FC2ブログ

完封勝利~前編~(1990)

田村潔司のYoutubeチャンネルの中で、

新生UWFにおける“セメント最強説”が飛び出したのは、

当時の高田延彦でした。
高田延彦@新生U

 Kiyoshi Tamura田村潔司【一人UWF放送室】 / セメント最強のレスラーは誰なのか…を発表します【新生UWF編】「田村潔司」20191215 より


他にも新生UWF時代に、

道場で練習を共にした後輩たちが口を揃えて、

高田の強さを語った本(参照:いよいよ一週間後)も記憶に新しいです。

現在“プロレス王”の異名を持つ鈴木みのるもその一人ですね。
鈴木みのる@新生U

当時たった一度だけ実現した、

1990年5.4 日本武道館

高田延彦vs鈴木みのる
は今思うと、

奇跡的な試合形式だったそうです。
高田延彦vs鈴木みのる

試合開始のゴングが鳴ると、

いつものアップライトスタイルに構える高田に対し、

鈴木は組討ち特有のスタンスを取ります。
組討ちの鈴木とストライカー高田

まずは手繰り合いから、

自然と首の取り合い…いわゆるカラーアンドエルボーの形へ。
首の取り合いから、

幾度かの組み合いから、

先にタックルを放ったのは高田の方でしたが、

レスリング技術が持ち味の鈴木は難なく切ると、
先に高田がタックル、

more...

tag : 高田延彦 鈴木みのる

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード