マンハッタンコンビネーション(1983)~前編~

以前、Uインターのダブルバウトにおける、

クイックタッチ戦術に触れました(参照:ダブルバウト、競技としてのプロレス~前編~)が、

既成プロレスのタッグマッチでも、

この戦術にはチームごとの差が表れてきます。

スパさんから頂戴したDVD(参照:来た!)を観ていて思わず唸った、

懐かしいマンハッタンコンビの試合を振り返りましょうか。

1983年3.4 相模原市総合体育館

アントニオ猪木、木村健吾vsアドリアン・アドニス、カウボーイ・ボブ・オートン

猪木、キムケンvsアドニス、オートン

その後のタッグ技術に“大きな影響を与えた一戦”です。

“暴走狼”アドリアン・アドニス“カウボーイ”ボブ・オートン
マンハッタンコンビ

急造コンビかと思いきや…コンビネーション最高です。

迎え撃つのはアントニオ猪木木村健悟の、

同体型師弟コンビです。
迎え撃つ新日師弟コンビ

ラフ、テクニックにパワーもあるオートン(参照:元祖・昭和プロレス芸人とカウボーイ)…大好きなガイジンでした。
“カウボーイ”ボブ・オートンJr

そして逆ブログ初登場(のはず)、アドニスは今観てもかっこいい!!
“暴走狼”アドリアン・アドニス

D・キッドと並んで悪ガキレスラー両巨頭ですね。

試合が始まりました。

まずアドニスは尻餅をつく様な形で、
アドニスの回転式タックル1

キムケンの足元に潜り込んで、
アドニスの回転式タックル2

バックに回ると足首を脇に巻き込んで、
アドニスの回転式タックル3

テイクダウン…レスリングも巧いんですよねぇ。
アドニスの回転式タックル4

で、すぐにオートンにタッチ。
すぐにタッチ

「俺だって負けてねえぜ」とばかり、
オートンのアームドラッグ1

きれいなアームドラッグを見せます。
オートンのアームドラッグ2

そしてアドニスにタッチ。
クイックタッチ

ボディに強烈なパンチを入れてから、
殴るアドニス

今度はアドニスがアームドラッグ。
今度はアドニスのアームドラッグ

そしてタッチ。
またタッチ

アドニスが左手を極めておいて、

そこにオートンのフィストドロップ。
フィストドロップから、

まさに阿吽の呼吸です。

引き続きキムケンの左手首を捻って交代すると、
リストを極めて、

すぐにアドニスも同じ流れでタッチ。
すぐタッチ

今度はオートン得意のエルボーから、
エルボー一撃

左腕をハンマーに極めたままオクラホマスタンピート。
オートンのスタンピートから、

そしてタッチ。
すぐタッチ

これぞ正真正銘のクイックタッチ、

一つ二つ技を繰り出したところで、

すぐにパートナーにつないでいく事で、

相手をかく乱しながらスタミナを満タンでキープし続けます。

猪木も困惑の表情です。
動けない猪木

アドニスは珍しいスピニングの腕殺し。
スピニング式の腕殺しから、

またタッチ。
すぐタッチ

オートンはコーナー対角線にキムケンを振って、
対角線に振っての、

タックルに行きますが自爆。
タックルは自爆

ここでやっとキムケンは猪木につなぎました。

一気に巻き返さんとアリキックの連打を放ちますが、
代わった猪木はアリキックの連打、

すぐにオートンは猪木を捕まえて自軍コーナーへ。
しかし捕まってしまいます

アドニスに交代すると自ら場外に降りて、

レフェリーのブラインドを衝きエプロンでエルボー。
エプロンでのエルボー

さらに二人掛りで猪木を痛めつけていきます。
最初の連係技

猪木は自軍に巧く逃げ込んでキムケンにつなぎますが、

オートンがレフェリーの注意を惹いていた為認められません。
猪木組のタッチは認められず、

これも立派なタッグの戦術ですね。

一方のアドニスは自らの両手をパァン! と叩いて、

レフェリーの見ていぬ隙に堂々と交代。
老獪なタッチプレーのマンハッタンコンビ

再び猪木を自軍コーナーに連れてきて、
猪木をコーナーに連れてきて、

羽交い締めに捕えると、

セカンドロープからアドニスが飛来、
再び連携に行くが、

これは猪木かわして同士討ち。
かわされ同士討ち

今度こそキムケンにつなぐと、

勢いよく飛び込んでのドロップキック炸裂。
キムケンのドロップキック

…が、すぐに捕まってしまいます。
しかしすぐに捕まる

アドニス独特の後頭部に肘をあてがうブルドッキング・ヘッドロック!!
アドニスのブルドッキングヘッドロック

さらに交代したオートン、

体重を乗せた2発目のスタンピート。
オートンのスタンピート

ベンジュラム・バックブリーカーに固めておいて、
オートンのベンジュラム背骨折りから、

喉元にアドニスのエルボードロップ!!
アドニスのダイビングエルボー

とにかく二人ともエルボーの使い方は一級品です。

場外でキムケンをフェンスに叩き付けると、
フェンスに叩き付けて、

何のためらいもなくオートンが場外ダイブ!!
オートンの場外ダイブ

大きなダメージを負ったキムケンを猪木はたまらず救援。
大ダメージのキムケン

リング下から自軍に戻します。
猪木が駆けつけるが、

それでもキムケンのローンバトルは続きます。
依然とローンバトルのキムケン

アドニスのギロチンドロップ…あのお腹でこの高さ!!
この巨体でこのバネのアドニス

そしてアドニスといえば自爆ムーブ、

その一つが、このロープ張りつけですね。
懐かしいアドニスのロープ張りつけ

交代した猪木はドロップキックの連発から、
猪木のドロップキックから、

もう一度キムケンにつなぐと、

得意のトップロープからのストンピング。
キムケンの急降下爆弾も、

…また捕まっちゃう訳です。
また捕まってしまう

オートンはコブラツイスト、
レフェリーのブラインドを衝く二人掛りのコブラツイスト

さらにレフェリーの目を盗んで、

コーナーのアドニスが加担します。

キムケンも意地で返して逆エビ狙いに行きますが、
キムケンのボストンクラブも、

一瞬でカットプレーです。
即刻カット

アドニスがキムケンをガッチリとキャメルクラッチに決めたところで、

どうやら放送時間がなくなってしまった模様です!!
キャメルクラッチで絞り上げながら、

続きは後編でお送り致します、

ごきげんよう!! さようならっ!!
「ごきげんようさようなら!!」

関連記事
スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 木村健吾 アドリアン・アドニス カウボーイ・ボブ・オートン

comment

Secret

これこそ伝説のタッグ

こんばんは。

記憶が定かでは、ないですが、このタッグは、このシリーズだけでしたっけ?

タッグだとパートナーを放任主義「例・谷津」の猪木が助けに行くのだから相当なものですね。

まぁ、パートナーがキムケンだったからかもしれませんけど。

初登場でしたか? Σ(゜□゜;)

味噌ラーメンにコメント入れようと思ってたんですが…


アドニスが来ちゃいしたか!!
Σ(゜□゜;)


実は私、子供の頃アドニス大好きだったんですよ!!

どっちかって言うと、この後のディック・マードックと組んでいた頃の印象が強いんですが、アドニスのあのなんて言う技か分からないんですが、シーソーみたいな感じでサードロープに相手の喉元を叩き付ける技!!


アレを見るたびに、なんてテクニシャンなんだろう、この人は天才レスラーかも知れん? などと感心してた記憶が有ります!!


それから、味噌ラーメンのラッシャー木村の返しにはやられました。


自分のブログの方は…


G1で盛り上がった反動でポッカリと穴が開いたような、ってか柴田の本隊入りで、少し今の新日に冷めてしまった事と、最近なんか読者に媚びたネタになっちゃってんな~と、自分でも反省が有りまして…
(-_-;)


正にレガさんの言うように初期の好き勝手な事を書き殴るスタイルにしようと思い立ち、リセットする為に暫く皆さんに忘れられるくらい放置してみようか? などと考えていたのですが…


放置してる割には、何故か? 毎日様子を見に来てくれる人がソコソコ居るようなので、皆さんの期待を裏切るように、また誰も興味を示さないような好き勝手なネタをやってみようかな? と、コツコツと書いてはいたのですが…


いきなりレガさんのコメントにラッシャー木村が出て来たので驚きました。


正直、到着地点は決めているのですが、好き勝手書いていると、到着前に空中分解して墜落しそうなので、もう少し形になってから再開しようかとダラダラと引っ張っていたのですが、切りがないので、見切り発車しちゃおうかと思います。


ダラダラと愚痴ってしまって申し訳有りません!!
_(._.)_


初期にって言っても半年前くらいなんですが、また誰も読まないような、独自路線に戻して好き勝手やってみます!!
(^-^ゞ


アドニス後半楽しみにしてます!!
(o^-')b




誰か、あの技の名前教えてくれますかね?
(*≧m≦*)

>aliveさん

こんばんわ。

このタッグは、このシリーズだけでしたっけ?<そうなんですよね!! 残念。
MSGタッグとか出てたら結構なところまで行ってたんじゃないですか? あと存続してたら維新軍の連係プレーも違った形になってた可能性あります。

パートナーを放任主義「例・谷津」の猪木が助けに行くのだから相当なもの<とにかく猪木と言えばカットに入らない(笑)。
ある意味、ルールを考えればそれが正しいのですが、いつもタッグマッチ観てるとフラストレーション溜まったものです。

パートナーがキムケンだったからかもしれませんけど<でもこうやって改めて観るとキムケンの受けも強かったんだなぁ、と。
全部スカさず受け切っていますからね。

>アステさん

実は私、子供の頃アドニス大好きだったんですよ!!<アドニス好き結構いるんですよね。単純にカッコイイですよ。
あの体型であのカッコ良さって言ったら、後の破壊王のルーツかも知れませんね。

ディック・マードックと組んでいた頃の印象が強い<スーパーバイオレンス軍団!!
こっちは息が長かったですね。

シーソーみたいな感じでサードロープに相手の喉元を叩き付ける技!!<マシン軍も得意としていましたが、この技に限らず、つなぎ技のバリエーションが豊富でしたね。
今の間が空いたらエルボーバット打ち合う様なプロレスとはちょっと違うんですよね。

味噌ラーメンのラッシャー木村の返し<いやいや、深く考えずにあの味はラッシャーですよ(笑)。

G1で盛り上がった反動でポッカリと穴が開いたような、ってか柴田の本隊入りで、少し今の新日に冷めてしまった事と、最近なんか読者に媚びたネタになっちゃってんな~と、自分でも反省が有りまして<いいんじゃないですか? また興味は湧いてくるはずですよ。私だってその繰り返しですよ。
ましてや私は地方在住ですからね。なかなかいいタイミングで興味湧くものに出会えませんよ。
媚びる云々は全然ありだと思いますけどね…要は書いてて自分が楽しいかどうかだけですから。

いきなり…ラッシャー木村が出て来たので驚きました< ラッシャーと聞いてラーメンの味がイメージで来たら、その時点であなたはもう吉原イズム継承者ですよ。

もう少し形になってから再開しようかとダラダラと引っ張っていたのですが、切りがないので、見切り発車しちゃおうかと思います<ブログなんてブロガーの私有物なんですから、消したきゃ消しゃあいいし、法に触れなきゃ書きたい事書きゃあいいと思います。

アドニス後半楽しみにしてます!!<金曜8:00にUpしましたよぉおお!!

誰か、あの技の名前教えてくれますかね?<どなたかお願い致します!!

No title

記事にアップして頂き、ありがとうございます‼

アドニス・オートン、サイコーっすね‼

ミツコとの結婚に向けて忙しく(笑)、中々コメントもままなりませんが、レガさんのご活躍はひっそりと見せて頂いておりました。

落ち着いたら、また交換しましょうね‼

>スパさん

こちらこそ、いつも貴重な映像をありがとうございます。

アドニス・オートン、サイコーっすね‼<本当にカッコイイ…の一言です。

ミツコとの結婚に向けて忙しく(笑)<ああ!! いい忙しさですね。実に羨ましい。
♪い~つも~一緒に~、あ~いが~あ~るか~ら~…ンムフフ。

落ち着いたら、また交換しましょうね‼<またその時はお願い致します。
私の持ち駒は非常に少ないですけど…。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード