2014年晩秋のUインター

山本喧一引退試合(北海道にUWFが帰ってきました!!~ハードヒット観戦・前編~~後編~)を終えて、

早くも半月以上が経過しました。
20141013-48

週プロの報道ではアレでした(参照:週プロの件)が、

北海道で行われた関係もあって、

ラジプロでは試合後のコメントがONAIRされました。

Podcastの方でも聴けますんで、下のアレをクリックしてみて下さい。

 ラジプロ!北海道放送Internet HBC より
・「ラジプロ」Podcasting第289回

16:54からですね。

ヤマケン
「Uのリングは総合と違ってね、ゲーム性があるから面白いよね。このゲーム性がね、やっぱり、あのー、プロレスの良さでもあるんだよね。そのゲーム性もあるんだけど緊迫感もある。一瞬で終わる時は終わるしね。だけどあの、ロープエスケープとか、ああいうのがある事で、もうちょっとこう、普段練習してきた事をね、発揮出来る。練習してるのはしてるんだけど、それが結果が出ないとさ、やっぱりプロも納得いかないしね。ファンも呆気なく終わられると嫌なとこあるでしょ? だけどそういうゲーム性もあって逃げ道もある中で極まる時はバッと極まったらさ、それはファンも納得してくれると思うんだよね。そこが総合との大きな違いじゃないかなぁって、あの、思いますね、僕はね。両方やって来たから言える事だと思うんですけど」


そうなんですよ。

このゲーム性によって選手はMMA以上に実力を競い合う事が出来るんです(参照:Uインターの革命 2/2~独自のルール~)。

ついでにヤマケン引退試合、

上山龍紀戦の完全版とセレモニー後半の動画です。

 YouTube より
①山本喧一VS上山龍紀プロレスリング ハードヒット札幌大会 2014/10/13


②山本喧一VS上山龍紀プロレスリング ハードヒット札幌大会2014/10/13


③山本喧一引退セレモニー記念撮影ハードヒット札幌大会2014/10/13


改めて感動が蘇ります。



そしてUインター者のみならず、

UWFを観てきた人間にとっては興味深いイベントがあります。

 U.W.F.スネークピットジャパン公式 より
UWF三羽烏トークショー
11・8(土) 【UWF三羽烏“3WAY”トークバトル】 安生洋二 vs 宮戸優光 vs 中野龍雄

11・8(土)【UWF三羽烏“3WAY”トークバトル】安生洋二vs宮戸優光vs中野龍雄
UWFスネークピット・ジャパンによるSPECIAL企画。

今回は、かつてUWF三羽烏と称された安生洋二宮戸優光中野龍雄の三者が…20年ぶりに集結! 前代未聞の3WAYトークバトルです。

※イベント参加特典として、参加者との4ショット撮影を行います。


これ…観たい。

観た過ぎる(日本語ヘン?)。

宮戸と安生の絡みは予想出来るんですけど、

中野とこの二人のトークって予測不能でしょ?

最後揉めて終わりとか…大丈夫かなぁ?(笑)

関東近郊の方は絶対に行った方が良いんじゃないですか?

特別レフェリーは和田さんじゃなく堀江ガンツさんです。



高田延彦のBSスカパー新番組(参照:BSスカパーで『PRIDE ヘリテージ#1』を観た)は、

明後日、10月31日21:00より再放送です。

 BSスカパー公式 より
SPORTS LEGEND

スカパー加入者以外も観れる無料放送ですので、絶対おすすめです。

あの時代の記憶が蘇りますよ。
顔が見えた!!



最後に、もう皆さんご存知かと思いますが、

桜庭和志の格闘技復帰戦が発表されていますね。

相手はヘンゾ・グレイシー

実に14年ぶりの再戦(参照:「最強なんて、ない」)です。

 eFight より
【メタモリス】桜庭とヘンゾ・グレイシー14年ぶり再戦

11月22日(土・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチ・コンベンションセンターで開催されるプロ柔術大会『Metamoris』(メタモリス)にて、桜庭和志とヘンゾ・グレイシーの再戦が行われることが発表された。

(略)ルールは20分一本勝負で、打撃無しのノーギ柔術(柔術衣を着ない柔術)ルール、ポイントや判定は無く、関節・絞め技によってのみ勝敗が決せられる。


“ノーギ”、いわゆるジャケットなしの柔術形式ですが、

余計に極めの強さが重要視されるルールのもとで、

二人がサブミッション技術だけで闘うという、

ある意味非常に贅沢なマッチアップですね。

かつて打撃無しを拒否し続けた桜庭にとっては、

何か期するものがあっての出陣ではないでしょうか。
桜庭和志vsヘンゾ・グレイシー

柴田がしっかりポジションを掴んだ今、

残された時間の少ない桜庭は、

本道に戻っていく事が一番だと思っています。

ましてや打撃有りのMMAはあと数試合でしょうから。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 安生洋二 宮戸優光 中野龍耀 桜庭和志 山本喧一 ハードヒット

comment

Secret

No title

今のプロレス界という流れにおいては、そういう扱いなんですかねぇ・・・
ゴングだったらどうだろ?とか思いつつ。
ある意味ここが古いファンの拠り所だったりして、とか思いもしつつ。

中野と宮戸・安生は仲が悪い・・・というのは聞いたことがありますが、この3人のトークはわくわくします。
でも、絶対に日曜朝に爽やかな感じで挨拶しながら『ボクらの時代』で集まってトークする雰囲気ではないですよね(笑)

>ナリさん

ゴングだったらどうだろ?<GK体制では難しいでしょうね。でも井上さんやガンツさんもいるからなぁ…。

ある意味ここが古いファンの拠り所だったりして<光栄です。嬉しいお言葉です。

この3人のトークはわくわくします<ちょっと予想しなかった顔合わせですよね。
今年に入って宮戸は天龍とか長与とトークマッチしてますけど、間違いなく今回のは特別篇でしょうね。
で、このイベントってほぼ報道されませんから、観に行かれる方は貴重です。

爽やかな感じで挨拶しながら『ボクらの時代』で集まってトークする雰囲気ではない<ははは、確かに。
まず地上波自体が難しい顔合わせですよね。

No title

あと、ヤマケンのUとMMA論ですが・・・・
実は、同じ事を以前やってたメルマガで語ったことがあるんです。
その際に反論として、
「格闘技の進化として今の状態(1ダウン、エスケープ無し)があって、エスケープがあることで関節技にかからないようにする努力を怠る結果が生まれた。
それに格闘技にゲーム性はいらない。」
という感じの内容をもらいました。

細かい返信内容は忘れましたが、1ダウンというのは頭が一瞬飛んだ状態(膝が折れた状態)でもKOになるし、エスケープがあろうがなかろうがプロレスラーの練習では関節技は自分が解かない限り外してもらえないという感じのことを返しました。
で、ゲーム性については全くのナンセンスでボクシングの例を例えに出しましたが。
「言いたいことはわかりましたが、時代はBTTなんです」
という感じの返信をもらってそこで打ち止めました。

こちらも言いたいとこはそこじゃないんだけどなぁ・・・と思いつつ。
実際にはなかなか見られませんが、大した実績もないキックボクサーがヒクソンに運良く膝の横あたりにローキックがヒットして、ガクンと崩れてしまったらそこで終わっちゃう可能性もあるわけで。
じゃあ、そうなると
「実力が明確になるというルールではないんではない?」
という思いもありました。
もうちょっと補足すると、修斗(シューティング)だって1ダウンではなかったですしね。

>ナリさん

ヤマケンのUとMMA論…以前やってたメルマガで語ったことがあるんです<やっぱりUに思い入れのある方からしてみれば、考える事は一緒なんですね。

反論として、「格闘技の進化として今の状態(1ダウン、エスケープ無し)があって、エスケープがあることで関節技にかからないようにする努力を怠る結果が生まれた。それに格闘技にゲーム性はいらない。」<これはもうイデオロギー以前の観てきたものの違いでしょうね。ゲーム性が消された時点で楽しみ方の一つも消えるはずですから。
私が思うにはエスケープがあることで柔術とは違ったプロレスリングならではのポジショニングの技術も関係してきますからね。

「言いたいことはわかりましたが、時代はBTTなんです」という感じの返信をもらってそこで打ち止め<言いたい事をわかってもらった時点で、その議論大いに意味があったと思います。
時代はパーシャルだったかBTTだったかはわからないんですが、タイミングというか…田村がU-STYLE始める時に「PRIDEの株価が下がればUの出番が来る」と言ってた事を思い出しますね。

大した実績もないキックボクサーがヒクソンに運良く膝の横あたりにローキックがヒットして、ガクンと崩れてしまったらそこで終わっちゃう可能性もある<ラッキーパンチは絶対にありますからね。それは従来のプロレスの試合でも。

補足すると、修斗(シューティング)だって1ダウンではなかった<だから時代なんでしょうね。今はUFCかも知れませんし、新日だって数年前はプロレスファンがかなり見放してた時代がある訳ですから。
ただ、それと同時に見続けていたファンもいた訳で今の隆盛につながってるんですよね。私はUに対して出来る限り見続けて行きたいと思います。

さっきサムライTVで全日での佐藤光留の試合を観ましたけど、やっぱりちょっと目が違うんですよねぇ。

No title

どうも。

トークイベント、行かないんですか?意外でした。
まぁしかしイベント予定時間がどのくらいかにもよりますが
短いと、中野が喋らないまま安生と宮戸の2人で
ユルめの思い出話だけで終わりそうな危惧もありますねぇ。
3人とも、現在は全く別方向を向いていそうですし。
ある意味、そこで無理くり建設的な雰囲気に持っていかせるのも
集まるお客さんに課せられた大事な仕事かもしれませんよ。

それと最近どこぞのブロマガが
中野ロングインタビューという無茶なこともやってました。
もし未読でしたら、是非どうぞ。
それほど目新しいことは喋ってませんでしたが……。

>ネコさん

こんばんわ。

トークイベント、行かないんですか?意外でした<あらら、いや諸々の都合で行けませんですね、ええ。

短いと、中野が喋らないまま安生と宮戸の2人でユルめの思い出話だけで終わりそうな危惧も<そうなると最悪ですけど、宮戸安生ならズケズケとやってくれるような気がします(邪気下し風呂の件もありましたし)。

無理くり建設的な雰囲気に持っていかせるのも集まるお客さんに課せられた大事な仕事<あとはガンツさんにかかる部分が大きいという事で。

どこぞのブロマガが中野ロングインタビューという無茶なこともやってました<無料部分だけ読みました(笑)。あとは親しくさせて頂いてる方にそれとなく内容を教えて頂きました。
ただ私にはタイトルのセリフで十分であります。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード