声に出したい天山語録G1 24

大盛況のうちに幕を閉じた『G1クライマックス24』
G1クライマックス24ロゴ

連日の激戦はもちろんの事ですが、

試合後の各選手コメントにも心を動かされました。

そこには開幕戦の夜(参照:G1が津軽海峡を越えた日~サミットShort ver.編~)に期せずして話題となった、

かつての長州力による「グッドシェイプ」同様、

日常会話で“声に出して使いたいフレーズ”の数々がありました。

中でも19回目のG1を迎えた天山広吉の言葉には、

開幕戦から炸裂感が漂っていました。

 新日公式 より

7.21 北海きたえーる
○天山広吉(10分11秒・アナコンダマックス)●“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン

天山
オケー、オッシャーいいぞ、いいぞ。見たか、見たか、見たかって。オイ、このタッグのベルトをだてに俺は巻いてんのちゃうぞって。テンコジ、コジがいない。タッグじゃない。シングルやったけど、今日から2014の『G1 CLIMAX』この北海道何年振り? 10年近くやな。またこの北海道きたえーるにね、何年振りかに戻ってきて、この『G1』スタートやけども。ほんまハッキリ言って今日の相手、あのハゲボウズ。クソクラブのギャーギャーギャーうるさいヤツ。俺からしたら、アイツとの相性最悪。今まで4回5回全部負けとんねん。1回も勝ったことない。そんなね、クソ相性が悪いヤツと、開幕この北海道で札幌で決まって、やるしかないやろって『G1』っていったら、夏の『G1』いうたら、この天山広吉しかいいひんやろ。今年で19回目、どんだけ出てる思うてんねんって。もう俺が最初に出た頃考えたら、成人すんねんアイツ来年は。それぐらい出とんねんって。俺から言わしたら、全部スケジュール日程か知らんけども、誰と試合組まれようが全部ひっくるめて、なにもかもやっぱり経験してきてる中で、俺が全部やったるよって。怪我しようが、途中でヤバい状況になろうが。今日もな、ムーンサルト決めるって飛んだけど、すかされて自分の頭打ってな、脳震盪きたけども、なにが脳震盪やって。頭打とうが、首を折ろうが、俺は生きてる限り、目ん玉開けられるだけの時はやりますよ。とことんやるってば。リングに上がったら、なにも恐いものない。リングでのたれ死のうが、死んでまおうがね、俺はもう全部覚悟してんねんって。この『G1』一戦一戦、天山広吉どこまでも喰いついて、絶対逃がさへんって。リーグ戦何試合か知らんけども、毎日毎日相手喰らわらせて、ボコボコにして、ケチョンケチョンにしてやるよって。最後の最後西武ドーム待ってるからねぇ。俺にとっても初めてやし、どんな未知の戦場っていうかね。めっちゃ楽しみですよ。それまでずっと、明後日の青森からずーっと連戦続くけども、しっかりと19回出てる『G1』の天山広吉のプライドを全部見せつけてやるって。俺を怒らせるなって。10倍、100倍1000倍にして返してやるから。どんなヤツが来ようが、誰でも来いって。ハッキリ言っとくぞ『G1』誰も下馬評で俺の名前の『天』の字も出なかった。ふざけんなコラ、アホンダラ。遅いんじゃ、アホ。バカタレが。誰も天山広吉の名前書いとらへんやないか。ふざけやがって。そういうのもひっくるめて頭きとんじゃって。見るもんみしてやるよ。2014『G1 CLIMAX』見とけよって。天山広吉、見とかんと後悔するぞって」


…どうですか? のっけから拾うところたくさんあり過ぎますよ。

気になった部分は赤文字にしてみたのですが、

ハッキリ言って全部赤文字でもいいくらいでしょ(笑)。

この長いコメントに天山の覚悟、小学生口調、やるって節、韻を踏むラップ…、

G1に対する想いが全部含まれているんですよね。

会場で観ていて天山の勢いと人気ぶりに驚いていたら、

まさかの開幕戦白星。

「こりゃ優勝もあるのか?」と19秒くらい思っちゃいましたからね。
天山、元気っ!!

続く2戦目で、早くも優勝候補筆頭との激突でした。

7.23 青森県武道館
○オカダ・カズチカ(12分51秒・レインメーカー→片エビ固め)●天山広吉

天山
「なんなんだって! なんで若造に…世間では“レインメーカー”? オレから言わしたら“ハナタレ小僧”じゃ! オイ! でもな、オレの首、オレの体、ダメージがあるってことは…レインメーカー、あっぱれやな。あっぱれっすよ。でもね『G1 CLIMAX 2014』始まったばっかり。札幌で1勝してウカウカしてないつもりでも、スキがあったかもしれないね。まぁ、なんせ! この『G1 CLIMAX』、これにかける思い入れはね、ハンパじゃないから。はっきり言うけど。昨日今日初めて出るようなヤツ? 何年連続? クソ食らえって、この『G1 CLIMAX』、5回目から19回出とんねん。誰か他にいんのか?って。こんだけ出てる、キャリアも経験も、『G1』の全て知ってるからね。今日はとにかくね、開幕そして今日、一気に勢いつけていくつもりやった。レインメーカー…たいしたもんや。クソッタレが。 でもね、やってて、お客さんの声援も『天山』コール来たし。まだまだ天山広吉、捨てたもんちゃうよな。自分でも、もっかい暗示かけてこの『G1』乗り切っていくから。誰かオレに文句あるヤツいるなら、今すぐここに呼んでこいって。オレは『夏男』『G1男』の天山広吉や。いつまでも、最後まで諦めへん。ネバーギブアップや。よく覚えといてくれ」


開幕戦での“ハゲボウズ”に続いての“ハナタレ小僧”、

決して「うまいっ!」とはならないネーミングの妙が天山の味ですね。

そしてレインメーカーの威力を謙虚に受け止めるスポーツマンシップ、

これもまた天山なのです。

最後に放った『夏男』『G1男』…そうです、

天山は蝶野正洋に次ぐ優勝回数を誇るG1の顔なのです。

7.25 山形市総合スポーツセンター
○天山広吉(11分16秒・アナコンダマックス)●高橋裕二郎

天山
「よし! オッケー来たぞ! 来たぞ、来た来た来た! 『G1 CLIMAX』とうとう3日目! (7月23日)青森でやられて、落ち込んでなんかいいひんぞ! 落ち込んでられるかって。みっつ目、3日目。このベルト持って入場するからには、責任と、それなりのチカラを持ってへんとな! 堂々と負けへんて。自分でも分かってるよ。今日の裕二郎戦、アイツもチャラチャラしてて、なんやかんやベルト…なんか持ってるかもしれんけど、レベルが…“質”が違うんやって『NEVER』か『レバー』か知らんけども。オレから言わしたら、オモチャですよあんなもん。裕二郎…とことん追い込んで来いって。首やったら首! オレの首折るぐらい来いやって。やるからにはとことん来いって。アイツがその気やったらオレもやったるって。10倍、100倍、1000倍にして返してやるから。まぁ、致命的な技も貰わんかったし。まだまだこんな所で止まってられない。今日で2勝目。まだこっから、連勝。連勝ですよ。連勝していかな。腰落としたらとんでもないことなりますからね。しっかりと『G1 CLIMAX 24』最後の西武ドーム、“心技体”全部揃ってしっかりと復活する『天山広吉』、見せたいんでね。そこまではホント、負けられませんよ。負けたらアカンっていう、そういう気持ちでやりますよ」


勝った時の必要以上のオーバーな喜び方、

これ天山とライガーというツノを持つ者のみ許された感情表現です。
天山2014夏

再び勝ち越して勢いづいた天山は、

危うく外道のフレーズを使ってしまいそうになり慌てて修正。

己のベルトに対する責任感も含めて、

天山に再び常勝の兆しが見えてきたかに思えましたが…。

7.26 秋田県立体育館
○鈴木みのる(11分04秒・スリーパーホールド)●天山広吉

天山
「オイ!! 何が鈴木じゃ、コラ!! 何が鈴木軍! 何がみのるじゃ、ボケ!! アホ!! オイ! いつでもやってやるよ、オラ!! こんなの負けちゃうぞ、オラ、アホ!! 『G1 CLIMAX』関係ないぞ、オラ! オイ!!
(※と言って自分に向けられたビデオカメラを叩き)聞いとるんか、コラ! おまえら!? 見たか、オイ!! 無様なやられ方や。頭くる、一番な! ふざけやがって! グチャグチャにせな気が済まんのじゃ、オラ! バカタレ、覚えとけ、アホ! クソ!(※と吐き捨てて去る)


鈴木みのるが匂わせていた“覚醒”が、

まさか天山戦で見られるとは…、

天山ファンにとっては悪夢の様だったでしょう。

せっかく勢いを増した状態から一気に“いつもの天山”へ。

コメントもどんどん低年齢化してしまいました。

7.28 仙台サンプラザホール
○ランス・アーチャー(10分44秒・ブラックアウト→片エビ固め)●天山広吉

天山
「Shit!! ××××!! オマエ…マジで…マジでオイ。くそ野郎が。あぁ!? ランス・アーチャー、バカタレ。今日も、今日もこの『G1』今日も勝って調子に乗る、その予定だった…あのバカタレ。あ? なんや? 鈴木軍のランス・アーチャー…ふざけやがって。ちくしょうオラ。これで3敗や! 3敗!! 3敗がなんやっちゅうんや。まだまだや。まだまだ! まだまだあと5試合あるんやろ。全部勝ちゃいいんねや。3敗しようが、次の相手、ビビって出て来られんちゃうか? あ!? ぶちまけちゃる。勝ちよって、むちゃくちゃにしてやっから。誰や次! 浜松誰や! 皆知らんのか。オレは知っとんねん。AJ(スタイルズ)やAJ。オマエら(記者陣)よぉ勉強しとかんか! アホンダラ! オイ! オイAJ。なんや知らんけどな、チャンピオンらしいやんけ。オイ、チャンピオン食ったらどうなるって…? どうなるかな? 楽しみやで。『G1』過去3回優勝してる、この『G1チャンピオン“天山広吉”』をナメたらあかんでAJよ。AJ!? クソ食らえじゃ! ××××! ××××! ××××じゃアホンダラ!!」」


鈴木軍に対して2連敗を喫して、

もはや××××だらけのコメント。

ここら辺りに尋常ではない心中が窺えますね。

ですが早々に気持ちを切り替えて、

AJスタイルズという大物釣りに臨みました。

果たして結果は…。

7.31 アクトシティ浜松
○AJスタイルズ(14分22秒・変形スタイルズクラッシュ→体固め)●天山広吉

天山
「あぁーー、チクショーー!! マジかよ! オイオイオイオイ!! チクショー!! オイ、『G1』。今年の2014! これで終わり!? 違う。これでフィニッシュ!? ぜんぜん違うからな。オイ、AJよ。AJ!? 何の略や!? 知らんわ、んなもん。どうでもええのや。チャンピオンか!? シングルのチャンピオンか知らんけどよ! クソッタレが。何が“クラッシュ”じゃ、ボケ! 壊れるんか、おまえ!? アホンダラ。カスタレが。(カウント)ワン・ツー・スリー聞いたけども、こんな元気あんねんて。まだまだや。言い訳かもしれんけど、ピンピンしてんねん。元気や。クソー…。AJスタイル
(ズ)、バカタレが! 今日で3勝目、3敗で踏みとどまって、踏ん張って、『G1』明日、明後日ずーっと続く。そういう気持ちになったよ。AJも初めてやけど、倒せないことない。あんなもんやったら、次、1発やったら、イチコロやって。何でかわかるか? 『G1』、3回優勝してる天山広吉や。今年19回目。まだまだ、まだまだ悔い残して! やめるわけにいかんのじゃ。明日、後楽園(ホール)、そしてその次の大阪、残り全部いただくよ。もう、あと負けるのはこりごりや。勝つだけや。勝って勝って勝ちまくって、この4敗。ここでストップ。あとは全部獲んのや。絶対見とけよ、オラ。全部、全員ひっくり返してやっから! アホンダラが」


返り討ちでしたが試合内容は決して悪くなかった様です。

試合後のAJは天山を「レジェンド」と形容してリスペクトを表しますが、

天山はお構いなしに「AJ!? 何の略や!? 知らんわ、んなもん。どうでもええのや…クソッタレ」と、

さらに2勝4敗…崖っぷちからの逆転優勝宣言まで飛び出しました。

そして後楽園での大爆発を迎えます。

8.1 後楽園ホール
○天山広吉(11分46秒・アナコンダマックス)●後藤洋央紀

天山「これメインイベント? 決勝の試合か? ってそれぐらい勘違いするほど、お客さんがあんなワンワン言って戸惑いましたよ。でもね、でもほんまにあんなにお客さんの声がドンドン大きくなって、後押ししてくれたってレスラー冥利につきますね。いやいや、俺なんかね、もう4敗もしてんねん。4敗もしてる。もう『G1』のこの先なにが見える? 俺からしたらもう勝って勝って勝ちまくらないと、こっからこれで終わりやったら、今年の『G1』終わりや思ってるからね。2014年4敗、で今日も5敗。そんなこと言ったらほんまね、この『G1』出た意味がない。ほんまにね、今日はあんなにお客さんがね、応援してくれたっていうのはほんま力出ましたよ。いつもやったら踏ん張るとこ、もう持ち上げられて終わって、一貫のアウトやったけども、まだまだまだまだ負けるか。負けてたまるかって。お客さんがね、凄い応援嬉しかった。こんなことね、俺の自分だけの力だけじゃないっていう、みんなが応援してくれたからこそこの勝利っていう。あの洋央紀、俺の首をなんの遠慮もなく、俺が死んでもどうなってもええっていうぐらいのね、アイツらしいっちゃアイツらしいけど、でもね、俺はあんなヤツに負けたくない。若いヤツに負けたくない。洋央紀なんかにまだまだ100年早いって思ってっからね。自分の心の中で若いヤツには絶対にって、それだけは残してっから。まぁ遠慮なくきたけどね。俺も遠慮なくガッチリ締めたったって。あれでお前逃げ場がないやろうって。もう締め落としたろうかと思ったし。絞め殺すぞって。オイ、アナコンダマックス舐めんなって。万が一、アナコンダマックスね、一回掛かったらもう離さんぞって。なにがあろうが絶対離さんって。それはもうこの2014年の『G1 CLIMAX』に賭ける俺の気持ちやって。なにがなんでも離さん。諦めん。まだまだ、今日からまた勝っていけばいいんや。残りあと4試合。あと4試合獲るからね。今のうちに『天山そろそろくるぞ』って書いとかな痛い目合いますよ。そんだけっすよ」

― 今日で『G1』通算60勝になりましたが。

天山「そうれはもう記念すべきって。60はちょっときりが悪いっすけど。でもね、まだまだここで止まるわけにはいかない。まだまだ来年再来年って、まだまだ43。誰にも負けるかって。まぁほんまに100勝、100勝いったらちょっと考えるけども、そこまでいきますよ。誰にも抜かされん、誰にも破られへんような記録を作ったるって。前人未到の天山広吉の記録作るって。以上です」


まさにかつてのピープルズ・チャンプの面目躍如!!

日本一目の肥えたファンの後押しの中で、

記念すべきG1公式戦60勝目ゲットです!!

それでもまだまだ満足しないのが天山。

勢いに乗っていた序盤戦での「10倍、100倍、1000倍」が一部甦っての「100年早い」及び「100勝いったら」宣言が飛び出しました。
天山2014夏

かつてヒールユニット『G.B.H』のオリジナルメンバーとして共に闘った、

矢野通戦でも勢いは続きます。

8.3 大阪府立体育会館~BODY MAKERコロシアム~
○天山広吉(4分33秒・アナコンダマックス)●矢野通

天山
「この大阪! 最高よ! この(NWAタッグの)ベルトもちょっと重くなったよまた。まぁでも、この『G1』大阪来たからには、“浪速っ子”熱狂させてね、ぶっ潰したらなアカン思うて、やりましたけど。まぁ相手がああいうヤツだから、アイツのペースに飲まれる所だったけどね。まだまだまだまだ、もうこの『G1』にかける気持ちって、アイツらと違うからな。生半可なね、そんな汚いやり方ばっかり、そんなヤツらと一緒にせんとってくれって。矢野、実力・体力ええもん持ってるのに…パフォーマンス走り過ぎや。真剣にやれって。真剣にこの『G1』に向き合えよって。オレから言わせたら、遊びとちゃうぞって。『G1 CLIMAX2014』オレにとったら、今日の大阪勝って、そんで明日、名古屋。そして高松。休んでられないよ! 高松でもっかい『AJ』なり『カズチカ』とやりたいぐらい体力余ってんねん。今シーズン、ピンピンしてんねん。痛くも何ともない。高松のあと、横浜や。横浜が休みなんや…横浜オイ…休んでる場合ちゃうぞって。ホンマにねぇ…まぁせやけど2試合。名古屋・高松としっかりと残り2つ勝てば、またなんか奇跡起こるんちゃうの? また奇跡信じてやりますよ。まだまだまだまだ諦めない。諦めたくないもん。OK…まぁ大阪、ちょっとお客さん消化不良かもしれんけど、勝つには勝った。まだまだ終わんない。『G1 CLIMAX』諦めへんで」


ファンの支持を得る矢野のファイトスタイルに、

正面から異を唱えた上での“奇跡”宣言です。

ほぼどちらかに絞られてきたオカダ、AJとの再戦まで要求した上で、

童心に戻って切実な「諦めたくないもん」

8.4 愛知県体育館
○真壁刀義(8分22秒・キングコングニードロップ→片エビ固め)●天山広吉

天山「名古屋、名古屋、今日ももちろんこのベルト持って勝ち上がりたかった。真壁がな、俺の邪魔しやがって。ほんまチキショーやな。今日のこれで5敗目やな? 5敗ってことは、もう可能性ないんか? ない? 可能性ないかもしれん。でもな『G1』はまだ終わらんねん。俺の『G1』も終わらんねん。まだまだ、あと一つ、高松が残ってる。それで勝てば、勝てば、可能性はどうなんや? あるやろ? ないのか? 奇跡を起こすって昨日、大阪で言うたけど、奇跡も起こらん。もうこうなったら、敗者復活戦、ないのか? 今年からやるんちゃうんか?

― 得点上位の選手が全員、インフルエンザにかかるとかで欠場になれば可能性が…。

天山「誰か菌ばらまけ。ぶちまけろって。そしたら俺がガッチリと決勝やったるよ。それぐらいやないとやってられるかって。ここで負けてな、まだまだピンピンしてるのに。明後日の高松、この怒りのすべて、内藤のクソッタレ、去年『G1』でここ(アバラ)折られた借りを返さなあかんと思ってたから。内藤、(決勝に)上がれるのか上がれんのか? 今日の結果次第? どうなろうが知ったことやないけどな、内藤ぶちのめして、そのあとの横浜、試合ないけど、敗者復活戦、期待してるぞ。まだまだあきらめん。最後の最後まであきらめんぞ。クソッタレが…」


まだ諦めない…。

過去3回優勝しながら、過去にない敗者復活戦の提案。

そして波紋を呼んだ「誰か菌ばらまけ。ぶちまけろって」発言。

ここまで来ると、よっぽど往生際が悪いのか、

もうルール自体を知らないのか、のどちらかでしょう。

8.6 高松市総合体育館第一競技場
○内藤哲也(10分23秒・スターダストプレス→エビ固め)●天山広吉

天山
「どうなってんねん。どうなってんねん。オイ。オイ。内藤? クソ食らえ。あほんだら。オレの邪魔しやがって。どいつもこいつも。ホンマ、クソッタレやな。今日が俺にとって、2014年『G1 CLIMAX』最後の最後。この公式戦、何が何でも勝たなアカン。勝って、勝って決勝進出! 考えとったよ。何敗しようが、今日勝ったら、まだ望みあるやろ、まだ行けるやろって。自分の中ではね、点数もどうやら関係ないわ。この『G1 CLIMAX』一生懸命、一試合、一試合獲りにいきました。でもね。今日で、今日で6敗…4勝しかできなかった。でもね、勝ち負け1番重要であって、そんなもん関係ないっていう、そういうのも習ってきたからね。後は中身。どんだけ若い奴ら、ベテランの奴ら、ガイジンが居ようが、オレはオレの、オレはオレのこの体で裸一貫でガッチリ勝つしかなかった。まぁ、結果は結果。今年の2014、もうこれで終わりやって思ってっけど、まだまだ最後の0.0000…なんぼや! 可能性、可能性があれば…でもね、可能性とか言ってるけど、この『G1』やってて、やっぱオレの“実力”“チカラ”が全部、自分自身、わかりましたよ。あとは負けたヤツに“復讐”“リベンジ”するだけ。それは来年、来年の『G1』かもしれない。近いうちにやらなアカンと思ってる。このままじゃ『天山広吉』終わらんて。ハッキリ書いとけよ。来年こそ、2015年天山広吉、本命中の本命って書いとかな、オマエら痛い目に合うぞって。マスコミおら。テメェら覚えとけって。今年はこれで終わりかもしれん。来年や来年。オレはいつまでたっても諦めんぞ。もう1回、4回目の優勝。もっかい、奇跡とちゃう、本物の優勝みしたるよ。とりあえず、2014は終わったかもしれん。来年や来年。よう覚えとけよ


ここで天山の奇跡を信じるチカラも潰えてしまいました。

それでもあくまでポジティブに、

堂々のリベンジ宣言と来年のG1制覇予告。
天山2014夏

来年の夏には10倍、100倍、1000倍強い天山になって、

再び優勝戦線に勝ち上がって来る可能性もあります。

何せ1995年の凱旋帰国時には、

レインメーカーの10倍以上のインパクトを天山から喰らいましたから。

一貫のアウトにはまだまだ早いでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 天山広吉 G1クライマックス

comment

Secret

No title

・・・どうして、文字起こししちゃうんですか。
こういうのは勢いで見聞きするだけのものなのに(笑)



しかし、実際天山ボロボロですが、人気は絶大ですよね。
「シュー・・・」というのも、最近は支持による「シュー・・・」になってるようです。
あまり好きではないですが。

「誰か菌ばらまけ。ぶちまけろって」
もうこのあたりになると、文字起こしされると問題発言としてどこかの団体に訴えられそうです(苦笑)

AJって、アレン・ジョーンズだったと最近知りました。

またまた失礼します

レガさん、とても楽しく読ませていただきました。
彼の場合は悪態ついてるようでコメントの端から人の良さがにじみ出てしまうという感じですね。
長渕さんの乾杯を歌いながら、額に爪楊枝なイメージは消えることはありません。
場内で開場後にバッタリ出くわした時でも、満面の笑みで応対してくれるヤマギューさん。
まだまだ頑張ってほしいです!

>ナリさん

・・・どうして、文字起こししちゃうんですか<まず最初はですね、各選手の心に響いたコメント集にしようと思ってたんですよ。
石井の「肩が痛いっつったら勝ち点くれんのか?」とか、永田の「何が空前絶後だよ?」とか。
でも天山のいつもの口調の裏に見えたG1への想いというか…まあそんなに重いアレじゃないんですけどね(笑)。

「シュー・・・」というのも、最近は支持による「シュー・・・」になってるようです。あまり好きではないですが<私も昔っから好きじゃないんですけど、今回会場で聞いてて「うわぁまだこれやってんだ」と。
またそれを上回る大声援にさらにびっくりしました。元々札幌って木戸人気が爆発したり、他の地方会場とは違った雰囲気があったんですけどね。

「誰か菌ばらまけ。ぶちまけろって」…問題発言としてどこかの団体に訴えられそう<一歩間違うとテロリストですよ。

AJって、アレン・ジョーンズだったと最近知りました<あ、イニシャルですか。
マグナムTAパターンですね。

>怜ちゃん

レガさん、とても楽しく読ませていただきました<あざっす!!

彼の場合は悪態ついてるようでコメントの端から人の良さがにじみ出てしまう<そこが味でしょうね。だって単語だけ拾ったら小学校低学年の悪口ですからね(笑)。
でも元々、OH砲の事を「チキン&ポークでCP砲だ」って言ったのも天山なんですよね。案外上手かったんですよ、かつては。

長渕さんの乾杯を歌いながら、額に爪楊枝<懐かしい…小島が真似して「痛てえ」って(笑)。破壊王に可愛がられたエピソードやら何やら含めて素晴らしいですよ。

場内で開場後にバッタリ出くわした時でも、満面の笑みで応対してくれるヤマギューさん<自分がファン出身っていうのを忘れていない選手の一人なんでしょうね。
長年ハードに受けてきた代償は出てきてますけど、まだまだ元気だと思います。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード