OPとED

この記事のタイトル…決して下ネタじゃございません。

先月、みのるさんから頂戴したCD(参照:夏の終わりに驚嘆のハーモニー~前編~~後編~)の数々、

その一曲一曲が様々な年代に会場で鳴り響いた、

オリジナルであった事に驚嘆した訳ですが、
みのるさんからのプレゼント2

特に驚きの声を発せずにいられなかった一枚。

それが6枚目の『ワールドプロレスリング OP & ED & BGM集』のクオリティでした。
みのるさんからのプレゼント9

この一枚を掘り下げる事で記事が一つ出来ちゃうんですよ。

これ画像だとひたすら同じ曲のリプレイに感じられるかと思いますが、

実は違うんですよーー!!

早速、行ってみましょうか!!

まずは文字通りオープニングの01『ワールドプロレスリングのテーマ(フルVer.)』から、
ワープロOP@1976

言わずもがな、70年代のOP曲ですね。

私らの世代にはなじみの薄い曲ではありますが、

この映像に出て来る猪木の名シーン、特にフランケンシュタイナー(参照:オイ、飛べんのかい?)ですね!!
猪木のフランケンシュタイナー連続写真by123daさん

123daさん(from 見たくない奴は見に来るな!)から教えて頂いたんです。

あぁ既に懐かしいなぁ…。

続いて02『ワールドプロレスリングのテーマ(TVサイズ)』
ワープロOP@70年代3

これは番組のOPで流れてたショートバージョンです。
ワープロOP@70年代2

そうそう、当時の冠スポンサーは“小松製作所”を始めとする、

小松グループですよ!!
ワープロOP@70年代1

高度経済成長の勢いを象徴する大スポンサーですよね。

お次は03『THEME FROM STAR TREK/次期シリーズ予告テーマ』

新日の次期シリーズといえばスターサイクルが真っ先に思い浮かぶのですが、

70年代はこっちだったんですね?

…ていうか、この曲は『アメリカ横断ウルトラクイズ』のOP曲でもありますね。

まだまだ行きますよ、

04『テレ朝スポーツテーマ(ゴング音Ver.)』、さらに05『テレ朝スポーツテーマ(OP Ver.)』
ワープロOP@80年代初頭1

これは流星仮面二世さん(from 団塊Jrのプロレスファン列伝)が教えて下さった通り、

1980年のモスクワ五輪を、

日本国内で独占放映したテレ朝の当時のスポーツテーマ曲です。

まさしく古舘、小鉄、桜井の黄金トリオの時代ですね。
ワープロOP@80年代初頭3

当時の冠スポンサーは“三協アルミ”、
ワープロOP@80年代初頭2

土建業最盛期から建築資材へ、

のちのバブル期に向かって日本が安定してきた象徴でしょうか?

06『テレ朝スポーツテーマ(ED Ver.)』で一旦クールダウンです。

そしてここで来ました、

07『STAR CYCLE/次期シリーズ予告テーマ』
新日次期シリーズ予告

古舘節との相乗効果で、

参加選手紹介時の曲調と日程発表時の曲調が、

実にハマっていて…いつ聴いても最高ですね。

08『朝日に栄光あれ(フルVer.)』、この曲です。

フルで聴くと行進したくなるんですよ、無意識に(笑)。

2:17から、表彰式の定番曲ですね。

09『朝日に栄光あれ(入場式&アレンジVer.)』10『朝日に栄光あれ(TVサイズ)』…これですね!!
昭和のワープロOP

“ギューーーーン”の音入り!!

金曜8時、ブラウン管の前に正座して、

この曲がスピーカーから聴こえて来れば、

もう心臓の鼓動はMAXボルテージ!!

すぐにタイムスリップ出来るんです!!

さらに来た!! 11『朝日に栄光あれ(OPスポンサーVer.)』!!

これが、1985年8月の猪木vsブロディ“運命の対決”Ver.なんですよ!!

古舘アナ
「まるでその夕陽が落ちていく様に、闘魂が沈んでしまうのか!? 落日の闘魂は見たくない!! 落日の闘魂は見たくない…ミステリアス・スピリット!! バックドロップ~!! 闘魂が蘇ったーーー!!」

ああ…やっぱり良いなぁ…(感涙)。

そして当時の冠スポンサーは“TOYOTA”ですよ。
ワープロOP@1985

80年代にワールドプロレスリングを提供してくれた恩で、

私や流星さんはトヨタ車に乗ってる訳です(笑)。
特番OP@1985

もう一丁、12『朝日に栄光あれ(EDスポンサーVer.)』でクールダウン。

そして、このOP、EDは月曜8時に移行した後、

1987年3月で幕を閉じました。
ワープロOP@1986

この年の4月、プロレス番組は大きな変革期に突入しました。

火曜8時への移行と、『ギブUPまで待てない!!ワールドプロレスリング』の開始です。
ギブUPまで待ってな~い♪

プロレス中継とバラエティ番組の融合。

今聞けば何の事はないコラボってやつですが、

当時のプロレスファンからしてみれば、

初回放送が終わった時点で「お…終わった…」みたいな。

OP曲とED曲も一変して、まさかのジャニーズですよ。

13『MIDNIGHT TRAIN/男闘呼組』
ギブUPのED@男闘呼組1

しばらく彼らのMVみたいのが流れてましたが、

後半はスローモーションで試合映像が流れる様になりました。

そんな中で86年IWGP優勝戦の番組EDの時、

歴代優勝戦のダイジェストが流れたのは、

私個人的には好きでしたね。
ギブUPのED@男闘呼組2

で、今聴くと、この曲…実にいい曲だったりします。

7月からはスタジオ収録がほぼ無くなって従来の中継スタイルに。

OP曲、ED曲はJ POPの奇才起用です。

14『OLYMPICは火の車/久保田利伸』
ギブUPのOP@久保田

15『MISSING/久保田利伸』
ギブUPのED@久保田

そして秋の改変期に『ギブUPまで…』が消えて、

元の番組名に復活!!

ところが曲は元に戻る事なく…迷わずにSAY YES…。

16『狂想曲~ラプソディ/CHAGE & ASUKA』
ワープロOP@チャゲアス

17『狂想曲~ラプソディ~SE入り/CHAGE & ASUKA』
チャゲアス時代OP

♪なっちはにょんごんとっのんナプソニ~~…ってね。
まっちは夜ごとのラプソディ~

18『TV 88 BGM~TURNING POINT/CHAGE & ASUKA』…ん?

これは記憶にないですが、

88年に入ってBGMで流れていましたっけ?

ベイダーとかガスパーズが出てきた頃?

逆に鮮明に覚えてるのが、

19『MY Mr.LONELY HEART/ASUKA』

このね、歌ってる飛鳥ですね…、

私が童●を捧げた一個上の方が大好きでしてね、

いつもいつも部屋の中で聴かされてたんですよ。

今でも歌える位に憶えちゃってる訳ですよ、

身体が…じゃなくて耳が。

次行こ、次!!

20『MOONDANCER/MECO』

これ初め何の曲か全くわからなかったんですよ。

でも6:06から…ああ!! この曲!!

1988年4月から土曜4時に移行して始まった、

『88ワールドプロレスリング』のED曲ですよ。
IWGP王者・藤波のもとです

これまた懐かしいなぁーー!!

そして土曜4時、秋からは再び『ワールドプロレスリング』に復活して、

この曲が使われます。

21『THE SCORE(フルVer.)』
ワープロOP@スコア初期

22『THE SCORE 1』はBGM、

23『THE SCORE 2』は番組OP、
ワープロOP@土曜4時

24『THE SCORE 3』はCM明け、

25『THE SCORE(2000年使用前奏)』はこの試合を思い出します(参照:イッテンヨン事変~前編~~後編~)。
橋本真也vs小川直也

26『THE SCORE(ドーム大会Ver.)』は現在につながる曲ですね。
現在のワープロOP

そしてオーラスは、

27『ワールドプロレスリングオープニングメドレー』!!

昭和から平成へ、20世紀から21世紀へと、

ワープロOPの数珠つなぎによる感動のEDです!!

とにかく凄い…それ以外の言葉が見つかりません。



本当に聴く度にね、

私は感動と感激、そして素晴らしい空間の中に身を置く事が出来ます。

心の奥底から湧きあがる、みのるさんに対する感謝と熱い思いを止める事が出来ません。

ブログを始めてから、かなりの時間が経ちました。

思えば右も左も分かったつもりの一人の中年が、

昭和プロレスによってプロレスファンに戻されました。

それから7年の月日が流れてしまいました。

最初にブログを立ち上げた時は興奮も緊張も忘れかけていましたが、

この様な大勢の皆さんに読んで頂けるとは、

本当に熱い思いで言葉になりません。

…あれ?

とにかく、みのるさん!! ありがとうございます!!

一枚一枚を大切に聴かせて頂きます!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : 入場テーマ曲

comment

Secret

お疲れ様です!

やっぱり直撃は05と10だな〜

もう一回見てみたい(聴いてみたい)のは

05かな?テーマ曲が流れる前に

「イーノーキ、イーノーキ」

って猪木コール入るヤツ

コーナーポストを背に猪木が吠える映像で

(あれは何の試合映像だったのかな?)


少年時代を思い出しますわー

ありがとうございます\(^o^)/

あと

8時ジャストに「ちょっとお知〜らせ」のコーラスからの関口宏さんのトークからの10

10は「関口宏のちょっとお知らせ」を含めて1曲かなと(汗)




すみません連続して(;^_^A

>ヨンペイさん

やっぱり直撃は05と10<そうなんですよね。
ですから『ギブUPまで』が始まった時、相当ショックでしたよ。
「プロレスはスポーツじゃねえのかよっ!!」って。

テーマ曲が流れる前に「イーノーキ、イーノーキ」って猪木コール入るヤツ<え? そういうのもありましたか? 記憶にないですね。
ポニーキャニオンから出てたキラー猪木シリーズのOPがそういう感じでしたが。

8時ジャストに「ちょっとお知〜らせ」のコーラスからの関口宏さんのトークからの10<政府からのCMですね。当時はあの数分間がもどかしかった。

って、これ6月のサミットで話題に上がりましたね。
当時の番組スポンサー、プロレスに限らないんですけど、やっぱり凄いですよね。

ヨンペイさん!! 連日、観てますよ~~!!

ヨンペイさん補足

猪木コール入るヤツっていうのは、おそらくOP前に数秒だけ試合のカットが入る仕様のときのものを言ってるんではないでしょうかね?

たとえばディック・マードックとやったIWGP優勝戦のときは

「身をすくめて延髄斬り~!!」

って映像と古舘さんの実況が入って、で、そのあとにギューン・・・ドドド、ドドド、ドドド、ドドド、チャララ~チャララ~チャーチャラッチャチャ♪

これが何かの試合で、猪木コールだったときがあったんではないかと・・・ちがうかな?

そう、サミットのときにも出ましたよね!!関口宏!!これは玄人中の玄人ですよ!!よくよく考えればプロレスと無関係なのに、ボクらのプロレスビジョンにはプロレスの一環として心に焼き付いていますもんね!!ちなみにボクは宇宙刑事ギャバンのED、星空のメッセージですね。こいつも名曲ですね。で、これ聴いて、次回予告見てからプロレスってのが印象深いです。もちろん宇宙船サジタリウスのEDの夢光年も好きだったですよ(^^)

あーそうそうレガさん!!

「心の奥底から湧きあがる、みのるさんに対する感謝と熱い思いを止める事が出来ません。」

の直後にボクの声が入ってますので、お忘れなくん♪

No title

こんばんは。

「ワールドプロレスリング」のテーマ曲だと思っていたのが、「朝日よ 永遠なれ」だと知ったのは数年前。YouTubeを見ていたときのこと。そのショックといったら。目が点とは、このこと。

ほんと、一気に“あのころ”に戻りますね。

プロレスって素晴らしいですね。こんなふうに“あのころ”を思い出して熱くなれるもの、他にありません。

失礼しました

「朝日に栄光あれ」でした。お恥ずかしい。

時期シリーズの外国人レスラーの紹介も特別感があってわくわくしたことを思い出しました。

あれ?

スミマセン

よくある美化された妄想が

蓄積されそれが現実と思ってしまったのかな

σ(^_^;)


イーノーキ、イーノーキ、イーノーキ、、、

(いつも同じ猪木の映像で、有名な大木戦じゃなくキチンとバックに撫で付けられた髪型の猪木)

の後

チャチャンチャー、チャーン♪

チャララ〜ンーチャー♪

(音感無いけど05ね(笑))



違ったかな〜?


スミマセン(;^_^A


でもこんな話また飲んでしたいですね(笑)

レガさん こんにちは。

タイトル…どこが下○タなのか、さっぱり分かりません。
もっと分かりやすくお願いします。
あと…若き頃の想い出も含めて後日 詳しく聞くこととして…( ̄ー ̄)



この素敵な贈り物の主が、みのるさんなんですね。
凄い!
スポンサーにも注目するあたりにプロレス愛があります。

古舘アナの語りの相乗効果は分かる気がします。
あの軽妙かつ、熱くい古舘アナの語りで知らなかった言葉を覚えたんですよね。

あっ、ギブアップまで待てない…ワールドプロレスリングとは別番組だと思っていました。


人気があり、国民の心を鷲掴みしていたプロレスも時代と共に、ゴールデンタイムだったり夕方だったり、こんなに放送時間に変動が…


まさに歴史あり!

うおー!みなさんサイコーすぎますね!
ボクも脳内は常に「朝日に栄光あれ」が鳴り響いてるんですが、男闘呼組の「ミッドナイト・トレイン」もひそかに外せなかったりします 笑

♪甘い言葉なんて 言えないオレだけど…

テーマ曲の話題とはズレてしまいますけど、ワープロで新日軍団が遠征にいった際に、古舘アナと小鉄さんのミニスキットが必ずあったじゃないですか。
ハワイでは小鉄さんが海坊主になったり、海藻を頭にのっけておどけてみせたり、パキスタンでは現地の方のコスプレをしてみせたり。
あの小鉄さんの、ちょっとふざけた雰囲気がたまらなく好きでした(^_^)

>流星さん

OP前に数秒だけ試合のカットが入る仕様のときのものを言ってるんでは…映像と古舘さんの実況が入って、で、そのあとにギューン・・・<古くはタイガーのね、ロス・ブラソスかロス・ミッショネルスがマスク脱がせて、「おおーっとタイガーの素顔が!!」みたいな実況からのギューーーンもありましたね!!
録画中継の時のあれが私も好きでした。

サミットのときにも出ましたよね!!関口宏!!<夜8時になって、燃え盛るプロレス少年の魂に一瞬打ち水するかの如くの関口宏でしたよね。
今観ると当時のCMって今みたいな訳の分からん規制が少なかったので、名作揃いなんですよね。

ボクは宇宙刑事ギャバンのED、星空のメッセージですね<私は断然、カックラキン大放送EDからコカコーラのCM見終えて、チャンネルを合わせた派です。
ちなみに北海道では35chでした。

「心の奥底から湧きあがる、みのるさんに対する感謝と熱い思いを止める事が出来ません。」の直後にボクの声<もちろん忘れませんよん(笑)。

本当にいい声してるんだよなー流星さん。

>rascalさん

こんばんわ。

「ワールドプロレスリング」のテーマ曲だと思っていたのが、「朝日よ 永遠なれ」だと知った<逆に日テレの全日もそうですが、スポーツテーマ曲だった事で、プロレスが市民権を得てる様にも思っていましたね。

こんなふうに“あのころ”を思い出して熱くなれるもの、他にありません<ずっと色あせないんですよね、本当に。

時期シリーズの外国人レスラーの紹介も特別感があってわくわくした<初来日ガイジンのモノクロ写真が特に良かったですよね。
実際に来てみたら全然イメージと違ったりして(笑)。

>ヨンペイさん

そこまで鮮明なら本当にそのOPあったんじゃないでしょうかね?

私らより長く観てきたヨンペイさんですから、一概には妄想とも思えませんね。

サミットは年内、必ずやりましょう!!

>みーさん

こんばんわ。

もっと分かりやすくお願いします<うぬぬ…。

若き頃の想い出も含めて後日<むむむむ…。

スポンサーにも注目するあたりにプロレス愛が<プロレスに関わる全てのものに愛情を注ぐ。それが昭和のプロレスファンでしょうね。

軽妙かつ、熱くい古舘アナの語りで知らなかった言葉を覚えた<そうなんです。
でも当時は結構「古舘の実況はうるさい。大嫌い」みたいな声もあったんですよ。
間違いなく今のスポーツ実況の型を作った人の一人でしょうね。

人気があり、国民の心を鷲掴みしていたプロレスも時代と共に、ゴールデンタイムだったり夕方だったり<再びゴールデンに打って出るときは来るんでしょうかね?
しばらく特番でもやっていないんですよね。

>みのるさん

今記事の主役降臨ですね!!

脳内は常に「朝日に栄光あれ」が鳴り響いてる<もちろんギューーーンの方ですよね?

男闘呼組の「ミッドナイト・トレイン」もひそかに外せなかったり<いや本当に良い歌だと思います。今、TOKIOとか歌っても違和感ないですよね。
でも実際、この曲最初に聴いた時は「ギブUPまでを観て、局にクレーム電話入れる人の歌かな?」と思いましたよ。

♪こんな夜が来るなんて、受話器を見つめて俺は黙り込む…ですからね。

遠征にいった際に、古舘アナと小鉄さんのミニスキット<ありましたね!!(笑)。
ちょいちょい古舘アナがかますんですよね。

正月特番の時の二人で紋付き袴姿で、「こんばんわ、染之介染太郎です」も好きでした。

みのるさん、改めましてありがとうございます!!

どもっす。
こないだつい、TSUTAYAでロックンロール・イズ・キングを借り、今日図書館でプロレステーマ曲大全集を借りてきてしまいました…。

ギブアップまで待てないは色々企画倒れがあってんですよね。「パパはプロレスラー」と言うショートコントも企画されていたらしいです。
個人的にはアメプロっぽくなるのかな?と内心期待してました。周りにいる友人は拒絶反応起こしてましたが…やはりちょっと変わってたんでしょうね。

>BKっち

こんばんわ。

TSUTAYAでロックンロール・イズ・キングを借り、今日図書館でプロレステーマ曲大全集を借りてきて<本格的始動…ですね?
でもロックンロール・イズ・キングあるんですねーーー!!

「パパはプロレスラー」と言うショートコントも企画されていた<そうなんですよね。他にも小鉄さんがいじめられっ子を助けに行く企画とか。
元気が出るTVテイストが感じられる内容でした。

個人的にはアメプロっぽくなるのかな?と内心期待<ほとんどの少年ファンは硬かったですからね。
私なんかはマシン軍団でも嫌でしたから。

お知らせをば

文芸誌「すばる」10月号に、高田延彦の談話記事が載っています。
戦いの日々を経て発せられる言葉に深く頷きました。ぜひご一読を。

>rascalさん

文芸誌「すばる」10月号に、高田延彦の談話記事が載っています<情報ありがとうございます。探してみます!!

No title

ではレガさんに飛鳥さんの歌

唄っていただきましょう‼︎

身体が覚えてるんですよね!!

流石レガさん。

>みーさん

飛鳥さんの歌唄っていただきましょう‼︎<♪き・み・に・んぁうんひは~、ふんしんぎんぁくんらい~、んぁめがおおくぅんて~…

って文字に起こせませんよ(笑)。

身体が覚えてる<いや、歌とか曲の記憶ってほとんどがそうじゃないですか?
みーさんだって、ねぇ。そうでしょ? でへへ。

思い出しました!

レガさん先程 急にこの記事の事を思い出しました!

タイトルのOPとEDの意味…教えてくださいな(^^)

で、それで童⚫️を捧げたお話も詳しく聞けたらな〜と思います(笑)

>みーさんっ!!

OPとED<OPは「オープニング」、EDは「エンディング」ですよ、はい。
『OっPい』と『ED(勃○不全症)』っていう意味じゃないんですよっ。

童⚫️を捧げたお話<これを詳しく書いたところで誰も喜ばないでしょうに!!(笑)

う~ん、そうですね、
みーさんが♡♡を捧げたお話でも聞かせてくれたら、さらっと書きましょうか。
そっちの話の方が喜ぶ方たくさんいらっしゃるでしょうし。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード