FC2ブログ

合わせ鏡のピリピリ度(1994)

あの『プロレスリング・ワールドトーナメント』開催から、

26年が経過しました。
皇帝親子6

ということは、

プロレス界に爆弾を投下した“一億円会見”(参照:ごちゃごちゃ言わんと待ってます)からも26年。
一億円会見5

“Uインターの頭脳”宮戸優光が手掛けた中でも、

特に波紋を広げた企画でしたが、

この大会の発案者が、

実は当時の若手社員だったというのも、

意外と知られてはいない事実でしょう。
池田克明氏@Uインター若手社員

宮戸が自らの著書で明らかにしています。

UWF最強の真実表紙
 UWF最強の真実 より

宮戸
当時営業担当で池田克明という若手社員がいたのだが、その池田が
「宮戸さんはどんなメンバーを考えているのですか?」と聞いてきた。当時のメンバーとしては、すでにUインターに参加している選手が中心にならざるを得ない。
それにどれだけプラスできるかということで、多少は外国人で候補がいた。それを言うと池田が、
「それ、ちょっと弱いんじゃないですかね」とはっきり感想を述べたのだ。


この大胆な若手社員、池田氏とは、

芸能事務所の老舗である青二プロダクションで、

現在、常務取締役を務める池田克明のことです。

宮戸
すると今度は池田がアイデアを出してきた。
「よくテニスとかいろんなスポーツで、特別招待選手とかってあるじゃないですか。ああいうのってプロレス界はできないんですか?」と純粋にそのアイデアをぶつけてきた。
私が「う~ん…この業界じゃ難しいな~。正直言ってできないな…」と喉元まで出かかったのだが、純粋にそう言ってくる池田の発想というのはある意味、Uインターで育ったからこそ出てきた純粋な発想なのかなと思った。
そう感じた瞬間に「それはこの業界ではできないな」とは言えなくなってしまった。


1972年生まれでバリバリの新日ファンだった池田氏。

Uインター入社後もプロレスを愛するがゆえの純粋なアイデアが、

同じくプロレスファン出身者である宮戸の心を動かしました。

more...

tag : 宮戸優光 池田克明 プロレスリング・ワールドトーナメント 高田延彦 アントニオ猪木 新日本プロレス70'S

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード