戦略ある団体~後編~(2001)

昨日の記事 戦略ある団体~前編~(2001) のつづきです。

三沢にスカされ半ギレの小川に対し、力皇は一発かまします。

力皇張り手

すると次第に小川の目が座ります…コワ。

オーちゃん暴走モードへ…

小川のワンツー炸裂。

力皇グラっときますが…

突入!!

何と挑発!! 力皇にも意地がある。

「もっと来いよ!!」

小川も行きます。

「行ってやるよ」

そしてノーモーションの“STO”!!

STOまで!!

このタイミングで三沢が登場!!

マウントの小川に満を持して三沢リングイン

ここからまさしく奇跡の遭遇です。

ファーストコンタクトは意外な三沢のフェイント式中段回し蹴り。士道館・添野館長の直伝でしょうか。

ファーストコンタクトは三沢の中段回し蹴り(士道館流)

小川も触発されたか普段は見せない片足タックルに行く。

小川の珍しい片足タックル

三沢の体捌きはさすが国体チャンピオン。レスリング勝負なら柔道のメダリストにも負ける訳にはいきません。

三沢の対処は完璧

セオリー通り首を抑えつける

それでも小川は諦めません。

執拗に小川は離さない

業を煮やした三沢は投げを仕掛けます。

三沢投げに切り替えるが…

しかし投げなら小川が遥かに上手。

それなら小川が…

一枚上手…一本!!

こうなったら三沢は何も出来ない。

マウントをとる小川に…

…そこへ力皇の“ぶちかまし”2発目!!

力皇ぶちかまし!!

コーナーまでぶっ飛ぶ小川はたまらず村上へスイッチ。

吹っ飛ぶ小川

村上リングイン

一気に三沢はバックドロップの連発で決めにいく。

強烈なバックドロップ

力皇もしっかり小川を分断。

小川は分断

これまた珍しい三沢のバックドロップホールドでカウント3。

3発目でフォール

ゴングの中、小川の第2次暴走が始ま…

小川はおさまらない

…る前にNOAH勢が雪崩れ込み三沢を援護。

ノア勢一斉に三沢を援護

…というよりこれじゃ、

フクロだ!!

懐かしの夕ニャン『ボブに挑戦』かと、

『ベティに挑戦』かと、


※30代後半限定ネタ

KENTAも蹴る蹴る

最後はZERO-ONE名物の風景。

ZERO-ONE名物

私には何人か、尊敬するプロレスファンの同志がいます。

同年代の方、私よりも若い方、思い出を共有してる方、私の全く知らない世界を見てきた方…様々です。

その中の最年長、アスクヒムさんはかつてご自身の理想のプロレスを語る際、常々言っていました。

「限りなくガチの匂いがするプロレス」

まさしくこの日の三沢と力皇が見せたプロレスがそれでした。

バックボーンを強調する事で当時主流となりつつあった“格闘プロレス”への対し方を表現。

力皇は終始相撲を取ってましたし、三沢は決して自分のスケール以上のことはせずに強さを見せつけました。

さらに気が付けばZERO-ONEのリングなのにレフェリーは自分の団体の人間です。

単純に永田の件(参照:戦略を持たざる団体)と同列に扱う事はできませんが、ここまで緻密にやる事がプロレス団体の“義務”です。

全てはプロレスのリングにおける“戦略”の下に。

1.4ドーム、中邑はある意味、武藤よりも厄介な人間を相手にするのです。

小川のマイク

橋本のマイク

三沢無言

それにしても橋本ZERO-ONE

本当に奇跡の団体でした。
関連記事

tag : 三沢光晴 小川直也 橋本真也 力皇猛 村上一成 プロレスリング・ノア U.F.O.

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード