別れは突然に(1996)

過去2戦分を振り返ってきましたUインターでの田村vs桜庭(参照:元祖・三本勝負要求カッコつけてられない試合)。

このルールにおける二人の対戦はこの3戦目が最後となります。

1996年5.27 日本武道館

日本武道館

桜庭入場

田村入場

田村潔司vs桜庭和志・第3戦です。

Uルールでの最後の一戦

この試合、定説どおりに見れば、『Uルールに基づいたワークマッチ』ということなんですが、むしろ今の総合格闘技に続いてくる攻防が多々あります。

いつも通りの立ち上がりかと思いきや…

開始直後

いきなり桜庭の両足タックル。

桜庭のタックル成功

そして例によって二人ならではの回転体ムーブ。

そして回転体へ

まわる

まわるまわる

まわるまわるまわる

前年、対抗戦で安田忠夫に目を回らせたジャイアント・スイング。

これも広い意味での回転体

何と田村に敢行するつもりです。

桜庭まさかのジャイアントスイング

そしてまわる…

立ち技ではやはり田村。

打撃の圧力はやはり田村

ジャンピングハイまで打つ!! しかし桜庭は難なくディフェンス。

ジャンピングハイ!!桜庭は冷静にさばく

“極め”では桜庭か? 自ら解いたが、アンクルは強烈。

桜庭のアンクルに田村激痛

田村は流れの中で下からの三角でエスケープ先取!!

逆に三角でエスケープ先取

今度は桜庭トリッキーな縦回転!!

桜庭大車輪キック(?)

そこからタックル成功。

タッカル2本目も成功

そして、この頃まだ概念のなかったパスとかスイープの攻防

スイープを巡る攻防

3本目の両足タックルも成功。

3本目のタックルも成功

膝十字がガッチリ決まると、

膝十字

このエスケープで同点。

桜庭もエスケープを奪い返す

そして4本目…やっと切る!!

4本目のタックルは入らせず

最後は打撃から…

重いロー

パンチから

例のコレです。

飛び…

付き…

逆…

十字!!

綺麗なレスリング!! 田村が今もやりたい“U-STYLE”の理想系の一つがこの試合でしょう。

田村3連勝

最後は過去2戦と同様、笑顔で握手です。

笑顔で握手

そして最後に…

そして…

それは…

突然の

別れ

だった…

この試合を最後に田村はリングスへ消えていきました。

この試合、前の2試合とは明らかに異なります。

それは余分な感情が消え、終始技術を確認し合ってるという印象です。

だからワークと言われているのか。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 桜庭和志

comment

Secret

No title

おはようございます。
画像で見ても、面白い攻防ですね。
大晦日に回転体は見れないでしょうが、期待はしてしまいます。
田村側から見ますと、やはり桜庭のタックルをどう凌ぐかですね。
恐怖です。。。

>武さん

回転体をやる気があるのならば、今なら凄いものが見られるんでしょうけど…難しいでしょうね。
そもそも本当の意味での回転体はUインター時代の試合のことだと思います。安生戦なんて究極です。
リングスで「回転体」という言葉が確立されましたが、実際にはハンとか限られた相手以外には回転体と呼べるものはありませんでした。ほとんどが、田村一人がフェイントとして相手の上をグルグル回っていただけです。
桜庭がレスリング技術で見せ付けてやろうと思えば願ったりなんですけどね…

No title

田村はリングスへ。桜庭はキングダムへ。
サクのキングダムの試合です。
http://jp.youtube.com/results?search_query=kingdom+sakuraba&search_type=&aq=f

>ROSESさん

いつもありがとうっし。

おかげさまで新たな記事のヒントにさせてもらいました。

粉雪が舞い散る12月、重ねた腕を焼き付けた街、永遠の誓い交わすように…
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード