G1に向かって

さあ、時計の針を一旦、今に戻しましょう。

1ヶ月後の今頃、

既に新日の『G1 CLIMAX 24』が開催されております。

しかもその開幕戦の舞台がG1初開催の、

7.21 北海きたえーる大会なのです。
G1クライマックスきたえーるポスター

道民プロレスファンにとっては、

実に24年越し…念願のG1札幌開催。

私は先週金曜日の夜に、

某プレイガイドで購入して参りましたが、

思いのほか売れている様子でした。
今回のチケット

そして、それを受けてのカード発表にも驚きました。

メインまでのラスト3試合、

中でも断トツで度肝を抜かれたのが、

第9試合 30分1本勝負

「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦

中邑真輔vs柴田勝頼
!!!!!
中邑vs柴田20140721

とにかく今年のG1全カードの中で、

最も注目するに値する一戦である事に間違いないでしょう。

そして今年のG1、ブロック分けも思い切ったなぁ、と。

まさかの新三銃士同ブロックエントリー。
新三銃士

これで中邑vs棚橋は公式戦において、

今年4度目の一騎打ち。

マンネリか? という声も聞こえてきますが、

実はこれを推奨したのが…誰あろう私でして(参照:新日1.5後楽園をサムライTVで観た)、

いやこのブログ見て新日のブレーンが、

「よし、それで行こう」なんて事はないと思いますけど。

ただこれって今までの流れとは全く違うアレですから、

この一年間に何度も闘うトップ2を、

今のファンはどう思ってるのかなぁ、なんて。



それらは一旦置いといて話を戻しますけど、

先週末、このカード発表が行われる前の時点で、

チケットかなり売れていましたね。

もしかしたら…もしかするかも知れません。



そして午後3時開始の興行ですから、

全試合終了後もまだ明るいと思うんですね。

もし宜しければ、

どなたか一杯いかがですか?

“G1開幕記念”サミット・ショートバージョン的な。

翌日お仕事でしょうから深い時間まではアレしませんが、

ちょっと観戦後に語り合うという…90年代に戻ってみて、

いかがすか?

賛同者がいなければ一人寂しく…呑んで帰ります(笑)。

関連記事

tag : 中邑真輔 柴田勝頼 G1クライマックス

comment

Secret

No title

どもっす!

行きたいなぁ~、とっても。

予想としては
中邑ー柴田は中邑。
棚橋ー飯伏は飯伏。(サプライズでしょうね。)
AJ-オカダは時間切れ。

ってとこかな?

一応休みは取りました。
どちらか、または両方お付き合いしたいと考えております。

そして何年も放置していたブログにmixiで書いてた日記をうつしましたので宣伝にきました!

・・・っていってもプロレスじゃなくお笑いカテゴリにしちゃったけど・・・。

No title

いやぁ~これ連休の最終日じゃなければ北海道行ってるパターンですよ(笑)
(しかも自分は23日から上海へ出張という・・・)

6.21のPPV見てたら休憩時間突入前唐突に「G1出場者発表→主要カード発表」だったのですが、ちょっと唖然としちゃいましたね。

カードだけ見たらドーム級と言っても過
言ではないでしょう。
今までの扱いが嘘かのような北海道万歳カード!

オカダvsAJ、中邑vs柴田、棚橋vs飯伏の説明不要カードに加え、
真壁vs後藤は先日横アリの因縁、
内藤vs高橋は元ノーリミット対決、
矢野vs鈴木は鉄板の面白さ、
目立ってないけど、小島vs永田の第3世代対決も好試合間違いなし、
石井vsファレも今のこの2人なら外さないでしょう。

G1ならではの見れるカードに加え、因縁(意味)のあるカード・・・道民なら行くしかないでしょう(笑)

レガさん、今の新日本の勢いをライブで堪能楽してきてください。
マイコーもね(笑)

自分は東北なんですが、北海道いいな~とか思っていたら秋田も棚橋-柴田ですからね。昨年も秋田でIWGP戦や柴田-後藤をやってくれましたし、こうして地方のカードに力が入ってくれるのは嬉しいです。色々なものを呑み込んで、「何かすごいことをやってる」と世間に届く熱が地方から発散されるかもしれません。
ともあれ今年の夏は新・闘魂三銃士に注目ですね。…それぞれが違う方向性を見ていていたっていう所は元祖三銃士と被ります。違ったのは、道を違えたのにまた同じリングで闘っていることだと思います。それぞれが背負える男になってぶつけ合っているという感じでしょうか。

本人達はそう言われるのを嫌がるでしょうけど、「新・闘魂三銃士の夏」になってほしいです。

そうそう、ノーリミット対決に永田ー小島の第三世代No.1決戦、鈴木対矢野の鉄板対決か…やっぱり行きたいなぁ〜。


しかし、明日の、明後日の全日完全スルーだな…(._.)
ここはオラ的には全日選んだ方がキャラ的にはいいんだろうな…

>BKっち

こんばんわ。

予想<BKっちらしい見立てですね。
中邑は心情的には勝ってもらいたいですけど、開幕戦ですからね。
棚橋が敗れたら、立て続けに中邑も…みたいな気もします。

一応休みは取りました<ぜひぜひ!! 人それぞれの事情がありますから、もしお会い出来たなら宜しくお願いします。

何年も放置していたブログにmixiで書いてた日記をうつしましたので宣伝にきました<あれ? 元々FC2やってらっしゃったんですか?
まずは開設おめでとうございます。

いいとも最終回のアレは私も記事にしようと思ってたんですけど、BKっちのを読むと、とても私にはまとめられませんので、あきらめる事にします(笑)。

>たかさん

連休の最終日じゃなければ北海道行ってるパターン<それは残念極まりないです!!
それでもたかさん、G1は大阪、横浜、西武ドームと三度観戦ですか…凄い。
上海は2年ぶりですか? 選手以上にハードな夏になりそうですね。

「G1出場者発表→主要カード発表」…ちょっと唖然としちゃいましたね<1.4の時も休憩時にきたえーるでのG1開幕が発表されて、私も興奮とかより唖然としちゃったんですよね。遂にG1が津軽海峡を超えるなぁと。

カードだけ見たらドーム級<そうなんですか? 全く今の流れに疎いなぁ私。

G1ならではの見れるカードに加え、因縁(意味)のあるカード・・・道民なら行くしかない<近年、テイセンホールでお茶を濁されていましたからね。
で、今回は巡業なしのきたえーる一本ですから、思いきった勝負に出ましたよ。

今の新日本の勢いをライブで堪能楽してきてください<はい、心して。
その感動をたかさんにおつなぎしますね。

>非力なビッグボディさん

北海道いいな~とか思っていたら秋田も棚橋-柴田ですからね<いずれにせよ、この二つが今年のG1の肝でしょうね。

今年の夏は新・闘魂三銃士に注目<いずれ記事にしようと思ってるんですけど、新三銃士って逆説的に闘魂三銃士の姿をしてるんですよね。
前にも書きましたが、武藤=中邑、橋本=柴田、蝶野=棚橋なんですよ。

本人達はそう言われるのを嫌がるでしょうけど<こうやって揃った事も必然だったと思うんですよね。
この括りを嫌がれば嫌がる程、私には三人と三銃士が被るんですよね。

>BKっち

ノーリミット対決に永田ー小島の第三世代No.1決戦、鈴木対矢野の鉄板対決か<BKっち向きというよりも全方位型のカードが並んだ感があります。
私にとってはやっぱりセミですね。

明日の、明後日の全日完全スルーだな<来てるんですか?
全く興味が湧かないというか…もはや全日ではないですよね。

チケット購入おめでとうございます。

生で見られる北海道の方々は本当に羨ましいですねえ。

あとこの記事の若き3人の写真(笑)
いい写真ですね。
名画の構図解説の様に腑に落ちるモノがあります。

必ず3人の場合中邑と柴田が両端に位置し
棚橋が真ん中のやや中邑より(笑)

何もない厳しい環境で親にも頼らず、一人で青学から新日本にたどり着いた真輔にしてみれば
二世レスラーで業界に繋がりのあるエリート育ちの柴田が「青学の坊ちゃん」と発言した事に対して
「お前なんかに何がわかる」という思いでしょう。

よく雑草(柴田)対エリート(中邑)との構図で語られますが、実際は真逆だと思います。

人について行くタイプの柴田と(上井、船木、前田、桜庭)
周囲の嫉妬の中ずっと一人だった中邑

生観戦目一杯楽しんで来て下さいね。

お誕生日おめでとうございます!

全日、どの位入ったのかなぁ〜。
いいとも、時間あったら是非書いて下さいよ!
オラの方がまとまらずグダグダ長文書いただけですから…>_<

まぁ、今はそれどころじゃないでしょうけどね。

>スコアーからのサブコンシャスさん

ありがとうございます。

この記事の若き3人の写真<かなり昔の画像ですよね(笑)。
この一枚だと中邑が一番優等生ですけど、今じゃアレですからね~。

何もない厳しい環境で親にも頼らず、一人で青学から新日本にたどり着いた真輔にしてみれば二世レスラーで業界に繋がりのあるエリート育ちの柴田が「青学の坊ちゃん」と発言した事に対して「お前なんかに何がわかる」という思い<しかも高校時代にも対戦してるというじゃないですか。
言われてみれば、柴田は赤ん坊の頃からレスラーに抱っこされてたり可愛がられて叩き上げとはちょっと違うイメージもありますね。
しかし古いファンにとっては最も新日を想起させる存在なのは間違いなく、柴田です。
お互いに「意識してない」という二人ですが、リングで向かい合えばおのずと答えは出るでしょうね。

人について行くタイプの柴田と(上井、船木、前田、桜庭)周囲の嫉妬の中ずっと一人だった中邑<伸し上がり方が全く異なるから楽しみなんですよね。
これこそ新日本ですよ。

>BKっち

おめでとうございます<あざっす!!

全日、どの位入ったのかなぁ<どうだったんでしょうね?
結果いかんではもう完全にメジャーという括りを外してあげた方がいいと思います。

いいとも、時間あったら是非書いて下さい<一応HDDには残しております。
あれ本当にプロレスでしたよねぇ~…。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード