運命の握手

日本において総合格闘技が、

初めてメジャーシーンに躍り出たあの日(参照:顔を見る、感情を見る。第一歩高田の涙高田の耳打ち、田村の涙)から、

18年が経過して二人が再会するなど、

夢にも思いませんでした。
高田とヒクソンの握手2

 eFight より
【RIZIN】幻の桜庭和志vsヒクソン実現へ、高田延彦と3度目の対戦も

12月29日(火)・31日(木)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING ワールド GRAND-PRIX 2015』の記者会見が、11月8日(月)都内にて行われた。

この会見には、1997年10月11日に開催された『PRIDE.1』、1998年10月11日に開催された『PRIDE.4』で対戦した高田延彦RIZIN統括本部長と“400戦無敗の男”ヒクソン・グレイシーが出席。

(略)

PRIDEの始まりとなった高田延彦RIZIN統括本部長とヒクソン3度目の対戦について、「見たいですか? 見たいとの声があればどこまでも2人を口説きます」という。


高田延彦ヒクソン・グレイシー

PRIDEの魂を継ぐRIZINという場において、

“運命の握手”を果たしました。
高田ヒクソン初戦

私には一族の誇りを賭けた闘いも、

ロシアン・ラストエンペラーや世界のTKの復帰戦も、

最強の女柔術家やSBの女王のMMAデビュー戦も、

正直なところ、さして興味はありません。

ですが、日本という国に総合格闘技というジャンルを、

本当の意味で生み落とした二人が、

昨日、握手を交わしたという事だけに、

ただただ、胸が高鳴っています。
高田とヒクソンの握手1

UWFとグレイシー…まだ“運命”は続いています。

鼻で笑ってもらって結構。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 ヒクソン・グレイシー PRIDE UWFインターナショナル

comment

Secret

No title

何とも言えない不思議な光景ですね…この握手がこれから何を巻き起こしていくのか、注視しなくてはなりませんね。

>浦原さん

何とも言えない不思議な光景<やっぱり思いましたか?
何か合成写真みたいな雰囲気ですよね。

この握手がこれから何を巻き起こしていくのか<バラさんのテンションから行くと桜庭とヒクソンのグラップリングルールは可能性あるんじゃないですかね?
高田は本人がやらないでしょう。

でもやったら…観たいです!!

鳥肌が立ちました

初めまして。
初めてコメントさせていただきます。
二人の握手をみて、鳥肌が立ち、言いようもない興奮を覚えました。この二人の対戦は2回とも生で観戦しました。高田さんを心から応援していた私には辛い結果でしたが、かといって高田さんを応援する気持ちは変わりませんでした。それは今も同じです。その後の二人、特にヒクソンの高田さんに対する発言を読むと決して交わらないと思っていた二人の邂逅のように感じます。私の気持ちもとても嬉しい気持ちで満たされました。
RIZINはポジティブなムードに包まれてるように見え、格闘技も冬の時代を超えて新たな繁栄の時期を迎えたように思います。RIZiNは成功すると思います。
最後に、高田ファンとして、熱い気持ちでブログを読ませていただいています。素晴らしいブログありがとうございます。

No title

来週のFUJIYAMA FIGHT CLUBはヒクソンが登場するんですよね
水道橋博士やケンコバならファンが聞きたい疑問・質問をしてくれると期待してますw

>yhmtc061さん

初めまして。
コメントさせていただきありがとうございます。

二人の握手をみて、鳥肌が立ち、言いようもない興奮を覚えました<高田もヒクソンも、それぞれいろんな相手との握手シーンは見てきましたが、今回のこの2ショットはスペシャルでしたね。

2回とも生で観戦…辛い結果でしたが、かといって高田さんを応援する気持ちは変わりませんでした。それは今も同じです<全く以って同志じゃないですか。嬉しいです!!

RIZiNは成功すると思います<月並みですが、後は試合内容と試合でのインパクトでしょうね。

高田ファンとして、熱い気持ちでブログを読ませていただいています<嬉しいです!!

それぞれの時代でいろんな高田を変わる事なく応援してきた同志として、今後とも宜しくお願い致します!!

>はなさん

いつも情報ありがとうございます。助かります。

水道橋博士やケンコバならファンが聞きたい疑問・質問をしてくれると期待<あまり脱線せぬ様、お願いしたいところです。

No title

榊原氏の桜庭ヒクソン戦を目指す、
というコメントを聞いてそれが出来ればRIZINをやる意味がやっと出てきたかな、と感じました
正直旧PRIDEを更に過激すれば良いと勘違いしたようなルール、階級を作らないという前時代的な発想、何よりほぼ同窓会としか思えないメンバーに、
Dreamレベルで続いていくのかも怪しいな、
と思っているのですが、継続性はともかくやる意味は出来たかな、と

理想を言えば
青木→クロン→ヒクソンと繋がっていけばいいのですが・・・
いっその事93kg契約でやらないかな青木戦

>たきさん

榊原氏の桜庭ヒクソン戦を目指すというコメントを聞いて…RIZINをやる意味がやっと出てきたかな、と<う~ん、そこら辺はどうなんでしょうね。
リアルタイムでのどっちが強いかというテーマにはなり難いですから、それならよっぽどマスターズ的な意味でやった方が他のカードにも変な影響出なくていいんじゃないかな? とか。

継続性はともかくやる意味は出来たかな<システムも大切なんでしょうけどね。やっぱり選手、もっと言えば試合ですよね。
KOと一本が怒涛の波で寄せて来れば、続いて行くと思います。

理想を言えば青木→クロン→ヒクソンと繋がっていけば<クロンから一本取れば、ヒクソンのハートに火が点く事があるかも知れませんね。

No title

吉田豪のプライド、ハッスルで得をしたのは高田延彦だけと言う言葉を思い出します。


>名も無き戦士さん

吉田豪の…言葉を思い出します<ラジオで言ってましたかね。
どちらに対しても真摯に向い合っていましたから、両方がなくなった後に花開いて良かったです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード