エディとリー

毎月末になると、

何冊ものプロレス本が発売されます。

数年前までは数か月に一回の事でしたが、

今や毎月この感じが来ます。

プロレスファンにとっては出費がかさむ一方で、

自分の好きな一冊に出会える幸せな時間でもあります。

2冊ばかり、気になってますよ。

まずは、いつもの『KAMINOGE』です。

KAMINOGE vol.43
 KAMINOGE vol.43 より

宮戸優光×鈴木秀樹
2代目人間風車、W-1王者となって古巣・スネークピットに凱旋!
ビル・ロビンソンの弟子たちが語る“本来のレスリング”とは何か?

「キャッチ・アズ・キャッチ・キャンも知らなければ、猪木さんのこともよくわかっていない世代のファンに、『レスリングとは何か?』というものを投げかけてほしい」(宮戸)

「かつてビル・ロビンソンというプロレスラーがいて、凄い人だったんだよっていうのを気づいてもらうためにも、やり続けようかと思ってます」(鈴木)


注目は断然この師弟対談です。

このタイミングですからね…IGFにまた出るんでしょ?

船木の退団といい、W-1大丈夫なんでしょうかね。

その他にも、

中邑真輔石井智宏ジョシュ・バーネットと気になるインタビュー連発ですね。

あとしみけんね。

まぁ読みたいのは読みたいですよ。



でも今回はこっちの方が強烈だなぁ。

『G-SPIRITS』の格闘技世界一決定戦特集です!!

Gスピリッツ Vol.36
 Gスピリッツ Vol.36 より

[証言]
『格闘技世界一決定戦』の表と裏
大塚直樹(元新日本プロレス営業部長)

ボディガードが見た危険だらけの海外遠征
永源遙

“世界の荒鷲”の異種格闘技戦と柔道ジャケットマッチ
坂口征二

[独占インタビュー]
ザ・モンスターマン
ザ・ランバージャック


[回想]
『四角いジャングル』と『梶原一騎』
島田十九八(映画プロデューサー)


何なんすか? この濃さは!!

これまでの格闘技戦の証言者常連、

藤原、新間氏らとは違う、

裏の証言者たち。

特に驚愕なのがマーシャルアーツの二人が登場するこのインタビュー!!

ローラン・ボック級のインパクト(参照:読書の秋)です!!
アントニオ猪木vsザ・モンスターマン・エベレット・エディ

他にも阿修羅・原追悼も、

ゴングならではの深い内容が期待出来ますし、

安生洋二の続編も待ってました!! というアレですしね。

[特別企画]
追悼―阿修羅・原

実録・国際プロレス 特別編
“野生のダンプガイ”を偲ぶ
~未来のエースと過ごした1359日~
対談 鶴見五郎×高杉政彦

レボリューション編
龍原砲の27年11ヵ月

「引退記念インタビュー②」
安生洋二「Uの技術」を語る
新生UWF~UWFインターナショナル初期編


こりゃ~楽しみだわい。

関連記事
スポンサーサイト

tag : ザ・モンスターマン ザ・ランバージャック 阿修羅・原 安生洋二 宮戸優光 鈴木秀樹

comment

Secret

No title

ご無沙汰しております。
ご感想など、お聞かせ願えましたら幸甚です。

脱帽

こんにちは。

ボックといいキッドといい、相も変わらずGスピの取材力は凄いですね。

個人的には存命中ならマーク・ロコ「列伝だとマーク・テラー・ロッカ」いってほしいです。スティーブ・ライトもいいかな。

あぁぁー

KAMINOGEVol43 気になる表紙。
それより、KAMINOGE Vol42まだ買ってませんでしたー
とりあえず本屋さんへ行かなくちゃ!

Gスピリッツはまだ目を通したことがありません。
今は沢山のプロレス関連の書籍が発売されてるんですよね〜

あれもこれも読んでみたい。
と思うばかりで…。

>那嵯涼介さん

お久し振りです。

このスクープは、やはり那嵯さんでしたか!!
こちらの発売はもうちょっと先ですが、非常に楽しみにしております。

>aliveさん

こんにちわ。

ボックといいキッドといい、相も変わらずGスピの取材力は凄い<またコンスタントにドカンと来ますよね。
私としては安生のインタビュー連載もツボであります。

存命中ならマーク・ロコ「列伝だとマーク・テラー・ロッカ」いってほしい<キッドもそうですが、タイガーのライバルは読み応えありますよね。
マーク・ロコなら長きに亘って佐山タイガーとの関係~キッドコブラ~高田越中~ライガー…まで語れるんじゃないでしょうかね。

スティーブ・ライトもいいかな<いかにもGスピリッツらしい人選でもありますね。

>みーさん

KAMINOGEVol43 気になる表紙<あぁ、みーさんは前田氏お好きでしたね。

Gスピリッツはまだ目を通したことがありません<みーさんの様な方にはちょっとマニアック過ぎるかも知れないですね。
でもかつての名勝負をいろいろご覧になられてる様ですので、興味が重なれば読み応えあるかも知れませんね。

あれもこれも読んでみたい<興味のあるものを読み進めていくのが一番じゃないでしょうかね?
既にみーさんはプ女子から一歩先行ってると思いますんで。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード