UWFインターの最終話(2002)

ちょうど6年前の今日、30歳の私が(現時点で)最後の生観戦、と同時に(現時点で)最後の東京行き。

それは特別な一日でした。

そうです、高田延彦引退試合が行われた東京ドームでの PRIDE.23 です。

オープニングの高田

この試合が実現するまでのいきさつは書き始めると、大晦日までに終わるかどうかわかりませんので、割愛させていただきます。

とにかく私が愛した UWFインターナショナル という大河ドラマの最終回スペシャル。

この日、UWFインターが奇跡的に甦り、連ドラとしては最終話を迎えました。

この日のドームは田舎者の私にはおとぎ噺の様な世界でした。

ヤマケンが哀愁を漂わせながらランデルマンに何もできず敗れ、

ヤマケン入場

ヤマケン敗戦

金原がシウバに挑む、ミドル級チャンピオンシップ。

金原vsシウバ

金原敗退

ニンジャvsアローナがトイレタイムなんていう客は私一人だったんじゃないでしょうか(汗)

とにかくあの空間は私にはPRIDE初観戦というよりも、“Uインターのビッグマッチ初体験”だったのです。

そして、その時は来ました。

高田ラストマッチ

長い煽りVで完全にトランス状態に持っていかれ…

最後の締めで、お互いのジャンルが“UWF inter”!!(涙が頬に一筋…)

UWF inter所属

田村は宮戸をセコンドに、赤いキャップを被って入場。

田村入場1

キャップの中は新弟子以来の坊主頭。

坊主頭

これだけでもウルウルです。

そして高田。

トレモンの旋律に乗って、お馴染みのフード付きガウン。

高田入場

青春のエスペランサ…

UWFのジェームス・ディーン…

平成の格闘王…

最強…

そして、アイアム・プロレスラー

最後のリングイン

試合の方はここであーだこーだ書く必要ないですよね。

遂に向かい合う

GONG

高田のロー

田村のプレッシャー

田村のロー

ロー交錯

金的に入り高田苦悶

田村は何を思う

ガードポジションの田村の表情

1R が終わる

2Rも田村のロー

高田のダメージ大

前に出る高田にカウンター一撃

決まってしまった…

高田KO

田村複雑な思い

高田を介抱する宮戸

勝敗も内容も、私には関係なかったんです。

7年越しの抱擁

「田村、お前男だ」

ただ、二人が対峙する場面と、周りを囲むUインター勢。その空気の中に身を置ける事の恍惚感…

過去が変わった瞬間

今回、大晦日は田村と桜庭が対峙するという空気の中に恍惚を覚える方々に一人でも多く会場に集まって欲しいです。

その一人一人に私の思いも託します。

「Uインターのみんな、上がって来いや!!」

胴上げ

高山の肩車

左から和田さん、ヤマケン、サク

UWFインター2002

もちろん「田村! 桜庭を潰せ!!」とか、「サク! 田村なんか殴り殺せ!!」というのもアリです。

格闘技の試合なんだから、全員がノスタルジーに浸るなんて気持ち悪いでしょ。

私は実家に帰らず、一人でPPV(あるのかって!!)観ながら…黙視してますよ。

何が起きても受け入れるつもりです。

まだkamipro読んでませんけど。
kamipro No.129 (エンターブレインムック)kamipro No.129 (エンターブレインムック)
(2008/11/22)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 田村潔司 UWFインターナショナル

comment

Secret

No title

UWFインターナショナル という大河ドラマの最終回スペシャル・・
まさにその通りですよね。
レガさん・・こんなの見たら余計・・じゃないですか
高田が来るのか来ないのか?でも意味合いも大きく変わってきますよね。
kamipro・・・これ読んで冷めましたけど・・
もう1回じっくり読み直したですね。
レガさん。読んだら感想お願いします

>Fさん

kamipro<読みましたよ。
変態座談会読んだら、もう…

笹原氏のインタビューが私の意見に近いです。
PRIDEの総決算ですよね。

でも…行きたいなぁ Dインター (笑)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード