これは注目の一冊かな?

今年も深まる秋、

読書の季節がやって来ております。

この秋は↓の2冊しか読んでいませんが、

Gスピリッツ37表紙
 Gスピリッツ Vol.37

カッキー本表紙
 Uの青春~カッキーの闘いはまだ終わらない

どちらもUインターの歴史を検証するには最高の内容。

さらに今月21日には興味深いムックが発売されます。

じゃじゃ~ん!
俺たちのプロレス4表紙

双葉社の『俺たちのプロレス』第4弾、

遂にUインター特集号です!!

このシリーズの売りはとにかくインタビューの人選に尽きます。

今回は誰がUインターを語るのでしょうか?

俺たちのプロレス4表紙
 俺たちのプロレス vol.4 より

UWFインターナショナルの功罪

90年代、「プロレスこそ最強」を旗印に掲げ、一気にマット界の頂点を極めた団体、UwFインターナショナル。
今年は新日本プロレスとの全面対抗戦から20年という節目の年にあたる。
本書ではファンの絶大な支持を集めるとともに、ときには非難を浴びた「UWFインターナショナル」という稀有な団体を、改めて検証するものである。

【11名が明かした「プロレスこそ最強」の真実】
鈴木健/テディ・ペルク/和田良覚/木下雄一/安生洋二/永島勝司/武藤敬司/田村潔司/髙山善廣/桜庭和志

U系の三派分裂を経て「プロレスに原点回帰」
大躍進を遂げたUWFインターナショナル

なぜ北尾は口をつぐんでしまったのか?
衝撃的KO負けの“裏側”を推察

揺らぎ始めた団体の根幹
グレイシー一族との「最強幻想」をかけた闘い
忍び寄る崩壊の足音
起死回生の策として新日本との全面対抗戦勃発

団体としては解散するも…
総合格闘技全盛の時代に花開いた「Uインター最強伝説」

特別寄稿
「髙田延彦が語ったUインターへの想い」

プロレス記者が選んだ
UWFインターナショナル名勝負集

【連載】
その時、マット史が動いた!
「あの試合」の真実
髙田延彦vsトレバー・バービック


ほぼ完璧な布陣じゃないですか?

テディ・ペルクさんや木下さんが出るってのも斬新かと。

でも…武藤? 今さら何を語るのか?

それと双葉社なのに宮戸が出ないのも不思議???

猪木の時は出てましたからね。

いずれにしても現役選手が出ている以上、

キナ臭いアレはないと思いますが、

とりあえず買ってみます。

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

良書の予感

こんにちは。

これは面白そうですね。

確かに宮戸がいないのは不思議です。

個人的にはUインターに近くて遠い山崎は、いらないかな。
高田まで出てくるのですから楽しみですよ。

>aliveさん

こんばんわ。

確かに宮戸がいないのは不思議<ゲラチェックで問題起きたんでしょうかね?
とにかく腑に落ちません。

個人的にはUインターに近くて遠い山崎は、いらない<私なら思い切って、山崎×中野対談とか仕掛けるんですけどね。
途中で喧嘩になって、お互いに出て行ってしまうとか(笑)。

高田まで出てくるのですから楽しみ<これ微妙ですね。高田自身じゃなく『特別寄稿』って書いてますからね。
あんまり過剰な期待せずに、ここは行っときましょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○○○さん

こんばんわ。

ぜひ読んで頂きたい。立ち読みでもいいから(笑)。
Uインターという素晴らしい団体があった事をなるべく若い方に知って頂きたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○○○さん

確かに。
こりゃ失礼!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○さん

安心して下さい、みんな大人です(笑)。

というか、これは二人だけの秘密です♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○さん

お疲れ様です!!

ここでは…それくらいに(笑)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード