北海道にUWFが帰ってきました!!~ハードヒット観戦・前編~

一昨日の10.13 札幌テイセンホールにて行われた、

『ハードヒット~聖地巡礼~』ささのっちさんと共に、

観戦して参りました。

とにかく、この日は非常に濃い一日となりました…。

まず札幌駅に到着した12:30前、

あのテイセンのランドタワー(煙突)を目指して歩き出します。
20141013-02

おぉ北の聖地よ…、

というか私自身、この会場で観戦するのは、

18年ぶり2度目ですが。
20141013-01

扉を開けると、すぐに会場入り口です。

この日は毎年恒例のプロレスフェスタの2日目、

ハードヒット終了後はBJWで大団円です。
20141013-20

ヤマケンへの花は3つ…有名どころは所英男だけでした。
20141013-04

中に入ると、ちょうど12:00からのアマ部門終了時で、

同時にささのっちさん発見。

景気付けのビールを一杯飲み干して、

13:00、さぁ全選手入場式です!!
20141013-05

…あ、『UWFメインテーマ』じゃないのね。

佐藤光留の挨拶を経て始まった試合、

ほぼセミまでは生で初めて観る選手です。



第1試合、“ヤマケンの一番弟子”小坂井寛vsシバターは、
20141013-06

小坂井の鋭いローキックに対し、もっさりした印象のシバター。

誰かに似てんなぁ、と思ってたら…『みなさんのおかげでした』のADでこういう人いたなぁ、とか。



第2試合、坂口征夫vs間下隼人
20141013-07

なぜかフラッシュを忘れて真っ暗な画像の一戦、

坂口の醸し出す緊張感が良かったですね。

親父さんとは全く違う雰囲気でした。

あとでトラックの隅から試合を観てるところを握手してもらったんですが、

ある意味、俳優やってる弟さんよりかっけーな、と。

第3試合、砂辺光久、勝村周一朗vs原学、窪田幸生のタッグマッチ、
20141013-09

宮下トモヤさんの追悼試合でもありましたが、

俄然Uっぽい内容になりましたね。

U-STYLEでよく観てた原…ジャーマンのキレは健在でした。
20141013-08



第4試合、川村亮vs2代目スーパー・タイガー

懐かしのパンクラチオンモードで入場のタイガーと、
20141013-10

なぜかテキサススタイルの川村。
20141013-11

入場までは80年代でしたが、

スタンドで両者共に攻めあぐねてドローに終わりました。

お互いの立場からくるアレかなぁ?
20141013-12

しかしテイセンでトップ・パンクラシストが観られるなんて、

凄い時代だよなぁ。



サクサクっと進んで、

早くもセミの佐藤光留vsHARASHIMA
20141013-13

またこのHARASHIMAのコスチューム、

これ旧UWFの山ちゃんを彷彿させるアレですね。

レガースの形もそれっぽかったし。

そして試合でも不思議な魅力を感じたというか、

グラウンドの身のこなしだけに非ず、

このスタイルにおいて華のあるスープレックスを放ち、
20141013-14

リバースフランケンなんか繰り出しても嫌味がない…なぜだ?
20141013-15

光留も負けちゃいない、

ガチガチのUスタイルは他の選手とは違って見えましたし。
20141013-16

何より「勝負は時の運」的なフィニッシュが新鮮でした。



メインです!!

ヤマケン最後の相手、上山龍紀

一度はテーマ曲の掛け違いというアクシデントもありましたが、

予想通りのUインタージャージ着用で先にリングインです。
20141013-18

そして大音量の永ちゃんが流れる中で、
20141013-19

本日の主役、山本喧一が、
20141013-21

ゆっくりとした足取りで、
20141013-22

噛みしめるかの様に最後のリングへ。
20141013-23

“介錯人”上山も戦闘態勢に入って、
20141013-24

二人のUインター戦士が北の聖地で向かい合いました。
20141013-25

後編へつづきます。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 山本喧一 上山龍紀 佐藤光留 HARASHIMA 川村亮 2代目スーパータイガー

comment

Secret

行って良かった。

こんばんは。

実は、私も付き添い尽きで少し無理して見に行きました。
プロレス最強を掲げたUインターに熱くなった一人ですからね。

UFCJAPAN2012でランペイジがPRIDEのテーマで入場した際、ゲストの福山政治が「これで、来た。ランペイジ解ってるな」とつぶやいていたのですが、上山がUインターのジャージを来て入場した時に全く同じ感想を持ちました。

あと、バルコニーみたいなとこにかかっていたタオルはポイントを表していたのは、後に格闘技サイトを見るまで全く解りませんでした。

格式ある『腕ひしぎ逆ブログ』にシバターのことが載るなんて…(笑)
ちなみに柴田勝頼似だったことから、この名前になったんですよ。

セルフプロデュース能力だけは無駄に高いです。それは間違いなく、レインメーカーより上でしょう。
ある種、逸材ですね。
褒めるつもりはまったく無いですけど。

ちなみにアウサイ常連です。
前田総帥に気に入られているという噂も…。
前田さんといえば、先日、AVメーカーのイベントに出てましたね(笑)
『キャプチュード』で入場…な、なんとも言えない気分…(苦笑)
あ、ちなみに私はサムライTVで拝見しただけですよ!
観戦に行ったわけではないですし、イッたわけでもないです!
まぁ、アイポケ主催ではありますが、プロレスの興行ですからね。



え~っ…ハードヒットに戻ります(汁)…(汗)

砂辺と勝村のタッグ結成は歴史的なことだったりします。
かつて、パンクラスと修斗がどういう関係だったかご存知でしょうか?(笑)
現・キングオブパンクラシストと元・修斗世界王者が組んでるわけです。
コレ、時代が時代ならヤバイですよ!
ちなみに今年、この両者はハードヒットでシングルマッチを戦っています。それもかなり見応えのある試合でしたね。
『宮ゲさん極選!今年、プロレスで良かった試合ベストテン』では10位以内に入るかも!…どうでもいい?(笑)


宮下トモヤさんはパワーオブドリーム所属でした。
Uインター時代の後輩である上山が対戦相手に決まったこともそうですが、ヤマケンさんからしたら、今回いろんな縁を感じずにはいられなかったでしょうね。

引退試合はメインに変更。
後編楽しみにしています。

>aliveさん

こんばんわ。

実は、私も…見に行きました<あ! そうだったんですか!?
もしわかってたら、ご挨拶だけでもさせて頂きたかったです。

プロレス最強を掲げたUインターに熱くなった一人ですから<ご同輩です。

ランペイジがPRIDEのテーマで入場した際、ゲストの福山政治が「これで、来た。ランペイジ解ってるな」とつぶやいていた…上山がUインターのジャージを来て入場した時に全く同じ感想を<入場式から上山を注視してたんですけど、やっぱり雰囲気持ってるんですよね。
もう一回、表舞台に出て欲しいです。残り時間も少ないですから。

バルコニーみたいなとこにかかっていたタオル<私もメインの時に気が付きました(笑)。
最初、新手の横断幕かと思っていました。

>宮ゲさん

シバターのことが載るなんて…柴田勝頼似だったことから、この名前になったんですよ<あ、そうだったんですか? 柴田には見えなかったなぁ。
余談ですが、柴田は小仲=ペールワンに似てると思います。

セルフプロデュース能力だけは無駄に高い<そうなんですか?

アウサイ常連…前田総帥に気に入られているという噂も<…思い出しました!!
カクトウログさんの記事によく出てた選手ですね? 試合毎にコスプレやってたとか…。

前田さんといえば、先日、AVメーカーのイベントに出てましたね…観戦に行ったわけではないですし、イッたわけでもないです!<あれが気取らなくっていい…って思って観てる人いるんでしょうかね? いや別にいいんですけど。

砂辺と勝村のタッグ結成は歴史的なこと<川村もそうなんですけど、パンクラスのトップ選手をテイセンホールで見られるなんて物凄い事だと思っていましたね。

『宮ゲさん極選!今年、プロレスで良かった試合ベストテン』では10位以内に入るかも!<ぜひ残りの9試合も教えて下さいね(笑)。

宮下トモヤさん<数少ない北海道出身の一流MMAファイターだったんですね。

ヤマケンさんからしたら、今回いろんな縁を感じずにはいられなかったでしょう<それを生で観れる幸福感。それらも含めてUWFを観た気分になりました。
メインの顔がなかったら、果たしてUと感じたていたかどうか。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード