狂犬ブロガー

先日の記事(参照:素敵な記念日)でご紹介したブログの、

管理人さんである“時の人”駒沢シバティストさんが、

わざわざコメントを下さいました

この“柴田勝頼愛”に満ちた素晴らしいブログ、

改めてご紹介させて頂きます。

 ~柴田勝頼 未公認応援 ブログ~ 今日のブログ後のテーマは、「○○」です。
駒沢シバティストさん(c)

イッテンヨン(参照:レッスルキングダム8PPVを追っかけ再生で観た)以降、

最注目レスラーとなった柴田ですが、

駒沢シバティストさんの様な熱いファンが、

応援ブログを発信しているというのは、

何物にも代えがたい強力なパートナーなのではないでしょうか。

今日現在、開始2ヶ月弱で脅威のハイスパート更新数ですが、

その中でもオススメ記事を私なりにチョイスしてみました。

まず一連の『サンクチュアリ』シリーズです。

 サンクチュアリ~イッテンヨンの足跡を追いかけて~ 第1話

 サンクチュアリ~イッテンヨンの足跡を追いかけて~ 第2話

 サンクチュアリ~イッテンヨンの足跡を追いかけて~ 最終話

 サンクチュアリ〜イッテンヨンの足跡を追いかけて〜第2部第1話

 サンクチュアリ~イッテンヨンの足跡を追いかけて~第二部第2話

 サンクチュアリ~イッテンヨンの足跡を追いかけて~第二部第3話


この行動力、リアルとファンタジーの境目なき展開!!

煽りVの映像をヒントにここまでやるかぁ!? というね(笑)。

記事を読みながら大笑いしましたけどね、

いや、本当にブロガーとして最大限の敬意を表しますよ。

さらに文字起こしの金字塔ともいえる、

このシリーズは圧巻です。

 【NICONOGEほぼ完全版】〜柴田勝頼、色々と大いに語る〜前編

 【NICONOGEほぼ完全版】〜柴田勝頼、色々と大いに語る〜中編

 【NICONOGEほぼ完全版】〜柴田勝頼、色々と大いに語る〜後編


これ普通に読んじゃいますけどね、

動画や映像を見返しながら、

普通に読めるレベルの記事起こしって大変な作業ですからね。

ブロガーで記事起こしやった事のある方ならわかりますよね。

その苦労は文字起こしを決意したブロガーの宿命ですし、

一度やってしまうと、もう手抜きは出来ないという、

これもまた宿命…(笑)。

他にも後藤洋央紀関連や、

プヲタめしも。

そして週イチ更新の【週刊 柴田勝頼】を読めば、

一週間の柴田の流れが全て把握出来ます。



さらに私ごときのブログも記事に取り上げて頂きました。

 続・「山」との邂逅

10年前からですから…携帯サイトの時代からですね、

ほんの僅かであっても私のブログからの影響で、

プロレスブロガーさんが誕生したのなら、

これ以上ないくらいブロガー冥利に尽きますよ!!

駒沢シバティストさん、今後ともお互いに頑張りましょう。
柴田の咆哮

関連記事
スポンサーサイト

tag : 柴田勝頼 駒沢シバティスト

comment

Secret

No title

イッテンヨンの足跡を追いかけて・・・


なんじゃこりゃ(笑)


私は昔メルマガ発行してる頃、見に行けなかったアイドルのコンサートを妄想で書き上げたことがありましたが、それに近い懐かしい匂いを感じました。
おそらく筆者はニヤニヤしながら書いてると思います(笑)

驚愕

記事にされているブログは最近知ったのですが、最初読んだ時、「スゲェ!」と思いました!
昔、柴田が普段着のダウンジャケット姿のまま、猪木に佐竹戦を直談判しに行った時ぐらい衝撃的でした。
…素晴らしいブログってことですよ!

私なんてアメブロのアカウント作ってコメントしちゃいましたからね!
今後もきっとするんじゃないかと(笑)
記事によってはこちらのレガさん宛てのコメントと被るかもしれませんが、「同じこと書いてんじゃねーよ!」とか言わず、どうか見逃して下さい(涙)

しかしレガさん、憧れられるって凄いですね!
シバティスト氏が柴田なら、レガさんは石澤ですよ!
プロレスブログ界のケンドー・カシンですよ!
さぁ、レガさんの脳内でスカイウォークが流れてきったぁ~!(笑)
今後、何かプロフィールを書く機会があれば、特技の欄に『タランチュラ』と書けますよ。
やりましたね。
新たな称号ですよ。
そんなレガさんには副賞として、武藤〇恵vsカシン裁判Tシャツを差し上げます。

―――――

前回の記事ではコメ返ありがとうございました。

面白い試合ですか?
無我の竹村vsシェーン・リグビー(ビリーライレージム)なんか最高ですよ。
回転してのフェイント→シングル→原型ドラスク→ヒールでフィニッシュするんですが芸術の域です。
旧Uにも参戦経験がある、ピート・ロバーツの全日参戦時の試合も好きですね。
少しマニアック?
では少しメジャーな試合を…馳vsジョニー・スミスなんか良かったです(笑)
レガさんには名勝負だけではなく、迷勝負も記事にしてほしい(笑)

ライダーHIROは日本MMA界では名の知れた、清水兄弟の次男ですね。
ライダーベルトを巻いて入場してくるので有名な選手です。
ちなみに兄の俊一は現UFCファイターで、なかなかやりますよ。

アジアンテローズって、そんなギミックだったんですか(汗)
当時の世相を表しているといえば…80年代のスーパーマリオマンもそうです(そうなの?)。
あれにはやられました…。

学校で友達に「今晩の新日にスーパーマリオが出るぞ!」と得意げに言っちゃって、次の日、会わす顔が無かったですよ!
こっちは「ひょっとしてマネージャーでピーチ姫を引き連れてくるんじゃねーか(サベージでいうところのエリザベスですよ)」とか、「きっとピンチになったらルイージマンが駆け付けるはずだ」とか想像しますよねぇ?
それがどうでしょう。
変なマスク被ったデカイ黒人が白ブリーフ姿になってるだけという…休日のレイ・キャンディか!?

すでにスーパーマリオマンは画面に映ってるのにスーパーマリオマンを探しちゃいましたからね。
頭バグりましたよ。バグってハニーですよ。

ありがとうございます!

ニヤニヤしながら書いている筆者でございます(笑)。

いやはや、こんなに大きく扱っていただけるとは思いもせず…σ(^_^;)
腕ひしぎ逆ブログの歴史に名を刻めたかと思うと感慨もひとしおと言いましょうか…。
これはもう下手な物は書けません!
(サンクチュアリを書きながら…)

今後も柴田の動向を追いかけつつ、レガさんに追いつけるよう更新に励んでいく所存です!
今後ともよろしくお願いします!!

>ナリさん

なんじゃこりゃ(笑)<本当素晴らしいですよね。

見に行けなかったアイドルのコンサートを妄想で書き上げたことがありましたが、それに近い懐かしい匂いを感じました<空想と妄想はプロレスの上質な楽しみ方の一つですもんね。

おそらく筆者はニヤニヤしながら書いてると思います(笑)<その通りの様ですね(笑)。

>宮戸ゲノムさん

最近知ったのですが、最初読んだ時、「スゲェ!」と思いました!<いや本当に凄いとしか言い様がないですよ。ヘタな雑誌読むよりよっぽど面白いというのはこのブログの事ですよ。

昔、柴田が普段着のダウンジャケット姿のまま、猪木に佐竹戦を直談判<また懐かしい話題を(笑)。
「K-1のKは喧嘩のKだろ!?」ってのもありましたね。
やっぱり彼は新日本プロレスですよ。

私なんてアメブロのアカウント作ってコメントしちゃいましたからね!<ありがとうございます!! そういうの本当に嬉しいですよ。

シバティスト氏が柴田なら、レガさんは石澤ですよ!<恐れ多いですね。
私は上井駅長で充分ですよ。

副賞として、武藤〇恵vsカシン裁判Tシャツを差し上げます<いやそれはさすがに要りませんね(笑)。

無我の竹村vsシェーン・リグビー(ビリーライレージム)なんか最高ですよ<無我には蛇の穴から結構来ていましたよね。あの路線は好きだったなぁ。
リグビーって確か西村とも好勝負やったんですよね?

ピート・ロバーツの全日参戦時の試合も好きですね<ゴールデンの最後の方かな? あの時代と前後してマレンコ兄弟とかも上がっていましたよね。
馬場さん以外に、そっち好みのブッカーいたんですかね?

馳vsジョニー・スミスなんか良かったです<カルガリですか? それとも火曜8時の時代かな? 馳がほっそい頃ですよね。

名勝負だけではなく、迷勝負も記事にしてほしい<いずれ大仁田vs高杉セブンはやりますね(笑)。

ライダーHIROは日本MMA界では名の知れた、清水兄弟の次男<勉強になります。
リングネームはイロモノ系ですが、実力は確かなんですね。

アジアンテローズって、そんなギミックだったんですか(汗)<確かそうだったはずですが、違ってたらごめんなさい(滝汗)。

80年代のスーパーマリオマンもそうです<むしろ90年代のドン・フライの方がその名に相応しかったですね。

「今晩の新日にスーパーマリオが出るぞ!」と得意げに言っちゃって、次の日、会わす顔が無かった…「ひょっとしてマネージャーでピーチ姫を引き連れてくるんじゃねーか(サベージでいうところのエリザベスですよ)」とか、「きっとピンチになったらルイージマンが駆け付けるはずだ」とか想像<ちびっ子ファンならではの想像力たくましさですが、今思えばそれこそいい時代でしたよね。

休日のレイ・キャンディか!?<(大笑)。

すでにスーパーマリオマンは画面に映ってるのにスーパーマリオマンを探しちゃいました…バグってハニーですよ<(爆笑)。どう考えてもスター性のないビジュアルで、よくも1シリーズ使い切りましたね。

>駒沢シバティストさん

ニヤニヤしながら書いている筆者でございます<あ、やっぱりそうでしたか(笑)。

腕ひしぎ逆ブログの歴史に名を刻めたかと思うと感慨もひとしお<とんでもないです。勝手にリンク貼ってすみませんでした。

今後も柴田の動向を追いかけつつ、レガさんに追いつけるよう更新に励んでいく所存です!<さっそく、凄い試合目撃しちゃいましたね!! お疲れ様でした。

またまたコメ返

ありがとうございます。

リクビーと西村の試合は見てないかもです(汗)
見たくなってきた…
ピート・ロバーツは80年代後半ぐらいからしか記憶に無いんですよ。
私が好きなのは日本での試合だと、もうホント最後の最後の方ですね。味があるんだ。これが。
馳vsジョニー・スミスは全日本でやった試合です。後楽園だったかなぁ…
ランカシャー系レスラーはリスト一つ取るのも、めちゃくちゃ丁寧で上手いんですよね。

大仁田vsセブンの記事読みてー!!(笑)
あっ!ウルトラセブンに関することで、スッゲーくだらない話を個人的に持ってますよ(笑)
迷勝負…わたし的には木村健吾vsランス・フォン・エリックを推したいです。

>宮戸ゲノムさん

リクビーと西村の試合は見てないかも<確かまだ西村が白いパンツの頃ですよね。内容までは覚えておりません。
ねちっこい展開の中で時折西村がラフを見せてた様な印象があります。

ピート・ロバーツは80年代後半ぐらいからしか記憶に無いんですよ<あの時代の全日って本当におもちゃ箱みたいに色んな選手が上がっていましたね。

馳vsジョニー・スミスは全日本でやった試合…ランカシャー系レスラーはリスト一つ取るのも、めちゃくちゃ丁寧で上手い<その妙技を堪能するのも上質な楽しみ方なんでしょうね。
私は全日でのジョニー・スミスってほぼ記憶ないんですよ。結構、上で使われてたんですか?

大仁田vsセブンの記事読みてー!!(笑)<これは書き応えある試合ですよ。カテゴリは『お笑いキングスロード』ですけどね(笑)。

わたし的には木村健吾vsランス・フォン・エリックを推したいです<ランスなら…87年くらいですか? これも記憶にないなぁ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード