青春の窓チン

KAMINOGEを買って来たのさ。
KAMINOGE42表紙

今月も私のプロレス琴線に、

ビンビン響く顔ぶればかりなんだ。

一番最初に読んだのは、

意外にもプチ鹿島のコラムなんだけど、

ふたつ目に読んだこのインタビューに、

全部持ってかれちまったんだよな。
田村潔司久々のメディア登場

そこには田村潔司垣原賢人の青春が綴られてたんだよ。

…って、ちょっと待ってくれ。

いつものAmazonへのリンクが貼れないじゃないか。
おい! 何てこったい!!

FC2ブログの中で何かが起こっているのかい?

…まぁそれは置いといて、

かいつまんで文字起こしするんで、

みんなにも聞いて欲しいんだ。

聞き手はもちろん、いつもの堀江ガンツさんだぜ。

 KAMINOGE vol.42 より

田村「そうねえ…いま思うと、インターの頃っていい意味でも悪い意味でも、みんな仲がいい感じだったんだよ。その前の新生の頃っていうのは、練習してても常に殺伐とした雰囲気だったから。冨宅、垣原もその殺伐さを知ってるんだよね。だから冨宅vs垣原のデビュー戦も凄くおもしろいんだよ。2人とも下手な試合したら、上の先輩たちにどんな怒られ方をするかわからないっていう緊張感を持ってやってたから、もの凄く危機感持って、必死に闘ってるんだよね。それがUインターになると、練習はもちろん厳しいんだけど、新生の頃のような殺伐感がなくなってた。だから、俺とカッキーは歩んできた道が似ていて、新生もUインターも両方を知ってるから、自分が考える理想の試合というのも一番近かったと思うんだよ」

― 緊張感があって、なおかつテクニカルというような。

田村「だから、そういう理想の試合を語り合うこともあったし。船木さん、鈴木さんも同じ時代をすごしてるから、その2人の影響もあったし。だから実験的なことをやったり、若気の至りみたいな、後先考えないような発想も出てきたから」

― それで95年2月の東京ベイNKホール大会では、田村さんと垣原さんで、格闘技に踏み出す試合をしたりしたわけですよね。

田村「ただ、やってみて、カッキーは格闘技はあんまり向いてないと思ったね。技術も体力もあるんだけど、格闘技をやるには素直すぎるというか。あと純プロレスのセンスだって、そんなにあると思わないし。やっぱり、UWFスタイルが一番合ってたと思う」


どうだい?

どう思う? って聞いてんだよ、なあ。

やっぱりUインターの同門対決って、

新生とも、リングスやパンクラスとも違ったんだよな。
スリーパー狙い

一個一個が実験だったんだよ。

強さを競う、勝敗を競うっていうだけじゃなくてな。

その実験の集大成が田村にとっては桜庭戦と、

NKホールの垣原戦(参照:強い弱いだけのプロレスリング)だったんだろうな。
田村も泣いているのか?

でも、あれだぜ。

「いい意味でも悪い意味でも、みんな仲がいい感じだった」っていう部分は、

金原あたり反論あるかも知れないと思うんだ。

だから、田村にとっての“仲がいい”っていうのも、

後輩たちにとっては、

ちょっと意味合いが違ってくるのかもな。
落ちた垣原に若手が群がる

他にも奇跡の三羽烏トークショー(参照:ダブルバウト、競技としてのプロレス~前編~)に対する並々ならぬ興味や、

天龍との縁も面白かったけど、

断然、新生Uの悪ガキ集団(笑)の昔話が最高だったのよ。

っていうかU系はチンコにまつわるエピソード豊富だよな(笑)。

あとはここまで鈴木みのるの事が、

田村の口から聞かれるのも久しぶりだったよな。

ちょっと嬉しかったぜ、ああ。

言いたい事も物凄くわかるしさぁ(笑)。

今の鈴木にこういう物言いする人って、

田村ぐらいじゃないのか?
老けた?変わってない?

前に語った話(参照:煽りと勘違い)の続編的な側面もあるけど、

何につけ田村が表に出て来てくれたのは嬉しいよな。

そして改めてカッキーを応援したいと思った訳さ(参照:カッキー応援隊という名の奇跡)。
頑張れカッキー!

今月も買ってよかったぜ、KAMINOGE。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 垣原賢人

comment

Secret

私は買えてません。

近くの本屋さんでは売り切れ、もう一つな本屋さんはKAMINOGEは取ってなかった
( ̄◇ ̄;)
少し離れた書店へ足を運ばなきゃいけないです(泣)

>みーさん

近くの本屋さんでは売り切れ、もう一つな本屋さんはKAMINOGEは取ってなかった<近頃売れてるみたいですよね。
Amazonで購入するって言うのも一つの手かも知れません。

俺も読んだぜ、あぁ

壁ドンの次は窓チンブームが来る。

>宮ゲさん

そうかぁ読んだのかよぉう!! やぁっぱりなぁ~!!

次は窓チンブーム<よぉく言うぜ~、イッヒヒヒ~!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード