後楽園ホール二景

体調が悪化して本日は昼で早退。

帰宅後、横になりながら昨日録ったサムライTVの、

ZERO1 FOURTEEN』2015.3.1 後楽園ホールを観ました。

序盤は早送りかなぁと思っていましたが、

ほぼ飛ばさず最後まで観きりました。

印象に残った場面を拾っておくと、

まず前座の面々はどこまでがZERO1の選手なのか? と。

それぞれに面白い試合を見せてくれるのですが、

総じてインディ風味が強い。

だから田中稔あたりでも充分に華があるなぁ、と。

あと“brother”YASSHIって引退してなかったっけ?

大谷vsLEONA…基礎っていうもの意味が、

本当にわかるのが野毛の道場出身者と、

それを通過していない若い選手との試合です。

LEONAは既成のスタイルでやっていくなら、

今のままではちょっと伸びしろが無い様にも感じます。

技の仕掛けの間が他の選手と違うっていうのは、

観ていて面白いんですけど、

テンポが悪く見えてしまうんですよね。

いつもいつも「もう一回やらせて下さい」が通用する世界じゃないですから。

そしてこの大会のハイライト、鈴木秀樹vs船木誠勝ですが、

これこそプロレスリングでしたね。

これが昔観てたプロレスでしょう。

「一回限り」っていうのも含めて。

船木がプロレスのリングでやりたかった試合って、

こういう試合じゃないでしょうかね?

イギリス武者修行中に日記に綴った世界。

今回の試合で入場がもっともっとド派手に演出されてたなら、

あの頃、船木が思いを馳せたプロレスの世界がこれだったんじゃないかな?

だから今回、誰のアイデアでああいう入場形式になったか知りませんけど、

通常通りテーマ曲で入ってきた方が良かった気もします。

それか、せっかく入場がテーマなしなら、

試合後に勝者鈴木のテーマ鳴らすのもない方が良かったです。

鈴木秀樹…前にも書きましたが、凄い逸材ですよ。

今のまま終わるのはもったいない。

W-1で武藤とやった後、

G1の頃には新日に乗り込んでいいんじゃないですか?

相手は中邑しか思い浮かびませんけど。

そしてメイン…これはもう“凄い”の一言です。

佐藤耕平を観ていると、余計に前記した鈴木への思いは募ります。

それにしても、破壊王が創ったZERO-ONEも、

いろいろな形に変化しながらも14年ですか。

サムライを観てた最後の方は毎週の様にZERO1…当時はMAXでしたか、

中継やってましたよね。

画面を観ていて懐かしかったです。

まずは14周年、おめでとうございます。



続いて18:00から『NEW JAPAN CUP2015』2015年3.8 後楽園ホールの生中継を観ました。

というか、新日ってこんなに試合開始までのフリが長かったっけ?

なんて思いましたが、きっかり9時に終わるところはさすがです。

そして同会場でのZERO1を観た直後だけに、

会場の明るさの違いは明白でしたね。

でもZERO1の雰囲気は嫌いじゃないんですよね、実際。

試合の方は第1試合から留学生だったんですけど、

かつてのベノワとかクロネコとかの系譜ですよね。

ただ一つ大きく違うのは『グラウンドの攻防がない』と。

これはタッグで棚橋、永田とそれぞれ組んだヤングライオンもそうでした。

何か昔、全日を初めて生で観たときの気持ちになりましたね。

これホールだからなんですかね?

若手といえば、コーディ・ホール!!

誰かと思えば、彼の父がスコット・ホールっていうじゃないですか!?

コーナー際の攻め方が確かの似てるなぁと思いました。

酒に呑まれず精進してくれれば、

父以上の凄い選手になるでしょうね。

あと印象に残ったのって、

田口が本間に放った“グラインド式こけし”ですね(笑)。

トーナメントは、

一試合一試合、違う色で違う結末で、

10数年前の新日とは全く違う世界でしたね。

矢野の存在は大きいなぁ。

でメインは真っ向勝負で締めるという盤石ぶり。

柴田勝頼、完全に居場所を固めましたね。

彼も他の選手とは違うから。



最後に桜庭和志を観てて思ったんですが、

今の立ち位置って、若手の頃に思い描いてた“藤原、木戸”そのものじゃないですか?

コスチュームにも無頓着で、闘いぶりも地味で、

『わかるファンだけわかってりゃいい』的な。

そう考えると、これはこれで良かったのかなって。

そうなると、さしずめサクマシンさんは、

札幌中島名物の「木戸ぉ!!」と叫んでたオッサンの現代版かな?(笑)

あ、また微熱が…寝よ。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 新日本プロレス2000~ ZERO1 鈴木秀樹 船木誠勝 桜庭和志

comment

Secret

ぼく・・

こんばんは。

桜庭ですが、全く同じ事を思いました。

なんだか木戸みたいな感じでメインストリートから外れてて。

確か、邪道なんかホイラー戦の勝利をTVで見て涙したなんて話があった気がしたのですが今や格上みたくなってて少し寂しいです。

反論意見

紫レガさん、こんにちは。
サクマシンです。

いつもブログを拝見させてもらっている隠れファンでもあるんですが・・・

  読め読め読めコノヤロウ!!
  コメントしてみろ!!

と、いうことで今回の内容で変態桜庭ファンとしては見過ごせない内容がありましたので一言申し上げます。

『まだ桜庭選手の戦いは終わっていません。これからなんです!』

いつも鋭い視点で捉えて、今後を考察する紫レガさんにしては残念に思えます・・・
自分の今夜更新するブログで一部抜粋させてもらいます。
リングで必死で戦っている数少ないU戦士を俺たちが真っ先によくない方向で断を下す事はイカンと思いますがどうでしょうか・・・
皆さんによく読まれているこのブログならその影響も大きいです。

乱文乱丁失礼しました。。。



サクマシン


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>aliveさん

こんばんわ。

全く同じ事を思いました<奇遇ですね。

木戸みたいな感じでメインストリートから外れてて<あのメンバーの中で何も主張せず、ルーティンワークみたいな試合して…どうなんでしょうかね。

邪道なんかホイラー戦の勝利をTVで見て涙した<ありましたね。ホイラー戦の前だったか後だったか、週プロで桜庭と邪道と金村の特写もありましたね。

>サクマシンさん

こんばんわ。
わざわざすみません。

隠れファンでもあるんですが<光栄です。サクマシンさんの様な著名な方にお読み頂いて何と言っていいのやら。

『まだ桜庭選手の戦いは終わっていません。これからなんです!』…リングで必死で戦っている数少ないU戦士を俺たちが真っ先によくない方向で断を下す事はイカンと思いますがどうでしょうか<そうですか。
全国のどの桜庭ファンよりも間近に桜庭和志を観続けているサクマシンさんが言うのなら、そうなのかも知れませんね。
ただ今の新日に上がって、今の新日のトップ選手の中に紛れて、主義主張のはっきりしてる選手達の中にいて、桜庭和志が全く見えてこないんですよ。残念ながら。
鈴木秀樹が船木に言った言葉じゃないですけど、「みんなが遠慮してる」。さらに「桜庭が一番遠慮してる」。
これまで日本人トップ選手が鳴り物入りで新日に飛び込んで、ことごとく飲み込まれてきた過去を観てきていますからね。
飲み込まれなかったのって…天龍、高山、大仁田、ぐらいですか? 他にもいたか。
ストロング小林やラッシャー木村と同じ様に桜庭は早い段階で埋もれてしまってますからね。

>みーさん

ありがとうございます。

非公開ですので、コメ返は差し控えさせて頂きます。

レガよ~今度は本当に見誤ったな!!


テメーこの野郎!!

言うに事欠いて、今の桜庭は、コスチュームにも無頓着で…

"藤原、木戸"…


だと? この野郎!!


何年プロレス観てりゃ~そんな糞みて~な事言えるんだ? このタコ!! ボケこら!! テメーの墓に糞ぶちまけてやるぞ!!






あのピカピカに磨きあげられたリングシューズ!!


何が有っても乱れる事の無いアイロンパーマ!!


どう考えても、木戸修はプロレス界最高峰のダンディだろうが!!
(ノ-"-)ノ~┻━┻




以前に見掛けた、"あのサクマシンのマスクを被ったファンは、今の桜庭を観てPRIDEの頃のようなカルタシスを感じでいるのだろうか? " ってコメント以来のキラーパス。


これは、71年生まれの変態同級生抗争勃発か? と、久々に熱い場外乱闘を期待しましたが、サクマシンの受け身がいまいち…


真正面からガンガン行くのかと思いましたが、遠慮しているのか? 今の桜庭のような切れの無さ、お大事に? で抗争終結…




桜庭がどこを目指してるのか? 本人次第なのでしかたないですが、タッチワークが上手くなって、"ちゃんとプロレスやってる姿"を歓迎するのか? 埋没していると感じるのか? は、受け取り方次第なので、難しい所ですね。


出来ればAJ戦など、もう一花咲かせて欲しいのですが、そこに辿り着くまでの道のりが見えません。



余談ですが、みーさんがブログ立ち上げの際に画像の貼り付け方など、お世話になっているようですね。


これからも、何かあったら助けてあげて下さい。
_(._.)_



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>アステさん

何年プロレス観てりゃ~そんな糞みて~な事言えるんだ? このタコ!! ボケこら!! テメーの墓に糞ぶちまけてやるぞ!!<いやいや勘弁して下さいよ~、もう。喧嘩は嫌いなんですぅ。

どう考えても、木戸修はプロレス界最高峰のダンディだろうが!!<アステさんね、木戸選手はね、巡業先のホテルでね、部屋に入ったら、まず着てる物をハンガーに掛けるんですね。
それも普通はズボンなんかは折り目に合わせて掛けるでしょ? 木戸選手の場合はね、ハンガーにそのまま穿かせるんですよ。
そういったね、几帳面な性格。試合にも表れるんでしょうね。
あっ、今いいの入りましたよ!!

久々に熱い場外乱闘を期待しましたが、サクマシンの受け身がいまいち…真正面からガンガン行くのかと思いましたが、遠慮しているのか?<いや、本当にネット上の不毛な言い争いはなるべく避けたいと思うんです。キャラでやる分には全然ノー問題なんすけど。
ディスカッションする時は実際の場で目を見て…酒の力も借りつつ…やりたいと思いますから。
サクマシンさんに関しては、あの桜庭への思いの強さ…尊敬しています。
それでも記事で名指しで書いた事がアレだったら…もうお詫びするしかないです。

出来ればAJ戦など、もう一花咲かせて欲しいのですが、そこに辿り着くまでの道のりが見えません<そうですね。今のままの立ち位置じゃそこに行くまでのストーリーがなにもなくて、“一人暗黒期”みたいになちゃいますからね。

みーさんがブログ立ち上げの際に画像の貼り付け方など<いや、私の伝え方がヘタクソでそれ程お役に立っていない様ですので、心苦しいです。
でもご本人が楽しくUpされれば、それが一番ですよね。

>みーさん

ありがとうございます。

非公開コメントですので、コメ返は控えさせて頂きます。

こんばんわです。めげずに出稽古に来ました(笑)

今のZERO1はW-1との対抗戦以外は方向性が見えないと言うか雌伏の時期なのかなって印象ですね。YASSHIは無期限休業だったけどTARU及びブードゥー復活のために復帰したんでしたっけ。

鈴木秀樹選手は何試合か見たことがありますが、凄く基礎が整った良い選手だなぁと。語弊のある表現ですが、新日本時代の西村にはこうなって欲しかったなと。

新日本の桜庭に関してですが、木戸…なるほどなぁと。でも、個人的にはやっぱ特別参戦枠のゲスト以上には見られないですね。例えが悪いかも知れませんがケリーとケビンのエリック兄弟とかみたいなf^_^;あくまでも立ち位置の話です。

このままだと傷は付かないけど身にもならないかなとは思います。とは言え、今の流れで桜庭が絡むテーマが見出しにくいのが難しいですよね…。

「年齢の限界、世代交代、時代の流れ、そんなの誰が決めたんだ!!」by野上アナ

こんにちは。

中邑vs永田のインターコンチ戦を見たのですが、多いに揺さぶられるものがありました。

アラフィフにして、永田の欲深さと頑張りに感動しましたね。

今の桜庭は、木戸のように無欲に見えるので、広島の棚橋とのタッグ戦で爪痕を残しメインストリートに絡んでほしいです。

同世代の鈴木、永田が、あれだけの存在感を出しているんですから。

永田には失礼ながら信者の数は倍以上いるはずですし。

>ささのっちさん

こんばんわ。

めげずに出稽古に<いえいえ、どんどん発信しちゃって下さいな。
遠慮する事ぁねーや、コメント欄は闘いなんだよ。遠慮されたら困るよ。…オッケーイ!!

今のZERO1はW-1との対抗戦以外は方向性が見えないと言うか雌伏の時期<それも一番熱いのはZERO1所属外の鈴木秀樹というアレでもありますな。

TARU及びブードゥー復活のために復帰<そういやTARUも出ていますね…平井って今どういう状態なんですか?

鈴木秀樹選手…新日本時代の西村にはこうなって欲しかった<西村ねぇ…欲がなかったですからね、トップに立つという。
鈴木はベルトとか知名度以上に強さに対して貪欲ですね。

新日本の桜庭に関して…例えが悪いかも知れませんがケリーとケビンのエリック兄弟とかみたいな<これまた新説ですね。
ダラスじゃスーパースター、日本においてはマニア人気…あぁ何となく今の会場での桜庭の立ち位置ですね。

今の流れで桜庭が絡むテーマが見出しにくいのが難しい<もう“覚醒!!”とかいうのもアレですからね。
やっぱりKUSHIDAあたりとお互いに利用し合ってジュニアってのが見てみたいんですけどね。
飛ばないジュニア!!

>aliveさん

こんばんわ。

中邑vs永田のインターコンチ戦…永田の欲深さと頑張りに感動<観ましたよ、私も夕食食べながら。
首都圏の方には『今頃?』って思われるかも知れませんが、これが北海道の現実です。

今の桜庭…広島の棚橋とのタッグ戦で爪痕を残しメインストリートに絡んでほしい<ヘビーの一角は正直無理だと思うんですよね。強さがそれ程重要視されていない現状においては。

同世代の鈴木、永田が、あれだけの存在感を出している<もう積み重ねが全然違いますよね。船木を観てても思いますけど、もっと格闘技のリングで積み重ねてきた歴史を勝手に放出しまくってみたら? とか思いますけどね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード