【輝け!!レガ大賞2014】

いやはや…今年も気が付けば、あと2日余り。

プロレス界は新日本を中心に、

ブーム再燃の兆しを見せています。

大都市においてはほぼ全盛期に近い観客動員の様ですが、

ここ北海道じゃ…まだまだですね。

まだまだこれから盛り上がっていかなきゃならんのです。

今年も締めに一発、

景気付けに一発、

気持ちのいい発表をやらせて下さい!!

【レガ大賞2014】スタートです!!
そして闘魂ポエム

まずは栄えあるMVP…、

☆MVP☆
『KAMINOGE』井上崇宏編集長
KAMINOGE33カバー KAMINOGE36
はい、いきなり変化球でごめんなさい。これはもう自分の中での満場一致です。
ここまで紙媒体で自分のやりたい事を楽しそうにやってて、それを読むのを楽しみにしてる人たちがたくさんいつつ、さらに増殖の一途を辿っている。これこそ一人勝ちじゃないですか?
さらに自己満足にとどまらず、ゴング復刊など“幸せのお裾分け主義”体質。
凄い人がいたんだなぁ、と改めて思いましたよね。
もう一度書いておきますが、こんな世知辛い時代に紙媒体でですからね!! 最強でしょ、これ。
文字通り、“神(社)(跡取り息)子”!!

13:ジョーカー ナリさん
12:たかさんとGA9さん
11:たかさん
10:小島聡
09:中邑真輔
08:武藤敬司
07:ダルビッシュ有
06:北海道日本ハムファイターズ
05:橋本真也
04:SHINJO
03:高山善廣

☆ベストバウト☆
石井智宏vs後藤洋央紀(11.8大阪府立)
レガ大賞4

レガ大賞3
これ北海道では先日放送されたばかりなんですよ。
石井自身や石井をずっと応援してるファンにしてみれば、例によって「いつもと同じだ」って言うアレなのでしょう。しかし違いますよ明らかに。
血を吐き出したからとか、顔面に入れ合ってるからとか、ちゃんと鍛えてるところだけ攻撃してるとか…そういう理屈はどうでもいんです。
確実に“相手を倒すために削り合った試合”だったと思います。
ちなみに次点はG1での中邑vs永田です。

13:中邑真輔vs桜庭和志(1.4東京ドーム)
12:該当試合なし
11:中邑真輔vs鈴木みのる(8.14両国)
10:中邑真輔vs中西学(2.14両国)
09:中邑真輔、後藤洋央紀vs三沢光晴、杉浦貴(1.4東京ドーム)
08:後藤洋央紀vs永田裕志(G1公式戦)
07:アントニオ猪木vs柳澤健(Number誌上)
06:ジョシュ・バーネットvsアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
05:エメリヤーエンコ・ヒョードルvsミルコ・クロコップ
04:日ハムvsダイエー
03:吉田秀彦vs田村潔司

☆殊勲賞☆
佐藤光留
20141013-37
これはもう独断的に光留ですね。大きな理由は“北海道にUWFを持ってきてくれた事”。
そして、そういう作り手だけの評価じゃなしに、選手としても年内最終興行での川村からの勝利。これ大きな出来事だと思うんですよね。
パンクラスのルールじゃなくハードヒットというプロレスリングの興行の中だけに、特に大きな意味があったと思います。

13:石井智宏
12:オカダ・カズチカ
11:那嵯涼介さん
10:杉浦貴
09:高山善廣
08:永田裕志
07:ケンドー・コバヤシ
06:ジョシュ・バーネット
05:川田利明
04:佐々木健介
03:中邑真輔

☆敢闘賞☆
真壁刀義
レガ大賞7

レガ大賞9

レガ大賞10
大きな理由としては、あの下顎骨折からの一連の闘いですね。
まずワープロでの骨折した試合後のコメント風景と道場での収録。さらには、あれ程の手負いの状態でG1公式戦フル出場。これこそが“プロレスラーの凄み”だと思うんですよね、素直に。
もう一つ加えるなら『スッキリ!』のあのコーナーですね。北海道では今年からあのコーナーが放送される様になったのですが、まず面白いでしょう。
あの時間のチャンネル権を持つ主婦層や高年齢層に一気に名を売ったと思いますよ。

13:ケロさん
12:桜庭和志
11:永田裕志
10:スパさん
09:桜庭和志
08:宇野薫
07:小橋建太
06:藤田和之
05:桜庭和志
04:小川直也
03:高岩竜一

☆技能賞☆
オカダ・カズチカ
レガ大賞6

レガ大賞8
これ断トツでしょう。
オールドファンも評価されているドロップキックはもちろんですけど、場外でのフェンス超えクロスボディとか、あのジャーマンの角度とか、ベタな表現ですけど“佐山級”ですよ。さらにあの身体ですからね…武藤以来の天才です。
飯伏も凄いのでしょうが、やっぱりDDTっぽさというか、相手と一体になって作っていく感じがあるんですよ。
オカダのは受けたくなきゃ受けなくてもいいプロレスですから。

13:山本喧一
12:オカダ・カズチカ
11:KENSO
10:井上崇宏氏
09:中邑真輔
08:青木真也
07:サンドウィッチマン
06:タカアンドトシ
05:所英男
04:佐々木恭介
03:MIKAMI

☆新人賞☆
ささのっちさん
サミット2014秋
実に3年ぶりの新人賞受賞者です。
これも「なぜ?」という声が聞こえてきそうですけど(笑)、あくまでレガ大賞ですからね。浪速のロッキーのお嬢様を選出する理由はどこにも無い様に、今年出会えた奇跡がこの栄冠に相応しいんですよ。
勇気を持ってサミットに飛び込んできてくれた、その男気!!
ささのっちさん、来年は夏頃にまた素敵な出会いがあると思いますので、乞うご期待ですよ!!

13:該当なし
12:該当なし
11:橋本大地
10:鈴川真一
09:該当なし
08:内藤哲也
07:該当なし
06:レボさん
05:レイザーラモンHG
04:中嶋勝彦
03:佐々木義人



相変わらず独りよがりな偏った選出ですみませんね。

あくまで、これ【レガ大賞】ですのでお許しをば。

にしても…これで今年も終わるんですね。

つくづく一年は速いなぁ。

来年はひつじ年、

少しのんびりと周りを見ながらやってみようかな、と。

いや、いつものんびりではあるんですけどね(笑)。

でもね、サミットは別ですよ!!

また美味い酒呑みながらガッチリとやりましょうね!!

締めはラーメンでもご一緒に(笑)。
ラーメン04

関連記事

tag : 井上崇宏 石井智宏 後藤洋央紀 佐藤光留 真壁刀義 オカダカズチカ ささのっち

comment

Secret

面白い‼︎

来年は新人賞いただけるように頑張ります!

私的ベストバウト

こんばんは。

私のベストバウトは、中邑vs柴田のインターコンチ戦です。

見ながら、櫻井さんなら、どう解説するのかなぁと思いました。お得意の「駆けた方も凄いが、返した方も凄い。」が出たんでしょうか?

今の新日本の試合は櫻井さんの解説で見てみたいと個人的に思ってます。

ベストバウト次点にプロレス漫画の盛り上がりも入れておいて下さい。

No title

あ~~、連続の大賞を狙っていたのに・・・
やっぱり、メンバーの不倫路チュウ記事がいけなかったのかなぁ・・・
それとも、195回に及ぶ日帰り出張からのあの会見がダメだったのか。


それはさておき、石井の件です。
「昔から一緒」
とはいうものの、意気込みは変わらないと思うのですが明らかに戦いが進化しています。
それと同時に身を削るのはいいのですが、しっかりケアをしてもらいたいと思います。

それと、飯伏。
実は僕も「いいレスラーだな」とは思うのですが、ドラゲーの試合を見てるかのような
「相手と息ピッタリ」
感がどうにも。
あとは、余談なんですがヨシヒコというレスラー(という人形)との試合を見てしまい、彼の試合の全てが嘘臭く見えてしまうんです。
『ホウキと試合する』
なんて例えがありますが、実際にやられちゃうと
「あ~~・・・」
という感じです。

では、締めにラーメンを・・・と棚からカップラーメンを持ってきてお湯を入れて食べてみたら麺が細くて、「にゅうめん」でしたという小さな天然を残して、2014最後のコメントと共に良いお年を!

宮戸ゲノム賞は…堀江ガンツさんです!

レガさんが井上さんなら、私は堀江さんで。
私の中のプロレスファンとしての何かを、いつも呼び起こしてくれる、そんなライターさんです。

―――――

この年の瀬、レガさんに一つ…いや、二つお詫びしないといけないことがあります(汗)

実はツイッターを始めてしまいました。
自分はやらないと書いたにもかかわらず…。
情弱打破ということでね。ンムフフフ。

で、ですね、プロフィール画像っていうんですか?初期段階ではタマゴの画像になってる所。
そこにこちらのブログから勝手に頂戴した画像を無断で使わせていただきました(大汗)
どうかお許し下さい。
ちなみにUに関係した物です。ガッツリと加工は施してはありますけど。

―――――

腕ひしぎ逆ブログ
今回のこの記事で今年の締めとなりますか?

お世話になりました~( ´∀`)

本年も楽しくやりとりできたこと嬉しく思います(^^)

ありがとうございましたp(^-^)q

ボクの中では見ているだけでおいしく食べた気分になれる

『ごっちゃんし!!』

へ、流星仮面二世賞を贈りたく思います(^^)

よいお年を!!

No title

こんばんは!ユニークな人選で毎年楽しんでます。MVPがナリさん→井上編集長とくる柔軟さ恐るべしです。ベストバウトの石井vs後藤は素晴らしかったですね。今年、よく見られたカウンターのヘッドバッド。あれはインパクトあります。選手の身体が心配になるのはありますけど。

今年もお世話になりました。来年も宜しくお願いいたします。良いお年を。

仕事がようやくひと段落ついたから一通り記事を拝見してコメントさせていただこうと思ったら…な、な、なんじゃこりゃ〜〜〜‼︎

し、新人賞っすか(汗)IGFの沢田と同格っすか?なんか他の記事で書くつもりだった事吹っ飛んじゃいました(笑)

何にせよ今年はレガさんはじめ、ここの常連の皆様のお蔭で自分のプロレス愛を再確認出来た素晴らしい年だったです。

今度何か描きます(笑)

>みーさん

来年は新人賞<いやいや目指さない方が良いと思いますよ(笑)。

ここの賞を獲ろうと思ったらまっとうな女子生活は送れないというか…あ、ケロさん(北のフカキョン)はまっとうな女子でした。

>aliveさん

おはようございます。

私のベストバウトは、中邑vs柴田のインターコンチ戦<私が選出した試合と同じ日のメインですね。
あれ本人たちも滾らなかった旨のコメント残していますが、内容はともかく私はG1開幕戦の方がインパクトあったなぁ。

櫻井さんなら、どう解説するのかなぁ<ああいいですね、それ。
今は櫻井さん会場にも足を運ぶことはないみたいですけど、「このねぇ中邑君のねぇしなやかさがねぇ…」。
その場合の実況はむしろ舟橋さんかな?

ベストバウト次点にプロレス漫画の盛り上がりも<ありましたね。逆ブログ史上最大の盛り上がりを見せましたよね。
aliveさんのフリが技能賞という説もあります。

>ナリさん

あ~~、連続の大賞を狙っていたのに<このノリにいつもお付き合い下さってありがたいです。
ナリさんが再度MVP獲得するのは、いつか来るサミット直接対決後でしょうね。

それはさておき、石井の件…意気込みは変わらないと思うのですが明らかに戦いが進化しています<周りをとりまく選手の状況もあるでしょうが、どんどんインパクト増してる気がします。
そういやこのセリフどこかで聞き覚えあるなぁ、と思ってたら師匠の長州がオーバーした当時に言ってましたね。「髪が伸びたくらいであとは変わってないよ、あぁ」って。

身を削るのはいいのですが、しっかりケアをしてもらいたい<昭和との違いはちゃんとケアされる体制が整ってる事だったはずですが、先日のヨシタツの件でそれもわからなくなっちゃいましたね。

それと、飯伏…ドラゲーの試合を見てるかのような「相手と息ピッタリ」感がどうにも<強いんでしょうけどね。身体もあるし。
ただイメージって言うのがプロレスラーの幹なんだなぁって特に思いますよね。

棚からカップラーメンを持ってきてお湯を入れて食べてみたら麺が細くて、「にゅうめん」でした<おあとが宜しい様で(笑)。

年跨いじゃいましたが、改めてナリさん! 2014年ありがとうございました!!

>宮ゲさん

私は堀江さん…私の中のプロレスファンとしての何かを、いつも呼び起こしてくれる、そんなライターさん<今月のKAMINOGE読んでても思いますよね。実に私らと同じものの観方をしてきた方だったんだなぁって。
そしてその道のプロになられた、憧れの存在ですよね。
MVPに近い位置にいらっしゃったのは事実です。

実はツイッターを始めてしまいました<おおっ、おめでとうございます!!
画像使用は宮ゲさんなら全然ノー問題ですよ。その代わりアカウント教えて下さい。

Twitter…実は私も迷ってるんですよ。

>流星仮面二世さん

本年も楽しくやりとりできたこと嬉しく思います(^^)<年を跨いじゃいましたが、ことらこそありがとうございました。
流星さんとやり取りしてると、本当に幼い頃から一緒にプロレス観てきた親友と語り合ってるかの様で、楽しいんですよ。
先日、実家から小学校時代の文集やらをもらって帰ってきたんですけど、そこに流星さんもいる様な気がしてさがしてみたりして(笑)。

見ているだけでおいしく食べた気分になれる『ごっちゃんし!!』へ、流星仮面二世賞を<おおっと!! それこそまさに「ごっちゃんし!!」

2014年もありがとうございました!! これからも宜しくお願い致します。

>H.Tさん

おはようございます。

MVPがナリさん→井上編集長とくる柔軟さ恐るべし<何が対象だかわからないですよね(苦笑)。
でもプロレスを楽しませてくれた一番の人物が井上編集長だったと思います。

ベストバウトの石井vs後藤は素晴らしかった<これについては他の誰も賞なんて考えないでしょう。ある意味、一年間身を削ってきた石井に対する賞かも知れません。

カウンターのヘッドバッド。あれはインパクトあります<昔、大仁田がやっていたものとは全く異なりますね。
プロの技術でやってるんでしょうけど、一つ間違えばアクシデントで終わっちゃう技です。

今年もお世話になりました。来年も宜しくお願いいたします<だんだんお互いに絡みが減ってきていますけど、あくまでブログ開始の私の師匠はH.Tですから。
今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

>ささのっちさん

な、な、なんじゃこりゃ〜〜〜‼︎<がははは!! とりあえず私個人とのお付き合いの中で成り立ってるこの賞レース(?)ですので、ささのっちさんおめでというございます。

何にせよ今年はレガさんはじめ、ここの常連の皆様のお蔭で自分のプロレス愛を再確認出来た素晴らしい年だった<むしろ今年のハイライトでしたね、2度の生観戦後のサミット開催。

驚異の新人現る!! …的な(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>宮ゲさん

こちらこそ、ありがとうございます。

>宮ゲさん

了解です。

そして改めて、ありがとうございます。
私自身は…未定です(笑)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード