ミスターもう一丁決定戦(1996)~後編~

中編からの続き参りましょう。

パワーボムを切り返した高田延彦の脇固めを、

何とかロープに逃れた天龍源一郎ですが、
天龍、何とかロープへ

今度は高田がコーナーに詰めての、

膝蹴り連打で攻め立てます。
高田、コーナーでの膝蹴り、

それでもタフな天龍、

飛び膝に来たところを利用して、
さらに飛び膝に行くが、

そのまま抱え上げると、
そのままハイアングルのパワーボムで、

ハイアングルのパワーボム!!
強烈に叩き付ける

高田はカウント2でクリア。
高田必死のキックアウト

ここからの攻防はクライマックスまで止まる事を知りません。

天龍は自らロープに走って、

ラリアートに行きますが、
ロープに走ってのラリアートは、

高田がカウンターのハイキックで迎撃。
高田がハイキックでカウンター

そのままカバーに行きますが、

カウント2で天龍はキックアウト。
天龍もカウント2で返す

蹴りのダメージを残しながらも、

天龍はもう一度走り込んで、

今度はラリアートを決めますが、
もう一度ラリアートに行くが、

これは勢いがなく高田がキャッチ。

そのまま大外刈りで叩き付けてから、
受け止めた高田は大外刈りから、

必殺の腕ひしぎ逆十字!!
必殺の腕ひしぎ逆十字へ、

角度、極まり具合、完璧です!!
えげつなく極まっているが、

しかしここはロープに足が伸びます。
天龍何とかロープへ

九死に一生を得た天龍ですが、

高田は容赦なく起き上がりざま左ハイ!!
起き上がりざま左ハイ!!

さらに右!!
さらに右ハイ!!

ノーガードで食らいながらも、

天龍は捨て身で強烈なぶちかまし。
天龍捨て身のぶちかましで、

不意打ちに遭った高田は、

ロープに後頭部をしたたかに打ちました。
高田がロープに延髄痛打

ゲーリー戦の悪夢(参照:オーバー・ザ・シュート【7発の殺人橋】~後編~)が蘇ります…。

大ピンチから一転して大チャンスを得た天龍は、

ここで延髄斬り。
すかさず天龍の延髄斬り、

さらにWARスペシャルで締め上げていきます。
さらにWARスペシャルは、

ここは苦しい展開の高田、

もがく様に天龍の顔面に膝を打ち込んで、

なりふり構わず脱出成功。
高田が膝蹴りで脱出

ここからはもう気力の勝負です。

高田は全身の力を込めたダブルチョップから、
高田がダブルチョップから、

魂を込めたミドルキック。
強烈なミドルキック

天龍もまた、魂を込めた逆水平。
天龍も強烈な逆水平で返す、

正面からの打ち合いは不利と見て、

高田はローリングソバット!!
高田はソバットから、

これは効いた、

さらに顔面へのハイキック!!
右ハイキック炸裂

足元フラフラの天龍はロープダウン、

高田も蹴り疲れて動きが止まってしまいます。
ロープダウンの天龍と攻め疲れの高田

しかしここは行くしかない、

高田は3発目のソバットを顎にヒット!!
3発目のソバットに、

それでも異常なまでの打たれ強さの天龍は、

すぐにグーパンチをクリーンヒット!!
天龍もグーパンチから、

続けざまに天龍チョップ!!
さらにチョップ

高田も右ハイキック!! しかも、また顎!!
高田も右ハイで顎を打ちぬくが、

天龍は後ずさりながらも…、

走り込んで強烈なラリアート!!
不意打ちのラリアート炸裂

これはさすがに大ダメージ。
これは効いた

天龍は最後の力を振り絞って、
最後の力でパワーボム

パワーボムでカウント3奪取!!
これは高田も返せない

鳴り響くゴングの中、天龍は思わず咆哮。
リベンジ成就の天龍は吼える

これぞ名勝負!!

試合後、二人は無言で握手を交わしました。
最後はガッチリ健闘を称え合う

…あっ今さらですが、のちの“ホーリー5”の二人ですね。



Fさんのコメントで先にオチを言われてしまったのですが(笑)、

高田がピンフォール負けしたのは、

Uインター旗揚げ後はもちろんの事、

新生Uでの1988年8.13 有明コロシアムvs山崎一夫以来、実に8年ぶり。

ある意味、BI砲からフォール勝ちする以上にレアな出来事だった訳です。

さらに言うならば、

このフォール負けが高田の現役最後のフォール負け。

天龍が偉大なレスラーという事が、

改めて証明される試合だったのです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 天龍源一郎 UWFインターナショナル

comment

Secret

長編記事お疲れ様でした

この試合が現役最後のフォール負けだったんですか!
知りませんでした。
でも、エスペランサーは坂田に3カウント取られてませんでした?……ノーカウント!!オッケーィ!!

天龍は普段、開けない引き出しから何か出してきてますね。
「何とかソッチでも対抗してやろう」みたいな気持ちからでしょうか。
ポイントもヘッタクレもない力業かもしれませんが(苦笑)
でも面白いですよね。

そういや以前、天龍にヴァンダレイ・シウバ戦のオファーがあったと聞きます。一回目の『Dynamite!』でしたっけ?
「俺が若ければ、あの試合は受けていた」みたいなことを言ってましたよね?(違ったかな…汗)
あの発言はあながち本気かも。
見たかったなぁ~。
サンダーストームvsサンドストーム。

最近、凄く思うこと。
現在、バリバリ現役でやっている選手が全盛期の天龍、破壊王であったり、昭和のガイジンレスラーと試合したらどうなっちゃうんだろうって。
破壊王vs中邑見てぇ~。
ボックvsオカダとか悪趣味でいいと思いません?(笑)

No title

どうも!オチすいません(笑
これいい試合なんですよね。高田は特にインター後半のベストバウトに近いかもしれません。
個人的にはVS嵐好きなんです(笑
生観戦では、本当に久しぶりで負けても満足な試合でしたよ。
天龍も引退試合は大きなところでできるといいですけど・・。
ドームで引退興行なんて、もう厳しいんでしょうかね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

第2戦目は見ていなかったんですが、初戦よりはガッチリ噛み合ったみたいですね。
写真の流れだけを見ても、面白いです。

天龍選手は例えはあれですが、『はじめの一歩』の幕之内一歩のように、
「撃ち合いたくなる何か」
があるのでしょうね。

今の価値観(?)でいえば
「高田は顔を狙って蹴ってる時点で汚い」
となるのかもですが、そうでもしないと勝てないってのもあるし、打っていかなきゃ倒せないってものもあるかもです。

しかし、ホーリー5。
結局、なんだったんでしょう。
酒の席の勢いだという以外の解答をお持ちの方、待ってます(笑)

>宮ゲさん

最後までお読み下さってあざっす!!

現役最後のフォール負けだったんですか!…でも、エスペランサーは坂田に3カウント取られてませんでした?<エスペランサーって…誰でしたっけ??? 坂田??? 妖精さん?????…びたーーん!!!

天龍は普段、開けない引き出しから何か出してきてますね…ポイントもヘッタクレもない力業かもしれませんが<その武骨っぷりが、またいいんですよね。一回極め返されて、尚且つ自分からアキレス取り直すっていうのが素晴らしい。

以前、天龍にヴァンダレイ・シウバ戦のオファーがあったと…「俺が若ければ、あの試合は受けていた」みたいなことを言ってましたよね?<あぁ、UFC-JかU-JAPANだったかの時もタンク・アボット戦の噂有りませんでしたっけ? あの時に天龍のセリフは「出るならタイツじゃなくマワシ締めさせてくれ」だったと思います(実に薄い記憶ですが)。
以前サミットで『長州=糸井重里説』が出たんですけど、ここは『天龍=川崎徹説』もアリですね。

現在、バリバリ現役でやっている選手が全盛期の天龍、破壊王であったり、昭和のガイジンレスラーと試合したらどうなっちゃうんだろう<中邑は時空を超えてそういう選手と闘う空想をはたらかせてくれる存在ですね。
昔ZERO1に出て耕平とやったとき、試合後に大地にIWGP2代目ベルトを返還した事ありましたよね。あのとき本当に思いましたね。
破壊王もまたそういう存在でしたよね。

ベタなアレですけど、70年代前半の猪木とオカダの試合が観たい。

>Fさん

オチすいません<いいえ、とんでもないです。逆にさすがだな、と。

これいい試合なんですよね…インター後半のベストバウトに近いかも<確かに2度目とあって、内容は初戦よりも濃いんですよね。
でも私は初戦の方が好きなんですよね。名勝負ってその背景も関係してくると思いますので、神宮球場のあのシチュエーションが好きです。

個人的にはVS嵐好き<これは私の方が観に行きましたよ。
ジャーマンでカウント2.9入ってたんですよね。嵐…あの身体で身体能力高かったと思います。

天龍も引退試合は大きなところでできるといいですけど<本人はこだわっていないみたいですけど、両国や武道館でやって欲しいですね。超満員の会場で送ってあげて欲しいと思います。
ドームは逆に観客動員が気になって向いていないと思うんですよね。

>○○さん

改めまして、お引越しお疲れ様でした。

天龍の引退コメントで思い出したのが、高田引退時にも「リングを降りたら奥さんのために…」って言ってたんですよね。当時は天龍から想像つかないコメントだな、と思っていたのですが、今回の件で「あぁそういう事だったんだ」と。
家族はファンとは違いますからねぇ。これまでファンの想いを背負ってきたんだから、残りの人生は家族と一緒に幸せに過ごしてもらっても良いですよね。

>ナリさん

初戦よりはガッチリ噛み合ったみたいですね<そこですよね。
2戦目の方が技も豊富で見せ場が多かったのですが、私みたいな偏屈者は初戦の緊張感が好きなんですよね。

『はじめの一歩』の幕之内一歩のように、「撃ち合いたくなる何か」があるのでしょうね<引き込まれてしまうんでしょうね。そこでスパーク出来るかどうかで。
この高田戦と橋本戦なんかは双璧でしょうね。

「高田は顔を狙って蹴ってる時点で汚い」…そうでもしないと勝てないってのもあるし、打っていかなきゃ倒せないってものもある<よっぽど天龍の打撃の方がエグいんですよね。
チョップなんか反則だろ、ぐらいの勢いです。

ホーリー5。結局、なんだったんでしょう<3人しかいない部分で既に意味がわからなくなっちゃってますよね(笑)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード