買って来ました、この一冊。

先日ご紹介した『俺たちのプロレス』第4弾、

UWFインター特集号(参照:これは注目の一冊かな?)を購入して参りました。
俺たちのプロレス買って来た

とにかくインタビューの人選、

ほぼ完璧じゃないですか!?
俺たちのプロレス目次です

個人的には武藤とゴマシオは要らなかったんですけど、

10.9から20周年という部分で、

それはそれでアリなんでしょうけどね。

オープニングが鈴木健ってのもアレですけど(笑)、

まぁ、のっけから面白い話がドシドシ出てきてます。

とにかく随所に出て来るゲーリー・オブライトの酒癖とか(笑)、
カメラ目線で雄叫びを上げるゲーリー

Uインターテネシー道場の真相とか(笑)、

あんまり書くとネタバレになっちゃいますんで、

深い部分は書かないんですけど、

テディ・ペルクの話、

本当に何か違う形でUインターが継続していれば、

本当に物凄い事になっちゃってたんじゃないですかね?

某新日本プロレスワ●ルドなんて比較にならないくらい、

ワールドワイドに展開してたんでしょうね。

…ペルク氏が語るバービックの話もインパクトあったなぁ。
バービック入場

もちろん鈴木健氏の北尾戦の話も含めて、

Uインターの他流試合は“特殊な世界”だったんですね。

決して前田氏が憶測してた“騙し討ち”のリングではなく!!

…そうそう、今日であの試合からちょうど23年です。
ハイキック5

各ライターさん見事でしたが、

ここでも堀江ガンツさん八面六臂の活躍でしたね。

田村潔司が放った高田とのスパーの話は、

ある意味、衝撃的でもありました。

ガンツさんといえば、このツイート。


宮戸優光、幻の対談相手は誰だ!?

一通り読んでいくと、

山本喧一との師弟対談かな?

あるいは中野巽耀と犬猿対談?

10.9から20年企画としては蝶野正洋?

まさかまさかの長州力!?

早速妄想が止まらないんですけど。

ガンツさん、全て不正解だったら教えて下さい(笑)。

…いやぁ、とにかく言いたいのはね、

やっぱりUインター最高ですよ!!
Uインターの祝杯1

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

資金力

ん〜…
UIは、フロント、営業側がもう少ししっかりしてたらな〜…

鈴木さんの意見も分かるし、宮戸の理想も分かるけど…
ま、結果としてねぇ…

プロレスラーは強いんです。

こんにちは。

面白くて一気に読み終えました。

バービック話が最高でした。実は、やる気満々だったのは驚きました。でも高田のオーラとローの威力がああいう試合にさせたという事でしょうね。

この試合は92年の冬にレンタルして見たのですが、格好良さに痺れスーファミのアストラルバウトでタイソンモデルのボクサーには、ローで攻撃するようになりました。たまにミドルとハイも混ぜて。それまではスープレックスで攻めていたのに。

>^ ^さん

フロント、営業側がもう少ししっかりしてたらな〜<そういう見方もあるでしょうね。
実際に10.9はそのフロントの駆け引きの差が出た感もあります。

いずれにしても、プロレス界…やったもん勝ちなんでしょうね。

>aliveさん

こんばんわ。

バービック話が最高でした<これもね~、前田氏が騙し討ちを主張していましたが、覆されましたね。
大体ペルク氏の証言読んでると、打ち合わせなんか通用する輩じゃないですもんね。

格好良さに痺れスーファミのアストラルバウトでタイソンモデルのボクサーには、ローで攻撃するように<そういう影響もありますよね。

私も当時クラス会で集まった際にチャリ乗ってきた友人の後輪にロー入れまくって、タイヤを破壊しました(笑)。
酒の勢いとはいえ悪質ですよね(笑)。

No title

田村の高田とのスパー話が私にとっては新鮮でした。

バービック戦は生で観ました。私は正直消化不良でしたが、一緒に行った友人は高田のローキックに大興奮してました。観戦していたガッツ石松が「彼が今日の気迫で闘ったら誰にも負けないだろう」みたいな事を言ってました。

No title

こんばんは
買いました。改めて高田、そしてインター最高っすね。
田村のスパーの話がよかったですが、やはり当時の高田を考えたら当然ですね。
また別冊で中野、宮戸、佐野、上山、松井でお願いしたいですね。
後、改めてテーズベルト巻いてる時の高田の肉体・・・最高ですね。あれこそプロレスラーですよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>BPHさん

田村の高田とのスパー話<これがハイライトだったかも知れませんね。
事の真偽はどちらでもいいんですが、あの田村が…かつて「そこまで言わなくても…」くらいに角が立つ程に正直な発言しかして来なかった田村が、ああいう事言うのに驚きました。
だとしたら真剣勝負発言って相当の覚悟のもとに行った事だったんでしょうね。

バービック戦は生で観ました<おおぅ!! ここにも歴史の証人が!!

ガッツ石松が「彼が今日の気迫で闘ったら誰にも負けないだろう」<いや異論なしですよ。
そういや試合前に花束贈呈していましたね。

>Fさん

こんばんわ。

買いました。改めて高田、そしてインター最高<やっぱりFさんもシンプルな感想出てきますよね!?

田村のスパーの話…当時の高田を考えたら当然<これGスピリッツでも新生Uで「一番強かったのは高田さん。2番目は他のみんな」って言ってたのを思い出しました。
Uインターで高田と行動共にした連中は全員が「高田強かった」と言ってるんですよね。
だから前田氏の「オランダから連れて来てたら高田でも無理だった」の真意がよくわからないですよ。

別冊で中野、宮戸、佐野、上山、松井でお願いしたい<ヤマケンもお願いします。

テーズベルト巻いてる時の高田の肉体・・・最高<宮戸曰く「あの写真見て、のこのこ出て来るアホはいない」。

>○○○○○さん!!

わざわざすみません!! ありがとうございます!!
…一年ぶりですね(笑)。その説はありがとうございました。

あ~そうでしたか。
深読みしすぎました(笑)。

またご来道の際は、ぜひ!! NOMI○○○○宜しくお願いしますっ!!

No title

筋金入りのUインター好きですね(笑)。UWFというよりUインターを愛してやまない感じかな。Uなんて所詮とシカトを決め込む私ですら、つられてハマリそうでww

Uインターといえば、むかしリトアニアで「ブシドー」とかいう中継番組があったでしょ。なんでリトアニア?って(笑)。

Uインター出身者は最強レフェリー和田さんを筆頭にwマット界で八面六臂の活躍をみせてくれましたが、ちょっと残念だったのは総合に偏りぎみだったことで、桜庭が快進撃をつづけていた頃は、ずいぶん遠い存在になってしまったと嘆息したものです。
私見にすぎませんが、桜庭の魅力と強さはプロレスにおいてこそ発揮されていたと考えています。対抗戦時代の石澤戦、神宮球場での折原戦はグレイシーを連破したことにまさる大名勝負だと勝手に思っています。また、同時期における金原の天然ヒールぶりは秋山成勲に爪の垢を煎じて飲ませたいくらい見事なものでした。後年総合に転向したときはフツーにイイ奴になっちゃって、応援はしていましたが、ちょっと残念だったんですよね(失礼!)。

個人的に藤原組とUインターにかぎっていえば純プロレススタイルでも充分飛躍できたと思うんですよ。Uスタイルが独特の緊張感をともないながら外国人をふくむ各レスラー(特に北尾は高田のマナー違反によって救われたのだと思っています!)の魅力を引き出したことは理解できますが、おなじことを純プロレスでもできたのではないかと。

安生はね、Uインター道場なら確実にヒクソンに勝っていたと思いますよ(こんなこと書くと、やはり確実に格闘技ファンの顰蹙を買うのでしょうが)。とにかく第二の人生に幸あれ!
ヤマケンには暴力団、もとい(笑)政治家になってほしいなぁ。以前彼は自民党青年部に所属してたと公言していましたよね。まぁヤクザも政治家も似たような商売ですが、国士のおもむきがある彼には、対抗戦時代に翻弄した西村以上に志の確かさを覚えているので、せめて区議会議員にでもなって自治体の混迷に斬り込んでほしい。
高山には対藤田戦をつうじてロックアップのリアリティを教えてもらいました。本当にありがたい!

新日本の世界戦略は、いつだって掛け声倒れになるのがオチですから、私はたいして期待しておりません。WWEならいざしらず、複数スター制に頼る以上、復興の熱はかえって拡散して消えてゆくことでしょう。いまこそ高田のような絶体ヒーローが必要なんですよ。

某ブログに掲載されているバディ・ロジャースの画像が素晴らしいんですね。小ぶりでささやかなベルトがロジャースの肉体におそろしく映えている。日本でこれに匹敵するのは、プロレスリング世界ヘビー級ベルトを巻いた高田ひとりだと確信しています。IWGPベルトを巻いたとき、そのあまりの美しさに目眩を覚えましたよ。

脈絡のないコメントで申し訳ございませんが、ひとつだけ云いたいのは、田村にはルチャに挑んでほしかったってこと(笑)。

>し~まさん

Uなんて所詮とシカトを決め込む私ですら、つられてハマリそう<ありがとうございます(笑)。

なんでリトアニア?<BUSHIDOはイスラエルからですね。
その他にも日本のスポーツ番組で初めて全米PPVをやったり、イギリスにも放映してたり、かなりワールドワイドだったみたいです。

桜庭の魅力と強さはプロレスにおいてこそ発揮されていた<色んな見方があって、本当に勉強になります。

金原の天然ヒールぶり<とにかく遠慮を知らなかったですよね。
ここまでやって大丈夫? みたいな。

北尾は高田のマナー違反によって救われた<これ記事のムックではっきりわかったんですけど、プロレスの試合としては何も問題ない結末なんですよ。違反していないんです。

安生はね、Uインター道場なら確実にヒクソンに勝っていた<逆に田村、垣原、金原、高山らでヒクソンを囲んでやりたかったですね。

ヤマケンには…政治家になってほしい<お店に行ってみると、大変柔らかい物腰で温厚な方ですよ。やっぱりかっこいいです。

高山には対藤田戦をつうじてロックアップのリアリティを教えてもらいました<首相撲じゃなく、あくまでもロックアップですよね。

複数スター制に頼る以上、復興の熱はかえって拡散して消えてゆくことでしょう<単独エースはリスク高いんですよね。
でも絶対的な存在があった方が業界は回って行く様にも感じます。

バディ・ロジャースの画像が素晴らしい…日本でこれに匹敵するのは、プロレスリング世界ヘビー級ベルトを巻いた高田ひとり<後光が見えます、ええ。

ひとつだけ云いたいのは、田村にはルチャに挑んでほしかった<そこですか(笑)。
本人は「みちのくでも出来る。でもそれをやったら自分じゃない」みたいな事も言ってました。
せめて藤波戦くらいはやっても良かったと思います。

No title

改めて見るとUインター本当に面白いですね。
あまり詳しくは無いですが、興行のアイディアや選手の育成は他に類を見ないぐらい素晴らしいものがあります。それ故に高田の出馬や宮戸が離れていった事が悔やまれます。

個人的には、レガース封印時代の日の出の勢いの田村を、高田が受け切った上で完勝した試合が良かったと思いました。
かつて高田が憧れた猪木が得意とする、相手を引き出して最後は勝つの完成形に見えました。

>名も無き戦士さん

改めて見るとUインター本当に面白い<ありがとうございます。
そこに着目して頂けると、ありがたい限りです。

高田の出馬や宮戸が離れていった事が悔やまれます<そこなんですよね~。
よしんば、それがあったとしても団体継続は可能だったと思うんですが、バラバラになってしまったのが痛いです。

レガース封印時代の日の出の勢いの田村を、高田が受け切った上で完勝した試合が良かった<この試合はまだ記事にしていないんですよ。
ずっと書こう書こうと思っていて…そろそろいいですかね?
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード