孤“毒”のRunaway

W-1王座獲得後(参照:ヒデキ、過激!)、

“人間風車二世”鈴木秀樹の毒舌はさらに冴えわたっています。
鈴木秀樹W-1王座奪取

ここのところの流れ、

GWの鈴木の動向を振り返りましょう。

まずは初防衛戦の相手、浜亮太との、

5.4 GSPメディアセンターにおける調印式の模様から。

 バトル・ニュース より
浜とのW-1王座戦の調印式で鈴木秀樹が「僕が勝った場合、これ以上防衛戦はやりません」と爆弾発言

鈴木
「調印する前にですね、ずっと僕はWRESTLE-1の言ってきたことをずっと飲んできたので、ちょっとぐらいチャンピオンの言う事飲んでほしいと思うので今約束してください。前回のKAI選手とのタイトルマッチの後、横にいる浜亮太選手のほかに誰も挑戦してくる人がいなかったので。その他の選手がこのベルトを欲しいと言う意思がないと僕は判断しましたので、今回のタイトルマッチで僕が勝った場合、これ以上防衛戦はやりません。それを了承するのであれば調印します。そうでなければノンタイトルでやります。どうですか? 今判断できないのは別にいいので、調印は今日しません。それを会社に持ち帰って判断してください」


冒頭でいきなりの爆弾要求です。

自分と同じ様に、せめて船木誠勝を倒してから、

挑戦の名乗り上げるのが筋じゃないのか? と。

名乗り出りゃ誰でも挑戦の資格あるのか? と。

この団体の頂点はそんな安物なのか? と。

浜が口を挟みます。


「こういう形でやるのはあまり気持ちよくないので。ここはやっぱりサインして貰って。僕が最後の砦という事で」


再び鈴木はこの言葉尻をガッチリ捕えます。

鈴木
「まぁ今本人が最後の砦と言ったように、これで最後でいいってことですよね? 勝ったらこれ以上防衛戦しないですよ? このままベルトもらいます。あとは武藤敬司に相談するなりなんなりして、答え持ってきてください。じゃなかったらノンタイトルです。タイトル賭けません。どうですか? だって僕防衛戦、次はオレだ! みたいなの嫌だと言ったじゃないですか。でも翌日発表したじゃないですか。試合組んで。チャンピオンの意向が何も言えないというのはおかしいと思うんですよね。誰が決めているのかは知らないけどチャンピオンが一番偉いわけですから。話を持ち帰ってください」


一見、ケンドー・カシン的に一方的な理不尽要求してる様にも聞こえますが、

鈴木の場合は要求を投げつつ「話し合って決めてくれ」と。

大体、王者の権限も何もないタイトルって何なんだ? と。

鈴木
「なんか武藤敬司への挑戦権をかけたトーナメントとかやるそうなので。で、そこには5~6人の選手が出るんですよね? ので言ってみればこの団体の中で武藤敬司の方が価値があるんだな、と僕は判断してなおかつ浜選手しか名乗り上げてこないので。僕の言っていることの方があっていると思うんです。おかしいと言うならばやめますね、この業界。僕の言っていることがおかしいというならばこの業界終わっていると思います。だから武藤さんに聞いてきてくださいよ。武藤さんに聞くのが一番早いんだから」


何だかバックに宮戸優光の助言すら感じてしまう位に、

鈴木のコメントは一個一個しっくりきます。

誰もがわかっている…でも口にしない、

“W-1≦武藤敬司”。

部外者であるが故に鈴木はそこをガンガン突っつきます。

最後にひと悶着ありつつ、

調印は終わりました。
鈴木vs浜調印書



初防衛戦当日の5.5

鈴木は昼のZERO1興行に出場しますが、

そこには思わぬ落とし穴が待っていました。

ZERO1 5.5後楽園大会 弾丸ヤンキースvs.大谷&耕平のインターコンチタッグ戦、稔vs.日高のJr2冠戦

夜のW-1後楽園大会でW-1チャンピオンシップの防衛戦を控えている鈴木秀樹がKAMIKAZEとシングルマッチ。アタッシュケースを手に登場したKAMIKAZEのセコンドにTARU、崔、将火怒がつく。一方、NWA UNヘビーのベルトを巻いて登場した鈴木。
するとKAMIKAZEがマイクを持ち「秀樹さ、お前いつ何時誰でも挑戦でも受けるよな? せっかくだからUNかけようぜ」と言い放つと、アタッシュケースを開いて中にドリルが入っていないことをアピール。
鈴木が頷き、ベルトをレフェリーに渡したため急遽NWA UNヘビー級タイトルマッチとして行われることになった。


ちょっと待って!! ちょっと待って!!

WRESTLE-1でさんざんベルトの権威云々言っときながら、

ZERO1ではこういう風にチャンピオンシップやっちゃうの?

鈴木も一瞬の隙を突いたバックドロップで投げると、ジャーマンでカウント2まで追い込んでからワンハンド・バックブリーカー。一気に必殺のダブルアーム・スープレックスの体勢に入るが、ここでKAMIKAZEが「TARU!」と叫ぶと、崔がエプロンにあがってレフェリーを引きつけている間にTARUが乱入してKAMIKAZEを救出。
鈴木を場外に連れ出すが、鈴木は一人でTARU、将火怒、崔をエルボーで蹴散らしてリングに戻り、KAMIKAZEにエルボースマッシュ。さらにドロップキックを放っていくが、背後に回り込んだKAMIKAZEは逆さ押さえ込み。カウント2で肩をあげた鈴木だが、KAMIKAZEはそこからモダンタイムス(=連続逆さ押さえ込み)にスイッチして3カウント。


絵に描いた様な王座陥落劇…、

恐るべしモダンタイムス(≠吉川晃司)…。
鈴木UN王座陥落

いまだにこういうインディー臭い事やってんだなぁ、とか思いつつ、

このNWA UNって三冠のUNとは関係ないの?

天山の持ってるNWAと同じ組織のタイトルなの?

とか色んな疑問を抱えたまま夜のWRESTLE-1へ。




W-1 5.5後楽園大会 鈴木秀樹vs.浜のW-1チャンピオンシップ、クルーザーディビジョン初代王者決定トーナメント準決勝〜決勝

エルボー合戦から鈴木がエルボーの連打から延髄斬りを叩き込むと、もう一度背後に回ってスリーパー。今度は浜を座らせることに成功してグイグイと絞め上げると、ぐったりとする浜。カバーにいくが、それでも浜はカウント2で返す意地を見せる。だが、鈴木はマウントポジションから馬乗りエルボー一発叩き込み、再びカバーして3カウントを奪った。


浜の圧殺技に苦しみながら、
浜のスプラッシュ!!

スリーパーホールドを起点に見事勝利。

このタイミングでこの技を中心に持ってくるなんて、

師とのAWAつながりでバーン・ガニア追悼でしょうかね?

オールドファンの琴線にいちいち触れながら、

初防衛に成功すると、

まずはマイクを持ちます。

鈴木
「WRESTLE-1のチャンピオンでありエースの鈴木です。以前言った通り、前回の防衛戦のあと出てきたのはこれ
(=場外で倒れている浜を指差す)だけだったので、これでいいんですね? 防衛戦は終わりです。ベルトはもらって、もうここには来ません。いいですね? 言ってることが間違いだったら、言い返してみろ、ここに来て!」


例によって名乗りを上げる選手達、

まずは前王者のKAI

そこにタッグ王者の近藤修司が登場。

圧倒的な歓声を受けて鈴木に近づいていく近藤だが、KAIと睨み合った鈴木は近藤に「近づくな」とばかりに手で制す。そして「まあね、ない。お前はないよ。いいか、全員の前でいってやる。何でお前は負けたとき、もう1回俺にかかってこなかったんだよ!」とKAIに痛烈なダメ出し。


いきなり正論を出しちゃうんですけど、

素直に引き下がっちゃうKAIもアレなんだよなぁ。

W-1のファンの支持は近藤の様ですが、

ここで“WILD”征矢学が登場。

近藤が「オイ鈴木、俺は今タッグのチャンピオンなんだよ。ここの団体で一番実績残してんだ。俺と闘え!」とタッグベルトをアピールしながら対戦要求。それを聞いた征矢が「ちょっと待って。俺にもその資格がある! KAI、お前は一度鈴木に負けている。お前にチャンスはない! 皆さん、私にチャンスがあると思いますか?」と観客に尋ねる。
圧倒的にブーイングが多かったのだが、征矢は「ワイルド」コールを煽る。


近藤は前回の鈴木の主張を逆手に取って、

現状の実績とファンの支持を盾に対戦を迫ります。

一方の征矢は不支持を盾に迫ってますね。

そこへもう一人、初代王者の河野真幸が登場。

マイクを持った河野は「はいはいはい、うるさいですよ皆さん。初めまして、どうもWRESTLE-1チャンピオンシップ初代王者、DESPERADOの河野です! 下で聞いていたらガタガタとうるさいよ。チャンピオン鈴木秀樹の言う通りじゃねぇか。近藤さん、そのベルトはタッグのベルト! シングルの実績とは一切関係ない! だから挑戦資格はありません! そして征矢。お前はとりあえずない。そしてKAI。お前は前回負けてんだよ。挑戦資格すらねぇよ。元はと言えばテメーが負けたからこんなワケ分かんねぇ状態になってるんだろこの野郎! だからとりあえずお前ら3人引っ込んでろよ。なあ。ところで鈴木。そのベルト、俺のなんだよ。半年前に武藤敬司に貸してるベルトなんだよこの野郎! あとよ、今よDESPERADOとして、俺個人としてそのベルト必要なんだ。返せ」と言い放つ。


一気にまとめちゃいましたが、

観客の支持は近藤とともに、この河野の様です。

最後に王者・鈴木の毒が放たれます。

何の実績もないにも関わらず挑戦表明した征矢が「鈴木、必ず俺がそのベルトを取り返す!」と叫ぶが、観客からは「空気を読んで!」という声まで飛ぶ。すると鈴木が「で、どうするの? またやる? トーナメントとかやる? トーナメントとか何回大会やるの? お客さんの負担が増えるから1回でやれ。1回で全員まとめてやれ、そこで。どうする? やる? やらない? じゃあいいや」と言ってさっさと退場。
観客は河野と近藤を支持している様子だが、最後はKAIが「元はと言えば俺が撒いた種です! 自分のケツは自分で拭きます。必ず鈴木からベルトを獲り返します! 必ず取り返します!」と叫んで、深々と頭を下げた…


まず…征矢、相変わらず面白すぎます(笑)。

そしてKAI…タイミング違い過ぎます。

鈴木、毒の様ですが、

ファンにとっちゃありがたい。

ダラダラと防衛戦重ねるよりも、

代表決めてもらって、そいつを倒したら終わり。

それじゃなきゃ武藤出て来い、と。

鈴木
「もう笑われちゃってるじゃないですか。よくあるパターンですよね、あれってね。パターン何番目ですか? 4番目か5番目ぐらいですか? 見たことのある。まあやる…でも僕、タイトル
(マッチを)やるとは言ってませんからね。あそこで。ただやるならそこで(挑戦者を)決めればって言っただけで。決めるんだったらまたトーナメントやって、何大会も開いて、お客さんに同じもの見せたって困るんで。あの会社の内輪揉めをお金払って観ててもしょうがないと思う。1回でやったらどうですかっていうアドバイスです」

「あの中の誰が来ても表紙は取れないでしょ?
(誰も名乗り出なかったって俺が)言ったからでしょ。言ってやってるようじゃプロレスは遅いんですよ。言わないでやらないとね。『乱入します』って言ってやっても、それ乱入じゃないですからね! なんですか、それって? 登場? 乱入する前に堂々と『行きます』って言ったら乱入じゃないですから。そういうところもしょっぱいですね。だからKAI選手が言ったときにブーイングだったんじゃないですか? お客さんの声がなかったじゃないですか。その次の人(=近藤)はタッグだって言ってるし、シングルじゃないですからね。で、次の日と(=征矢)は面白かっただけだし、最後のは(=河野)よく分からないし。挑戦を受けるほうがおかしいと思うんですよね。受ける理由が…だからアレはKAI選手が悪いっていうのをみんなの前でやっただけですよ、だから僕は関係ないです。だからそれをちゃんと終わらせてから話をしたほうがいいですね。アレ見て面白かったですか?」


どうです?

ある一定の時代からプロレスを観てきた方なら、

心地よく感じる部分ありませんか?

言ってしまえば“正論”。

私にしてみれば20年以上も前に、

宮戸が描いていた闘いを阻んだ団体間のしがらみが、

時代と鈴木によってぶち壊されていく序曲に聞こえたりするんですよ。

…ちょっと飛躍しすぎでしょうけどね。
鈴木の延髄斬り

これを受けてWRESTLE-1は挑戦者決定戦を発表した様子です。

鈴木秀樹の持つW-1王座への挑戦権をかけ、W-1 5.16新宿でKAI、近藤、征矢、河野の4WAYマッチが決定

もうしばらくは鈴木を中心にW-1は回っていきそうです。

ちなみにGW中、大国新日本では、

中邑真輔のIWGPインタコンチ防衛失敗という事件もありました。

次の展開、どうなるんでしょうね。



かつてのプロレスの魅力の中には、

確実に“毒”がありました。

不透明決着や乱入、暴走…それらはショービジネスでは“悪”と判断され、

結果、プロレス界からほぼ排除されました。

鈴木の放つ毒はまた違う意味合いですが、

毒の味を知る者なら、

これを楽しめない訳がないでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 鈴木秀樹 浜亮太 KAMIKAZE ZERO1

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○○○さん

このお名前は初めまして。
…と思いましたが、○○○さんですね?

層の薄い団体において、次々に挑戦者を立てていくのは難しいでしょうね。
かといって、次で奪回するのはもっと難しい。

結局は武藤が出るしかないんでしょうね。
鈴木は勝っても負けても武藤とやった実績が出来たらW-1には別れを告げる気がします。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード