実は集大成~後編~(1996)

前編からのつづきです。

高田延彦必殺の腕ひしぎ逆十字固めを、

エスケープした高山善廣ですが、
腕ひしぎ逆十字でエスケープ

グラウンド技術の差は如何ともし難く、

さらに立てば高田得意の中間距離から、

速くて重いローキックが待ち構えています。
どんどんローのキレが増してきます、

数発食ったところで、

高山は蹴り足を捕えると、
これを高山がキャッチして、

一気に距離を詰めて膝蹴り。
飛び込んでの膝!!

たまらず高田はダウンを喫します。
遂に高田からダウン奪取

高山の最大の武器…それはやはり“膝”です。

これでお互いの持ち点も並びました。

立ち上がると追撃の膝を連発しますが、
さらに膝を出すが、

今度は高田が蹴り足を掴まえて、

テイクダウンから上になりますが、
高田がテイクダウン

すぐに高山が体を入れ替えて、

顔面に肘でスリコギ攻撃。
高山が上からスリコギ攻撃から、

さらにお株を奪う腕十字でエスケープ奪取。
腕十字でエスケープ奪取

持ち点上では逆転します。

しかし、どこかしら余裕の窺える高田。

ここからの展開はまるでUWFでの“集大成”の様相です。

まず手探りのフェイントから、

ハイキックの軌道でのトラースキック。
高田のトラースキック、

これは新日との業務提携時代、

越中や馳の様な打撃を苦手とする相手に、

よく見せた蹴りですね。

そこからそのままラッシュに行きます。

まさに“ハードボイルドキッカー”!!

左ハイキックは3度目のベイダー戦フィニッシュ(参照:決意のオエッ~後編~)。
左ハイキック!!

さらにフルスイングの右ロー2発から、
フルスイングの右ローから、

もう一発左ハイを挟んでの、

右ハイキックはもちろん北尾戦(参照:神様が降りて来た夜)!!
右ハイキックで、

この怒涛のラッシュに高山堪らずダウンです。
高山ダウン

思えば北尾戦の奇跡のハイキックは、

深夜に及ぶ高山との特訓から生まれたんですよね。

ここまで来れば高山だって捨て身です。

死力を振り絞って突進すると、

高校時代ラグビーで培ったタックルから、
もの凄い突進力はラグビー仕込か?

バックを奪って、

そのままジャーマンへ。
そのままバックを取ってのジャーマンは、

高田は足を絡めて潰します。
崩れてしまうが、

これもちろん幾多のゲーリー戦(参照:オーバー・ザ・シュート【7発の殺人橋】~前編~~後編~スーパースター誕生最強の名の下にゲーリーのキャッチ・アズ・キャッチ・キャン)ですね。

ゲーリーのスープレックスは高田が安易に受けなかった事で、

“殺人風車”となった訳です。

高山はそのままアンクルを極めに行きますが、
アンクルを極めていく

高田はすぐに抜けると上になり、

脇腹へ掌打を数発入れてから、
高田はボディへの掌打連射から、

再び腕十字狙いにいきますが、

高山必死のディフェンス。
腕十字狙いは高山が防御して、

起き上がってお返しの掌打連発から、
上から掌打のお返し、

アキレス腱固めへ。
再びアキレス腱固めへ、

これを高田はスルリと抜け出ると、
高田スルリと切り抜け、

もう一丁、腕十字を狙いますが、

高山必死のディフェンス。
再度腕十字へいくが高山防御、

左右の掌打を入れておいてから、
さらに掌打を入れてから、

渾身の逆エビ固めへ。
渾身の逆片エビ固め、

腰を落として絞り上げたところで、

高田は足首を掬って返すと、
高田はこれを返すと、

そのまま一気に、
一気に、

腕ひしぎ逆十字固めで一本!!
腕ひしぎ逆十字固めで一本

このフィニッシュもこの試合が最後となりましたね…。

終わってみれば余力十分の完勝。
Uインター最終戦は高田が勝利

高田は結果的にUインターのリングで、

下克上を許す事はありませんでした。

それでも愛弟子と呼べる高山の成長は、

素直に嬉しかったと思います。
労いの抱擁から、

身のほど知らず。
 身のほど知らず。 より

高山
Uインターの最後の興行のメインエベントは俺と高田さんの一騎打ちだった。このとき俺は敗れるのだが、その何日かあとに、高田さんと安生さんたちに呼ばれて何人かで食事をしたことがある。俺が途中でトイレに立つと、高田さんもトイレにやって来た。お互い、かなり酒が入って酔っ払っていたのだが、高田さんはまるで俺と二人っきりになるのを待ち望んでいたかのように言った。
「お前はもう全日本で頑張ってトップを狙え。そして、いつか大きいところで、また俺と一騎討ちをできるように頑張ろう」


再戦は叶いませんでしたが、

高山は高田の教えをしっかり守って、

全日~ノアの過程で揺るがないトップに立ちました。

UWFの最終試合、もちろん最後は座礼です。
最後は座礼

そのまま高田はマイクで最後のUインターメンバーを呼び上げました。
「リングに上がって!」

いささかこじつけ気味になりますが、

記事中にも書いた通り、

改めてこの試合を振り返ると、

プロレスリングにおける高田の集大成だったのかなぁ、と。

実際この試合を最後に高田はレガースに別れを告げました。

第一回の猪木祭で武藤とのタッグ結成時に、

一度だけ装着しましたが、

あれはあくまでお祭りでの事ですから、

やっぱりこの高山戦が、

高田にとって正真正銘“最後のUWFスタイル”だったという事です。

あれから今日で丸17年、

今でも私の記憶の中で、

高田の紫色のレガースは真空パックされています。
高田の払い腰12

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 高山善廣

comment

Secret

No title

あらためて 高田のすごさを知ったかも・・・。
あたしが高山を初めてみたときは すでに今の高山だったから
病気前で黒髪の彼はようつべでしか 知りません。
野武士のような風貌が かっこいい

そんな高山のお師匠さんなんだね~。
試合も ほんと余力残してる感ありありです。
すごいよ。ホント・・・。

こんばんは。


天龍戦以降の赤コスチュームは個人的には不評です。どうしても田村のイメージが強いので。

高田ってたまに似合わないコスチューム着ますよね。

船木戦でのマサ斎藤の紫版みたいなのとか。


やっぱり高田といえば紫タイツ、ニーパット、レガース、シューズですよね。


No title

そういえば、プロレスリングをやった高田延彦はこれがラストだったんですね。
そこからキングダム→PRIDE→ハッスル・・・・ と来たもので。
最後のはカウントするべきなのでしょうか?
『高田延彦』
ではないからいらないですね(苦笑)

思い出したのですが、この発表がされる数日前に友達への年賀状に
「プロレス○大予想」
と銘打って、来年Uインター解散を書いていました。
覚えてるのはこれだけなので他はみんな外れたのでしょう。
予想は外れて年内に解散しちゃいましたが。

ちなみに、私は高田もリングスに行くのかな?とか思ってました。

高山が”怪物”と呼ばれるようになってからの高田との勝負を見てみたいと思いました。

>ケロさん

あらためて高田のすごさを知ったかも<いやいやケロさん、こんなもんじゃないんですよ。
このとき既に高田は輝きを失いつつありました。

野武士のような風貌<今の体型はアレですけど、Uインターの時代は本当に締まったボディでした。
特にデビューから数年は腹筋がシックスパックでした。

試合もほんと余力残してる感ありあり<強かったですよ、本当に。

>aliveさん

こんばんわ。

天龍戦以降の赤コスチュームは個人的には不評です<私も同じです。
高田自身の中にも「赤=全日の色」というのがあったみたいですし、天龍戦に対する意思表示だった様な印象あります。

船木戦でのマサ斎藤の紫版みたいなの<ありましたねぇ。
ロングタイツは1987初頭にも穿いていましたね。あと忘れられないのは、第1次Uのスーパータイガー戦のロング。
山ちゃんとお揃いみたいで嫌でした。

>ナリさん

プロレスリングをやった高田延彦はこれがラストだった…最後のはカウントするべきなのでしょうか?<猪木が入口だった高田としては最後のプロレスリングの試合だったと思います。
最後のムタ戦は「命を懸けた闘い」とは到底思えませんので、別物でしょうね。

友達への年賀状に…来年Uインター解散を書いていました<予言どおりですね…というかプロレスファン全体的には十分予想できた事なんでしょうかね?

高田もリングスに行くのかな?とか思ってました<田村が伸し上がっていた頃ですから、まずありえなかったでしょうね。
私は「タイソン戦?」と思っていました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○さん

この試合が正真正銘、高田最後のUWFルールの試合なんですよ。

高山は本当の意味で弟子といえる存在の一人でしたので、感慨深かったと思います。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード