大車輪キックinロシア(1989)

今や大晦日の恒例となった格闘技興行。

その原点はもちろん猪木がプロデュースした“あの大会”です。

ソ連①

ソ連②

ソ連③

そう、1989年12.31(現地時間) モスクワ市ルージニーキ マーラヤ・アリーナで開催された共産圏初のプロレス興行です。

ソ連④

ソ連⑤

初めてプロレスを見るロシアの観衆を前に新日のレスラー達は奮闘。

メインは猪木が国民的英雄であるショータ・チョチョシビリと異種格闘技コンビを結成し、マサ斎藤、ブラッド・レイガンズの日米レスリングコンビとのタッグマッチ。

猪木、チョチョシビリvs斎藤、レイガンズ

タッグマッチの中に柔道着が一人いるだけで、かなりシュールな画なんですが、衝撃の場面はフィニッシュで起こりました。

道着を交えたタッグマッチ

レイガンズ→マサの順に延髄斬りを決め、チョチョシビリにつなごうとした矢先、

大車輪Ⅰ

大車輪Ⅱ

勢い余ったマサさんはいつものように場外へ。

大車輪Ⅲ

だが下にいたのは場慣れした日本のカメラマンではなく、ロシアのカメラマン達。

まさか格闘技の試合中に場外に選手が飛び出てくる予備知識などなく(?)…

大車輪Ⅳ

大車輪Ⅴ

前田が藤波のコメカミを切り裂いた試合を彷彿させる見事な大車輪キック炸裂!!

大車輪Ⅵ

しかも左右のカメラマンもそれぞれコントばりの大コケという見事な連係!!

大車輪Ⅶ

大車輪Ⅷ

大車輪Ⅸ

リング上が大きな見せ場なのに、カメラを放ってマサさんに一斉抗議です(笑)

大車輪Ⅹ

素晴らしい盛り上がりの中、ソ連興行は大成功に終わり、後の猪木祭の大いなるヒントとなりました。

しかし、このソ連興行…我々にひとつの大きな問題提起もありました。

猪木とチョチョ

それは、ハシミコフの前で華麗なステップを踏むこのおっさんは誰なのか? という壮大な疑問符であります。

華麗な舞=ロシアの熊川哲也
関連記事

tag : アントニオ猪木 ショータ・チョチョシビリ マサ斎藤 ブラッド・レイガンズ 大晦日 モスクワ

comment

Secret

お土産です。

◇サルマン・ハシミコフ
1982
http://jp.youtube.com/watch?v=vN-hHxBJpAk
1983
http://jp.youtube.com/watch?v=bcRN1ewv23U

◇フランク・アンダーソン 1984
http://jp.youtube.com/watch?v=dSMVB8iwslk

◇デニス・カズラスキー 1996
http://jp.youtube.com/watch?v=3ztPqFCZj0M

◇アレキサンダー・カレリン 1989
vsクレイグ・ピットマン
http://jp.youtube.com/watch?v=mHUs1ChHRXY

>ROSESさん

どうもありがとうございます。

ハシミコフの動きはプロレス入りしてからのそれと一緒ですね。やっぱりプロレスもレスリングということですよね。
デニスは勝ったときの喜び方がUインターのときと一緒(笑)
そしてカレリン…やっぱり凄いです。あのリフトは。

No title

こんばんは!まさかマサさんのだとは衝撃ですね笑。中々イイ角度で入ってましたね。藤波みたいに血がでなくて安心しました!

>H.Tさん

このモスクワ興行は衝撃シーン満載ですよ。
ザンギエフのダイビング・セントーン失敗というのもあります(笑)

No title

日記にレッドブル軍団の事を書いたんですがワッハ・エブロエフが人気でした。
私は全然記憶がないんですがどんな選手だったでしょうか???

>ROSESさん

エブロエフは終始、十字ばかりでしたね。
ザンギエフやハシミコフのような華がなかったです。
レスリングよりもサンボ的な動きでした。

私はチムール・ザラソフ(若ハゲ)なんかも好きでした。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード