FC2ブログ

750頁、それぞれの真実。

遂に明後日、書店に並びますね。

これまで衝撃の出版を重ねてきた、

『証言UWF』三部作(参照:ほとんど真実DOKURYO“U”史観の変遷四文字をめぐるUインターの人間模様私にとっても最終作いよいよ一週間後腑に落ちた日)の集大成。

Uインター関連だけを拾っても、

完全版証言UWF表紙
 完全版 証言UWF 1984-1996 より

あの「10・9」から24年目の再会!
髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録

プロレスか、格闘技か―
前田、髙田、藤原、山崎、船木、鈴木…
28人が告白する葛藤、暗闘、醜聞の全真相!

全750ページ超、大ボリュームの完全版!

猪木の不参加、佐山と前田の対立、新生UWFのブームと崩壊、3派分裂…1984年の第一次UWFの設立から1996年のUWFインターナショナル崩壊まで、プロレスと格闘技の間で漂流し続けた男たちの葛藤、暗闘、醜聞の全真相!!
単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!

目次
■コンテンツ

「激突!! 新日本プロレスvsUWFインターナショナル全面戦争」から
24年後の“10・9”に初めて実現─
特別対談 髙田延彦×武藤敬司

第1章 第一次UWF「原点」の真実

髙田延彦
「Uインタ―の後期は、すべてを手放し、一人になりたかった」

中野巽耀
「前田さんは力任せ。スパーリングで一番だったのは髙田延彦」

宮戸優光
「前田さんと若手の分断を画策していた神社長が許せなかった」

安生洋二
「前田さんが宮戸さんを『新弟子』と呼び続けたことがすべて」

田村潔司1
「選手全員が神社長から興行の売り上げデータを見せられている」

垣原賢人
「道場の練習をそのまま出してはいけないのか」?という葛藤

田村潔司2
クビ覚悟だった髙田への「真剣勝負してください」発言

金原弘光1
“真剣勝負”を絶対に許さなかったUインター

山本喧一1
リングスに要求した移籍の条件は“田村との真剣勝負”

安生洋二×髙阪 剛
「誰も止めないから」起こった安生の前田殴打事件

金原弘光2
「髙田道場に誘われなかったのは、正直ショックだった」

山本喧一2
「Uインターで“神様”だった髙田さんは孤独だった」

鈴木 健
「田村の『真剣勝負してください』発言で髙田さんは人間不信に」


このボリューム感!!

more...

tag : 高田延彦 武藤敬司 堀江ガンツ

Uよく柔を制す~後編~(2000)

前編のつづきです。

1ラウンド開始早々のピンチから逃れた田村潔司ですが、

ヘンゾ・グレイシーは尚も寝技に持ち込んと、

低いタックルで飛び込んで来ました。
低いタックルで飛び込むヘンゾ

田村は右足を取られながらも、

きっちりがぶって潰しに行きます。
きっちりと潰しに行く田村

ここら辺りは8キロの体重差が効いているのか?

田村は脇腹へ細かくパンチを入れます。
ボディへ細かいパンチ

ヘンゾは諦めず右足を引きつけていき、

自然とスタンドの状態になりますが、

しっかりと田村は後頭部を抑え付けてコントロール。
諦めないヘンゾに田村は頭を押さえて防御

左へ体重移動して、

逆にヘンゾの右足首を取りに行きます。
横に体重移動していくも

ヘンゾは両手のロックを解かず、

執拗にテイクダウンを狙っていきますが、

田村はガラ空きのボディへパンチ。
ヘンゾは執拗に離さない

このKOKルールにおいて簡単には寝る訳にいきません。

焦れた田村は、

more...

tag : 田村潔司 ヘンゾ・グレイシー KOK 有田哲平 ビビる大木

空献道

高田延彦vs北尾光司の、

格闘技世界一決定戦から27年目の今日、

改めて北尾氏のご冥福を祈り、

献杯してまいりました。


more...

tag : 高田延彦 北尾光司 格闘技世界一決定戦

Uよく柔を制す~前編~(2000)

突然ですが、

くりぃむしちゅ~有田哲平Amazon Prime Video番組、

『有田と週刊プロレスと ファイナルシーズン』、面白いです。

特にUWF関連はゲストによって“神回”となります。

ビビる大木を迎えたこの2回がまさにそれでした。

私の心に最も刺さったフレーズが、

「高田ヒクソン戦の時は負けられたら困りましたもんね」、

「何もこっちは経済状況関係ないのに、明日からの生活どうしてくれんだ! みたいな」。

これ…プロレスを長く観ていると、

わかる方がたくさんいらっしゃるはずです。

さて今日はそういう試合を振り返りましょう。

リングス KOK無差別級トーナメント準々決勝

2000年2.26 日本武道館

田村潔司vsヘンゾ・グレイシー

田村潔司vsヘンゾ・グレイシー

当時、PRIDE常連でもあったヘンゾ・グレイシーが、

グレイシー一族として初めてとも言える、

U系のリングスKOKトーナメントという敵地に、

乗り込んできた奇跡の一戦。
ヘンゾはギを着用しての入場

ギに身を包んでの入場は、

いつもの通りトップロープを飛び越えてリングインです。
軽快にリングイン

一転して武道館が暗転すると、

今は亡き古田信行リングアナ(参照:追悼「…5分経過!!」)にピンスポットが当たりました。

古田リングアナ
「赤コーナーより!! 田村潔司選手の入場です!!」
古田リングアナのマイクから、

場内が暗闇に包まれ、

ほんの数秒間だけ静寂が訪れました。
一瞬の静寂が訪れたのち、

その直後、カクテル光線が光を放つと同時に、

聴こえてきたのは…『UWFメインテーマ』の旋律だ!!
カクテル光線と同時に『UWFメインテーマ』!!

瞬発的に条件反射の様に、

観る側のアドレナリンが泉の様に溢れ出てくる中で、

オープンフィンガーグローブを装着した田村潔司が、

その姿を現わしました!!
姿を見せた田村

爆発的な田村コールに後押しされ、

リングに向かうその背中には、

不思議なことに全く悲壮感が見当たりません。
大田村コールの中リングへ!!

そして大一番には必ず携えている小太刀(参照:小太刀とは何か?)も、

この日は見当たりません。

more...

tag : 田村潔司 ヘンゾ・グレイシー KOK 有田哲平 ビビる大木

海賊亡霊あらわる episode.5(1988)

4からの続きです。

1988年3.4 長崎国際体育館における、

海賊男ビリー・ガスパーとの初対決は、

不完全燃焼の末、アントニオ猪木の反則勝ちに終わりました。
忍び足で乱入

その後もガスパーズはますます勢いに乗り、

同じく猪木の首を狙う者がいれば、

邪魔者とばかり無差別殺戮の構えを見せます。
猪木壊滅宣言

3.11 愛知県体育館では、

ポスト猪木の最右翼、長州力とタッグで初対決。
タッグマッチ出陣も、

ガリー・ガスパーがサソリ固めで捕えられてしまいますが、

ビリーは慌てることもなく、
ガリーのピンチに、

約1ヵ月ぶりの白い粉を撒きました。
白い粉再び

さらに返す刀でマサ斎藤の額を割り、

大流血に追い込む残虐ぶり。
マサは大流血

この暴挙には長州もキレずにはいられません。

長身のガリーを組み伏せると、

力の限りにマスクを引き裂きにかかります。
怒りの長州はマスク破り

これにはガリーも大慌て!!

ほぼ顔が露出してしまっています!!
ほぼほぼ顔が出ている

例えこんな目に遭わされたとしても、

海賊男はそれを逆手に取っていきます。
ほぼ顔が出ている

more...

tag : アントニオ猪木 海賊男 海賊亡霊 ビリー・ガスパー ガリー・ガスパー ディック・マードック

背中に貼られたジュッテンイチイチ(1997)

今年も10月が来て既に半分過ぎました。

私にとって秋、10月と言えば、

高田延彦の季節なのであります。
「前田が泣いてるぞーーー!!…」

 歴史は10月に作られる~平成編~

 復刻版・私説PRIDE.1


先日、武藤敬司との再会を果たしたそうで、

またまた楽しみな一冊が出版される模様です。

1984~1996年といえば、

第1次Uの旗揚げからUインター解散。

即ちプロレス団体としてのUWFの歴史そのものですね。

そして翌1997年からは、

PRIDEの時代となる訳です。

今から5年前に放送したBSスカパーの、

『PRIDE ヘリテージ』#1(参照:BSスカパーで『PRIDE ヘリテージ#1』を観た)で、

高田が語った1997年10.11の記憶を、

今年は振り返りましょう。
PRIDEヘリテージ#1~12

more...

tag : 高田延彦 ヒクソン・グレイシー 安生洋二 UWFインターナショナル

2019年10.14 両国 ライガーvs鈴木のこと

昨夜、呑みの誘いを断り帰宅。

追っかけ再生にて、

『保険見直し本舗 presents KING OF PRO-WRESTLING』、

2019年10.14 両国国技館大会を、

テレビ観戦致しました。

ざっくりと感想綴ります。
2019.10.14両国国技館

more...

tag : 獣神サンダー・ライガー 鈴木みのる オカダ・カズチカ SANADA 飯伏幸太 EVIL IWGP

感動共有

日本がとても大変な状況にある時、

こういう感動の共有は途轍もなく大きなものだと思います。

ラグビー日本代表! ベスト4←※気が早かった(笑)ベスト8進出おめでとうございます!!

さて、お次は明日の新日本プロレスリング。

『保険見直し本舗 presents KING OF PRO-WRESTLING』

2019年10.14 両国国技館

何よりも注目はもちろん、

鈴木みのるvs獣神サンダー・ライガーの、

究極のケンカマッチ!!
パンクラスでの再会

…いや!

more...

tag : 獣神サンダー・ライガー 鈴木みのる パンクラス 東三四郎

ヨンクチュアリ~ザ・スコアー検証の後編~

前編からの続きとなります。

盟友・流星仮面二世さんから受け継ぐ形で始めた、

『ワールドプロレスリング』におけるOP曲『ザ・スコアー』の初使用検証。
ワープロOP@スコア初期

 団塊Jrのプロレスファン列伝 より
プロレス研究所~ザ・スコアーは本当に新日本が最初だったのか?~

ザ・スコアーがUWFの会場で流れていた、UWFがザ・スコアーを使っていたとは、29年目にして初めて知る事実でした。驚きしかありませんでした。

(略)使用は偶然だったと思うんです。この曲を聴いた人が、あ、盛り上がっていい曲だな。使ったらよさそうだな、合いそうだなと…そんな気持ちで使用に至ったんだと思うんです。その気持ちがシンクロニシティし、テレビ朝日とUWFという離れた場所でありながら同時期に使用されたのではないかと…こう思うんです。

でも、ワールドプロレスリングが1月に対しUWFが5月なのはやっぱりちょっとおかしい気がします。


Wikipediaにも(1989年1月 -)と記されています。

ところが前編の検証でわかった通り、

1989年1月においては、

前年のOP曲(バンド名CUBIC名義の名曲!)と同じものが使われていました。
鈴木修氏、そしてCUBICとは!?

1989年2.4放送回(1.26 唐津市文化体育館)から行ってみましょう。

番組冒頭恒例のソ連ロケは、

サンボの専門学校『サンボ70』からです。
サンボ専門学校にて辻アナ

国家ぐるみでスポーツ英才教育をする、

まさしくロッキー4の世界そのものですね。
サンボ専門学校

思わずアントニオ猪木も、

たくさんの金の卵たちに真剣な視線を注ぎます。
猪木の熱視線

自らも練習に加わったのでしょうか、

最後は猪木も上半身脱いでのインタビューです。

猪木
「身体にね、生活の中に入って来るって、これ一番強みですね。そういう意味では我々ももっと育成しなくてはいけない。若手をね」

「もう今回の旅行は、とにかくいろんなことが勉強だったしね、私自身も。我々のプロレスの流れもね、大きく変わる時期かも知れません」

もう一度ソ連視察

まさに刺激充分な旅の締め括りでした。

場面変わって2.11放送分(2.3 山形県体育館)のタイトルバックです。
OP曲は尚も変わらず

ん~、2月に突入しても、

OP曲はそのままですねぇ。
唐津大会OP

more...

tag : アントニオ猪木 サルマン・ハシミコフ ビクトル・ザンギエフ ウラジミール・ベルコビッチ 辻義就 鈴木修 流星仮面二世

ヨンクチュアリ~ザ・スコアー検証の前編~

今年の3月を以って、

テレビ朝日系列の『ワールドプロレスリング』が、

何と放送50周年を迎えました。
ワープロOP@1976

その長きにわたる放送期間の中でも、

番組の顔とも呼ぶべきオープニングは、
ワープロOP@70年代3

幾度かリニューアルを重ね、

その時代ごとを彩って来ました(参照:OPとED)。
ワープロOP@80年代初頭1

昭和から入ったファンにとっては、

テレ朝スポーツテーマの『朝日に栄光あれ』が、

最も思い入れ深い曲ですが、
昭和のワープロOP

1987年の『ギブUPまで待てない!!』開始以降、
ギブUPのOP@久保田

頻繁に変わっていったOP曲の中で、
ワープロOP@チャゲアス

実は最長使用曲となったのが『ザ・スコアー』なのです。

この名曲に関して盟友・流星仮面二世さんが、

昨年2月にとても興味深い考察をされています。

 団塊Jrのプロレスファン列伝 より
プロレス研究所~ザ・スコアーは本当に新日本が最初だったのか?~

ワールドプロレスリングがザ・スコアーを使用したと思われるのは89年1月14日です。一方、ボクが今回UWFでのザ・スコアーを確認したのは89年5月4日の大会のです。その間、およそ4ヶ月あります。

89年こそ共通ですが、使用時期に4ヶ月の間があるんですね。なのでこれだけ聞くとUWFがワールドプロレスリングのをパクったのではないか?と、そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、他の団体が使用している曲を他の団体が使うというのはプロレスにおいてはタブーでもありますし、やったところで非難はあれど得することもないので、これはちょっと考えられません。


実は『ワールドプロレスリング』でのOP曲使用以前に、

新生UWFの会場で使用されていたのでは!? という説です。

今回、流星さんの後押しを頂く形で(いわゆるいつもの便乗です=笑)、

この『ザ・スコアー』プロレス界初出し映像を、

発掘することに成功しました。

more...

tag : アントニオ猪木 マサ斎藤 橋本真也 小川直也 レッドブル軍団 鈴木修 辻義就 流星仮面二世

海賊亡霊あらわる episode.4(1988)

さてさて、3からの続きです。

会場での帰れコールとは裏腹に、

次々と要求が受け入れられ、

一気にアントニオ猪木との一騎打ちまで登り詰めた、

海賊男ビリー・ガスパーガリー・ガスパー

1988年3.19 長崎国際体育館大会、

セミファイナルのリングに立った猪木の目は、

久々に輝きに満ちていました。
久々に燃える闘魂

続いてリングインしたガスパーズの二人、

一年がかりの物語は遂に本丸へ辿り着きました。
いきなり二人で立ち塞がるガスパー

『ワールドプロレスリング』20年弱にわたるゴールデン放送、

その主役である猪木“最後の抗争相手”は、

まさかまさかの海賊男でした。

アントニオ猪木vsビリー・ガスパー、初対決です。
アントニオ猪木vsビリー・ガスパー

ガスパーズ二人の圧力で赤コーナーに追い詰められ、

身動きがとれない猪木。
孤立無援の猪木は、

たまらずエプロンに出ると、

入場口に向かって誰かを呼び込みました。
誰かを呼ぶと、

背を向けた猪木にガスパーズは猛然と襲い掛かり、

それを救うべく登場したのは、

more...

tag : アントニオ猪木 海賊男 海賊亡霊 ビリー・ガスパー ガリー・ガスパー ディック・マードック

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード