FC2ブログ

天高き季節の再会

2019年9.22 Studio CLASKAにおいて、

プロレス界のスーパースター二人が、

再会を果たした様ですね。

天龍と高田の再会ポスター
 東スポWeb より
天龍源一郎VS高田延彦氏 トークバトルで貴重な証言連発

天龍プロジェクト主催によるミスタープロレス・天龍源一郎(69)と“最強”こと高田延彦氏(57)のトークバトルが22日、東京・目黒区のStudio CLASKAに超満員180人のファンを集めて行われた。テレビのワイドショー番組は、実に6局が取材に訪れた。


23年前にベストバウトを受賞した、

あの壮絶な闘い(参照:すべらないプロレス~前編~同~後編~)も、

天高き、この秋の季節でした。
高田延彦vs天龍源一郎

当時を振り返る高田延彦の言葉です。

高田氏は「当時のUインターの経営は苦しかったけど、試合の話が来たときは『えっ? 本当に神宮球場で天龍源一郎と戦えるの?』というのが正直な気持ちだった。ファイターであり、アーティストであり、格闘家であり、相撲から叩き上げてきた大先輩。対角線上に立って大きな勲章にしたいという気持ちだった」と当時の心境を語った。


Uインターが団体としての求心力を失っていく中、

最後にプロレス界の中心となった一日、

それが1996年9.11 神宮球場でした。

“平成のオールスター戦”と掛け値なしに呼べたその大会において、

メインを締め括った天龍源一郎戦。
長い長い探り合いから、

プロレスの本道から心が離れつつあった高田に、

最後に火を点けたプロレスラーが天龍だったと言えます。

more...

tag : 高田延彦 天龍源一郎 UWFインターナショナル

金曜日に鬼軍曹を

楽しみにしていた『Gスピリッツ』最新号(参照:表紙買い間違いなし。)が、

本日、手に入りました。


アラフィフ世代の私らにとっては、

まぎれもなく毎週金曜の8時に、

レスリング技術のみならず、

人生訓と道徳をも教わった先生、

それが山本小鉄さんなのであります。
ブロディ敵前逃亡を伝える放送席

早速、表紙を開くと、

まず目に飛び込んできたのは、

中野巽耀著『U』の告知!!


いきなり脱線して恐縮なのですが、

まさか中野が著書を発刊するなんて!!

恐るべきG SPIRITS BOOKシリーズ…。

ある意味これはこれで、

一連の国際本のスピンオフなのかも知れません。

いやいや、本題に入りましょう。


more...

tag : 山本小鉄 大塚直樹

海賊亡霊あらわる episode.3(1988)

神出鬼没に2からの続きです。

激動の新日プロマットを、

搔き回すだけ搔き回してから、

忽然と姿を消した海賊男

最後にリングに現われたのは、

1987年6.9 大阪府立体育会館において、

マサ斎藤と組んで臨んだ、

アントニオ猪木高田延彦とのタッグマッチでした。
マサが耳打ち

しかしながらこの時の海賊は、

猪木とマサさんが異口同音に、

これまでとは“別物”であることを断言。
「あれは別物だね」

世代闘争の勃発(参照:行間にシュートPride of instinct.6~当たって砕けろ!! 後編~)から、

猪木とマサの抗争激化(参照:Pride of instinct.1~男なら死ぬまでやってやる!! 前編~同.14~巌流島の決闘 終章~)、

さらにTPGの殴り込み(参照: 天才・かんじの狂気が出るプロレス!!~前編~同~後編~)まで、
TPGin新日本19

リング上が目まぐるしく動いていく中で、

『そもそも海賊は亡霊に過ぎず、初めから存在していなかった』と。
海賊男の正体は…

それぞれのプロレスファンが自分に言い聞かせて、

悪夢を消し去ろうとしていた頃、

雪の札幌に再び海賊男が出現したのです。
札幌に出現した海賊男

more...

tag : 海賊男 海賊亡霊 ビリー・ガスパー ガリー・ガスパー アントニオ猪木 マサ斎藤 ビッグバン・ベイダー 藤原喜明 木村健吾

本当に。

千葉県の停電が全戸解消されたとのことです。

暗い中、暑い中、不便な中、苦しい中、切ない中、

いろいろな局面で闘っていた皆様、

本当に本当にお疲れ様でした。

千葉県民の方、

全力で復旧にあたっていた方、

各方面の対応に追われていた方、

闘病中の方、

幼い命を預かる方、

受験生の方、

他にも様々なシーンで闘って来られた方、

本当に本当にお疲れ様でした。

皆さんのご苦労、ただただ敬服致します。

そしてプロレスファンの方、

本当に、本当に、お帰りなさい。

また一緒にプロレスを楽しみましょう。
最後はダーー!!

でも、まだ復旧作業は続くと思います。

どうか、一日一日お気をつけて。

表紙買い間違いなし。

これは良いです!!

良い表紙です。
Gスピリッツ53表紙大

表紙を見ただけで買いたくなる。

それが真のプロレス本。

more...

tag : 山本小鉄 アントニオ猪木 長州力 藤原喜明 前田日明

何があと少しだと

無責任な記事を書いてしまって、

本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

とてもとても『あと少し』どころか、

「最大で2週間」!!??

2週間も電気のない生活って、

令和元年の現代では命にかかわる問題です。

「あと少し」とか「頑張って」なんて、

本当に無責任なことを書いた自分を恥じたいです。

工事をしている方々も、支援にまわってる方々も、

本当にお疲れ様です。

何よりもここまで不便な生活を耐えてきている方々、

無責任で能天気なことを書き、

申し訳ございませんでした。

本当に一日も早い復旧を願っております。

tag : 大規模停電

あと少しです

先日の大型台風によって、

未だ千葉県など300,000軒近くの世帯で、

停電が続いているとのことです。

ちょうど一年前(参照:備忘録代わりの記事)、

こちらも胆振東部地震の影響で、

停電や断水の事態となり、

コンビニやスーパーでは品不足、

ガソリンスタンドには長蛇の列という、

数日間だけ不便な思いをしたものですが、

関東の場合は北海道とは異なり、

冷房も使用出来ぬまま猛暑が続き、

生命の危険さえも関係してくると思います。

気楽なことは決して言うことが出来ませんが、

あともう少しです。

もう少しで全面復旧だそうです。

それまで私もブログの更新はしません。

また元に戻ったら、

一緒にプロレスを楽しみましょう。

tag : 大規模停電

初秋の嗜み

めっきり朝晩涼しくなりましたねぇ。

こちらはすっかり季節がわりの時期で、

これから夜がどんどん長くなっていくのに備え、

数冊、本を買ってきました。

私が好きな“読書の秋”到来です!

その中の代表が、この2冊です。


more...

tag : アントニオ猪木 モハメド・アリ 宮戸優光 高山善廣 村松友視 KaySuzuki

Pride of instinct.14 ~巌流島の決闘 終章~(1987)

さあ、13からの続き、

アントニオ猪木マサ斎藤の1987年のストーリーも、

その集大成となった『巌流島の決闘』も、

これでファイナルです。
なかなか起き上がれない二人

マサの完璧なまでのバックドロップが決まり、

両者ゆっくりと起き上がりますが、

今度は俺の番とばかり、

猪木もまた完璧な打点で延髄斬り!!
猪木の延髄斬り!!

モロに食ったマサはここで戦意喪失か?

ロープ際まで這っていきます。
マサは戦意喪失か?

猪木が近付いたその時!

マサはあらかじめエプロンに置いてあった薪で、

再び猪木の額に一撃加えました!!
いや! 薪があった!

今度はモロに食ってしまったのは猪木の方で、

形勢逆転に成功したマサは引きずり起こすと、
猪木を引きずり起こすと

2発目のバックドロップ!! これまた完璧な角度!!
バックドロップ!!

マサ
「どうだ参ったかコラ!!」


一発一発が渾身の力を込めたもので、

マサは自らも鼓舞する様に叫ぶと、

よろめきながら起き上がります。
よろめいてロープにもたれるマサ

ロープにもたれ掛かり、

猪木が立つのを待ってから、

more...

tag : アントニオ猪木 マサ斎藤 坂口征二 山本小鉄 船木誠勝 上井文彦

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード