今の姿を観た訳だけど~前編~

田村潔司の現状を知る為に、

無料視聴しているスカパーのフジテレビ系3チャンネル(参照:今の姿を観たいから)ですが、

日々…観る番組がなく退屈でして、

通年通りサムライTVにしときゃ良かった、と思っています(笑)。

って言ってる場合じゃなく、

肝心なその田村の姿を観ましたので記事にしときましょう。

それは千原ジュニアの一言から始まった、
格闘技復興委員会1

2.28にスタートする新格闘技イベント『巌流島』のルール制定会議。
格闘技復興委員会2

その名は『千原ジュニアのニッポン格闘技復興委員会』です。
格闘技復興委員会3

出席者は田村の他に、

元K-1MAX王者の魔裟斗をはじめ、篠原信一(柔道)旭道山(大相撲)平直行(総合武術)松本天心(サンボ)、河口正史(アメフト)現役MMAファイター菊野克紀、ファン代表の水道橋博士と放送作家でOUTSIDERにも参戦している大井洋一の計10人。
格闘技復興委員会5

格闘技復興委員会6

格闘技復興委員会7

格闘技復興委員会8

格闘技復興委員会10

番組進行は千原ジュニアフジテレビ・山崎アナです。
格闘技復興委員会4

討論の内容は「1.リングやオクタゴンでもない新しい試合場を作ろう」「2.何を身につけて闘うか?」「3.反則はどうするか?」「4.決まり手はどうするか?」「5.試合時間はどうするか?」。

予想以上に建設的な意見が交わされて、

会議は進行していったのですが、

ここでは田村だけの発言と行動に絞って、

振り返ってみようかと思います。



まず紹介の場面から。

菊野と共に“現役枠”での紹介ですが、

やっぱりTシャツだーーー!!
格闘技復興委員会9

40代半ばにしても冬Tシャツを貫いてる田村、

この時点で間違いなく“現役”が確認出来ましたね(笑)。

まずは博士の先制パンチ、

博士
「田村潔司よく来ましたね。なかなか動かないですからね」
格闘技復興委員会11

振られた田村は、
格闘技復興委員会12

田村
「はい…もうこれ本番始まってるんですか?」

格闘技復興委員会13

のっけからはぐらかします(笑)。

日本の格闘技界の現状について、

田村
「いや、元気ないですね。あと競技人口とかも、やっぱ、まあ民放とかで放送してる時とか、それはもうテレビ観て、あのぉ格闘技ジムの門叩いたり、っていう流れがあったんですけど。ま、そういう勢いとか元気はなくなっ…ない傾向にありますね、はい」

格闘技復興委員会14

まず最初の議題として、

『通常のリングともオクタゴンとも違う試合場を考えよう』と。
格闘技復興委員会15

原案としては円形リングで、

場外に水を張る!! とか。
格闘技復興委員会16

さらには力士が輝く為に、

その水に突き落したら勝利という…。

「一発じゃアレなので、何回か水落ちは許されないと」という意見も出ますが、

「濡れた状態での試合再開は危険では?」という声も。
格闘技復興委員会17

田村の意見は、

田村
「えーーと、何でしたっけ(笑)、水に落ちるんでしたっけ? 何回落ちるかですね? 僕は1回で
(いいと思う)。落ちたら負け。実際、現実問題、柔道の方だったりお相撲さんが出たり、道着を掴む訳じゃないですか。掴んだ状態で、この円形のリングで両方落ちちゃうと思うんです、道着を掴んでるんで。お互い裸だったら片方が落ちると思うんですけど。だから僕はどっちか1回にして…落ちたとしても、また上がって2回、3回ってやると、その水で滑ったりする可能性もあるので、その辺がちょっと…最終的にここにいる皆さんだったり、ファンの…そういう意見をまとめて、どういう意見が出るのかっていうのは、それはそれで楽しみかなって」
格闘技復興委員会19

結局意見がまとまらず、

とりあえず「水はやめよう」だけ決定(笑)。
格闘技復興委員会20

試合場のサイズについては、

プロレスとPRIDEのリングの違いから来る体験談を。

田村
「うーーーんと、ちょっと実際に土俵が先程、旭道山関さんおっしゃった様に“4メートル55”なんですよ。で、プロレスのリングが“6メートル”で、PRIDEのリングが“7メートル”。で
(隣りの菊野に)UFCは? 9メートル? 僕はPRIDEのリングで7メートルって、通常のプロレスのリングよりは1メートル、2メートル大きいんですけど、凄く広く感じたんです。僕がリングに立ったと想定してやると、(巌流島のリングは)凄く広くは感じるかな、と」
格闘技復興委員会21

色々な意見が交わされた結果、

『円形で直径8メートル』に決定。
格闘技復興委員会22

そしてリングの際にはロープでも金網でもなく、

土俵の“俵”的なものを付ける事に決定。
格闘技復興委員会23

試合場については以下の通りになりました。
格闘技復興委員会24

格闘技復興委員会25

続いては“試合着”についてなのですが、
格闘技復興委員会26

ん???…道着着用なの???

原案は袖なし道着とオープンフィンガーグローブ。
格闘技復興委員会27

着衣については、ほぼ異論なく進み、

袖なし道着で決着。
格闘技復興委員会28

素材はサンボ着を元に製作、と。
格闘技復興委員会29

次はグローブに関してですが、

ただ一人“素手”を主張する旭道山に対して、

田村は自身の経験からグローブの必要性を語ります。

田村
「拳って、もらう方も打つ方も骨折しちゃうんで。僕も骨折した事あるんですけど、通常この拳立ての様に、ここの2本(人差し指と中指)が当たれば骨折しにくいんですけど、ちょっとフック系を打って小指が当たったんです。もう“への字”になっちゃうんで。だから相手に、まぁダメージを与えられるっていうか…まぁ
(素手の)(は)ダメですね、結論としては」
格闘技復興委員会30

田村
「こっち
(打つ方)も痛い!」

(一同笑)
格闘技復興委員会31

結局、オープンフィンガーグローブに落ち着きました。
格闘技復興委員会32

それにしても、

意見が交わされる中で田村の動向を追うと、

しきりにメモを取っているんですよね。
格闘技復興委員会18

私の想像に過ぎないんですが、

これ…、

あー…、

…うん。

篠原氏の似顔絵描いてるんじゃないでしょうか?(笑)

とりあえず後編へ続けましょう。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 巌流島

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード