録っておいた『PRIDE ヘリテージ』を観た

昨秋からスタートしたBSスカパーの無料番組、

『SPORTS LEGEND』内の『PRIDEヘリテージ』(参照:BSスカパーで『PRIDE ヘリテージ#1』を観たBSスカパーで『PRIDE ヘリテージ#2』を観た)。
PRIDEヘリテージ#1~12

遂に2000年1.30 東京ドームでの、

PRIDE GP 2000開幕戦まで進みました。

開始時の構成…高田延彦をストーリーテラーに、

当時のスカパー放映映像をそのまま振り返るものから、

フジテレビ参入以降はMCに矢野アナ、

“世界のTK”高阪剛堀江ガンツさんのダブル解説に、

吉本芸人を一人加えたスタジオトーク中心になっています。

これに関しては賛否両論あるかと思いますが、

RGの“○○あるある”が惜しみなく聴けるので、

私としちゃ、有りですね(笑)。

…で、今回の大会、

実は高田にとって現役最後のメインでした。

まずリザーブマッチでヴァンダレイ・シウバ登場、

しかも煽りVはナレーションなし。

この時点でのサクとの差は天と地ほどあったんですねぇ。

そして大刀光!!

番組上は“太刀光”になってましたけど、

つくづく凄い時代だったんですね。

ファンタジー満載…勝てる訳がない(笑)。

ブラガを普通に完封してた小路も凄いし、

当時じっくり観ていなかった試合も、

今、振り返ると面白いなぁ。



そして猪木イズムを背負っての藤田和之参戦。
藤田PRIDE参戦

テーマ曲は…そうそう『スターサイクル』だったんですよね!!

ナイマンのミドルを土手っ腹に食い、

右ストレートを顔面に食いながら、

テイクダウン奪って、

当時のセオリーと逆のやり方で袈裟固め取って、
藤田の袈裟固め

サミングされながら絞り上げて、

タップ奪って…溜めてからのシャウト!!
そしてシャウト!!

あぁ今観ても気持ちいい。

にしても、こういう形の飛び級ってもう望めないのかなぁ?



桜庭和志vsメッツァーも小路の試合同様、

当時は「展開のない、つまらない試合」と思っていたのですが、

今観ると案外メッツァーも仕掛けてるんですね。

桜庭のコンディション悪かったとはいえ、

タックルほぼ決めさせてませんし、
桜庭vsメッツァー1

TKご指摘通り、桜庭の“宝刀”を逆にメッツァーが狙うという。
桜庭vsメッツァー2

もし、2ラウンドやってたらわからなかったですね、これ。

話前後しますけど、

この大会からオープニングのアレが始まったんですけど、

その前の開会宣言みたいのを桜庭がやってるんですよね。

まぁ主役ってのはわかるんですけど、

これから試合する選手にそれをやらせるってのが、

DSEらしくて…それも含めて良いんですよね(笑)。



佐竹はアレでしたし、

アレクは身丈以上に頑張ってましたし、

エンセンは待望のケアー戦だったのに呆気なく空回り。

それぞれの選手が哀しくて、

やっぱりある時期からのMMAとは違う世界観。

特にアレクなんて昼に後楽園ホールで試合して、

後楽園サウナで仮眠取って、

夜にドームでボブチャンチン戦ですからね。

しかも確かリングも組み立ててたはずです。

このコクの深さって何だったんでしょうね。



そしてメインは高田vsホイス・グレイシー
グレイシートレイン

既にホイスにとっては、

桜庭戦の前哨戦的な意味合いでもあったんですが、

高田が入場してくる時の期待感…これも何だろう!?
高田最後のメインに出陣

でもボロボロでしたよね…この頃の高田。

当時のSRS-DXなんかに書いてたんですけど、

この日、高田は結婚記念日だったんですよ。

それで体調は最悪だったんですけど、

「もしかして良い結果が出るかも」って。

それでリングに向かったんですよね。

結果は虚しいものでしたが、
ホイスが判定勝ち

あのポジションでホイスに極めさせなかったって、

それはそれで凄い事だと思うんですよね。

でもやっぱり初めにガンガン蹴って欲しかったなぁ。

ただ試合途中のレポートで、

「島田レフェリー曰く『道着を利用しての技は有効。ただし“極め”は無効』」って???
反則だろっ!!

じゃあ田村vs吉田(参照:誇りの他流試合~前編~~後編~)は田村の反則勝ちだったんじゃん!!

まぁルールが何度も変わってるから、その辺はわからないんですけど。



とにかく、この大会からPRIDEは、

一気に日本マット界の中心になったと思います。

と同時にいろんな意味で高田は、

桜庭にバトンを託した日だったと思います。

…で次回は遂に、

桜庭和志vsホイス・グレイシー
死闘にボロボロのホイス

伝説の90分ノーカット放送!!

だそうです!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 桜庭和志 藤田和之 ホイス・グレイシー

comment

Secret

時代の流れ。

こんばんは。

この時のメンバー、メイン級かどうかは別としてWAR、パンクラス、新日本、リングス、バトラーツ、Uインターと、ある意味、夢の架け橋的に集まってるんじゃないでしょうか。

高田ホイスですが、直前のSRSのインタビューで作戦に関して妙に●だらけの記事を読んでいたので、期待は高かったのですが、内容的に残念でした。


私、高田のPRIDEの試合は毎回、正座して観戦してましたけど、この時は足、崩してましたね。

4の時は上半身、裸で正座でしたけどね。

グレイシー旋風があった頃は沈んだ気持ちが多かったのですが、振り返ってみると「プロレスは最強なんだ!!あんな奴ら叩き潰せ。」と入れ込んでいたので、実は、この時代が一番ファンとして充実していたのかもと思います。

今のプロレスは強さは大して重視されず、集客面ばかりが注目されているような気もします。

対立概念というか競合相手(PRIDE.K-1)もいなくなりましたから余計に感じます。

次のヘリテージ、ホイスの入場と煽りV位しかカット部分、思い付かないんですけど、どうなるんですかね?

No title

この時代、MMAはプロレスの歴史と直結していて
「誰が最強か」
というものに対して、熱く見てられましたね。
ファンタジーが現実に、その現実がファンタジーに。

そりゃあ、既存のプロレスは廃れるわけです。
今のプロレスはファンタジーがない分、きっとこの時期のPRIDEのように盛り上げることはないでしょうね。
勿論今のプロレスを否定する気はないですし、面白く見ていますが、気持ちの持ち方は別のものです。

あと、藤田の入場曲。
この回限りで、次からは『炎のファイター』のオーケストラバージョンになってましたがはっきり言って
「ちょっとセンス無ぇな」
と思ってました。
当時、藤田に猪木を見る人は皆無だったでしょうし(猪木事務所所属ですが)


ホイスvs高田。
まだ健在だった談志師匠の
「首絞めんのは反則だろ!注意しろ!こら!胴着使ってんじぇねえかこらっ。審判!注意しろこのやろう!」」
というヤジ。
谷川Pの
「足が痺れたんじゃないでしょうか?」
という珍解説。
当時、スタンドで生観戦していたのですが、私のそばにいたファンが判定前に

「二度とお前は応援しない!!」

と高田にヤジっていたのが印象的でした。


>aliveさん

こんばんわ。
コメントが遅れましてすみません。

WAR、パンクラス、新日本、リングス、バトラーツ、Uインターと、ある意味、夢の架け橋<あ、そうですね。プロレスだけでもそんだけ出てますね。
さらにはUFC、修斗、K-1…って、これ凄いですね!!

SRSのインタビューで作戦に関して妙に●だらけの記事を読んでいたので<それ思い出せませんね。何でしたっけ?
5のコールマン戦の時はハイキックを狙っていましたよね。シアトルで特訓して。

高田のPRIDEの試合は毎回、正座…この時は足、崩してました<宮戸イズム溢れてていいですね!!
テレビで観ながら緊張して、喉カラッカラになってましたよ、私も。

4の時は上半身、裸で正座<もうハラキリ体勢じゃないですか!! 違うか。
さすがに会場でしたので服は着ていましたが、一杯一杯でしたね。

グレイシー旋風があった頃は沈んだ気持ちが多かったのですが、振り返ってみると…実は、この時代が一番ファンとして充実していた<そうですね、今では対立概念自体がないですから。
もう一度、グレイシーと雌雄を決する場面って来ないでしょうかね? もう最強とかじゃなくてもいいので。

強さは大して重視されず、集客面ばかりが注目されているような気も<そこの違和感は確かにありますね。
確かに集客力を比較するのもプロレスの楽しみ方の一つなんですけど、それが高い事よりも『どっちが強いか』の方が断然興味ある訳ですから。

次のヘリテージ、ホイスの入場と煽りV位しかカット部分、思い付かない<そこも含めて完全版になるんじゃないですか?
スタジオも芸人ナシで矢野アナ、ガンツさん、桜庭の三人だけみたいですから。

>ナリさん

レスが遅れましてすみません。

この時代、MMAはプロレスの歴史と直結…ファンタジーが現実に、その現実がファンタジーに<今改めて見ると、その言葉通り境目が曖昧なんですよね。だって競技じゃなかったですからね。

今のプロレスはファンタジーがない分、きっとこの時期のPRIDEのように盛り上げることはない<パフォーマンスという行為自体が現実的になってきつつあるのが現状の様な気がします。やっぱり人間である以上、勝敗が最重要だと思うんです。とくに我々日本人は。
安生は否定していますけどね。

藤田の入場曲…次からは『炎のファイター』のオーケストラバージョンになってましたがはっきり言って「ちょっとセンス無ぇな」<あ、そこ次に記事でちょっと触れますね。

談志師匠の「首絞めんのは反則だろ!注意しろ!こら!胴着使ってんじぇねえかこらっ。審判!注意しろこのやろう!」<格闘技好きだったそうですもんね。
でも、その野次というか観方こそが本流だとも思います。

私のそばにいたファンが判定前に「二度とお前は応援しない!!」<4の試合直後の「またかよ~」のネーチャンといい、高田の現役後期は本当にブーイングの嵐でした。
でも次にリングに向かう時には大声援…これが高田の凄さだったと思ってるんですよ。

お久しぶりです。

紫レガさん、こんばんは。
お元気ですか〜?

早速ですが。
BSスカパーのPRIDEの放送は無料放送なのですか⁈
あるブロガーさんに桜庭選手VSグレイシー選手の90分ノーカット版の放送があるけど観れますか?
と言われたのですがスカパー加入してないから無理だど思ってましたが、紫レガさんのこの記事を読んで・・・
もしかして観れたのかと(ー ー;)

>みーさん

こんばんわ。
お久し振りです。

桜庭選手VSグレイシー選手の90分ノーカット版の放送があるけど観れますか?<一応無料放送ではあるんですけど、スカパーがないと観れないはずです。

裏技としては2週間の無料視聴で観れるかも知れませんが…。

スカパーに加入はしてないんですけど、BSは観れます。

2週間無料放送ですか〜
すみません。
何チャンネルに合わせればいいですか?

>みーさん

2週間無料放送<確かデジタルのテレビとかレコーダー買った時に最初、スカパーの無料視聴ついてません?
もし購入時使っていなければ、あとからでも使えるはずですよ。

もう終わってたらすみません。

テレビとレコーダーは一緒に購入したんですが、使ったのかさえちょっと分からないんですが(汗)
時々、無料放送の文字を見たような気がするんですが、その時限定だと思っていて。

少し調べてみます。
すみませんでした。
ありがとうございます。
なんにも知らなかったので助かりました。


観れるといいな・・

>みーさん

なんにも知らなかったので<いやいや、あまり詳しいアドバイスが出来なくて申し訳ないです。

観れるといいですね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード