Disc1終了

観ました。

いやぁ~何なんすかね?

この時代の猪木のかっこ良さ。

異常ですね。

そしてアリの悪ふざけっぷり。

昭和のクラスに必ずいた、

悪ガキ(やばい方の)ノリですね。

それに対する猪木の…、

京王プラザの調印式でマイクを持った時には、

その後の展開知ってても鳥肌立ちました。

いやぁ凄いわ。

しかしこれから子レガが帰って来ますので、

試合の方は夜にでも。

関連記事

tag : アントニオ猪木 モハメド・アリ 格闘技世界一決定戦

comment

Secret

ホント、信じられないほどカッコよすぎですよね。
スーパーマンとか、バットマンとか、存在そのものがもうそういう類いだと。
あのオーラ、あの肉体。
そして情熱とロマン。
世界最強といっても過言じゃないと。

>ろっきさん

ホント、信じられないほどカッコよすぎ<あの堂々としたたたずまい…何ですかねアレ?
NYの会見では場馴れしていないせいか、なかなか言葉が出てこずに、喋ってる途中にアリがガンガン口を挟んできてますが、これなんかも実にいいんですよね。
今のプロレスのフィルターを通すと喋りの出来ないアレになっちゃうんでしょうけど…実に良いんですよね、アレが。

名優、多すぎ。

こんばんは。

私も本日1枚目、見終わりました。

個人的には、来日時のブラッシーが最高でした。古舘さんより凄いんじゃないかと思うようなボキャブラリーの数々は、感心しました。

今日、見て、初めて知ったのですがアリって相当デカいんですね。ブラッシーより上背は高いし、予想としては190位ですかね。

坂口、藤原同様に桜井さんも最高の試合と評した一戦は、じっくりと見ていこうと思います。

メッチャ興奮してますね(笑
ワタシも明日届く予定です。
いいプレゼントになりましたね。
お誕生日おめでとうございます。

んムフフ

誕生日おめでとう。(*^▽^)/★*☆♪


いよいよ、素敵なプレゼントが…
♪ (〃∇〃)ノ由

って、もう見てたのね。Σ( ̄□ ̄)!

アマゾンで発注したんじゃ?

ま~じっくり堪能して下さい。



自分のブログの鎖鎌記事ですが、微妙にLINK? 実は、ほぼコラボ企画です!!

落としどころは最初から決まっていたのですが…

真面目な記事はレガさんにお任せして、バラエティー番組の記事の裏に、異種格闘技戦への考えていた事を、ぶっ込んで行きました。


レガさんが自称ひねくれてた時期ですかね? 昔のルスカ戦の記事で、金の力でも何でもオリンピック選手をリングに上げて寝かしたんだから…って記事が有ったと思うのですが、アレ好きなんですよ。


スポーツとは違う、本当の決闘ってなった場合、綺麗とか汚いとかじゃなくて、金だろうが、力だろうが、全部ぶつける訳ですから、全部合わせてその人の強さって言うか、そもそもアリなんて同じリングに立つ事すら出来ない訳ですから、リングに上げちゃえば、後はアレですからみたいな…


中邑風に言うと、オシッコ漏らしてる感じで、やってました。当然、反響はまったく無かったですが、(爆笑)


失礼、まったくではありませんね。レガさんとジョカー ナリさんからは、コメント頂きましたね。

それから、柴田VS.中邑は生観戦なんですね。


是非感想をお願いします。(^o^ゞ



とにかく、誕生日おめでとう。
(*^▽^)/★*☆♪

>aliveさん

こんばんわ。

来日時のブラッシーが最高でした。古舘さんより凄いんじゃないかと思うようなボキャブラリー<今回、このDVDを観て改めてオールドレスラーの凄みというか、ブラッシーの腕っぷしに驚きました。
とっくに引退している年齢ですよね? なのにアリと組んだ時の体の厚みの違い…腕なんか丸太みたいですよね。

今日、見て、初めて知ったのですがアリって相当デカいんですね<NY調印式でも猪木より大きいですよね。当時の公式では互いに191センチだったと思いますが。
私も一つ知った事…アリの傍らでニヤニヤ笑っていたおっさんがアリの空手の先生だった事です(笑)。

坂口、藤原同様に桜井さんも最高の試合と評した一戦<もう昨日は深夜に観たんですけど、7ラウンドあたりからもう夢遊病者みたいに観ちゃってました。
改めて何度でも見ないといかん試合です。

>アントーニオさん

メッチャ興奮してますね<はい。お恥ずかしながら(笑)。

ワタシも明日届く予定です<早速ご覧になられましたか?
ちょっと途中で止めるのをためらってしまう内容ですね。見終えてグッタリです。

おめでとうございます<ありがとうございます。

>アステさん

おめでとう<ありがとうございます。

アマゾンで発注したんじゃ?<そうなんですけど、Amazonって予約順に発送してるんですかね? とにかく北海道にいて翌日手に入るとは思わなんだです。

自分のブログの鎖鎌記事<いやぁあれね、コメントが難しいというか、私も経験上、長編連続記事ってなかなかコメント頂けないんですよね。
で、締め括りにコメが集中しがちなんですけど、締めがきれいすぎると、これまたコメが付かなかったり(汗)…ブログって難しい。

昔のルスカ戦の記事で、金の力でも何でもオリンピック選手をリングに上げて寝かしたんだから…って記事が有ったと思うのですが、アレ好きなんですよ<あれ今も同じ事思ってますよ。
ですからKAMINOGEで中邑が「ダニエルに勝ったからって10年前のリベンジなんて思ってない」って言ってましたけど、なんで? って。
プロレスラーがグレイシーにプロレスさせて3カウントで勝ったなんて、これ以上のリベンジないですよ。そこは中邑胸張って欲しかった。

本当の決闘ってなった場合、綺麗とか汚いとかじゃなくて、金だろうが、力だろうが、全部ぶつける訳ですから<そこから起こる事は全てプロレスなんですよ。広い意味で。
だからワークだろうとシュートだろうと関係ない。黎明期に力道山vs木村があった以上、日本におけるプロレスとはそのどっちも含めたものなんですから。

柴田VS.中邑は生観戦なんですね<偶然の賜物というか、これに関しては語らないとプロレスブロガーの名が廃れます。
翌日、酔いが覚めた頃に行きましょうか(笑)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード