新日1.5後楽園をサムライTVで観た

スカパーの長期契約者を対象に、

2000円分が無料視聴出来る1月のサービスを利して、

サムライを1ヵ月契約しました。

昨夜(参照:レッスルキングダム8PPVを追っかけ再生で観た)の興奮冷めやらぬまま、

今日はサムライTVで後楽園ホール大会が生中継。

ところどころ飛ばしながらではありますが、

興味のある試合を中心にTV観戦しました。

かなり端折った書き方ですが、

二日連続の感想文です。



まずこの大会名『NEW YEAR DASH !!』ってのが良いですね。

昭和のシリーズ名…このネーミングを聞くと、

UWF軍団が殴り込んで来た1986年を思い出します。

まず木谷オーナーの挨拶で始まったのですが、

曰く「自分から言うんじゃなく、周りから黄金時代と言われる様…」と。

上昇志向の強い方ですよね。本当に頼もしい。

ただ欲を言えば、

本当は新年の挨拶って選手が揃ってやるべきだと思いますね。
一同、

いや欲を言えば…ですよ。



試合の方は第1試合…昨日と同じ顔触れ。

しかし昨日よりはバトルロイヤル感が少なかった気もしました。

が、やっぱり馴染めんなぁ。

第2試合、鈴木vsヤングライオン田中翔。

何か親しみを持てる名前だなぁ、と。

で、コスチュームから体型から試合スタイルまで、

懐かしいヤングライオンそのものといった感じですね。

前腕を当てていくエルボーやドロップキック、

ハーフボストンクラブやオクラホマ・スタンピート。

なぜか“船木優治”を思い出しました。

そうなると相手の鈴木が組長に見えたなぁ。



第4試合のタッグマッチ、エル・デスペラードのデビュー戦ですね。

前日突如、新王者・飯伏の前に現れた謎のマスクマン。

誰もが想像したとおりのルチャテクニックでした。

ちょっと小さい気もしますが、

非凡なものが幾つも見えました。

これから楽しみです。



ガイジン絡みの第5、6、7試合はスルーして、

メインの8人タッグ…。

…、

…、

…、

…全く何なんですか!? ドーム翌日と言うのにこのコンディションの良さは!!

内藤と石井の打ち合いは凄かったなぁ。

やっぱり石井は面白い。

内藤もブーイングの嵐の中で意地を見せていけば、

飛び級もありえますよ。

コンディションで最も驚いたのは後藤ですね。

試行錯誤気味の髪型は置いといて、

長期欠場明けで、

前日あれだけハードな試合をしておいて、

今日の動きのキレ!!

心より驚いちゃいました。

オカダも疲れ知らずだなぁ…。

そして何より中邑と棚橋。
早くもリマッチ決定

一時期の新日では一度ベルトを失うと、

一周して来るまで挑戦権は巡って来ない様な感がありましたが、

今はそんな事ないんですね。

これでリマッチ決定でしょう。

だって虎の子のタイトルを失って、

正直に「もう一丁」って言うのが自然だもん。

去年のオカダ以上に、

今年の棚橋は中邑とシングルやったらいいですよ。

G1も同ブロックでいい。

ついでに開幕戦での対戦を希望します(笑)。



…にしてもこの新日の充実ぶりは凄いなぁ。

たかさんみたいな常連の方々から、

流星仮面二世さんの様に新日から遠ざかっていた方々を、

会場に足を運ばせて、

ジョーカー ナリさんの様な方を、

ライブビュー会場に足を運ばせ、

私の様な地方人には、

PPVを購入させる。

まさしく全プロレスファン一丸となって、

黄金時代に向かってる感がありますなぁ。

関連記事

comment

Secret

No title

新年最初の興行はドームですが、ドームは去年の総決算って感じですもんね。
後楽園ではやっぱり新年の挨拶ってのがいいと思います。

ライブビューの件はいっこ前に書いたのですが、どうしてもベテランファンになるとお金を使わない傾向になってくるじゃないですか?
なかなか観戦しない(しても安い席)
グッズを買わない
サインに並ばない
それでも、文句は人一倍多いという(笑)

私がまだTVでしかプロレスを見ていない頃、「プロレスは昔に比べてどうたら」といううるさい親や先生を見て、「こういう大人にはならないでおこう」と思いました。

話はそれますが、一昔前なら亀田、最近では井岡がボクシングのニュースターになりましたが、ネットを見ると亀田はずっとボロカス。
井岡は「ローマンゴンザレスから逃げた」と言われっぱなし。
いわゆるボクヲタのブログや、コメントを見るとスター選手はボロカスです。
亀田や井岡より、山中を見ろ、内山を見ろとなるのはいわゆるボクヲタから見ると当然なのかも知れません。

もし、TVを見て「亀田強いな!」「井岡カッコいいな!」と思った少年ファンが、そういう批判を目にしたら・・・
「じゃあ、内山や山中を見よう」とは思いませんよね。
なんか、急に冷めちゃって「強い、カッコイイ」と思った感情がバカバカしくなりそうで。


その昔『プロレスは時代を映す鏡』という言葉がありましたが、きっと今のプロレスは”今のファンにあった味付け”になっているのかも知れません。
だけど、私が愛してきたプロレスは”時代の味”になったとはいえ、それは私たちが歩んできた足跡で出来た道。
ならば、それを愛している今のファンにマイナスな事をいうのは避けたいなぁ・・・と。

僕が少年ファンだとしたらやっぱりオカダや棚橋や飯伏が好きになったと思いますし、
永田、天山、桜庭、中西を見て「カッコイイなぁ」とは思わなかったと思います(苦笑)


それならば、それを後押しするのがベテランファンの仕事かなぁと思います。

生は良い

そうなんですよ。
私も“NEW YEAR DASH !!”にニヤッとしちゃいました。

プロレス団体でビッグマッチといったら今は後楽園ホールだったりしません?
どこも良いカードを用意してくるじゃないですか?
アングルもそこに向けて組んできたり。
でも新日本は地方と変わらないぐらいのカード編成ですよね。
客席もぎっしり埋まってる。
余裕だなぁ、凄いなぁと感心します。
まぁ、レスラーの人数が多いってのが1番の理由なんでしょうけどね。

個人的に新日本ファンのスミスJr.の評価が気になってます。
私ら世代で言ったらバッドニュース・アレン的な感じですかね?
親父のスミスでないのは確かですが(笑)
あっ、アレンといっても別に中邑がブッチャーということではないです。
そういや、スミスJr.はラフター7にも練習に来てたと聞いてますよ。
スミスJr.のプロ・レスリングが見たい。小一時間ぐらい見たい。

先日録画したイッテンヨンを見ました。
桜庭、グレイシー…う~ん…。
プロレスだからって、それっぽく上手にこなそうとしなくて良いんですけどね(苦笑)
出来ないんですから!

それと個人的に凄く気になったこと。
桜庭が相手にバック取らせてアームロック狙いにいく所は客を沸かせたいポイントですよね?
まったくの無反応…
いや、別に客が駄目だというわけじゃないですよ!
もう大半がそれを知らない人達が見に来てんだろうなーと感じただけで。
レガさんが書かれてたようにヌルくてもブーイングが飛ぶこともなく。

今の客層だったら暗黒期と呼ばれていた時代のような試合組んでも、もしかして大丈夫なんじゃないですかね?一周回って。
そうだなー、柳澤vsオカダとか。
あらっ、ダメ?
見ったいけどなー、安田vsデヴィット。

>ナリさん

後楽園ではやっぱり新年の挨拶ってのがいいと思います<あまり見かけなくなりましたね。
木谷オーナーがやる事に異論はないのですが、選手の中から代表者がやるべきですよね。

どうしてもベテランファンになるとお金を使わない傾向になってくる<ああ、そう言われると耳が痛いですね。

文句は人一倍多いという(笑)<問題はそこですね。
ただ今の新日ってそこの層すら疎かにしていないのが凄いですよ。

「プロレスは昔に比べてどうたら」といううるさい親や先生を見て、「こういう大人にはならないでおこう」と思いました<過去を美化するのはプロレスに限った話ではないですけど、そこに固執するといま目の前にある凄いものが見えなくなったりしますからね。

ネットを見ると亀田はずっとボロカス。井岡は「ローマンゴンザレスから逃げた」と言われっぱなし<ブログに書くのも矛盾しますが、ネットが全てと見なされると三流ムックと一緒ですからね。
夢を壊す作業だけでは発展がありません。

『プロレスは時代を映す鏡』という言葉がありましたが、きっと今のプロレスは”今のファンにあった味付け”になっているのかも…それを愛している今のファンにマイナスな事をいうのは避けたいなぁ<なるほど。いや、確かにそうですね。気をつけなきゃ業界発展はないですよね。

僕が少年ファンだとしたらやっぱりオカダや棚橋や飯伏が好きになったと思います<原点に帰ったらそこなんですよね。
私も幼少期に猪木、藤波、タイガーにどっぷり浸かったのはかっこよさからです。そこは決して馬場さんじゃなかった。

それを後押しするのがベテランファンの仕事かなぁ<会場で一言さん相手に「黙ってみてろ」なんて時代はもう古いんでしょうね。

>宮戸ゲノムさん

私も“NEW YEAR DASH !!”にニヤッとしちゃいました<ブシロード体制になってからちょくちょくそういうオールドファン心くすぐる事してきますよね。

プロレス団体でビッグマッチといったら今は後楽園ホール<そうなんですよ。昔はシリーズ開幕戦とかミニシリーズの最終戦とか、ファン感謝デー的な会場ですよね。

新日本は地方と変わらないぐらいのカード編成<すっかり盟主の座を奪回した感があります。

個人的に新日本ファンのスミスJr.の評価が気になってます<評判はいいと思いますよ。私もよくわかりませんが。
ただアーチャーとのタッグですからね…大味にならざるを得ないというか。

スミスJr.はラフター7にも練習に来てたと聞いてます<スネークピットにもよく出稽古行ってるそうですし、プロレスリングが好きなんでしょうね。

桜庭、グレイシー…う~ん…<過去が過去だけにこういう関係になってくるとちょっとアレですよね。

桜庭が相手にバック取らせてアームロック狙いにいく所…まったくの無反応…大半がそれを知らない人達が見に来てんだろうなー<そういうプロセスは一切どうでもいいんでしょうね。
肝心なのは永田の白目と桜庭の糸目なんでしょう。

今の客層だったら暗黒期と呼ばれていた時代のような試合組んでも、もしかして大丈夫なんじゃないですかね?…柳澤vsオカダ…安田vsデヴィット<大きな賭けである事には違いないでしょうね(笑)。

No title

明けましておめでとうございます。レガさん今年も宜しくお願いします!

1.4の中邑の敗戦が想定外過ぎて5日はやる気がなかったのですが、こんなに早くリマッチが決まるとは。今年はこの二人の抗争が軸なんですかね!

欲をいえばもうユニットは全解散&シャッフルしちゃって、新しい流れで今年のビックマッチラッシュを駆け抜けてもらいたいものです。

>オビワン三世さん

あけましておめでとうございます。
こちらこそ本年も宜しくお願い致します。

1.4の中邑の敗戦が想定外過ぎて<確かに結末は意外でしたね。
しかしこの二人は既に勝敗を超えた間柄になりつつあるんじゃないでしょうか?
ただそれが中邑というレスラーの価値観からするとどうなのかなぁ? という部分もあります。

今年はこの二人の抗争が軸なんですかね<何度もやっていいんじゃないでしょうかね。今年はそういうテーマで。

欲をいえばもうユニットは全解散&シャッフルしちゃって、新しい流れで<ベースは今のままでいいんですけどね。何やら柴田が後藤と組むみたいですね。
ケイオスはいいんですが、中邑がそこにいる意味ってどのくらいあるのかなぁ???
居心地が良くなってるとは思いますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○さん

藤原組長と鈴木みのるに非常に近い場所にいらっしゃった方から否定的なコメントも頂戴した事もありますが(笑)、似てると思うんですよ。鈴木がキャリアを積めば積む程に。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード