三羽烏のちゃんこ論

遂に明日ですね!!

今年最後のビッグイベントです!!

11.8…そうですよ、

『UWF三羽烏“3WAY”トークバトル!』です!!
UWF三羽烏トークショー

安生洋二と、
ヒールホールドで山崎越え!!

宮戸優光に、
宮戸はSTFの切り返しから、

何と中野龍雄(現・巽耀)が、
伝説のシャチホコ4

20年の時空を超えて、

一堂に会するという奇跡のイベント。

MCの堀江ガンツさんも緊張を隠せません。


何せこの三人…仲が良いという噂がありませんから…。

メディアに載らないのは非常に惜しいこのトークバトルですが、

3人のイデオロギーを表すコメントが見つかりましたので、

急遽、今夜はこの記事で。



そのテーマはズバリ“ちゃんこ”です。

食べ物程、その人間のアイデンティティがハッキリ出るものはないでしょう。

三人ともにUWFの新弟子~若手時代、

厳しいちゃんこ番を務め上げて今日があるのです。

 U多重アリバイ―1988.5.12‐1998.5.12 より

中野
「俺、自分でチャンコ番をする時に、どうやって手を抜こうかなって、そればっかり考えてて(笑)。おでんをつくったら、最初はウケたんですよ。で、2回目、3回目になったらさすがに文句じゃないけど、『これはオカズにならないからやめてくれ』って。誰がいったんかな。高田延彦かなんかにいわれたんですよ。丁寧にいわれましたよ」

「あとは俺、下手なんですよ、カレーをつくるのが。ホントは簡単のはずなんだけど。で、カレーをコガしてしまって、藤原さんに怒られそうになって、刺身を買ってきてゴマかしたと(笑)。うん、で、木戸(修)さんも旧UWFにいたんだけど、あの人はコロッケがないと文句をいうんですよ(笑)」


いきなり中野らしからぬゴマカシの極意からですけど、

カッキー同様(参照:旧・運輸会社倉庫~舌心篇~)、高田にだけは通用しなかった訳ですね。
カンパ~イ

食に厳しい高田延彦にとって、

絶大な信頼を寄せるチャンコの味はもちろんこの人です。

最強の名のもとに
 最強の名のもとに より

高田
味にうるさい(?)宮戸だから、道場のちゃんこは彼の味付けが基本になっている。UWFインターのちゃんこは美味い、と一部で絶大な支持をいただいているのも、宮戸のお陰と言えるだろう。


とにかく“宮戸味徳”のスパルタ特訓で、

Uインターの新弟子たちはレスリングとは違う部分の、

“プロの技術”を叩き込まれた訳です。
宮戸味徳4

高田は宮戸の味覚に対して、

違った部分の信頼も置いていた様です。

高田
宮戸を別名、歩くリトマス試験紙と呼ぶ者もいる。少し鮮度が落ちた食べ物があって、食べようかどうか迷った場合、宮戸がいれば安心だ。「ちょっと待ってください」と言って、食べ物を口の中に放り投げる。宮戸が「これは大丈夫です」と言えば、九分九厘問題はない。


いわゆる“毒見係”ですね(笑)。
高田食事風景

その宮戸自身、

やはりチャンコ番に関する自論は一貫しています。

Kamipro special 2009 July―MMA & proーwrestling magaz (Enterbrain mook)
 Kamipro special 2009 July より

宮戸
「Uインターを振り返っても、僕の後輩でいえば、ちゃんこ番の上手だった選手はみんな強くなってるんですよ。タム(田村潔司)ちゃんも桜庭(和志)もそうだしね。
(略)山本(喧一)なんかも味のセンスはあったと思いますよ。逆に下手だった人は…まあ、いいや。やめておきましょう。究極のヘタクソは何人もいますけどね(笑)。とにかく、強くなった人はホントに料理も上手。相撲界ではちゃんこ番がうまい人は出世しないとかよく言うけど、プロレス界、少なくともUインターに関して言えば、ちゃんこの下手なヤツは出世しない」


宮戸のプロレスリング論でよく使われる“料理に例え”ですが、

これ本当に揺るぎないものがありますね。

で、“究極のヘタクソ”…誰の事でしょうね?
宮戸味徳2

そして安生ですが、

ちゃんこを食べる事でいつの間にか、

UWF道場に居ついてしまったというレアケースの持ち主です。

 最強の名のもとに より

高田
安生の入門の仕方は特筆に値する。普通、プロレスラーを志すものは入門テストを受け、合格することからその第一歩を踏み出すものだが、安生の場合は気がつくと道場に居ついていた。
毎日、道場に通ってきては、勝手に飯を食べている。
先輩レスラーのAが飯を食べてる安生に「おい、お前。ここで何をしているんだ」と尋ねると、「はい?」と言う。さも当然という表情をしながら、箸を休めようとはしない。


一体、誰が入門を許可したのか、

そんな事は誰も知らない間に新弟子となっていた安生。
「尊敬するレスラーはボボ・ブラジルです」

いくらシゴかれて、ラッパを吹かされても、

翌日にはケロッとした顔で練習に参加して、

いつも通りにちゃんこを食べている…。

そんなふてぶてしさが安生の魅力となって開花したのです。
安生vsチャンプア1

その安生、現在はほぼリタイア状態です。

現在、鈴木健の『市屋苑』において、

串焼き修行中との事ですね。


食に対して、それぞれのイデオロギーが垣間見えますが、

明日はどんなトークバトルが展開されるのでしょうか。

あぁ…観に行きたいなぁ!!

そして2年振りに『市屋苑』も行きたいなぁ(参照:1972東京サミット黙示録~恋と市屋苑~)。



明日、観に行かれる方は、ぜひ私の分も堪能してきて下さい!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : 安生洋二 宮戸優光 中野巽耀 旧UWF 新生UWF

comment

Secret

今、何を語る?

こんにちは。

やはり、本編にもコメントします。

安生は鈴木健の店で修行しているんですか?

確かに、先日のPRIDEヘリテージでTシャツ着ていたので、アレッ?とは思ったんですけど。

先日のDropkickでの中野インタビューでは宮戸は口が先行するタイプだからUインターで一緒にフロント係だった安生は大変だったと思うと振り返ってましたね。

あの記事を踏まえてみたらこのトークイベントが楽しめるんだろうなぁと(苦笑)

>aliveさん

こんばんわ。

安生は鈴木健の店で修行しているんですか?<その様ですね。
そしてついに引退表明したみたいです。

ちゃんと引退試合して去っていくみたいですけど、どんなカードなんでしょうね。
私は田村戦が観たいですね。

>ささのっちさん

Dropkickでの中野インタビュー…宮戸は口が先行するタイプだからUインターで一緒にフロント係だった安生は大変だったと思う<旗揚げ、あるいは新生解散のいきさつから宮戸は中野を快く思っていませんでしたしね。
ただ今回のトークショーで宮戸の労をねぎらって、握手を交わしたそうです。

良い話だ…。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード