粉雪が舞い散る12月~Case by SAKU~(1997)

高田の歴史的敗戦(参照:第一歩)で、一気にドン底へ落ちた1997年暮れの日本プロレス界。

次々とヒクソン狩りに名乗り出るのを望んだファンを尻目に、前田以外からは対戦要求のコメントは出てきませんでした。

逆に高田の挑戦を非難する関係者、さらにファン…

プロレス界の危機にただ立ち尽くすだけでした。

そんな中飄々と、「ヒクソン、タックル取れそうですね」と語る桜庭が全く新しいタイプのヒーローとしてプロレスファンの心を救出すべく現れました。

プロレス界の救世主

先日のROSESさんのコメントKINGDOM時代の桜庭の映像をいくつか紹介いただきましたが、桜庭が今につながる大幅なスキルアップを果たした団体『KINGDOM』をスルーしてる方は私を含めてかなり大勢いらっしゃると思います。

KINGDOM時代の桜庭

中でも末期のvs金原九州2連戦は伝説となっております。

vs金原

1997年12.2 博多スターレーン ○(11分41秒・腕ひしぎ逆十字固め)

1997年12.8 鹿児島アリーナ ●(7分18秒・KO)


壮絶な打ち合い

わずか1週間の間にグローブ着用の顔面殴り合いを2試合。

仲間内でここまでやる!?

しかも会場は決して大きくない、観客もまばらな地方都市。

「ヒット!!」

極めにいっても、強烈な打撃が入っても反応のない客層。

ハイがクリーンヒット

それでも会社存続の為にメンバーはボロボロになって巡業をまわっていました。

轟沈…

プロレスファン、とくにU系の信者にとって真冬の時代到来を感じさせた97年秋、

瀕死の団体KINGDOMから“救世主”は出現しました。

vsポール・ヘレイラ

突然降って湧いたUFC-JAPAN開催と、ヘビー級トーナメント出場。

1997年12.21 横浜アリーナ UFC-J ヘビー級トーナメント

桜庭和志vsマーカス・コナン・シウヴェイラ


ノーダメージながら、一度はTKO負けを告げられた桜庭でしたが、セコンド金原らとの必死の抗議で再試合。

UFC-J参戦

そして、ブラジリアン柔術の猛者であるコナンから絵に描いたような十字で一本勝ち。

グレイシーショック払拭!!

桜庭
「もっと強い人とやりたいんで、その時は応援よろしくお願いします。…プロレスラーは本当は強いんです!!」


満面の笑顔で放ったこの一言に救われたプロレスファン、UWF信者はどれだけいたのでしょう…

「プロレスラーは強いんです」

桜庭
「一日前までポケモンやってました」


一年間かけて体を作り上げた末、ヒクソンに敗れた高田と、調整とは程遠い状態で出場し、勝利した桜庭。

一斉にオクタゴンへ

まさにニュータイプのヒーロー誕生の瞬間でした。

KINGDOM勢の絆

あれから11年…今でも桜庭の笑顔はあの頃と一緒なのでしょうか。

サクスマイル

tag : 桜庭和志 金原弘光 UFC-J マーカス・コナン・シウヴェイラ

comment

Secret

No title

キングダム・・。
けっこうハードでしたよね。
私も1度観戦しましたが・・盛り上がってなかったですね(苦笑
カネハラのこのハイは多分彼の生涯ベストではないですかね??
今見るとキングダムも面白いですよね

>Fさん

キングダムは私も一度だけ観戦しました。

中島体育センターって冷暖房がなかったんですけど、冬の興行でも試合が良ければ適温になるんですよね。
ところがキングダムの時は客数もわずかで、終始寒さに震えてました。
何せフィニッシュが腕十字ばかりでしたから。

金原は一番打撃に自信持ってた頃ですね。
K-1参戦も狙ってましたし。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード