
一個一個の時代にそれぞれの天龍がいて、凄い事ですよね。天龍自身がやってる事はほぼ変わらないのに、絶対同化しませんからね。

これからまた酒飲みながら天龍映像に浸ります<こんなに凄いレスラーがいた事はファン一人一人の誇りですね。

>みーさん

おはようございます。
よく見つけられましたね!

天龍選手…何を言ってるのか分からなかった<でもこれね、音響設備のせいもありますよ(笑)。昔って体育館も音の響きとか悪かったですからね。マイクもしかり。

折原選手頑張ってましたよね⁈<当時は一介の若手ですよ。それでもこんなにガンガン受けてガンガンぶち込んでたんです。
この後、突如スキンヘッドになるんですけど、本当の意味でトンパチでしたね~。

越中選手の声援<人気では武藤以外の闘魂三銃士より上だったかも知れませんよ。

やはり試合映像を観るのはいいな〜と改めて思いました<インタビューとかテーマ曲とかもプロレスの魅力なんでしょうけど、やっぱり本道は試合観戦なんですよね。

No title

画像から伝わってくる武骨で荒々しいのに下品では無い雰囲気が良いですね~越中さんは天龍さんと同じでどんな相手や対戦形式でも良い試合をしますよね!折原さんは昔はこんな熱い正統派だったんですね(笑)

>浦原さん

武骨で荒々しいのに下品では無い雰囲気<それ言い得てますね!!
平成維震軍も、天龍も、そういうレスリングだったんですよね。

越中さんは天龍さんと同じでどんな相手や対戦形式でも良い試合をします<こんなに頼もしいレスラーになるなんて、新日移籍当初は思いもしなかったですよ。

折原さんは昔はこんな熱い正統派だった<トンパチ・マシンガンズ結成までは、どちらかというと熱血タイプでした。
最後、天龍に抱きつく姿なんか、リングにおける『北の国から』みたいな感じでした。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード