つないでいくもの~後編~(1994)

さあ中編からの続き、ラストです!!

完全にキラーと化したアントニオ猪木の攻めに対して、

逃げる事なく真っ向から受けていく天龍源一郎
キラー猪木全開

もはや名勝負を超えた死闘ですね。

終盤に来ても二人の初動は手四つから。
また手四つから、

WAR側コーナーで天龍の膝蹴りが炸裂、
天龍の膝蹴り、

さらに顔面に連打を入れていきます。
さらに顔面へも

たまらず猪木は一旦場外へエスケープし、

間を置いてからリングへ戻ると、
一旦場外で間を置きリングに戻った猪木にぶちかましから、

天龍はぶちかましから、

右肘の痛みを堪えつつ、コーナーでの逆水平連打。
コーナーでの逆水平連打

そして対角線コーナーに振ると、
対角線コーナー振っての攻撃に、

全力で突進していきますが、

待ってたのは猪木の浴びせ蹴り!!
猪木カウンターの浴びせ蹴りから、

さらに顔面へのナックル!!
顔面にナックルパート!!

もう一度、今度は胴締め式の魔性スリーパーです!!
再度のスリーパーは胴締め式

ガッチリと極まりますが、

これは服部がチョークと判断してブレイク。

またも天龍の動きが止まります。
またも失神寸前の天龍に、

猪木はにじり寄ると張り手。
張り手を見舞う猪木に、

とっさに天龍が打ったキックは、

猪木の下腹部付近にヒット。
天龍の放った蹴りは金的へ?

そこにフルスイングの逆水平を見舞いますが、
逆水平を、

猪木はダッキングでかわして、

またしても顔面パンチ!!
かわして、またも顔面パンチ!!

天龍はダメージが足に来つつも、

意地で3発目の延髄斬り!!
天龍も意地で延髄!!

さらに躊躇なく猪木の顔面を蹴り上げる!!
顔面を蹴り上げて、

ここまでやらないと猪木には勝てない事を悟ったか!?

カバーに行くとカウント2でキックアウト。
フォールに行くがカウントは2

天龍は抱え上げると、

全体重を乗せて、珍しくアバランシュホールド。
アバランシュホールドも、

これも猪木はカウント2でキックアウトします。
2でキックアウト

間髪入れず、

そのまま必殺のパワーボム決行!!
ならばとパワーボム決行!!

これがカウント3!!
カウント3入った!!

天龍、日本人初のBIからのピンフォール達成です!!

ゴングが鳴り響き、両陣営が雪崩れ込む中、

猪木は無意識に天龍をカバー。
猪木はゴングの中、無意識でカバーに…

さんざん頭部に拳を打ち込まれた天龍は、

口の中の血を吹き出します。
口の中の血を吹き出す天龍

死力を尽くして敗れた猪木、
猪木は思わずこの表情

勝った天龍も同様です。
日本人初のBIフォール達成!!

足元がおぼつかない猪木は、

馳に顔面を張らせておいてから、
猪木は思わずふらつく

マイクを手にすると飛び出した言葉は、

猪木
「天龍。ありがとう、今日は…」

「天龍! ありがとう」

これに対して、

天龍
「猪木さん! もう一回やりましょう!! こんなんじゃ$#%@*でしょう!! 頼んます!」

「猪木さん、もう一回やりましょう!!」

天龍の美学の中に“勝ち逃げ”はありません。

最後は新日、WAR両軍ノーサイドの「1、2、3、ダー!」で締め括ると、
新春恒例のダーッ!

猪木は愛弟子、藤波辰爾の姿を見つけると、

抱擁を交わしてから、
藤波と抱き合うと、

ここで涙腺が決壊、
猪木の目に涙が…

顔をクシャクシャに泣きじゃくりながらの退場です。
泣きながらリングを降りた猪木

何度か観てきた猪木の涙ですが、

この試合後の涙は一入のものがありました。

コメントブースにおいて天龍は、

神妙な顔でこう言いました。

天龍
「『なめんなプロレス』というアントニオ猪木の気持ちを誰かが継いで行かなきゃダメだと思います」

天龍のコメント

WARという小さな団体を率いながら、

この日から天龍は大きな大きな責任を背負い込みました。

それは日本プロレス界で最も大きな責任だったと思います。

いつからかそんな天龍を称して、

人は“ミスタープロレス”と名付けた訳ですが、

天龍が凄いのは、そこに甘んじることなく、

極右から極左に位置する『プロレス』と名の付くもの、

全てに関わってきたという部分じゃないでしょうか?

このBIフォールの偉業を天龍自身はこう受け止めています。

 プロレス謎読本―リングのタブーを解き明かせ!(別冊宝島) より

天龍
「あのまま決着がついちゃって、どっちかに白黒出るのはやっぱり、ね。それは攻め込んでる状態であってもだよね。逆に負けたときのほうが嬉しいことのほうが多いんだよ。馬場さんと猪木さんに勝ったということよりも、やられているほうがラクだよね、うん。そのほうが背負うものが何もないしね」


さあ!! そして11.15 両国国技館

引退試合の相手はオカダ・カズチカです。

単なる一試合ではないという事は、

誰もが理解しています。

そこでオカダが天龍から何を盗み取るのか?

マサさんが言う、『猪木から奪った一冊のプロレスの教科書』か?

動けない天龍を躊躇なく介錯する事で背負う“責任感”か?

或いは『プロレスをなめんな』という、猪木から…いや、力道山からの魂でしょうか?
天龍オカダ対戦決定31

天龍との最終戦争は、

決してオカダにとってのボーナストラックではありません。

関連記事
スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 天龍源一郎 WAR オカダ・カズチカ

comment

Secret

No title

天龍選手の引退試合の意義は、私のようなプロレス歴の浅い人間には到底言葉に出来ない程のものがあると思います。熱く語ってしまって失礼しました…

>浦原さん

私のようなプロレス歴の浅い人間には到底言葉に出来ない程のものがあると<いやいや、そういうアレじゃないですよ、プロレスって。

自分の中で消化して出てきた答えが全てです。
いろんなキャリアから、いろんな角度から、この試合を観る事が一番です。

No title

猪木の涙というと貴ブログでも取り上げておられる対藤波戦を思い返しますが、たしか門場忠雄さんだったか、あれは感涙ではなく、最後まで自らのプロレス観を理解しえなかった藤波にたいする悔し涙だったという意見がありました。猪木が後継に長州を認めたことと考えあわせると強い説得性を覚えます。もっとも長州と藤波は、猪木プロレスを覆したという意味では同根だと思いますが。

対天龍戦においても猪木の涙は悔し涙というべきでしょう。それは単に思い描いた試合には程遠かった、もしくは体力の衰えをあらためて突きつけられたからだけではなく、猪木の志向してきた「闘うプロレス」が平成的純プロレス(純プロレスとは極めて平成的な呼称ではないか)の前に屈服を余儀なくされたからだと考えています。
おなじ脈絡にムタvs小川戦がありました。小川が未熟であったことを差し引いても、あの一戦は平成プロレスの文法が猪木イズムを封じることができるという証明となりえました。

大晦日、鈴木&澤田組と桜庭&柴田組の不穏極まるタッグマッチがおこなわれました。猪木イズムを体現するかのような平成屈指の名勝負でしたが、桜庭のローシングルが光った場面はあったものの、全体的にはIGF 側の仕掛けにたいし、かつての天龍、武藤に通じるプロレス的封じ込めを桜庭&柴田組がみせたことが印象的でした。

しかしながら天龍は、猪木戦以降たしかに猪木から教科書の一冊を盗み出すことに成功したようで、橋本以下、多くのレスラーとの対戦において、そこはかとなく、ときには露骨なまでに、その形跡をのこしています。個人的には対三沢戦なんか(笑)。

オカダはたいへんです。天龍ただひとりとの戦いではなく、その背後に馬場と猪木、ふたりの巨頭の影をいかに封じこめるか、そのテーマを若干20代のエースが背負っているのです。さてどんな始末になるのでしょうね(笑)。

つらつら書き込みながらナンですが、猪木vs天龍戦を収録したのDVDで、ノーカット、テーマ曲差し替えなし、かつ実況なしのものはあるのでしょうか?

No title

温かいお言葉有難うございます。もっと自由にプロレスを楽しみたいと思います!これからも宜しくお願いします!

>し~まさん

感涙ではなく、最後まで自らのプロレス観を理解しえなかった藤波にたいする悔し涙<門馬さんの新日記事は憶測も多々ありましたんでアレですけども、確かにあの試合では丸め込みも多用されてて、試合のテーマとは違う部分で藤波が仕掛けてた感じはありました。

対天龍戦においても猪木の涙は悔し涙というべきでしょう…猪木の志向してきた「闘うプロレス」が平成的純プロレスの前に屈服を余儀なくされたから<この試合、記事にしたマサさんをはじめ、藤波らも「猪木が負ける事は考えられなかった」そうですね。
そこを突破した天龍はいろんな意味で凄いレスラーだと思います。

鈴木&澤田組と桜庭&柴田組の不穏極まるタッグマッチがおこなわれました…プロレス的封じ込めを桜庭&柴田組がみせたことが印象的でした<あくまでUインターという団体に思い入れのある私の私見ですが、封じ込めというよりも、(バックボーンから来る)ある程度の自信を持って臨んだ二人が、桜庭の懐刀におっかなびっくり繰り広げてた試合展開だった様に思います。
最終的には桜庭のハイキックで完全に委縮しちゃいましたが、あの時点での鈴川と澤田のキャラを完封するというのは、他の日本人レスラーには出来ない芸当だったと思います。

橋本以下、多くのレスラーとの対戦において、そこはかとなく、ときには露骨なまでに、その形跡をのこしています<そこら辺も具体的に教えて下さるとありがたいです。

ノーカット、テーマ曲差し替えなし、かつ実況なしのもの<前記した闘魂Vは天龍のテーマだけ差し替えでしたが、ノーカットで猪木はオリジナル音源での入場、実況ナシでした。
この試合を収録した他のソフトはちょっとわかりませんね。

>浦原さん

自由にプロレスを楽しみたい<そうですね。観る側にはほとんどルールはありませんからね。せいぜい他の方の観方に迷惑かけないという程度で。

ことらこそ、今後とも宜しくお願い致します。

No title

やっとコメントを。

サミット関連の話題が出ると、私は出て行けないので拗ねてました(笑)

それはさておき、猪木vs天龍、闘魂Vが出るまで絶対に見ない!と決めていたのに新学期始まるやいなや
「天龍勝ったな!」
という同級生の言葉で撃沈・・・

そんな思い出の1戦です。


試合は噛み合った名勝負というよりは、他流試合感抜群の『プロレス内異種格闘技戦』といいますか?
ちなみに、よく話に出す北野誠さんも
「新日のドームでやるんやから猪木が負けるわけない」
という感じで予想していました。
私は、天龍勝つでしょ!!!と思っていたので
「ふざけた予想を」
と思ってました。

この試合はメインで行われましたが、当日に到るまでに橋本が
「IWGPがメインでなきゃおかしい」
とクレーム。
最初の発表では、猪木vs天龍、長州vs藤原、藤波vsホーガンの前だったような?
結局トリプルメインという形でIWGPがセミになったはず。

しかし、試合はすごかったですねぇ。
先ほどの北野誠のラジオで言っていたのが
「天龍のアバランシュホールドは潰しに来てたね。
あれだけ体重かけた技をリングの中央(骨の土台がある部分)でやったら完全に息が止まるよ」
というもの。
「これ以上試合を伸ばしたら何やられるかわからんと思ったんちゃう?」
とも。

そういや、書いてて思ったのですが今の天龍ってUインターでエキシビションをやったロビンソンとニックよりも遥かに年上なんですね・・・

>ナリさん

私は出て行けないので拗ねてました(笑)<そうおっしゃらず…待ってますよ、いつでも。

新学期始まるやいなや「天龍勝ったな!」という同級生の言葉で撃沈<昔のプロレスファンならではの“あるある”ですね。情報が限定されてた古き良き時代の。

噛み合った名勝負というよりは、他流試合感抜群の『プロレス内異種格闘技戦』<そうですね。なぜ天龍相手に「格闘技ルール」にこだわったのか謎だったんですが、もしかしたら自分の異種格闘技戦を馬場さんに否定された挙句、ラジャ・ライオン戦みたいな茶化し方をされた猪木のリベンジマッチだったのかも知れないですね。

最初の発表では、猪木vs天龍、長州vs藤原、藤波vsホーガンの前だったような?<結局、興行という観点から見るとこの試合になるんですよね、間違いなく。
ただ橋本は確かこの日、コメントブースで「いつまでこれが続くんだ!!」みたいな事言いませんでしたっけ?

今の天龍ってUインターでエキシビションをやったロビンソンとニックよりも遥かに年上<猪木も馬場さんも到達出来なかった年齢に来ていますよね。
特に天龍ってずーーーっと一線でやって来ましたから。藤波みたいに長期欠場した訳でも、長州みたいに一度リタイアした訳でもないですしね。
驚異の60代ですよ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード