和田さんが再び語ったUインター道場

久々にUインター行きましょか、Uインター。

『KAMINOGE』先月号を読んでいて、

改めて和田良覚レフェリーの交遊録とエピソードの数々に、

思わず腰を抜かしてしまいました。
歴史的シーンの和田さん

まず、お父様が校長先生でご自身も体育教師を志していたとか、

インストラクター時代、既に天龍源一郎らと面識があったとか。

Uインター神宮大会、高田戦前のレフェリング問題(参照:すべらないプロレス~前編~)での、

余りに他人行儀な振舞いからは想像もつきませんでした。
天龍との名勝負

さらに浜省(参照:和田最強伝説とは何か!?)だけに止まらない、

驚愕の芸能人交遊録…あぁ“最低の男”○ーシー!!

ただし、それらは是非『KAMINOGE』を読んで頂くとして、

ここで取り上げるのは、やはりUインター話です。

レフェリー生活のスタートは新生UWF分裂時に、

ジムに通っていた高田延彦の一言からでした。
高田と和田さん

KAMINOGE〈vol.27〉
 KAMINOGE vol.27 より

和田
(略)ある日突然、(※高田延彦から)『和田さん、今度新しい団体を立ち上げるんだけど、レフェリーがいないんで、レフェリーやってくれる?』って言われたんですよ。こっちとしたら『へ!?』ですよね。ボクなんか、寝技もわからなければ、レフェリーが何をすればいいのかもよくわからないんですよ!? でも、高田さんには凄くよくしてもらってたんで、『高田さんに言われたら、もう返事するしかねえな』って思って、『わかりました。自分ができるかどうかわからないんですけど、がんばってみます』って言って。そこからボクのレフェリー人生が始まったんですよ」


和田さんが入社したはずのUインターという会社、

そこに待ってたのは新弟子に等しい待遇だった訳です。

和田
「スカウトなんてもんじゃなくて、ボクは高田さんに拾ってもらったんですよ。でもUインターに入ってすぐ『失敗したな』って思いましたけど(苦笑)」


その壮絶な内容については過去に書いた通り(参照:和田さんが語ってたUインター道場)ですので、

ここでは割愛しますが、

その挫けそうな心を支えていたのは、

高田に対する忠誠心だけでした。

和田
「だから入った当初は、一日も早くそこから逃げ出したかったけど、ボクは高田さんの顔で入ったわけじゃないですか? だから、抜けるに抜けられないんですよ。ボクが勝手に辞めたりしたら、高田さんの顔に泥を塗ることになる。そう考えると、いくら苦しくても逃げるわけにはいかない。それでなんとかもったようなもんですよ。それがなかったら、とっくに新弟子と一緒に夜逃げしてます。断言します。100%夜逃げしてました! 高田さんに恥をかかせるわけにはいかないっていう、その一心だけでしたから」


その地獄の様なUインター道場で生き残った事が、

今でも揺るぎない自信につながっている様です。

当時、共に血と汗と涙を流した、

金原弘光高山善廣桜庭和志はかけがいのない“同志”ですね。
入場

和田
「生き残った選手はやっぱり凄いと思いますよ。金原なんて相当キツかったと思うし、高山(善廣)くんなんかは“帝王”と呼ばれてますけど、あの下積み時代があったから、いまがあると思う。サク(桜庭和志)だってそう。それはボクもしかりで、あの時代があるから、いまトレーナーとしてやっていられると思いますから。当時は嫌で嫌でしょうがなかったですけどね」

「人間関係でも、上と下の板挟みで、ツラかったっスね~。上の人からはいろいろ言われ、下の若い選手の不満も聞いて、『俺だって不満だらけだよ! 俺は誰に言えばいいんだよ!』って。一時はノイローゼになりましたからね。ホント、そういうときがあったんですよ。でも、そういうときに高山くんとか桜庭が助けてくれましたね。だから、高山くんがプロレスで大成して、桜庭が総合で大成して、ボクはホントに嬉しかったもん。Uインターではいろんな思いをして、ホントにツラかったけど、あれを耐えたことで、根性なしのボクが多少は強くなれたんで。あの時期があったからこそ、いまのボクがあるなって思いますね」


その思いは理不尽なまでにしごかれた、

道場長の宮戸優光に対しても変わりません。
宮戸の見事なクロックヘッドシザース

和田
「宮戸さんはスパルタ中のスパルタで、道場で一番怖い存在ですけど、ボクと同じぐらいの歳の鬼軍曹でした。もう、精神的にキツかったですよ。あのときは嫌で嫌で仕方がなかったけど、のちのち、あの人がいなかったら、俺は自分からキツいことはやらなかっただろうから、感謝の気持ちに変わりましたけどね。自分が少なからず業界の人間になれたっていうのと、少しでも強くなれた、そういう経験をさせてもらったという意味では『感謝だな』と思えるようになりました。でも、当時はあの理不尽な人間関係はとてもじゃないけど耐えられないと思っていましたけどね」


宮戸は宮戸で一つの信念のもとに、

本来レフェリーという別枠の立場の和田さんを、

選手と同じ扱いでしごいていた(参照:宮戸語録 vol.13~レフェリー論~)のですが、

当然、当時はそんな事知る由もありません。

一つの興行で全試合のレフェリング(!!)をして、

さらにガイジン選手の送迎、

もちろん道場での練習、

試合後はリベラで食事の世話、

翌日も成田までの運転手、

この殺人的スケジュールに加えて、レフェリングのダメ出し…。

そんな世界を生き抜いてきた和田さん、

相当なタフガイですよね。

それでも根底にあるのは選手達への尊敬の念です。

和田
「インターに限らず、よくプロレス業界では陰で言われてることですが、スパーリングのときなど、新弟子とかまだ弱いヤツにはバンバン極めれるじゃないですか? でも、そいつが強くなってくると、スパーリングをしなくなる人もいる。はっきり言ってそういう人はあんまり強くないんですよ。でも、強くなってきた後輩ともガンガン常にスパーリングをしているのが強い人たちですよ。そういうのはどこの業界もそうだと思う。道場内には、先輩後輩の上下関係というのはあるけど、誰が本当に強いのかは、毎日肌を合わせていればよくわかる。やっぱり、タムちゃん(田村潔司)だとか、金原、サクっていうのは、スパーリングをよ~くやってました。あと、みんな安ちゃん(安生洋二)に教わってましたから」


後年、総合格闘技の時代が来た際に、

プロレスラーの中でほぼ“唯一”と言える位、

結果を残したのが、田村潔司らUインター出身者たちでした。
田村初の先輩越え

その礎は安生洋二を中心に繰り返されたスパーリングだったのです。

これはまた折を見てYAIAでやりましょう。

そして日本一のMMAレフェリー、和田さんの礎もまた、

Uインター道場にあったのです。



今月発売の『KAMINOGE vol.28』でも、

和田さんインタビューの続編が掲載される様です。

楽しみに待ちましょう。
和田さん、いい顔です

関連記事
スポンサーサイト

tag : 和田良覚 高田延彦 安生洋二 宮戸優光 田村潔司 金原弘光 高山善廣 桜庭和志

comment

Secret

いやぁ、偉大ですよ…ミスター和田は。
エッ!?っていう試合も裁いてますからね。

Uインターは間違いなく、和田さんが断れない性格なのを見越してスカウトしてません!?(笑)

インタビューではエンセン氏のことにも触れてますね。そんなカタチで和田さんが話に出すのは初めてでは?
私も個人的に『エンセン井上・六本木伝説』を持ってますよ!…書けませんけど(汗)
和田さんのエピソードと似てます(笑)
…って、私のはどうでもいいですね。失礼しました。

UWF30周年ですか。
そういえば、パンクラスがリングを使用する最後の興行で近藤vs成瀬が行われます。
いろいろと考えさせられますよね。

>宮戸ゲノムさん

いやぁ、偉大ですよ…ミスター和田は<その名前の時期もありましたね(笑)。

Uインターは間違いなく、和田さんが断れない性格なのを見越してスカウトしてません!?(笑)<いろんな意味でかなり無理させてた様ですね。
今で言うブラックなんちゃらみたいな…いや経営陣にそんな考えはなかったと思いますが。

私も個人的に『エンセン井上・六本木伝説』を持ってますよ!…書けませんけど(汗)<非常に気になりますが、聞くのが怖い部分もあります。
この記事もインタビューの後半部分は割愛しましたが、和田さんよくぞそんな世界で生き残ったなぁと思い知らされました。

UWF30周年<大宮の旗揚げから30年ですか…ここまで語り継がれる団体は(もう存在してませんが)ないでしょうね。枝葉の分かれ方も尋常じゃないですから。

パンクラスがリングを使用する最後の興行で近藤vs成瀬が行われます<パンクラスも既に団体というより“場”になりつつありますが、それでもUから派生したプロレスにカテゴライズされていた団体ですもんね。
そこからリングが消えるという事実…大きいですよね。

また一つ時代が終わるのでしょうか。

独占

久しぶりにインターねたですね。

和田さん顔の広さと、インターに入った経緯は驚きでした。あまり詳しくないので…

今月号は後半戦楽しみですね。

北尾の写真は、高田戦ですか?

自分も当時、武道館に観に行きましたので懐かしいです。

自分の席は、北尾が退場する通路側だったので…

試合後、高田が肩車されファンに囲まれて退場する姿(当然むっちゃ盛上がり)を遠目で見ながら…畜生~反対側だったかって思いながらね…

こっち側の北尾(汗びっしょりの肥えたオッサン)に駆け寄って、頑張ったなって肩を叩いた思い出が有ります。

流石お相撲さんボヨンとしてるな…なんて思いながら…

回りを見渡すと…当然ですが、他には誰も北尾に駆け寄る人はなく(みんな高田を見ながら盛り上がってるので)、一人ぼっち…

みなさんが高田に走るので…プロレ…いや…北尾を独占させて頂きます。って感じでした。(-。-)y-゜゜゜

No title

購入してますが忙しいのでまだ読んでません。
山田邦子のは見ましたが(笑)

レフリーも一緒に練習する、レフリーも強くないとレスラーに舐められるとはよく聞いていたのでそれなりに練習してると思ってましたが、新弟子扱いって・・・
今の世の中なら訴えられてもしょうがないですよね(苦笑)

>名も無き戦士さん…もといナリさん

山田邦子のは見ました<このインタビューが私にとっては一番のサプライズでしたね。現状のプロレスに戻ってきてるんだ…と。

レフリーも強くないとレスラーに舐められるとはよく聞いていたのでそれなりに練習してると思ってましたが<和田さんに至っては後年、総合デビューしましたからね。そして選手に勝っているという。
実際、Uインターでは入門テストの中に和田さんと相撲取るというのもあったみたいですが、誰も勝てなかったみたいです。
というか選手でもなかなか勝てなかったらしいです(笑)。

Uは生きている。

こんにちは。

KAMINOGEの最新号、予約注文してまで、早く読みたいのですが、一時的に在庫切れで未だに届いていません。

これって、Uにまだまだ、ニーズがあるって事ですよね。

>aliveさん

おはようございます。

KAMINOGEの最新号…一時的に在庫切れで未だに届いていません<その様ですね。昨日休みで買い物の付き添いで何件か書店回ったのですが、置いていませんでした。

Uにまだまだ、ニーズがあるって事<そうでしょうね。UWF30周年MOOKもほとんど置いてませんからね。
私らが思っている以上にUは生きてるという事でしょうね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード