炭火 IS DEAD

遂にというか本人の予告通り、

正式に安生洋二の引退試合が発表されました。

 デイリースポーツ online より
元UWFの安生洋二が現役引退
安生引退記者会見

元UWFインターナショナルで、“200%男”の異名をとった安生洋二(47)が20日、都内で会見し、現役引退を発表した。来年3月19日に後楽園ホールでラストマッチを行う。

対戦カードについては、「引退試合をするとしたら、兄弟みたいな2人と組みたいと思っていた」と高山善廣、10月に引退した山本健一さんとともに18年ぶりに『ゴールデン・カップス』を一夜限りで再結成すると宣言。相手は「交渉中」としたが、いまや伝説となった95年10月9日・東京ドームでの新日本とUインターの対抗戦で対戦し、敗れた長州力の名前を挙げた。

安生は(長州戦の)7万人のブーイングは一生忘れることはできない。東京ドームが震えるくらいのエネルギーだった。(あのときに戦った)長州選手なら、燃え尽きられるかなと思った」とし、船木&鈴木には「UWF崩壊後、別の道に行った2人。(戦いが)実現したら24年ぶりかな。2人とも現役バリバリで活躍してる。この2人と戦うなら、相当な覚悟が必要」と話した。

ハッスル以来、試合から遠ざかっている安生は、都内の焼き鳥店に勤務しており、「片付けで炭の火を消すとき、外面が消えても、かすかに火が残ったりする。プロレスとオレのかかわりと似ていると思った。燃えかすまで消し去って、引退を迎えようという気持ちになった」と思いを明かした。

引退後については「高田(延彦)さんに復帰しろと言われたら分からないけど、一切プロレスとかかわらず、焼き鳥道にまい進していきたい」とした。

特に魂を込めた団体にUインターとハッスルを挙げた安生。思い出の試合について聞かれると「自分は歴史に残る名勝負はあまりしていない。常に好勝負はしたと思うけど。(思い出は)UWF時代なら船木戦、鈴木戦。ハッスルならインリン様、泰葉とか」と振り返りつつ、「体が壊れることもびびらなくていいし、引退試合が生涯最高の試合になるかも。7万人のブーイングでなく、最後は2000人の大歓声で迎えられたい」と話した。

(以下略)


まずですね…、

色々な思いを抱かずにはいられない会見内容ですよね。

最後は“帝王”高山善廣山本“健一”とのゴールデンカップス再結成ですか。
ゴールデンカップス

ヤマケンの引退試合(参照:北海道にUWFが帰ってきました!!~ハードヒット観戦・後編~)を観戦したばかりの身としては、

微妙な思いもある訳ですが、

安生の最後となればそれも止む無し。

さらに、この大会名…。

当ブログ一連の安生記事に由来…してる訳ゃないか(笑)。



で、ちょうど書店で見掛けたので、

本日購入しましたKAMINOGE最新号。

さっそく安生インタビュー読みますです、はい。

本当に多ジャンルに亘って極右から極左まで、

いろんな団体に上がってきた安生ですが、

引退を決心した理由は至ってシンプルです。

KAMINOGE vol.37―世の中とプロレスするひろば もっと!前田日明に触れてみよ。
 KAMINOGE vol.37 より

安生
「やはり高田さんがトップにいる場所こそ、自分自身が一番輝ける場だと思っているんで。これまでを思い起こしても、高田さんがいないリングに上がってると、どうもしっかりこないんですよ。自分の役割がいまいちわかんないなっていうのがあったんですよね。まあ、高田さんも二度とプロレス界に関わる団体をやらないと思いますし、そうなると、自分もしっくり来る団体がない以上、やっぱりそういうことなのかと」


発売直後ですので、

ここしか抜粋しませんけども、

他にも本当は引退試合で誰と闘いたかったか、

ヤマケンに試合してもらう理由、

ハッスルの事、GLORYの事…。

読み進めて「なるほどな」と。

やっぱりガンツさん聞きどころが絶妙です。
安生遂に引退

でも指名する相手、

船木と鈴木はわかるんですけど、

ここは長州じゃないと思います。

インタビュー読んでU系のファンなら思いませんか?

この組み合わせならダメ元で、

田村潔司でしょう!!
脇固めで安生勝利

関連記事
スポンサーサイト

tag : 安生洋二 高山善廣 山本喧一 田村潔司

comment

Secret

解らないかもしれないけどUインターという言葉。

こんばんは。

今回のインタビューを読むと高田への忠誠心とUインターへの情熱をひしひしと感じました。

船木、鈴木は個人的にそんなに好きでもないというのも、Uの人間関係の複雑さをまた感じましたけど。

金原でもいいとは思いますが田村の方が会場はドッカンドッカンするでしょうね。

先日のヘリテージでも当時は見た記憶がなかったのですがアップになった時のドームのどよめきが高橋、安生、宮戸の10倍位の大きさがありましたもん。

今回のヘリテージは記事にしないのですか?

絶対レガさんの影響ですよ!

僕の大好きなYoji Anjo Is Aliveを本人あるいは周辺のスタッフが読んでいるんですよ絶対!!凄い凄い!!
ちなみに今回の「炭火is dead」も何気に秀逸で好きです。安生選手が引退してもシリーズは続けて下さいね!!

>aliveさん

こんばんわ。

高田への忠誠心とUインターへの情熱<ちょっと前のインタビューではUじゃなくハッスルが理想のリングだった様な事を言っていたので意外な感じもしましたが、やっぱりUインターの時代は嘘じゃなかったんでしょうね。

Uの人間関係の複雑さ<あの世代が一番複雑かも知れませんね。
鈴木も大晦日で前田氏との公の場における邂逅が待ち受けていますので、高田派(?)の立場はより複雑になっていくでしょうね。

金原でもいいとは思いますが田村の方が会場はドッカンドッカン<願わくば事前発表なしでいきなり『FLAME OF MIND』が流れる様なのが良いですね!!

アップになった時のドームのどよめきが高橋、安生、宮戸の10倍位<あ、そうですね。
私は当日会場にいたんですけど、あの試合も実に切なかったです。
本間は入場に『カクトウギのテーマ』使ったんですよね。プロレスラーを小馬鹿にしてる様な印象も受けました。

今回のヘリテージは記事にしないのですか?<…うーん。重いんですよね、いろんな意味で。
今回のはなかなか消化出来ないというか。

今の時点で一つだけ言えるのは、高田のコメントの一個一個(と、小路引退試合のエピソード)を嚙み締めると、やっぱり私にとっては前田氏よりも高田なんですよね。
八味地黄丸とか、私には理解出来ない難しい話をずらずら並べられるよりも、素直に世紀の敗戦を振り返る高田の方が私は尊敬出来るんですよ。

>てつさん

僕の大好きなYoji Anjo Is Aliveを本人あるいは周辺のスタッフが読んでいるんですよ<まぁ普通にテーマ曲からの引用なんですけどね。ちょっと膨らませ過ぎました。

「炭火is dead」も何気に秀逸で好き<いつもお褒め頂きありがとうございます!!

安生選手が引退してもシリーズは続けて下さいね!!<ネタが尽きるまではやりますよぉ!! 叶わなかった高田戦もここら辺りで振り返りましょうか。

No title

素晴らしいブログを見つけてしまいました…

一晩中拝見しましたが、まだみたりません。

僕もプロレスをUWFを愛していましたし、今もあれです。

素晴らしいブログ構築をありがとうございます。

vs鈴木、船木は見たいけど

私もレガさんと同じで長州は無しです。
ヤマケン参戦で微妙な気持ちになるのも理解できます(苦笑)
…でも、今回はそれもアリで(笑)


安生、高山、山本vs田村、金原、桜庭

【レフェリー】
ミスター和田

【セコンド】
安生サイド:宮戸
田村サイド:垣原

これでどうだ!!

>レモンさん

これまたありがとうございます!!

一晩中拝見しましたが、まだみたりません<嬉しいです。お暇なときに、いつでも覗いて下さい。

僕もプロレスをUWFを愛していましたし、今もあれです<同志ですね。そして今でもアレな方は全国にうじゃうじゃいる事でしょうね。

Uに関してはこれから大きな流れがありそうですね。

>宮ゲさん

私も…長州は無しです<確かにあの試合も安生の大きな分岐点でしたが、ここで試合するのはちょっとアレですよね。ゲストでいいと思います。

ヤマケン参戦で微妙な気持ちに…でも、今回はそれもアリ<当初は「なんだよ、それ」と思いましたが、会見内容を読んで、それならアリですね。
実際、札幌の引退の日もささのっちさんと「本当なら東京の会場でやらせたかったですよね」と話してたんですよ。

安生、高山、山本vs田村、金原、桜庭
【レフェリー】
ミスター和田
【セコンド】
安生サイド:宮戸
田村サイド:垣原<極上のマッチメイクですね!!

そうなりゃリングアナという名目の立会人は高田しかいませんよおおおぉぉ―――!!
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード