小太刀とは何か?

田村潔司を語る上で欠かせないアイテム、

それが“小太刀”です(参照:「水」のち「お辞儀」ときどき「小太刀」)。
リングイン直前で小太刀に祈りを捧げて、

これまで小太刀を携えてリングに上ったのは、

私の記憶が正しければ、1995年のパトリック・スミス戦(参照:極限のうどんの味)、1996年の山本宜久戦、1998年のフランク・シャムロック戦、2002年のヴァンダレイ・シウバ戦(参照:現世において必ず勝って欲しかった試合~前編~~後編~)、2006年のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦、
小太刀を右手に携えて花道を歩く

そして2008年の桜庭和志戦(参照:田村は田村、桜庭は桜庭、UはU~前編~~後編~)の全67戦(※ 5/26追記:ご親切にaliveさんがコメントで、2002年の高田延彦引退試合が抜けていた事を教えて下さいました。ありがとうございます。)
高田引退試合での田村の小太刀

文字通り“ここ一番の勝負”に必携する小太刀は、

我々ファンにとっても神聖なものです。

 【U】の魂 T-STYLE Axis より
1643R【正解発表】

さん、今や完全に格闘家ですね。

で、この小太刀について田村自身が語ったインタビューを読み返してみました。

KAMINOGE vol.20―世の中とプロレスするひろば 宮藤官九郎はワカマツがお好き。
 KAMINOGE vol.20 より

― あの小太刀っていうのは、パトスミ戦が最初ですけど、どういうきっかけで持ち始めたんですか?

田村「あれはね、お世話になってる人にもらったのよ。パトスミ戦の前に『闘いの神様だ』って言われてもらって、そっからゲンをかつぐじゃないけど。精神的にちょっと厳しいときは、神頼みでね」

― パトスミ戦に勝てたっていうのは、相当ゲンがいいですもんね。

田村「ま、勝てたのは俺の実力だけどね(笑)。でも、ああいうものはあったほうがいいと思うよ。だから、受験生とかもよく、キットカットとか食うじゃん」

― 小太刀はキットカットと一緒なんですか(笑)。

田村「一緒っていうかさ、自分がやるべきことをやって、あとは精神的に安定を求めるだけっていう段階になったときは、ああいうのはいいと思う。やることやらないで、キットカットばっかり食べてちゃダメだけど」


キ、キットカットとはまた軽いなぁ。
小太刀に祈りリングイン

そもそもお世話になってる人から譲り受けたこの小太刀。

田村自身がどのくらい思い入れを持っていたのかと言いますと、

― あの小太刀っていうのは、パトスミ戦から桜庭戦までずっと同じものなんですか?

田村「ずっと同じ。だからさ、俺が引退したあとは田村博物館を作って、あの小太刀と(所英男に勝ったあと)前田さんに投げつけられたトロフィーを展示しようかと思って(笑)」

― ダハハハハ! 小太刀はわかりますけど、トロフィーはどうでもいいいでしょ!(笑)。


ずっと同じものを携えた…文字通りの御守護ですね。

ですが、そのランク付けをするならば、

2007年大晦日に起きた事件の小道具と同ランク(!?)。
2007大晦日のアレ1

もちろん、これは冗談でしょう。
2007大晦日のアレ2

しかしながら我々ファンは田村が、

あれだけ大切に取り扱っていながらも、

本人がその由来を全くと言っていい程知らなかったという、

驚愕の事実を知ってしまう訳です。

― ちなみに、ボクもあれと同じ小太刀を持ってますけどね。

田村「えっ!? なんで?」

― 買いました。

田村「それは俺きっかけで?」

― はい。京都へ旅行したときに。あの小太刀は、鞍馬寺っていう義経ゆかりの寺のものなんですよ。

田村「義経って何?」

― 源義経、牛若丸ですよ。

田村「俺、全然知らなかった」

― 知らなかったんですか!(笑)。


「義経って何?」「俺、全然知らなかった」…。

少年時代に崇拝した“武将好き”藤波辰巳がこれを知ったら、

間違いなくドラゴンビンタが飛んできそうな、

歴史に対する無知ぶり。

聞き手の堀江ガンツも『これはマズい』とばかり、

小太刀のルーツ短期集中レクチャーにかかります。

田村「知らない知らない。その人はなんか、闘いの神様なの?」

― 平安時代末期の武将で、日本史上有数の名将ですよ。弁慶と牛若丸、五条大橋の決闘でも有名な牛若丸で。

田村「え、名前なんていうの?」

― 源義経です。

田村「みなもとの…よしつね…(iphoneで検索中)

― で、あれは義経が携えていたとされる『降魔必勝の小太刀』っていうんですよ。

田村「ああ、ホント。へえーーー。俺より詳しいね(笑)」


「俺より詳しいね(笑)」じゃなーーい!!(笑)

渡した方も田村に意味を伝えなかったというのもアレですが、

田村も田村で意味も分からず大一番限定ですがってた、と。

この不用意さが、のちの吉田秀彦戦(参照:誇りの他流試合~前編~~後編~)において、

まさかのテーマ曲チェンジという暴挙にもつながる訳ですな。
田村の表情は…

― っていうか、小太刀と言えば田村さんなのに、その本人が知らなかったっていうのが意外すぎますよ!(笑)

田村「へ~、なるほどね。ちょっと恥かいたな(笑)」

― 源義経っていうのは独善的な行動が多い天才的な武将で、いわば“孤高の天才”ですから、田村さんのイメージにはピッタリなんですけど、本人はまったく意識してなかった、と(笑)。

田村「全然知らなかった。まあ、あとで調べておくよ(笑)」


いや、絶対調べてないでしょうね(笑)。

とにかく、この小太刀を手にした全6試合において、

我々ファンは手に汗を握るどころか、

心臓の鼓動を押さえられない位のヒリヒリ感でもって、

田村に元気玉を送ったものです。

もう一度、

もう一度だけでも小太刀を持つ田村潔司を、

心臓が破裂しそうな勢いで応援したいなぁ。
レガースと小太刀と水

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 降魔必勝の小太刀

comment

Secret

No title

この小太刀、ここのブログを見て
「鞍馬寺」
と知ってそれだけを頼りに京都まで車を走らせて購入しに行ったものでした。

私も「ここぞ!」の場面で登場させましたが、勝率は・・・ですね(苦笑)
まぁ、終わってみれば「勝たなくて良かったかな」と思うようなものでしたが。

ところで、田村さん、いくらなんでも知らなすぎ。
よしつね・・・? って里田まいじゃないんだから(笑)

しかし、吉田戦に関しては今思い出しても心臓がヒリヒリします。
悔しさが胸に上がってきます。

大事なの忘れないで下さい。

こんばんは。

高田の引退試合が抜けていますよ。あれと丸刈りで田村一流のファンへの問いかけがあったのに。

田村の試合は、どうなんですかね?

U30年史には「人様に見せれるような肉体じゃない」なんて寂しい事、言ってますけど。

>ナリさん

「鞍馬寺」と知ってそれだけを頼りに京都まで車を走らせて購入しに行った<以前コメントして下さった通り、ナリさんもお持ちでいらっしゃいましたね。
京都でもかなりはずれというか、山の方にあるらしいですね。

私も「ここぞ!」の場面で登場させましたが、勝率は・・・ですね<田村自身も実際にはそれ程分が良い訳ではないんですよね。

田村さん、いくらなんでも知らなすぎ<本当に冗談でしょ、ってくらい知らなかったんで、びびっちゃいましたよ(笑)。
リングイン前の祈りは何に対して祈っていたんでしょうね?

吉田戦に関しては今思い出しても心臓がヒリヒリします<あれを落した事で、その後の田村の格闘技人生が変わってきましたよね。
良かったか悪かったかはわかりませんが。

>aliveさん

こんばんわ。

高田の引退試合が抜けていますよ<大変失礼致しました!!
早速追記で訂正させて頂きました。

あれと丸刈りで田村一流のファンへの問いかけがあったのに<あの試合に小太刀を持ったという事は、決して勝敗の為だけじゃないんでしょうかね?
フランク戦、ヘンゾ戦は完全に勝つためのアレでしたけど。

U30年史には「人様に見せれるような肉体じゃない」なんて寂しい事、言ってますけど<他にもKAMINOGEでは「息子の幼稚園の運動会の為に…」みたいにおよそ現役のプロスポーツ選手とはかけ離れたコメントも出ていましたね。
いずれにせよ寂しいですよ。

田村

桜庭との試合が終ったことで一段落ついちゃったんじゃないですか?
しかも勝ちましたし。
すでに旬は過ぎていたといっても、あんなに待望されていたカードでしたから、我々の想像以上のものがあったんじゃないですかね?
そういえば、その後、ウェルター級で戦うという話があったような。
個人的に楽しみにしていたのですが。

たまに思ったりすることがあります。
あの時、田村はリングスではなく、パンクラスを選択していたらどうなってたんだろうって。
レガさんは考えたことないですか?
個人的には田村vs近藤を見たい…いや、見たかった…いやいや、今でも見たいかな(笑)

>宮戸ゲノムさん

桜庭との試合が終ったことで一段落ついちゃった<それが一番大きな理由ではあるでしょうね。
でも負けなかった。勝った以上は再び闘い続ける“義務”があるはずなんですよね。だって田村は前高山からも船木からも勝ち星取ってるんですから。

その後、ウェルター級で戦うという話があったような<時系列は省略しますが、いろいろありましたね。UFCとか。
実際にウェルター転向要請に対する答えがノゲイラ戦だったと記憶しています。

田村はリングスではなく、パンクラスを選択していたらどうなってたんだろう<うーん…結局また悩む田村がいたでしょうね。
あのリングにおいてはリングス以上に終わりがないですからね。
PRIDEに行くのがもっと早かったかも知れません。

No title

田村選手は歴史に疎いのかね?。ガンツさんも唖然か。

日本刀と言えば、前田さんも日本刀収集してますな。数年前に「オーラ泉」でゲスト出演して、趣味の骨董収集から日本刀収集の話になったら、三輪さんと江原さんに災厄をもたらすから手放しなさいと言われて、日明兄さんは不満ながら従って刀を寄贈したそうですが、去年、手を数針も縫う大怪我をしたとネットで知りニュースを見たら、日本刀の手入れだったそうです。
あれ?全部手放したんじゃ無いの?と思いました。本当に二人の予言が当たったと。

>スライディングDさん

田村選手は歴史に疎いのかね?<その様ですね。

前田さんも日本刀収集してますな<それも一般コレクターの域を超えた収集の仕方の様ですね。

三輪さんと江原さんに災厄をもたらすから手放しなさいと言われて、日明兄さんは不満ながら従って刀を寄贈…去年、手を数針も縫う大怪我をしたとネットで知りニュースを見たら、日本刀の手入れだったそうです<確か本当に大切な数本を手元に残したんでしたっけ? 結構大きな手術だったそうですよね。
気持ちはわからなくもないのですが。

本当に二人の予言が当たった<さらなる災難がなければいいですね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード