リアル・グレーテストミュージックの全貌~後編~

前編からの続きです。

甚だ唐突ではありますが、

この一枚のCDには、

途轍もないロマンが詰まっているのです。
流星さんからのプレゼント2

後半のスタートを告げるのは、

もちろんこの曲からです。

『THE SCORE』
ワープロOP

要するにここから平成の新日マットに突入する訳です。

この曲、会場でも長くオープニングに使われています。

いくら新日本プロレスが変貌を遂げても、

これがかかれば大きな期待感に胸が高鳴るのです。

それでは後半出発!!
中邑入場@2013.1.4~10

90年代、全国ドームツアーを実現する程、

新日本は隆盛を極めた訳ですが、

その中心となったのが闘魂三銃士

この三人の曲が並びます。

『爆勝宣言』
“闘魂伝承”を背負って入場

前奏付き…福岡ドーム大会オープニングのあの曲が付いてます。

自然と橋本コールが口から出て来る訳です。

奇しくも今日は…あ、日付が変わって昨日ですか、

破壊王の命日だったんですね…。

『クラッシュ』
蝶野の旅立ち

これまた前奏付き、

日本で初めてヒールにして団体エースを務めた、

T2000以降~今も使用されてるあのバージョンです。

『HOLD OUT』
武藤入場

「おっ! 武藤はこっちか!!」というね。

いろんな曲を使ってきた武藤ですが、

やっぱり鮮烈な印象があるのはこの曲ですよね。

オリジナルでテーマ曲集作る時って、

この三銃士の曲順も人それぞれじゃないでしょうか?

ちなみの私は蝶野、武藤、橋本の順でした。

そして武藤といえばもうひとつの顔。

『MUTA』
ムタ入場

と、

『愚零闘武多協奏曲』
ムタ入場

ああ!! それぞれの曲に名場面が思い浮かびますね。

…と、ここで突如、次期シリーズのご案内です!!

『StarCycle』
新日次期シリーズ予告

一旦、昭和に戻っておいてからの、

『Mission Blow(He's A Pirate)』
永田入場

これまた前奏のパイレーツ・オブ・カリビアン入り!!

『HIGH ENERGY』
王者の入場シーン

が来て、

『RAIN MAKER』
オカダ入場

が来ての、

『subconsciousess』
中邑入場@2013.1.4~13

からの、

『移民の歌(布袋寅泰)』
真壁入場

と…完璧ですね!!

昭和のプロレスを愛しながらも今のプロレス界も温かく見守る、

流星さんならではの組み立てじゃないでしょうか?

新日本に関しては今につないだところで、

聴こえてきたのはこれです!!

『NTVスポーツテーマ』
全日本プロレス中継

そうですこのまま全日本に突入です。

『カクトウギのテーマ(坂本龍一)』

そう、全日のテレビスタッフって音楽に関しては、

曲のチョイスが凄いんですよ。

ですから入場テーマ以外でも、こういった曲それぞれに、

強烈なイメージが付いてるんですよね。

余談ですが、新日は選曲よりもアレンジが絶妙です。

さあテーマ曲ですよ。

『王者の魂』
馬場入場

当然、御大から始まる訳ですが、

この曲のテンポ…馬場さん以外にありえないんですよ。

でも聴けば聴く程カッコいいんです。

ここからジャンボ3連打。

『ローリング・ドリーマー』
ジャンボ入場

『T・Tバックドロップ』

『J』
ジャンボ入場

オールタイムで選ぶなら3曲目以外に考えられないですが、

私ら世代が観始めた頃って、この1曲目かチャイニーズカンフーですよね。

ちなみに2曲目は会場で使われてないと思ってましたが、

流星さんに教えて頂いたのが「インターヘビー奪取したブロディ戦のみ使用」だと。

ジャンボのイメージとはちょっと違うんですけど、いい曲ですね。

『サンダーストーム』
天龍入場

これ全日当時のバージョンですね。

“じゃらじゃらっじゃっじゃじゃーじゃらじゃらっじゃっじゃじゃー”ってのが入っています。

SWSからWARと流れていく間に、

いつからか、ここ省略されたんですよね。

天龍と来ればもちろん次は、

『ASHURA』
阿修羅入場

斬新かつインパクト溢れる一曲でしたね。

『スパルタンX』
三沢も入場

これまた前奏付き、

全日在籍末期からのバージョンですね。

自然に頭の中で三沢コールが始まります。

『マシンガン(コモドアーズ)』
全日次期シリーズ予告

今度は全日の次期シリーズ紹介。

となれば当然、ガイジンに突入です。

『吹けよ風 呼べよ嵐』
ブッチャー入場

前記した曲チョイスのセンスという部分では、

これをT・J・シンも同一曲にしたのが唯一ダメでしたね。

『スピニング・トーホールド』
ファンクス入場

定番2曲から一転して、

…ん? 誰の曲かな???

『スーパーフライ』
スヌーカ入場

そうタイトル通りスヌーカですね。

案外、都会的な雰囲気だったりします。

スヌーカと来れば次は当然、

『RYDEEN』
リッキー入場

この当時、YMOとかテクノポップ全盛期だったんですね。

『Star Wars Theme(Disco version)』
全日海外

これは全日の海外試合のテーマですね。

流星さん、この曲を探し出すのには相当な苦労だったそうです。

スターウォーズのテーマをとにかく聴きまくってみたものの、

とにかく見つからなかった、と。

半ばあきらめたところに見つかったのが、

まさかの“Disco version”だったと。

そこまでして製作して下さった1枚なんですね。

『移民の歌』
ブロディ入場

これは前編でも書いた通りカバーなんですが、

テーマ曲ファンの間ではオリジナルより支持されてるんですよね。

比べて聴くとテンポが速いですね。

真壁のも含めると移民の歌だけで3曲入ってる訳です。

ブロディと来れば、

『サンライズ』
ハンセン入場

これはとにかく出だしの疾走感ですね。

ハンセンだけは全日バージョンに軍配上がります。

さらにボーナストラック的に原曲のボーカル付も入れてくれてます。

『サンライズ(スペクトラム/オリジナル)』

超獣コンビと来れば、お次は暴走戦士ですね。

『Iron Man(Black Sabbath)』
ウォリアーズ入場

いつ聴いてもカッコいいなぁ…。

そしてここからは流星さんのこだわりの2曲。

『Vangelis_Earth_03』
キマラ入場

キマラの曲なんて記憶のかなたでしたよ(笑)。

しかもこれって普通の民族音楽じゃないですか!!

こんなのどうやったら見つけられるんだー!!(笑)

さらにトドメを刺されたのが、

『Sowet(JeffreyOsborne)』
ラジャ入場

ラジャ・ライオンですよ!! ええ!!

この曲については、

「バックボーンはバンドー空手」って言われた時と同じくらいの軽い目眩が来ましたね(笑)。

何か“世界平和”をイメージしました。

そしてここで興奮を冷ます癒しの1曲。

『OLYMPIA』
最強タッグ開会式

最強タッグやチャンピオンカーニバルの開会式ですね。

全日ならではの格調の高さが溢れる曲ですよ。

そして全69曲のラストを飾っているのが、

『リアル・アメリカン』
ホーガン入場

ホーガンに関しても3曲目なんですが、

これね…聴いてて泣きそうになりましたよ。

私らの世代にとってのスポーツ界のアイコンというか、

サッカーならマラドーナ、NBAならジョーダン、大相撲なら千代の富士、

そんな存在のプロレス版がホーガンじゃないんですか?

え! そうじゃないですか!?

とにかくそういう象徴的存在で終わるというのが、

得も言われぬグランドフィナーレ感というか…。

とにかく感動の嵐の中で、

毎日毎日、余韻に浸っておる訳です。



さらに、サミット終了(参照:世界に一つだけの縁~後編~)の数日後、

流星さんから届いたメールにボーナストラックが!!

『キャプチュード(ドドドド音入り)』
前田高田入場

これ初日の夜(参照:世界に一つだけの縁~前編~)に車の中で話してた、

「キャプチュードは新日時代のドドドド音入りが一番良いですよね」というのを、

流星さんが憶えておいて下さって、

帰宅後早速探して下さったという…。

もうね、何も言葉がありませんよ。

流星さん!!

本当にありがとうございます!!

この青いCD、私にとっての宝物が一つ増えました。

…いや!!

流星仮面二世さんとの縁が強固に結ばれた事で、

宝物は二つ増えていたんですよね!!
世界にひとつだけのTシャツ!!

連日、私の生活にこのCDは流れています。

またお会いする日まで聴き続けていると思います。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 入場テーマ曲

comment

Secret

前編、後編 全て読ませていただきました。

曲もほとんど聴く事が出来ました。

ザ・スコアーを聴くと” 始まったー” と興奮が抑えきれません(笑)

あとは、やっぱり「炎のファイター」(その他にも)トランペットが印象的な曲にいくつか惹かれました。

”愚零闘武多協奏曲” も違った雰囲気ですし
” 吹けよ風 呼べよ嵐 ” も良かった〜〜
カクトウギのテーマは、シンセサイザーですか?
斬新な印象を受けました。

キャプチュードのド、ド、ド の音入りは無かったのか分からなかったです(T . T)

全ての曲を聴いて、特に気に入った曲は…
「「サンライズ」」です。
ビッ!ビッ‼︎ときました。

このブログのお陰で、番外編で申し訳ありませんが、他にも色んな曲を聴いて 「スカイ ハイ」もお気に入りです。

前回のコメントには書いていませんでしたが
UWFのテーマは聴いていましたよ〜
この曲はいろんな意味で【最強です!】(≧∇≦)

入場曲を聴くと、選手コールや試合内容が蘇ったり違った角度からプロレスを観ることが出来るんですね〜

最高のブログ内容ですし、流星仮面さんにも感謝です。
あっ、流星仮面さんの情報によると、流星仮面さんと紫レガさんで私の話をされていると
チョット怖いけど気になるぅーー


※無知な私にも、他の方 同様 分け隔てない
お返事をしてくださり、本当に嬉しいです♪
いつも、ありがとうございます。

あれ?
ELOの「ロックンロール・イズ・キング」は入ってなかったんすか!?


みーさんには申し訳ないですが、やはり「威風堂々」はマッチョマンなんですよねぇ〜。
髙田総統は大好きでしたが…。

プロレス音楽は、歌謡曲、アニメソングと並ぶ、戦後の国民音楽と(私から)いわれています。
耳に馴染みやすく、聴く者に共通の映像(プロレスのテーマ曲ならレスラーが入場する様子)と物語性を喚起するメロディは、たとえ既存の有名ヒットソングを少し改変した曲であっても変わりません。
格闘技ブームの最中、テレビ中継で各選手のテーマ曲を聴きながら、クールではあるけれど、同時に取っつきにくさも感じたのは、たぶんプロレス音楽に馴染んできたせいかなと。たしか全選手にテーマ曲が与えられたのって平成に入ってからでしょ。ということは我々平成以降のファンはプロレスと音楽を不可分に捉えてきたということになります。だからこそビデオソフトでは曲が差し替えられる状態に腹が立つ(笑)。

入場テーマというと、子供の頃は文句なしに武藤と長州、そして三沢。武藤にはテーマ曲を変えないでいてほしかったなぁ。あ、別格的に川田!あれは未だに脳内再生中ですよ!あと、田村がヘンゾと闘った際にかけたUのテーマは素晴らしかった。私はUにはまるで興味のない人間ですが、あれは込み上げるものがあったなぁ。毎日会社の戸口をくぐるとき、必ず脳内再生してます(入場映像+実況つきでw)。あとは小川が吉田戦に臨んでかけた「爆勝宣言」とか。レスリングどんたくテーマの後、小川自身のテーマ曲でタメを置いたうえで掛かったからこその感動があってね。アメプロではストンコのテーマ曲も大好きで、街中を歩きながら脳内再生して、あたりを睨みつけては天高く中指立ててますよ!あとは……北斗やウルティモ・ドラゴンも捨てがたいし、うーん、キリがないなぁ。
でもね、いちばんクールな曲は天龍でしょう。「サンダーストーム」は日本音楽史に残る傑作ですよ!

ホーガンの偉大さは「リアルアメリカン」に乗って入場してきたときに誰もが実感するところ。いつだって爆発的な声かが起こるし、いかなる舞台をも制する求心力がある。

さて、高田ワーク論の記事はお見事でした。プロレスネタは一切書かない拙ブログですが、いつか高田ネタでもと思っていたところ、あれ読んで止めにしました。もう、この人にお任せしようってね。
ただひとつ、不遜ながらつけくわえますと、高田ってね、彼ほど平成プロレスへの批評性に富んだレスラーはいないんです。昭和新日本を忠実に再現したかのようなUインター、世間に対してアスリート的プロレスラー像を訴えた姿勢、前田や猪木とは違い、自身固有のギミックとして標榜した「最強」、しかし自滅的だった新日本との対抗戦を機に没落し、ブッチャーと闘ったと思ったら、ヒクソンに連敗し、その後は総合マットにおける醜態からプロレスファンによって「A級戦犯」に擬せられる一方、格闘技ファンからの嘲笑をいまなお浴び続けている。そしてハッスル。高田の履歴は平成マット界の消息であり、逆説的意味を孕んでいる。ゆえに高田の発言には批評性が宿るんですね。
プロレスが好きな人、嫌いな人、双方が避けて通れない高田という課題を、いかに引き受けていくか、まずはブログ主様に著書の出版を期待するといたしましょう(笑)。
本といえば、今月「真説・長州力」が発売されますね。早速Amazonで予約しました。プロレス史上最高のノンフィクション!を謳う同書ですが、単なるプロレス業界本だったらカチ喰らわすゾー!てことで、長州にも造詣の深いブログ主様にレビューを書いていただきたく渇望しているところ。
長州もまた賛否が分かれるレスラーでありながら、誰もが無視できない重要人物です。私は長州流ハイスパートを平成的ラリアットプロレスとは別物と考えているだけに興味深々。
ちなみに、長州の物真似は、私が元祖であって、有田より俺の方が上手い!と勝手に自負しております(笑)。お見せできないのが残念ですが、まぁ、ラックリしたよってことで。

話が飛びまくり、かつ長々とゴメンなさいね

Hさんへ

紫レガさん
申し訳ありません。
お借りします。

今 探してみたら、ありました。
ランディ・サベージ選手。

私は、威風堂々♪好きなんです。

たまたま観たハッスルの2人の絡みで、威風堂々が流れ、意外だったんですが、

この曲を入場曲にしていたレスラーの方がいらっしゃるとは知りませんでした。







おおお~

どうもレガさん!!記事にしていただき大変うれしいです。どうもありがとうございます(^^)

特に好きなもの・・・まず、ムタですね最初のグレート・ムタはホワイト・ニンジャから発展していった感があって、忍者のイメージでしたよね。後半のムタはちょっと妖怪系になってきてしまって苦手でした。なのでボクはMUTAが好きですね。

StarCycleは、実は入れる場所は迷ったんですよ。ボクらにしたら昭和の新日本の次期シリーズと日程紹介の音楽でしたが、今は地方興行だとオープニング流れた後、これがかかって対戦カード紹介なんですよね。まあ今回は現代版ということで(息子・三世もお気に入りなので)ここに入れた次第です。

ローリング・ドリーマーの鶴田の画像は鶴田が初めて黒タイツで出た時のやつですかね?蔵前のフレアー戦?ですかね?いいですねぇ~。ボクは実はJよりもローリング・ドリーマーの方が好きです。T.Tバックドロップはもっと好きです!!もっと使って欲しかったなぁ。

コモドアーズのマシンガンはなつかしいですね。ボクの住んでたところでは小学校時代は全日本は土曜日の夕方5時半から6時半の放送だったんです。今は学校も週休二日ですが、当時は土曜日って半日でしたよね。帰ってきてお笑いスター誕生見て、アメリカ横断ウルトラクイズの再放送見て、遊んでプロレス見て・・・この音楽を聴いていると、プロレスの他、そんな情景を思い出します(^^)

スヌーカのテーマはジャズなんですよね。ちょうどリッキーとの抗争を日本でもやる頃に流れてたテーマなので、いつまで使用していたのかはわからないんですが、珍しいんで投入してみました。

Star Wars Theme(Disco version)は、これはですね、自分の中でも積年の夢でしたね。本当にどのスターウォーズ聴いても、同じの見つからないんですよ。すごい苦労した思い出の曲ですね。プロレス中継では海外からのときによく耳にしましたが、なんたってこの曲で忘れられないのは83年2月のミズーリ州セントルイスのチェッカードームで行われたNWA世界ヘビー級選手権のリック・フレアーvsブルーザー・ブロディですね!!同じ日、馬場さんとハリー・レイスのPWF選手権で馬場さんが奪還したのも思い出深いですが、ボクの中ではこの曲イコールこのフレアー、ブロディ戦です。

キマラの画像はテキサス・スタジアムですかね?さて、キマラのテーマはこの曲にアレンジがあってジャングルの音的なものが入っているのが日本での入場テーマでしたよね。あれは日本テレビのオリジナルなんでないんでようねぇ・・・欲しいなぁ。

ラジャ・ライオンのテーマも実は長く探していました。まあ、探すやつも珍しいですけどね・・・キマラとラジャのテーマは、ボクの幼馴染がやけに気に入って当時よく、いいんだよ~いいんだよ~を連呼していたのを覚えています(^^)

オリンピアを聴くと冬、ってのがプロレスファンですね。ボクはなぜか中3の冬を思い出します。って、どうでもいい話で申し訳ないです・・・・

リアル・アメリカン、もう言うことないですよね。本格的に耳にしたのはボクはレッスルマニア2からですねぇ。いいですね!!

プロレスの入場テーマって、何がすごいかっていつ聴いても古さを感じないとこですよね。曲によってはなつかしいものもありますが、古くならないのがすごいことだと思います。これからもジャンジャン聴いていきましょう!!

ありがとうございました!!

あ!!

すいません!!

ロックンロール・イズ・キングは入れてませんでした・・・すいません(T▽T)

今度までには!!

テーマ曲って聴くだけでホントに色々思い浮かびますよね。
ワタシはサンダーストームを聴くと日米レスリングサミットが出てきます。全日離脱直前でガウン姿に哀愁が漂ってましたね。サンライズを聴けばハンセンがテンガロンハット被ってブルロープ振り回して客を蹴散らすいつもの光景。その他アイアンマンやジャイアントプレス等流れた瞬間からの超ワクワク感はハンパないです。テーマ曲は世につれ世はテーマ曲につれ。聴くだけであの時にすぐ戻れてしまうテーマ曲は偉大です。

すいません!

みーさん、マッチョマンまで調べたんですか!?凄いなぁ〜、情熱を感じます。

流星さん、ロックンロール・イズ・キングを入れたら流石のレガさんもそこは飛ばすと思います^_^;

プロレステーマ曲集…オラも自分の為に作ろうかなぁ。

あ、そういえばリアルアメリカンで思い出しました!
流星さんもレッスルマニア2から聞き始めたと書いてましたが、ホーガン以前にリアルアメリカンをエントランスに使っていたレスラーが存在したんですよね。

マードック&アドニスからWWF世界タッグを奪取したバリーウィンダム&マイクロトンドのUSエキスプレスのテーマ曲が実はリアルアメリカンだったんですよ。

まさに上田馬之助がスパルタンXで入場してた様な感じですよね。

他にもカートアングルのエントランスが以前はパトリオットのエントランスだったり。

探せばそう言うのまだあるのかなぁ〜?

レガさん、お借りします!!

レガさん、申し訳ないです!!お借りします!!

Hさん、ボクの不覚です(T▽T)

ロックンロール・イズ・キング・・・かりにも初来日がボクの地元の土浦だったのに、忘れてしまうとは我がファンク一家の失敗ッ・・・気がついていたらタリー・ブランチャードのリード・ミー・オンも入れたのに!!ウウッ・・・

USエキスプレスがリアルアメリカン!!これは知りませんでした。リアルアメリカンはプロモか何かでホーガンがベース弾いてるのありましたよね。なのでホーガンのオリジナルかと思ってました(^^;

多分ですが、アイ・オブ・ザ・タイガーはケリー・フォン・エリックが最初じゃなかったですかね?あと、かなり昔、WWFの定期戦か何かで、ロディ・パイパー、リッキー・スティムボート、ジャンクヤード・ドックが組んでランディ・サベージとアドニス?あと誰だったかな・・・ちょっと忘れちゃったんですが、イルミネーション・マッチやったときがあり、このときひとりずつ入場してきたんですが、リッキーがオーバーザ・トップで入ってきたんですよね。でも同じ曲で3人バラバラに入ってきたのがも・・・記憶薄くてすいません(T▽T)

ちなみにアイスマン・キング・パーソンズはマイケルのビート・イットでしたよね(^^;?

度々すいません

流星さん、
多分、元NWATVチャンピオン・タリー・ブランチャードや元WCWA世界チャンピオン・アイスマン・キング・パーソンズのエントランスは世界のプロレスで覚えたのだと思うのですが、ここ北海道ではそのセカプロやってなかったんですよぉぉぉ〜っ!!
当然ブランチャードやキング・パーソンズのエントランスなんか知るわきゃないでしょう〜っ!!

羨ましい〜っ!!



またまたお借りします(T▽T)

またまたレガさん、申し訳ないです。お借りします!!

またもやファンク一家の失敗ッ・・・レガさんから伺ってはいましたが、もしかしてHさんなら極秘ルートで入手しているかもなんて思ってしまいつい・・・(T_T)

でもタリーでTV選手権やキング・パーソンズでワールドクラスと、こうすんなり出てくるのはさすがです!!ワールドクラス、初代はリック・ルードでしたね。クリス・アダムスも取ったな~。ダラス・マットの末期の初期でしたが、まだまだ盛んだったのがなつかしいです(T▽T)

>みーさん

前編、後編全て読ませていただきました<ありがとうございます。

トランペットが印象的な曲にいくつか惹かれました<特に昭和のテーマってトランペット多いですね。
みーさん実は吹奏楽部だったとか? 違ったらごめんなさい。

カクトウギのテーマは、シンセサイザーですか?<カクトウギのテーマは世界の坂本作品ですよ。
数年前にヒットしたインストの『Energy flow』っていう曲憶えてます? あの曲の人です。

キャプチュードのド、ド、ド の音入り<これはどういう表記なんでしょうね。
当時の曲を知ってる人なら“ドドドド音”でピンとくるとは思うんですが。

全ての曲を聴いて、特に気に入った曲は…「サンライズ」<これまた王道じゃないですか!!
みーさんにもハンセン入場の恐怖感を味わって欲しかったですね(笑)。

入場曲を聴くと、選手コールや試合内容が蘇ったり違った角度からプロレスを観ることが出来る<そうなんですよ。まさしくその通りなんです。
特にみーさんのコメントを読むと、非常に多角的にプロレスを捉えてらっしゃるんですよね。
なかなかそういうバランス難しいんですよ。凄いですよ。

流星仮面さんと紫レガさんで私の話をされていると<安心して下さい。
二人の脳内ではみーさんは既に“倍賞美津子の再来”となっていますから(笑)。

いつも、ありがとうございます<こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します!!

>BKっち

ELOの「ロックンロール・イズ・キング」<わからんって!! そこは私ゃ門外漢ですよ!!

やはり「威風堂々」はマッチョマン<そうですね。
ああ、レスリングサミット久々に観たくなってきた!!

>し~まさん

プロレス音楽は、歌謡曲、アニメソングと並ぶ、戦後の国民音楽<いや確かに。また他格闘技とは違って、プロレスの曲ってオールジャンルOKですよね。
だって民族音楽やら運動会の曲やらも成立していますからね。
そうそう小川の“風の音”なんてのまでありましたっけ。

格闘技ブームの最中…クールではあるけれど、同時に取っつきにくさも感じたのは、たぶんプロレス音楽に馴染んできたせいかなと<そうですね。まず感じるのは単に選手が好きな曲をかけてるだけだなぁ、と思いますよね。
それがカッコいいんだと思ってるんでしょうけど、ちょっとズレていますよね。

ビデオソフトでは曲が差し替えられる状態に腹が立つ(笑)<こだわればこだわる程、そこにいきつくんですよね。
版権上しゃあない部分はあるんでしょうけど、何とかしてもらいたいですよね。
だからネット中継とかにも躊躇しちゃうんです。

子供の頃は文句なしに武藤と長州、そして三沢<あ、世代的に中邑とかと一緒ですかね?
私らの少年期は武藤といえば『ファイナルカウントダウン』でした。

武藤にはテーマ曲を変えないでいてほしかった<けど私、『トライアンフ』は好きですよ。

別格的に川田!<川田の場合はバージョンをいくつか変えていますよね。でも確かに名曲です。

田村がヘンゾと闘った際にかけたUのテーマは素晴らしかった<歴史に残る入場シーンでしたね、あれは。うん。

小川が吉田戦に臨んでかけた「爆勝宣言」<あれはね、私の場合ちょっと違うんですよね。大した理由ではないんですけど。

ストンコのテーマ曲も大好きで、街中を歩きながら脳内再生して、あたりを睨みつけては天高く中指立ててますよ!<危ない!!(笑)

「サンダーストーム」は日本音楽史に残る傑作<高中氏から天龍のイメージピッタリな曲が生まれるなんて思ってもいない展開ですよね。

ホーガンの偉大さは「リアルアメリカン」に乗って入場してきたときに誰もが実感するところ<本当にね、不思議と今回、聴いてて最後にこれが流れてきて涙が流れたんですよ。

高田ってね、彼ほど平成プロレスへの批評性に富んだレスラーはいない…平成マット界の消息であり、逆説的意味を孕んでいる。ゆえに高田の発言には批評性が宿る<凄いですね。ご自身でも書き残されるべきですよ。

ブログ主様に著書の出版を期待するといたしましょう(笑)<長い目で見守って頂けると幸いです(笑)。

長州にも造詣の深いブログ主様にレビューを書いていただきたく<あの手の本は実のところ苦手であります。
例のUWF三部作もそうですが、私は読むスピードが人並み以上に遅いものですから、途中で一度離れると、もう前後の関係がわからなくなってしまうんですよ(笑)。

長州の物真似は、私が元祖であって、有田より俺の方が上手い!<全国にそういうプロレスファンはゴマンといる訳ですね(笑)。

>流星さん

こちらこそ、こんなに素晴らしいものを作って頂きまして本当にありがとうございました!!

最初のグレート・ムタはホワイト・ニンジャから発展していった感があって、忍者のイメージでしたよね<入場が凝ってたのも最初の頃の方ですよね。横浜アリーナで天井から降りて来たり、プリンセス天功のアレとか…。
あの頭巾はカブキのイメージも強いですけど、ムタの方がかっこよかったですね。

後半のムタはちょっと妖怪系になってきてしまって苦手でした<後半で最も印象深いのは画像に使ってる、WWF帰りの白使を血祭りに上げた試合ですね。
卒塔婆に血で“死”と記したシーンはムタでなければコメディになっちゃってますもんね。

StarCycleは…今は地方興行だとオープニング流れた後、これがかかって対戦カード紹介<あ、そうなんですか。久しく地方興行に参加していないので、今の興行の流れがあまりわからないんですよ。
確かにカード発表に合うでしょうね。

蔵前のフレアー戦?<さすがですね!!
ドレミファドン形式のプロレスクイズやったら、流星さん断トツ優勝ですね。

Jよりもローリング・ドリーマーの方が好きです。T.Tバックドロップはもっと好きです!!<チャイニーズカンフーも悪くないですよね。ついでに言えば鶴龍コンビの合体曲も。
ジャンボって名曲揃いですね(ローリングドリーマー歌入りも含む)。

小学校時代は全日本は土曜日の夕方5時半から6時半の放送だったんです<こっちは恐らくヤンヤン歌うスタジオとかやってましたよ。東京12チャンネルの系列がなかったんで、日テレ系でやってたんですよ。

帰ってきてお笑いスター誕生見て、アメリカ横断ウルトラクイズの再放送見て、遊んでプロレス見て<そういったプロレス以外の記憶も蘇ってくるから不思議ですよね。

スヌーカのテーマはジャズ<意外でしたね~。新日じゃ全く違う曲調でしたよね。

Star Wars Theme(Disco version)は…本当にどのスターウォーズ聴いても、同じの見つからないんですよ。すごい苦労した思い出の曲ですね<これだけ有名な作品のメインテーマ曲ですから、至る所でカバーされてきたんでしょうね。何度も繰り返していますが、日テレのスタッフは曲のチョイスが凄いですよね。

馬場さんとハリー・レイスのPWF選手権で馬場さんが奪還したのも思い出深いですが、ボクの中ではこの曲イコールこのフレアー、ブロディ戦<前の週の放送で何度も何度も「いよいよ次週、G馬場のPWF奪還試合放送!!」って煽っていましたよね。
猪木もそうですけど、虎の子のタイトルを敵地に奪い返しに行くって言うのがカッコいいんですよね。

キマラの画像はテキサス・スタジアムですかね?<これまたご名答です!!

この曲にアレンジがあってジャングルの音的なものが入っているのが日本での入場テーマ<よく覚えていますよね!!
そんなにテレビ中継で流れていませんよね。凄いなぁ。

キマラとラジャのテーマは、ボクの幼馴染がやけに気に入って当時よく、いいんだよ~いいんだよ~を連呼<先生ですね? 目の付け所が凄い!!

オリンピアを聴くと冬…ボクはなぜか中3の冬を思い出します<また甘酸っぱい方のエピソードですね? お察しいたします。

リアル・アメリカン、もう言うことないですよね<そうなんですよ、言う事は何もないですよ。
また聞きたいですよね~、然るべきシチュエーションで。

プロレスの入場テーマって、何がすごいかっていつ聴いても古さを感じない<そうですね。流行り物もありましたけど、不思議と今聴いても古臭く感じませんね。
というか少年時代はあまり好きじゃなかった曲が今だとカッコよく聴こえたりするから不思議です。

流星さん、こちらこそ、改めてありがとうございました!!

>アントーニオさん

ワタシはサンダーストームを聴くと日米レスリングサミットが出てきます<あの試合はインパクトという点では最高のものがありますね。

全日離脱直前でガウン姿に哀愁が漂ってました<ここ一番でしか身に着けないロングガウンですからね。
イデオロギーっていう言葉があそこまで似合う試合はないでしょうね。

サンライズを聴けばハンセンがテンガロンハット被ってブルロープ振り回して…その他アイアンマンやジャイアントプレス等流れた瞬間からの超ワクワク感<ガイジンレスラーの場合は特に非日常感からくる興奮をテーマ曲によって増幅させられました。

聴くだけであの時にすぐ戻れてしまうテーマ曲は偉大です<今回、こうして通しで聴いていて、プロレスのみならず色々な思い出が蘇ってきまして…まさしくアントーニオさん仰る通りですね。

>BKっち

みーさん、探求心が本当に凄いですよね。

ロックンロール・イズ・キングを入れたら…そこは飛ばすと<いやいや聴きます聴きます(笑)。
だって今回もキマラとかラジャのテーマだって、思い入れなんてないし、ほぼ初めて聴いたに等しいですけど聴き入っちゃいましたよ。

オラも自分の為に作ろうかなぁ<BKっちのセレクトも興味ありますな。

ホーガン以前にリアルアメリカンをエントランスに使っていた…バリーウィンダム&マイクロトンドのUSエキスプレスのテーマ曲<へぇ~、ホーガンのイメージが付いてしまってるからアレですけど、まっさらに聴いたらこの二人でも合ってるかも知れませんね。
もちろんまだスタジャン着てた時代ですね。

上田馬之助がスパルタンXで入場してた様な感じ<やっぱり上手いなぁ。

カートアングルのエントランスが以前はパトリオットのエントランスだったり<え? そうなんですか?

日本でも前田氏がスパークリングフラッシュの時代、ダンバインにする前はコバクニの曲とか藤原組長の曲で入場していたんですよね。

ザ・スコアーはワープロで使われているのはイントロの一部分でイントロだけでも4分近くと一曲分有るんですよ。去年、NHK-FMで1ヶ月テーマを決めての音楽リクエスト番組でイントロの長い曲の回で取り上げられてダントツの長さにパーソナリティを勤めた声優の松本梨香さんが吹いてましたから。
僕もトライアンフが好きです。

Jを聴くと金管楽器の競演がイメージとして浮かびます。

サンダーストームは日刊H.Tさんのブログで知りましたが天龍さんはサンライズだったけど直前に成ってサンダーストームに変わったと。
でも結果的に両方とも合うんですよね。
高中正義さんの曲を入場テーマにしたと言えば、新日本に何度も登場したメキシコのレスラー「ネグロ・カサス」がタージ・マハルを使ってました。最もこの曲はカヴァーでオリジナルはブラジルの歌手「ジョルジ・ベン」でこの曲をパクったのがロッド・スチュアートの「アイム・セクシー」。

スパルタンXは思わず三沢コールしたく成りますね。作曲者が日本人だったのがつい最近の事。同じ四天王の田上さんのテーマ曲がイングヴェイ・マルムスティーンとは合わないと言うか何というか。
サンライズもハンセン版も良いけど、原曲の歌付きも実にカッコイいです。何度聞いても痺れます。
オリンピアを聞くと年末だなあと思うし、プロレス中継でのタッグリーグの予告で流れて。80年代半ばから90年代のテーマ曲と言う事で。オリンピアに思い出が有って、NHK-FMの平日夕方に放送している「ミュージックプラザ」でロンドンオリンピックの頃にオリンピアをリクエストしてパーソナリティの矢口清治さんが曲の説明の際に「プロレス団体の年末タッグリーグのテーマ曲として・・・」と言ったのを聞いてニヤリとしました。ついでに月曜日のつのだ☆ひろさんの時に作詞家「喜多條忠」さんの回でローリングドリーマーをリクエストして採用されました。

個人的に一番好きな入場テーマ曲はエル・サムライかなあ。

>スライディングDさん

ザ・スコアーは…イントロだけでも4分近く<途中、全く違う曲みたいになってますもんね。
今ではワープロでも会場でもこの曲がかかれば一気にテンション上がりますけど、当初はパッとしなかったですね。

NHK-FMで1ヶ月テーマを決めての音楽リクエスト番組でイントロの長い曲の回で<『とことんナンチャラ』ってやつですね? スライディングDさんはラジオに詳しいんですね~。

僕もトライアンフが好きです<私の様な高田ファンにとっては嫌な思い出も強い曲ですが(笑)、あの曲は団体のエース感があっていいですよね。

Jを聴くと金管楽器の競演がイメージとして浮かびます<あ、そうなんですか。
全く音楽の知識がないので、ジャンボの姿しか思い浮かびません。

天龍さんはサンライズだったけど直前に成ってサンダーストームに変わったと<そうらしいですね。それ知ったときは私も驚きました。

新日本に何度も登場したメキシコのレスラー「ネグロ・カサス」がタージ・マハルを使ってました<ネグロ・カサス!! 良かったですよね。
私としてはのちのミニ長州みたいになるカサスより、全身コスチュームの初期が好きでした。

田上さんのテーマ曲がイングヴェイ・マルムスティーンとは合わないと言うか何というか<ミスマッチもプロレステーマ曲の味っちゃ味ですね。その前は高木と共用で『RUNNER』ですもんね。

オリンピアに思い出が有って、NHK-FMの平日夕方に放送している「ミュージックプラザ」でロンドンオリンピックの頃にオリンピアをリクエストしてパーソナリティの矢口清治さんが曲の説明の際に「プロレス団体の年末タッグリーグのテーマ曲として・・・」と言ったのを聞いてニヤリとしました。ついでに月曜日のつのだ☆ひろさんの時に作詞家「喜多條忠」さんの回でローリングドリーマーをリクエストして採用されました<その番組もよく聴きますよ~。放送局的にはあまり話は膨らませないでしょうけど、たまにそういう一言でニヤッとするのが楽しいですね。
両パーソナリティともに、ちょっとプロレス知識持ってる方ってのもいいですね。

個人的に一番好きな入場テーマ曲はエル・サムライ<それまた意外ですね!!

あの当時の曲なら大谷のが好きです。
短い使用期間でしたが、最初のタイトル挑戦の時(確かブラック・タイガー戦)に一度だけ戻したんですよね。

「Energy flow」

YouTubeで探したらありました。

あ〜〜思い出しました。
記憶が曖昧ですが、CMで使われていたような
よく耳にしていた気がします。
この曲が流れていた頃はまだ子供でしたが、
暫く経って、練習してたのを思い出しました。


あぁ〜〜〜懐かしい。

>みーさん

「Energy flow」…曲が流れていた頃はまだ子供でしたが、暫く経って、練習してたのを思い出しました<こ…こどもでしたか…。
そりゃそうですよね、おっさんも歳を取るはずだ。

みーさん、やっぱり音楽に何か関連ありますな?

あぁ〜〜〜懐かしい<私が坂本龍一で懐かしいって言ったら、『いけないルージュマジック』になっちゃいますね(笑)。

音楽関係者ではなくて(>_<)


ピアノの練習です。

多分、10歳前後位だったような気がしますが
ピアノの先生がよくこの(CD?)を流していたんですよ〜〜〜
やはりヒットしていて先生もお気に入りだったのかも⁈

私は、その時は弾いてませんが、もう少し大きくなってから練習しました。

坂本龍一さん、いろんな楽曲に携わっていらっしゃるんですね。


レガさん色々 詳しいですよね。

いつも ありがとうございます♪♪





>みーさん

10歳前後位だったような気がしますがピアノの先生がよくこの(CD?)を流していた<この曲の頃…10歳ですか!? みーさん若いなぁ…羨ましい。

坂本龍一さん、いろんな楽曲に携わっていらっしゃるんですね<そうですね。
YMOの名曲の数々、戦場のメリークリスマスをはじめとした映画音楽、忌野清志郎とのコラボ、松ちゃんとのコラボ作品アホアホマン…は違うか(笑)。

みーさん、ピアノの前に座った時点で既に音楽関係者なんですよ!!

追記

キマラ入場画像を貼り直しました。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード