ひとりきりじゃ出来ぬこと(1988)

例年通り、

今年もこの日にこの試合を観ました。

1988年8.8 横浜文化体育館

IWGPヘビー級選手権試合

藤波辰巳vsアントニオ猪木
です。

古舘伊知郎アナ
今年も8.8 1

藤波辰巳
今年も8.8 4

アントニオ猪木
今年も8.8 3

今年は大型駐車場の片隅、

車中にて観戦でした。
今年も8.8 2

…あ、6月4日(参照:世界に一つだけの縁~6年半越しの運命という名の前編~)に続いて今年は2度目の観戦だ!!



“ストロングスタイルの原点”。
今年も8.8 5

今のファンにとってのストロングスタイルって、

中邑真輔の試合スタイルなのかな?

それとも単なるキャラクターとしてのストロングスタイルなのかな?

60分フルタイムドロー、
今年も8.8 6

今のプロレスで60分間、

観客を飽きさせる事なくリングを凝視させる事って、

可能なのかな?

ずーっと動いて動いて60分やるしかないのかな?

泣かせられるプロレス…、
今年も8.8 7

試合観て涙流す事って、

まだあるのかな?

実はあるけど、そこに気付いていないだけなのかな?

この試合があったからブログを始めたのかも知れない。
今年も8.8 8

この試合があったから、

流星仮面二世さん(from 団塊Jrのプロレスファン列伝)と出会う事が出来ました。
今年も8.8 9

「ありがとうございましたーーーーー!!」
今年も8.8 10

喜びや夢ばかりじゃない、

つらい思いさえ、

ひとりきりじゃ出来ぬことさ、

ここにいるのも

今年も8.8 11

ひとりきりじゃ出来ないですよ。

皆さんが読んで下さって、コメントを寄せて下さるから、

やっていける訳です。

…でも媚びないですよ。

黙々と自分の思うプロレスと、

プロレスラー像を書いて行きたいと思います。
今年も8.8 12

 俺達の飛龍革命

 20 years ago

 22years ago

 お前が目の前にいるならいい

 僕らの記念日

 ひとりアントンハイセル

 YOKOHAMA五十路前


88年8.8…さぁブログも8年目スタートです。

宜しくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 藤波辰巳 IWGP

comment

Secret

No title

自分はこの試合はレガさんの記事でしか知りません。当時の空気や背景をリアルタイムで感じていたからこそのレガさんや流星仮面さんの心の原風景に繋がっているのだと思います。
だからとても羨ましいんです。自分もこういう景色に少しでも多く出会いたいと、毎年レガさんの記事を読む度に痛切に思います。羨ましい。

No title

はじめまして。
私がリアルタイムで見た全てのプロレスの試合の中で、この藤波VS猪木以上に感動したものは有りません。テレビ録画のVTRは当時擦り切れる程、何回も何回も見ました。DVDになってからも同様です。ですから画像や実況は殆ど全て覚えています。が、毎年見なければ気が済まないという。いつかテレビ放送時の有明ベイダー戦後に控室で藤波と猪木が対峙する場面を挿入してソフト化して欲しいなぁ。札幌長州戦ほか参加者全ての挑戦者決定戦と、横浜エンディングの「旅姿六人衆」も是非。アリ戦がDVDに出来たのだから行けるんちゃうかな?30周年記念完全版ということで。

>てつさん

当時の空気や背景をリアルタイムで感じていたからこそのレガさんや流星仮面さんの心の原風景に繋がっている<これも実は先日、流星さんとメールでやり取りしたんですけど、今ってクリック一つで過去の名勝負が楽しめるじゃないですか。
でも本当は名勝負と呼ばれるものってその試合までの背景とか世相とか自分自身の思い出まで込みだと思うんですよ。
ですからずっと残ってるんだと思うんです。

自分もこういう景色に少しでも多く出会いたいと、毎年レガさんの記事を読む度に痛切に思います<プロレス観続けてりゃ、また出会えるはずです!!

…と私も切に願います。

>アンドレ・ザ・カンドレさん

初めまして。
コメントありがとうございます。素敵なHNですね。

リアルタイムで見た全てのプロレスの試合の中で、この藤波VS猪木以上に感動したものは有りません…画像や実況は殆ど全て覚えています<ああ、毎年観てるとそうなっちゃいますよね。
あとは小鉄さんの「ああ、やっぱり凄いなぁ…」と。

控室で藤波と猪木が対峙する場面を挿入して…札幌長州戦ほか参加者全ての挑戦者決定戦と、横浜エンディングの「旅姿六人衆」も是非<色々と権利の問題で難しいでしょうね~。
サザンってYouTubeでもほぼ消されてるじゃないですか? ですからあの曲を入れるのが一番の難関でしょうね。

今後とも宜しくお願い致します。

27年

最近、私が思っていたこと。
それを見事にレガさんが言葉にしてくれました。

てつさんへのコメ返
『 今ってクリック一つで過去の名勝負が楽しめるじゃないですか。 でも本当は名勝負と呼ばれるものってその試合までの背景とか世相とか自分自身の思い出まで込みだと思うんですよ。 ですからずっと残ってるんだと思うんです。 』

パクっていいですか?(笑)
だって、ズバリなんですもん!
この『8.8 藤波vs猪木』なんて、まるっきりそれなんですよね…これ以上があるのかというぐらい。

>宮ゲさん

てつさんへのコメ返…パクっていいですか?(笑)<あははは…宮ゲさん律儀ですね。
結構ネットの世界って人の書いたものを、さも「俺はこう思った!!」的に書く人多いですよね。
宮ゲさんは良いんじゃないですか? “好きにやれ”…なんつってンムフフフ。

『8.8 藤波vs猪木』なんて、まるっきりそれ<そもそもが“昭和最後の夏”なんですよね。

あぁ…平成も既に27年ですかぁ…。

No title

どうもレガさん!!

いやぁ~スマホがぶっ壊れてしまい、コメもお返事もできませんで・・・文明の利器に頼りすぎるのはいざというときホントいけませんなぁ(^^;

さて、遅くなってしましましたが8.8、ボクも今年も見ました。今年はボクの他、息子と嫁が一緒に見ました。

ボクはもちろん最後まで、いろんな思いを巡らせながら見ていました。あの闘魂Tシャツ着た子供、そして卍が決まったときに勇ましく映る同い年くらいの少年・・・そして今年、レガさんと一緒に見たんだな~という思い。本当に時代を映す名勝負でした。

一方、息子は途中から飽きてしまったのかG1の星取表が気になりだしチラチラと見ながら観戦し始め、嫁はリアルタイムでも見ていたようなので最後のシーンにはグっときているようでした。ここに現在と過去のプロレスファンの一線を見たような、そんな気持ちになりましたねぇ・・・

でもなんといっても、昭和最後の夏だったんですよね。ああ~ずいぶん時間が経ったんだなぁ・・・



8.8…なんでオラこんなにも思い入れがないのか考えてみました。

まず、88年という年。
このときの新日本ってUWFに押されて冬の時代でしたよね。
この年のオラは初来日のR&Rやブロディ刺殺事件に行ってしまっていたし、天龍革命真っ只中で飛龍革命と言われてもイマイチピンと来ませんでした。
完全に全日派になっていたのでしょうね。

だけど、IWGP挑戦者決定リーグ戦の猪木ー長州は観に行ったんですよ(実はこの試合テレビではメインでしたが、会場ではセミでした。メインは藤波、木村対ソイヤー、ヘルナンデス)。そこで猪木は完敗。しかしベイダーを破り藤波への挑戦権獲得。
なんかもうその流れに全然ノレなくて、ベイダー対ビガロの方に関心が行ってました。
当時猪木、藤波をあんまマトモに観てなかったんだろうなぁ〜。


>流星さん

スマホがぶっ壊れてしまい<いやはや、それは災難でしたね。
私もこの夏はちょっと痛い出費がありましたよ(苦笑)。

今年はボクの他、息子と嫁が一緒に見ました<プロレス一家ですね~、羨ましい!!

あの闘魂Tシャツ着た子供、そして卍が決まったときに勇ましく映る同い年くらいの少年<ご一緒に観たときもお話しましたよね。
「この少年たちは今、どこで何してるんですかね? プロレス観てますかね?」って。
ああ~これも夏の思い出だ~~!!

息子は途中から飽きてしまったのかG1の星取表が気になりだしチラチラと見ながら観戦…嫁はリアルタイムでも見ていたようなので最後のシーンにはグっときているよう<レスラーだけではなく観る側も今や60分フルタイムは困難かも知れませんね。
コメントの冒頭部分じゃないですけど、今はスマホみたいに何かに飽きた時、退屈を凌ぐ道具がありますもんね。

昭和最後の夏だったんですよね<もうすぐ30年ですよね。

けどね、流星さん。
私、毎年この試合の記事やっててわかりましたけど、同い年でこの試合に思い入れ持ちながら今に至ってる方ってたくさんいますよ。
本当にかけがえのない試合です。

>BKっち

なんでオラこんなにも思い入れがないのか…このときの新日本ってUWFに押されて冬の時代でしたよね<実のところ、私自身もUに行ってましたから。
あの時代、強さの象徴だった前田氏が長州の顔面蹴って、かつての新日なら「一騎打ちで決着だ」ってなるかと思ってたら、実質上の追放処分。
これに真正の新日ファンは離れない理由はなかったです。

初来日のR&Rやブロディ刺殺事件に行ってしまっていたし、天龍革命真っ只中で飛龍革命と言われてもイマイチ<BKっちにとっては長州軍が離れた事で全日が理想のプロレスに近づいた時期だったんじゃないですか?

IWGP挑戦者決定リーグ戦の猪木ー長州は観に行った…猪木は完敗。しかしベイダーを破り藤波への挑戦権獲得<そうそう!! 友人が観に行ったんですけど、お土産にもらったパンフにも猪木vs長州はセミ記載でした。
で思い出した!!…その友人が長州ファンだったってのもあるんですけど、「猪木もう終わったよ…」と。
友人は8.8について、そんなに語らなかったんですよ。
私ももし友人と一緒にその中島行ってたら、もしかして…。

ベイダー対ビガロの方に関心が行ってました<まさしくBKっちらしい!!(笑)

「山本さん! これ田園コロシアムのアンドレ対ハンセン、古くはヘイスタック・カルホーン対ハッピー・ハンフリーの一戦思い出しますね!!」
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード