もらい事故?

先日、記事にした通り、

3月はサムライTVを購入しました。

それで月末から既に視聴している訳ですが、

例の試合…女子プロですね。

たった今、観ました。

両選手の予備知識も何もないので、

的外れな事を書くかも知れませんが、

思った通りの事を書きます。

まず、最初に書きたい事は、

お客さんに後味の悪いものを残した時点で、

プロとして最低の試合だったと思います。

ましてやチャンピオンシップですからね。

個人的な感情なんて理由づけの一部にしか過ぎません。

ただし

病院送りや重傷という結果論は、

リングの上で命懸けで闘ってるプロレスラーとしては、

どんな場面においても起こり得る事なんですよ。

これはファンという立場からの無責任コメントと取ってもらっても、

全然構いません。

華やかなものだけがプロレスリングじゃないでしょう。

チャンピオン、世Ⅳ虎ですか?

ずっと表情見てましたけどね、

「あぁやりたくなかったんだなぁ」って。

でも組まれたマッチメイクですから、

コスチューム着てベルト締めて上がって来た事で、

一つの責任は果たしてる訳です。

で、調印式とかの一連のやり取りは、

よくわからないんで書き様がないのですが、

試合…先に仕掛けたのは安川惡斗ですよね?

あれ最初の一発食らってたら、

その時点でチャンピオンやられてた訳ですから。

のびちゃって終わってた訳ですから。

相手が仕掛けてきたから、

倍以上のお返しして自分を守った。

これチャンピオンとして素晴らしい事ですよ。

何回かロープワーク使ったり、

試合に戻そうとしていましたけど、

私は立派だと思いましたね。

惡斗側はファーストコンタクト、ほとんどナックルでしたよね。

見た目の問題なのか、

立場的なものなのかわかりませんが、

悪いのは全て世Ⅳ虎?

いやいや、ちょっと待って下さいよ。

プロレスリングでしょ。

プロレスの歴史振り返って下さいよ。

闘いですよ。

仕掛けられたら、やらなきゃやられるんですよ。

…だからと言って、

病院送りにするレスラーが素晴らしいという事じゃないですよ。

でも、この試合の本質的なものを語る人がいないと、

単純に強かった方が排除されて終わってしまう、

プロレスリングとして不自然な形になりかねませんよね。



惡斗選手の回復を願います。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 世Ⅳ虎 安川惡斗 スターダム

comment

Secret

今、凄く話題になっていますね。

プロレス歴2年弱、ましてこの試合を観戦もしていませんが、コメントさせていただきます。

レガさんの意見と同じです。
というか、プロレスってそういうものだ(全ての試合がというわけではありませんが、そういう事もある)とばかり思っていました。

なので逆に今すごく取り沙汰されている事に少し驚き、アレ?プロレスってそういう事では無かったのかな?と思った程です。

ただ、チケットを購入されて観戦された方はどう思って見ていたのか…気になりますね。

すみません。

色々な所で色々な方が語られておりますが、こちらの記事を読んでハッとさせられました。

極端な話かもしれませんが、「人を殴る時は自分が殴られることを覚悟して殴らなければならない」と思います。ましてやプロとしてリングに立つ選手です。王座戦でありながらそういうことを感情に任せてやったのであれば、未成熟だったのではないかと思います。

以前、KAMINOGEの女子選手のインタビューでジャパン女子時代でしたでしょうか。故・山本小鉄さんの指導を受けた時のことが語られていました。ああいった心の教えまで行き届いていれば、今回のようなことはなかったのではと思います。

度々、申し訳ありません。


安川選手の早い回復を心より願います。

書き足りない(苦笑)

試合内容に関してはレガさんが書かれていることと同意見です。

皆、『プロレスの怖さを忘れてるの?それとも知らないの?』って話です。
本来はシュートありきで成り立っていたのがプロレスリングでしょ?
これは古い・新しいの価値観の話じゃないです。

ピストルを持ってるから言うことを聞く。それでプロレスが成立した。違いますか?
『お互い持ってないです。てか、ピストルって何ですか?』で、やってるのが今のプロレスではないのかと…。
『プロレスの試合はお互いの信用で出来ている』と言いますが、『信用』ではなく、猪木がいう『プライド』に置き換えたらしっくり来るような気がします。

ただ、女子の場合はよくわからないんですよね…。成り立ちが。
個人的に当て嵌めていいものか迷っているのも事実です。
今回、“女子だから”こんなニュースになったのでは?
IGFは沢山、そっち系の試合ありますからね(笑)
女子プロレスラーはシュート練習をきちんとやってるみたいですよ。勿論、皆が皆じゃないでしょうけど。
実は男よりやってたりして。

今回のようなことが起こり得るのがプロレスである。それが通用するのは私らのような古いファンだけでしょう(それでも一部ですかね?汗)。でも事実ですから(笑)
私は新しいファンを批判しているわけではないですよ!団体や選手がそうさせているんです。

最後に…。
相手がナマを入れてきたからといって、自分もナマで返さなくてもいいと思います。
レスリング技術で相手を制圧するのも、リング上では立派な対抗手段だと個人的には思っています。

あれはあれでいいんですよ

いつも読んでます。
猪木×ロビンソン戦以来のコメントになりますが、この試合の批判については
「女子だから」という要素が多分にあると思ってます。女子の闘いに見たくない
もの、見てはいけないものを見せられた、みたいな感じで、多くの人が話題に
しているような気がしてなりません。
感情のままに突っ走りすぎたこと、観客が前にいることをほぼ忘れてしまったこ
と、両選手に力量の差があったことなど、いくつかの要素が重なり合い、あの試
合展開と結果になりましたが、情けないのと否があるのは選手のケガに対して
あまりに認識の薄い和田京平レフェリー、試合を早期に止めることをしなかった
団体関係者であって、闘ったレスラーに責任はありませんよ。
プロレスは闘いなんです。いつ何時ああなっても対処できるのがプロレスラーと
いうものでしょ?
むしろ、ああいう一戦が見られなくなっている男子プロレスこそ問題があるし、だ
から僕には魅力が感じられないんです。

レガさんと同じ意見です。スターダムの謝罪会見みるとこれからは安全なプロレスをやりますって聞こえます。安川選手の怪我の具合も気になりますが、世Ⅳ虎選手の将来も心配です。IGFの澤田選手が世Ⅳ虎選手の擁護してましたが、私も同じ気持ちです。       

>みーさん

というか、プロレスってそういうものだ(全ての試合がというわけではありませんが、そういう事もある)とばかり思っていました<貴重なご意見ありがとうございます。

逆に今すごく取り沙汰されている事に少し驚き、アレ?プロレスってそういう事では無かったのかな?と思った程<これ私にとっても盲点でした。
みーさんの様な新しいファンの方にとっては、むしろこういう騒ぎ語って違和感あると思います。私もプロレス観始めの頃にこういう事態が起こってたら「え? ダメなの? 相手を倒す為に殴ったらダメなの???」ってなってたと思います。

ただ、チケットを購入されて観戦された方はどう思って見ていたのか<そこが肝心なんですよね。
「プロレスやれよ!」って野次も飛んだらしいので、そういう方にとっちゃプロレスじゃないものを見せられたという事でしょうから。
何だかんだ言ってもお金払って観に来てるファンの考えが第一ですからね。

>非力なビッグボディさん

極端な話かもしれませんが、「人を殴る時は自分が殴られることを覚悟して殴らなければならない」と思います<技術的なものを言っても始まらないかも知れませんが、どこを狙ったにせよナックルで行ってる訳ですから、最初に仕掛けられた側がやり返す事は仕方ないと思います。

ましてやプロとしてリングに立つ選手…そういうことを感情に任せてやったのであれば、未成熟だったのではないかと<両方がチャンピオンらしいですよね。そしてメインですもんね。
かつて宮戸が若手に言ったそうですけど「リングの上じゃ何やったっていいよ。その代わり今日来たお客さんが次にもう一人二人連れて観に来るくらいの事じゃなきゃやっちゃダメだ」と。そういう事だと思います。

故・山本小鉄さんの指導を受けた時のことが語られていました。ああいった心の教えまで行き届いていれば、今回のようなことはなかったのでは<ありましたね。Dropkickでしたっけ?
小鉄さんなら、むしろ惡斗の方を叱ったかも知れません。

>宮ゲさん

皆、『プロレスの怖さを忘れてるの?それとも知らないの?』って話<そうなんです。
プロレスって怖いものなんですよ。
だからレスラーたちは覚悟を持ってリングに上がってる訳ですよね。私らには出来ない事をやってる訳ですよね。

ピストルを持ってるから言うことを聞く。それでプロレスが成立した。違いますか?『お互い持ってないです。てか、ピストルって何ですか?』<実際には「お前が撃って来るなら、こっちも撃ってやるぜ」っていう緊張感が大事なんでしょうね。
バカボンの本官みたいにバンバン撃ちまくるのって、実写でやられたら、ただの輩ですから。

『信用』ではなく、猪木がいう『プライド』に置き換えたらしっくり来る<1987年の巌流島で初めてルールとして記載されましたが、元々プロレスのルールの根幹なんでしょうね。

個人的に当て嵌めていいものか迷っているのも事実…IGFは沢山、そっち系の試合ありますからね<事実、私自身も今回の記事が正しいのか間違ってるのか答えでませんもん。

女子プロレスラーはシュート練習をきちんとやってるみたいです<そうなんですか。それってプロレスとしてのシュートですか? 格闘技という競技としてのアレですか?

私は新しいファンを批判しているわけではないですよ!団体や選手がそうさせているんです<まず驚いたのはプロレス大賞MVPが真っ先に批判したんですよね。表紙にした週プロの事をですけど。「せっかくのブームに水を差して」的な。
ちょっと残念だったりします。
やられた側の気持ちしかわかんないのかなぁって。やった側の気持ちはわからんだなぁって。

レスリング技術で相手を制圧するのも、リング上では立派な対抗手段<そうですそうです!! 同じ返ししなくたっていいんですよ。世Ⅳ虎はバックボーンで対処したまででしょ? アレ。
ある部分では立派なプロレスラーですよ。

>ケンケンさん

あれはあれでいい<これまた貴重な意見ありがとうございます。

女子の闘いに見たくないもの、見てはいけないものを見せられた、みたいな感じで、多くの人が話題にしている<特に美形の選手がああいう風になってしまった事でプロレス外の人々が騒ぎ出した感もありますね。

情けないのと否があるのは選手のケガに対してあまりに認識の薄い和田京平レフェリー、試合を早期に止めることをしなかった団体関係者であって、闘ったレスラーに責任はありませんよ<まず“京平レフェリーはプロレス界の権威”的な起用の様に見えましたが、それ程女子を裁き慣れていませんしね。
ドクターが不在ってのもまずいですね。今だにそうなんだ、と思います。だって男子よりもリンク禍゙が多発してる訳ですからね。

プロレスは闘いなんです。いつ何時ああなっても対処できるのがプロレスラー…むしろ、ああいう一戦が見られなくなっている男子プロレスこそ問題がある<IGFがある、というご意見もある様ですが、一般の目に触れる機会が多い団体ではそれがありませんね。
今は怪我させたらプロ失格みたいなところありますから。

>BPHさん

スターダムの謝罪会見みるとこれからは安全なプロレスをやりますって聞こえます<そうですね。「つい闘いを見せてしまってすみませんでした」的な。

世Ⅳ虎選手の将来も心配<精神的にかなりまいってるみたいですね。だってそうですよね、ほとんどの人が「お前が悪い」って言ったんですから。
でもTV解説のブル中野は「先に仕掛けてるのは安川」って言ってましたね。やる側には違うものが見えてたんでしょう。

IGFの澤田選手が世Ⅳ虎選手の擁護してましたが、私も同じ気持ち<IGFなら日常の風景なのかも知れませんよね。

正直ここへ書き込みのに迷いがありました。

ツイッターのほうでは否定的に長々とかいていました。

が、僕の考え方がいつの間にか歪みを持っていたのかも知れません。僕も一応古くから見てきた人間なので、こう言う試合は古くからあったし、また認識してたはずなのに。

宮戸ゲノムさんが、こう言うのを遠ざけてきた近年のレスラーや団体に問題があると仰られてましたが、それを容認してきた自分の様なファンにも問題があります。間違いなく。

自分がIGF寄りの見方だったらもっとマトモなこと言えたのでしょうけどね。

ども。
mixiにこの件について書いたらオラにしたら異常なアクセスがありましたわ。

サムライのダイジェスト動画しか観てないんですが、どうにも凄惨な試合には見えなかったのですよ。両者ともプロレスしようとしてたと思うんですよね。
安川の映画の予告観てみたんですが、そこでもグーパンチ(ロシアンフック?)使ってたんですよ。全然知らない選手ですが、あー、結構使ってる技なんだ、お気に入りムーブなんだな、なんて思いまして。

そう考えると、世IV虎の「来いよ」に対して得意ムーブでいった→パンチが来ると読んでいた世IV虎が元々殴り返すつもりでいいの入れた→それが目や鼻にモロに入ってしまった。って感じがするんですよ。
グランド状態の世IV虎は明らかにプロレスのパンチでした。もっとマウントからボコボコにしたのかと思ってたんですが、全然違いましたもん。


週プロの表紙も顔面崩壊直前の写真でしたよね。オラはギリセーフなんちゃう?って思いましたわ。

あと、やっぱり違和感あったのは、「プロレスしろっ!」って意見の多さですね。
オラはプロ格(懐かし…)に対しては、散々「プロレスしろっ!」って言ってきた人間ですが、今回は「プロレスしようとしてたじゃん。」って言いたいです。
安川は仕掛けてないし、世IV虎も制御不能になってなかった。
世IV虎が硬くて、安川が脆かっただけ。
本当、事故にしか感じなかった。

総合格闘家のプロレスごっこには「プロレスしろっ!」と言いたくなりますが、ちゃんとしたプロレスラーの感情に踏み込んだ末の事故は「仕方ないかな」って感じですなぁ。

う~ん

こんにちは。

試合を見たのですが、顔が変形したから、問題視されただけにしか思えません。
会社側で人間関係を調査するなんて高校生の学校内の喧嘩じゃあるまいし。

「レスラーはね、顔面蹴られようが、後頭部を蹴られようが、頭から落とされようと仕方ないんですよ。」by山本小鉄
プロレスラーの基本は、ナメられたら商売あがったりと私なんかは教育されましたけど、こんな考え方は時代遅れなんでしょうか?

>ささのっちさん

ツイッターのほうでは否定的に長々とかいていました<読ませて頂きましたが、最初に言いたいのは、ささのっちさん何もプロレスへの発言を自重される必要はないと思うんですよ。
この記事の内容も決して私、正義感を持って書いてる訳じゃないですから。女子プロに詳しい、二人の関係に詳しい方からしてみれば、大いなる見当違いかも知れませんし。
でもこの内容を訂正したり削除する気はさらさらありませんから。それでいいと思うんですよね。だって私らプロレスを深く考えたいだけのプロレスファンじゃないですか。いやマニアってやつですか? だからプロレスについてはどんどん発言していきましょうよ。

僕も一応古くから見てきた人間なので、こう言う試合は古くからあったし、また認識してたはず<知っていても、そこに対する見解は十人十色ですからね。
力道山vs木村だって、『力道山さすが』と見るか、『汚ねえぞ力道山』と見るかは自由ですからね…って例えが古いな(笑)。

近年のレスラーや団体に問題があると仰られてましたが、それを容認してきた自分の様なファンにも問題が<これもですね…宮ゲさんのコメントが正解という事はないんですよね。私は非常に近い認識ですけど。
そこを検証し合う場がここであればいいなぁ、という思いです。

自分がIGF寄りの見方だったらもっとマトモなこと言えたのでしょうけど<私もどっちかって言ったら今のIGFに疎いですしね。

いずれにしてもガンガンやりましょうよ。即座に前言撤回をtweetして下さい(笑)。

>BKっち

こんばんわ。

mixiにこの件について書いたら…異常なアクセス<この話題が独り歩きしつつある感も否めませんね。良い事か悪い事は別として。

どうにも凄惨な試合には見えなかったのですよ。両者ともプロレスしようとしてたと思う<少なくとも私は世Ⅳ虎の方には普段のスタイルに戻そうという意思が感じられたんですよね。普段は知らないんですけどね。

安川の映画の予告観てみたんですが、そこでもグーパンチ(ロシアンフック?)使ってたんですよ<玉ちゃんのラジオの発言を読んだんですけど、何か波乱万丈の人生みたいですね。さらに重い病気を背負ってという。
それは置いといて、いわゆるセオリー的なものは別として拳で殴る事のリスクは当然知っているでしょうしね。

世IV虎の「来いよ」に対して得意ムーブでいった→パンチが来ると読んでいた世IV虎が元々殴り返すつもりでいいの入れた→それが目や鼻にモロに入ってしまった<というかバックボーンが出た瞬間じゃないですか? だって元ヤンですよね? 違うの? ギミック?
あの動きから格闘技的なものより喧嘩の匂いを感じましたよね。
でも某選手は「ケンカマッチとただの喧嘩は違う」って言ってますね。という事はケンカマッチっていうのはケンカ風のワークって事なんですか? 違う?
じゃあその心を教えて頂きたい。

週プロの表紙も顔面崩壊直前の写真…オラはギリセーフなんちゃう?って思いましたわ<うん、確かに。でも商売である以上は晒し者の様な形であっても、ああいった写真を出す事は間違いではないと思うんですよね。
もっとえげつない表紙も過去にあったと思います。

あと、やっぱり違和感あったのは、「プロレスしろっ!」って意見の多さ<これに関しては中継で安川自身がストップ掛かった後に同じ事を何度も叫んでるんですよね。
…という事はBKっちご指摘通り、いつものムーブとしてナックル出してたんでしょうかね。
京平レフェリーが何度も「落ち着け」って声掛けてたんですけど、確かに世Ⅳ虎自身は恐ろしいまでに落ち着いて冷静でしたよ。

総合格闘家のプロレスごっこには「プロレスしろっ!」と言いたくなりますが、ちゃんとしたプロレスラーの感情に踏み込んだ末の事故は「仕方ないかな」<これまた賛否両論呼ぶ様な締め括りですなぁ。

>aliveさん

こんばんわ。

顔が変形したから、問題視されただけにしか思えません<まぁ究極に言ってしまえば、顔が変形する以前に試合を止めていなきゃならないでしょうからね。
やってる選手に「どうする?」「やる!」「よし続行!」っていうなら、レフェリー誰でも出来るんですから。

プロレスラーの基本は、ナメられたら商売あがったり<やっぱり女子であっても、怖さのオーラは必要でしょうね。
だって朱里とかも美形(?)ですけど、もし怒らせたら絶対蹴り殺されるな、とか思う訳ですから。

はじめまして。
今回の件は時代の流れ、というより、世間の求めるエンターテイメントの形の変化なのかなと思いました。
これがプロレスかどうかという事より、世間がこれを娯楽の一つとして受け入れてくれるのか。受け入れる土壌があるのかどうか。
その一つの答えが、会場での「プロレスをやれ!」という野次なのかなと。
これが10年前だったら、週プロの表紙にはなっても、一般紙にまで掲載されて物議を醸すほどの話題にはならなかったと思うんですよね。

棚橋のTwitterでの発言も勇気がいる決断だったと思います。賛否はあるかと思いますが、自分のスタンスを貫き通した点は、自分はアリだと思っています。現在の娯楽の一ジャンルとしての「プロレス」を作ったのは彼ですから。
勿論功罪含めて。

長い上にまとまりない文章、すみません。

ついでにいうと、棚橋Twitterって世IV虎安川両者に向けたものじゃないと思うんですよね。あくまで週プロのあの表紙の写真に向けたというか。安川自身も「自分を被害者にしないでくれ」と言ってますし、周り含めて「事件」として扱い過ぎなんじゃないかって意味なのかなと思いました。
なんか信者みたいになってしまいましたが笑

No title

久しぶりにコメントします。
私は今回の件を棚橋の怒りのツイートから知りました。
何があったの?って感じで。


とりあえず、ダイジェストを見て。
「あ~~、世4虎がやったのね。
でも、プロレスだからこういうのもあるわなぁ。
棚橋からすれば『世間のプロレスへの見方が変わってきた今、何でこういう表紙にするのか?』ってところなんですかね。
悪く言えば臭いものに蓋をする、良く言えば空気を読め、と。
おそらくですが、棚橋の場合はファンだった頃や若手時代であれば、レガさんであり他の皆さんのような意見に賛同していたでしょう。
しかし、現在トップレスラーになった今・・・
というか、時代が変わる黎明期に、猪木に引っ掻き回されたトラウマや嫌悪感がここまでに「シュートの匂い」に反発するのかも知れません。


で、昨日全部のものを見ましたがどうも世4虎の方がちゃんと”プロレスをしよう”としてる感じがしました。
それに顔面の腫れたナックルも恐らく最初のあたりでしょうか?
その後にグランド状態でのダイジェストを見ても、いわゆるシュートなナックルというものではなかったと思います。

facebookの方でも、「世4虎が悪い」の大合唱ですね。
決まりを守らない方が悪い、という感じの。

どうもムズムズするので、プロレス歴が古い人専用のグループで問うてみればやはりここのコメント欄のようになりました。
それが正しいのか、古い価値観なのかは解らないですけどね。


やっぱり私も「いやいや、それも含めてプロレスですよ」と思います。

安川選手の顔面流血の週プロの表紙がTwitter上でも賛否あるみたいですが、以前からこの手の表紙は結構あったはず
このブログ的に言えばヒクソン道場破り後の安生とか
ドンフライ戦の後のボコボコ顔の高山とか
やっぱり「女子であること」「お互いのビジュアル面」が影響しるんですかね

No title

どうも、ネコです。
(他のFC2でも名前残るのが厄介なので、本文で失礼)

試合そのものについては他の皆さんが色々言ってらっしゃるんで。
今回大々的になったのは「日頃の行い」が関係してるんじゃないですかね。
よしこって選手は若手の頃から世間知らずでプロ意識に欠ける言動が多かったですから。
苦言呈されて聞かなかったり。
関係ないところにトンチンカンな口出して叩かれたり。
採り上げる方もファンも「それみたことか」という雰囲気があるんですよ。
一斉攻撃する土壌が出来上がっていた。
そんな経緯の関係ない世間も、知る切っ掛けが一色のソースだから引っ張られる。
扇動と迎合で大合唱になってるんです。

>海賊男さん

初めまして。
コメントありがとうございます。
素敵なHNです(笑)。

今回の件は時代の流れ、というより、世間の求めるエンターテイメントの形の変化なのかな<こと格闘技という話でいくと、かつては国民の娯楽の王道であったプロボクシングでもボッコボコに腫れた顔でゴールデンタイムに放映されてた訳ですからね。今回は女子という部分が大きいんでしょうね。

その一つの答えが、会場での「プロレスをやれ!」という野次<プロレスをやってての結果ですからね。そういえば、その手の野次って80年代のUWFでも飛び交っていましたね。

週プロの表紙にはなっても、一般紙にまで掲載されて物議を醸すほどの話題にはならなかった<特に最近はプ女子の存在もあって、『昔と違うんですよ~血は流れませんよ~』的な空気になっていますからね。
むしろかつての週プロならここから問題提起して是非を問うたんですけどね。

棚橋のTwitterでの発言も勇気がいる決断だったと思います<まあプロレス界全体の中心にいる人物ですからね、現時点で。
でもその棚橋のtweetで新日本のスタンスがはっきりしましたね。あれはダメだ、と。起こってしまっても広げるな、と。

棚橋Twitterって世IV虎安川両者に向けたものじゃないと思うんですよね。あくまで週プロのあの表紙の写真に向けた…周り含めて「事件」として扱い過ぎなんじゃないかって<むしろそういう意味だったら棚橋は凄いと思います。

>ナリさん

「あ~~、世4虎がやったのね。でも、プロレスだからこういうのもあるわなぁ。棚橋からすれば『世間のプロレスへの見方が変わってきた今、何でこういう表紙にするのか?』ってところ<そうでしょうね。その中心にいる立場として、それはダメだ! と。

悪く言えば臭いものに蓋をする、良く言えば空気を読め<どちらもプロレスが持ち合わせてきた部分ですよね。

棚橋の場合はファンだった頃や若手時代であれば、レガさんであり他の皆さんのような意見に賛同していたでしょう<立場によって発言は変わるでしょうね。
私の意見も現場のレスラーたちにしてみれば、全くの見当違い甚だしい意見かも知れません。

時代が変わる黎明期に、猪木に引っ掻き回されたトラウマや嫌悪感がここまでに「シュートの匂い」に反発するのかも<先日、久々に猪木問答in札幌の動画を観てたんですよ。あの中で正面切って猪木の質問をスカしたのって棚橋だけなんですよね。聞いた事に答えていない。
既に猪木のいない風景を描いてたのかも知れませんね。

どうも世4虎の方がちゃんと”プロレスをしよう”としてる感じが…グランド状態でのダイジェストを見ても、いわゆるシュートなナックルというものではなかった<致命傷となってしまった事で実力差という現実もあるんですよね。
でもあれだけ周りに人間がいるなら最初のナックルで、未然にケンカマッチを抑止する者が居ても良かった様な…(和田レフェリーを含んで)。

facebookの方でも、「世4虎が悪い」の大合唱…プロレス歴が古い人専用のグループで問うてみればやはりここのコメント欄のようになりました<不思議と古いファンは「騒ぎ過ぎ」と。
だってこれまで、もっと凄まじい負傷がありましたからね。特に女子では。
ナックルで顔面のいたる所に大怪我を負う事と、雪崩式のツームストンで頸椎を骨折する事と…比較するのはアレですけどね。
とにかく何度もこういう事が起きていてはメジャーになれないですよ。

やっぱり私も「いやいや、それも含めてプロレスですよ」と<悲しいかなそう言うしかないんですよね。
だってリングの上で起きた事は消し様がないんですから。

>名も無き戦士さん

以前からこの手の表紙は結構あったはず…このブログ的に言えばヒクソン道場破り後の安生とかドンフライ戦の後のボコボコ顔の高山とか<インパクトという部分では女子だけに違う意味があるのでしょうけど、BKっちもコメント下さった様に顔面崩壊の前なんですよね。
言ってみりゃ週プロとしてはお得意の手法なんですよね。前田の長州顔面蹴撃事件も表紙だったと思います。

「女子であること」「お互いのビジュアル面」が影響しるんですかね<そういう事でしょうね。

No title

>ネコさん

どうもです。

今回大々的になったのは「日頃の行い」が関係してる…よしこって選手は若手の頃から世間知らずでプロ意識に欠ける言動が多かった<あ、そうなんですか。
他のところを覗くと、『リングを降りれば性格が良い』みたいなコメントを見かけますね。
どうも女子には疎いので、実際はどういう選手かはわからないままなんですけど。

採り上げる方もファンも「それみたことか」という雰囲気がある…一斉攻撃する土壌が出来上がっていた<それ形は違えど、前田氏の長州事件と一緒じゃないですか。いつか排除するためのキッカケを待ってた的な。

知る切っ掛けが一色のソースだから引っ張られる…扇動と迎合で大合唱になってる<一つだけ…ロッシー小川でしたっけ? 異様に世Ⅳ虎に気を遣ってるのが見て取れたんですよね、リング上で。
21歳の選手に好き勝手やられる土壌もそこには出来上がっていたんでしょうね。

No title

こんばんは。

すごい数のコメントになっててびっくり!

遅ればせながら ちょっとぐぐってみました。

よしこさん?(最近の子は ほんと読めないわぁ~)
ぉぉぉ~~すげ~~ビジュアルだなぁ~~
特攻服??なつかしいなぁ~~
安川さん??
当たり所が悪かったなぁ~~かわいそうに・・・
ぐらいかな?
もう少し 浅く当たってたらちゃんとした試合がみれたのにね。
残念。 復活する言ってるし 再試合したらいいね。

そんな感想です。

それより。ぐぐってたら 出てきた(喜)
神取VS北斗 の試合。
 よかったですね~~
デンジャラスクイーンの試合 久々にみたわ~~
神取なんて 顔面殴られても 顔変らないよ。
すげ~~~
この試合観ちゃったら 先の試合なんて こどもやわ~~

>ケロさん

こんばんわ。

よしこさん?…すげ~~ビジュアルだなぁ~~<本当にインパクトありますよね。金の取れる顔ですよ。

安川さん??当たり所が悪かったなぁ~~かわいそうに<そうなんですよね。
今日も試合が放映されてたので、夕食食べながら観てたんですけど…それ以外ないですよね。

復活する言ってるし再試合したらいいね<そこに落としどころを持っていってこそプロレスなんですよ。無理に明るい顔して「再出発!」なんて逆に薄気味悪いですよ。

神取VS北斗の試合<あの時代はもう異常なんですよね。
某男子選手のコメントで、「強い者同士がやればああならない」…まさに神取と北斗って強い者同士が殴り合いの喧嘩して、プロレスを成立させてたんですよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード