つないでいくもの~中編~(1994)

前編からつながってます。

均衡を破るには十分過ぎるアントニオ猪木の顔面パンチに、
躊躇なく入れるキラー猪木

天龍源一郎は激昂。
怒る天龍

それでも二人はロックアップに行きません。

当たり前の様に手四つになりかけますが、
天龍の組み手を、

それすらも猪木は嫌って、

天龍の手を払いのけます。
嫌う猪木

ならばと天龍は左の張り手から、
天龍は張り手、

数発打って猪木の頭が下がったところに、
数発入れておいて、

延髄斬り!!
延髄斬り

本家に対して放った一発が、

この試合最初の大技となりました。

さらに天龍は中腰の猪木をロープ際に追い詰めると、

ガードにもお構いなしに逆水平の連打。
ガードの上から逆水平連打

そしてボディスラム狙い、
ボディスラム狙いの天龍、

これをも嫌う猪木に、

天龍は意地になって何度もトライ。
執拗にボディスラムを狙う天龍に、

ここで再び猪木のナックルパートが、
弓を引き、

天龍の左テンプルに直撃!!
テンプルへの鉄拳!!

そして本家の延髄斬り!!
そして本家の延髄!!

ナタの様な天龍の重厚感に対し、

猪木はまさしく妖刀の鋭さですね。

出た、魔性のスリーパー!!
さらに魔性のスリーパーで、

天龍の右手はしっかりロープを掴んでいましたが、

ブレイクを無視して頸動脈を締め込んでいくと、
みるみる天龍は脱力

若干の間を置いてから天龍失神!!
落ちた!!

倒れたまま全く動かない天龍にドーム内は大騒然。

レフェリーの服部が猪木に注意を与えると、

猪木は「聞こえねえよ!! マイクで言え!!」
服部の注意に猪木は「聞こえねえ! マイクで言え!!」

服部
「この試合は格闘技ルールではございません。プロレスルールです」
「格闘技ルールではございません」

…え? 何言ってんの???

猪木のスリーパーはチョークには見えないし、

ロープに対してのカウントも数えた様子はありません。

服部のおかしな部分がまた出ちゃいましたね。

納得のいかない猪木に再び注意の服部。

リング下では長州力(ノックダウンの)カウントしろ!!」
再び注意の服部に、

猪木も苛立ちから服部に張り手一発、
張り手一発

すると長州、今度はエプロンに駆け上がり「会長!! (レフェリーに)手ぇ出したらダメです!!」
「会長! 手ぇ出したらダメです!!」

時間だけがどんどん過ぎていき、

一向に動かない天龍に対して猪木は、

膝を喉元に突き立てていきます。
喉元に膝を突き立てる猪木

フォールカウントを要求しますが、

服部はロープブレイクを主張。

介抱する事も許されないWARセコンド陣を代表して、

阿修羅・原が抗議。
阿修羅も抗議

するとリングに飛び込んだのは何と長州!!

天龍の顔面に強烈な張り手を見舞って蘇生を施します。
遂に長州が動いた

これでやっと動き出した天龍ですが、

しばし放心状態でリング下を歩きます。
場外でまだ朦朧とする天龍、

付き人の平井が視界に入った瞬間、

急に意識が戻ったか、思い切り殴り飛ばし、
平井を殴り飛ばして、

やっとの思いでリングイン。
リングイン

まだ調子が戻らない天龍に対して、

猪木は容赦なくナックルパート。
またもナックル!!

とっさに天龍は突っ張りで反撃すると、
天龍は突っ張りから、

この試合2発目の延髄斬り。
延髄に行くが、

クリーンヒットするもダメージはまだ消えません、

腰から砕けるのは天龍の方。
ダメージも大きい

そこに今度は猪木が2発目の延髄斬り。
今度は猪木の延髄!!

その勢いを利して、

天龍はラリアートをぶちかまします。
天龍もラリアート

またも先に起き上がったのは猪木、

天龍を引きずり起こすと、
引きずり起こして、

ここで卍固めです!!
卍固め!!

それでも天龍は足のフックを外すと、

自力で脱出成功。
振り落として脱出

間を置かずに浴びせ蹴りを放ちますが、
天龍の浴びせ蹴り

これは当たりが浅く、

逆に猪木が腕ひしぎ逆十字に入ります。
猪木の腕ひしぎ逆十字はロープブレイク、

右肘が伸び切る前にロープブレイク…のはずが、

さらに猪木は締め上げます!!
そこから締め込む!!

絶対に気を抜く事が許されない、

それが猪木のプロレスなのです。

離れ際には顔面蹴り上げ!!
離れると顔面を蹴り上げ、

そしてロープを使ってのアームロック、

何より…この眼!!!
もう一度極めに行く、

とことんまで締め上げていきます。
執拗に極めに行く

まさしくキラーモード全開の猪木。

それでも心が折れる事のない天龍。
キラー猪木全開

さあ、後編へ行きましょうか!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 天龍源一郎 WAR

comment

Secret

No title

続けてコメントさせてもらいます。プロレスはレフェリーも含めて試合を作り上げていくものなのですよね。昭和のプロレスラーの迫力というか説得力は素晴らしいです!!

この試合は私にとっては原点ともいえる一戦でした。
スイングすることがプロレスの必要条件とされつつあった平成マット界にあって、猪木の試合は(体力の衰えが第一にあったにせよ)実にぎこちなく、ともすればドタバタ劇の様相をさらしながら、にもかかわらず目が離せないという不思議なものでした。
これは持論ですが、タイガーマスクと長州力が口火を切り、次いで全日本に引火し、さらには第二次UWFへといたるプロレスブームは、たしかにプロレスの水準を飛躍的に高めたのみならず、平成プロレスの下地を用意さえしましたが、その反面プロレスファンの耐性を弱めてしまったところは否めないと思います。一般に名勝負とされる試合は観客がヒートしている状況を指しているにすぎず、静寂のなかにドラマを見いだすようなリテラシィが我々平成デルフィンには決定的に欠けている、そんなことを思い知らされたのがこの一戦でした。
猪木はよくプロレスの天才と称されますが、全盛期の試合をみてもファンを満腹にさせるような試合はほとんどしていないんですよね。むしろファンの期待を良きにつけ悪しきつけ裏切ることを旨とした、つまりはフラストレーションと緊張感を強いるような試合が多いんです。その意味で猪木は時代が変わっても決してブレていない。落語でいえば立川談志みたいな(笑)。

天龍の失神については、あくまで演技だという指摘が多く、そのように解釈したほうがプロレスとして整理しやすいには違いないものの、ならば長州をはじめとするセコンド陣の狼狽ぶりはどう説明するのか、あるいは政治的な約束ごとの裏で両者の思惑をいかなるものだったのかなど、猪木プロレスの謎かけは尽きることがありません。模範解答のない、だれもが困惑し途方に暮れてしまう不吉な難問に向き合うカタルシス、これこそが居心地の悪い心地よさであって、底が丸見えなのに溺れてしまうプロレスという底無し沼の真骨頂だと勝手に盲信しています。

いまだこの試合を超えるミステリアスなプロレスは存在しないし、この一戦こそ日本マット界史上の金字塔であると私は確信しています。猪木とはつくづく純文学的なレスラーなのだなと、この歳になってさえ途方に暮れる私でございます(笑)。

にしても、あの試合は実況抜きでみた方が面白いですねー。とくに長州と猪木の掛け合いが緊迫しまくりで!長州や前田が1.4事変に動揺しなかったのは、若手時代から猪木プロレスを間近でみてきたせいでしょうね。

蛇足ですが、あの試合にかぎらず、寝た状態の猪木の足は恐ろしいほどセクシーです。細長い足に黒のリングシューズが淫靡なほど映えている。これに近い印象をもつのはルー・テーズくらいか。猪木がテーズを模範とした理由の一端がみえてくるのも、この試合の魅力ですね。

超一流の卑怯者

こんばんは。

この日のメインは橋本vs蝶野のIWGP?


他の試合のインパクトを霞ませるのは、この日に限らず、よくありましたけど盗人はなはだしいとは、猪木の事ですね。

この前年の天龍vs長州を見たプロレスファンじゃない友達から「カウントが速かった、インチキだ。猪木とやったら猪木が勝つんだろ。」と非難されましたが天龍が勝ったと伝えたら「そうなんだ」と無言になりました。これプロレス否定派に勝った事になるのかな。

私も猪木の足の話ですが他の選手はシューズから靴下がハミ出ているのですが、猪木は出ていないのが格好いいと、いつも思ってました。
たまたまなのか、ファンの目を意識していたのかなぁ?目を意識して、そこまでしていたのなら物凄いセルフプロデュースぶりですね。

>し~まさん

猪木の試合は(体力の衰えが第一にあったにせよ)実にぎこちなく、ともすればドタバタ劇の様相をさらしながら、にもかかわらず目が離せない<後半、スリーパーだけになっちゃったのは寂しかったですけど、緊張感は最後まで消える事がありませんでした。

ブームは、たしかにプロレスの水準を飛躍的に高めたのみならず、平成プロレスの下地を用意さえしましたが、その反面プロレスファンの耐性を弱めてしまった<はぁ、そう見ますか。

静寂のなかにドラマを見いだすようなリテラシィが我々平成デルフィンには決定的に欠けている<固唾を飲んで見守って、カウントが3つ入った瞬間にドドドドー!!ってのが昔はたくさんありましたね。
今は3カウントに至るまでにいくつもの山場がないと名勝負とは呼ばれませんよね。これが進化なのか? それとも違うのか?

全盛期の試合をみてもファンを満腹にさせるような試合はほとんどしていない…フラストレーションと緊張感を強いるような試合が多い<消化不良の中にも謎を落とすのが猪木のプロレスでしたよね。それを今のファンに言ったら、「何それ? 無意味じゃん」みたいな…。

天龍の失神については、あくまで演技だという指摘が多く…ならば長州をはじめとするセコンド陣の狼狽ぶりはどう説明するのか<落ちた事のある人…はあまりいないんでしょうけど(笑)、眠るように落ちる時ってあるんですよね。
この試合もブレイク後、天龍が一旦動いてから大事の字になってるんですよね。1986年2.6の藤原も「落ちる瞬間に鼻を掻いてたからフェイクだ」という意見がありました。
実際に落ちた経験のない方は“死んだ様に動かなくなる”のが本物だと思ってるかも知れません。

居心地の悪い心地よさであって、底が丸見えなのに溺れてしまうプロレスという底無し沼の真骨頂<若い方に伝えたいのは、そこなんですよ。
目を背けたい不快感もプロレスの持ち味なんです。

この一戦こそ日本マット界史上の金字塔…猪木とはつくづく純文学的なレスラーなのだなと<直木賞と芥川賞を同時に差し上げたい試合ですね。

実況抜きでみた方が面白い…とくに長州と猪木の掛け合いが緊迫しまくり<同意します。実は今回のキャプチャは闘魂Vスペシャルからでして、このビデオはノー実況なんですよ。
当時、猪木はスキャンダルの渦中で、試合さえも地上波から削除されていました。今なら考えられない時代ですよね。

寝た状態の猪木の足は恐ろしいほどセクシー<猪木の足って、ルーズジョイントもそうですが、人間離れしてるんですよね。
時折見せる技術でも足先を手の様に駆使して相手をコントロールしてたり、膝から上が長いので、ボディシザースなんかも強烈でした。
そして足の甲が長いんですよね。かっこいいんですよ。

>浦原さん

プロレスはレフェリーも含めて試合を作り上げていくもの<この場合のレフェリーはダメですね。とにかくダメです。

昭和のプロレスラーの迫力というか説得力<こればっかりは時代背景も関係してくるでしょうね。

>aliveさん

こんばんわ。

メインは橋本vs蝶野のIWGP<その通りです。破壊王が自分のコメント中に流れてる炎のファイターに対してキレたんでしたっけね?

盗人はなはだしいとは、猪木の事<のちの96年1.4ではベイダー相手にやっちゃいましたよね。あの時も長州がキレたとか…。

「カウントが速かった、インチキだ。猪木とやったら猪木が勝つんだろ。」と非難されましたが天龍が勝ったと伝えたら「そうなんだ」と無言に<今観ると、特に80年代なんかはカウントどころか猪木有利なレフェリング当たり前なんですよね。でも当時は全然気にしてなかったです。
そういう中で勝ち星を重ねていった天龍って凄いレスラーですよ。

他の選手はシューズから靴下がハミ出ているのですが、猪木は出ていないのが格好いい<あ、そうでしたか。私なんかは藤波のシューズからはみ出した“ドリソク”がかっこよく思っていました。
猪木の場合はシューズの紐も太めで、スニーカーの紐みたいでした。あれ一試合ごとに新品に変えてたらしいですよね。
その辺の美学が猪木らしいです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード