FC2ブログ

Pride of instinct.3~俺ともう一回闘え 前編~(1987)

2からの続きです。

大阪城ホールでの暴動を経て、

1987年春の新日本プロレスは、

急展開を迎えていました。

テレビは月曜夜8時から火曜夜8時に移行し、

新番組『ギブUPまで待てない!!ワールドプロレスリング』として衣替え。
ギブUPまで待ってな~い♪

これが当時のプロレスファンを激怒させる内容で、

中3の私もご多分に漏れず、

こんな夜が来るなんて、

受話器を見つめて黙り込む次第でした。
(左から)山田邦子、男闘呼組、志村香

そんなスタジオの緩いムードを一変させるために、

マサ斎藤は姿を見せます。

マサ
「ここで俺、一言文句言いたい。俺はこの試合に全てを賭けてきた。20年という、アメリカで選手生活送って。それなのに猪木という男、プラス新日本プロレスというやり方は何であるか!? 猪木イズムというのは何であるか!? 俺は理解に苦しむ。それに対して俺悲しい。というのはこの手錠、それに海賊! これでもって俺の試合がメッチャメチャに壊されてしまった。俺はこれ納得いかない。絶っ対に納得いかない! ここで一言、アントニオ猪木に言っておく。もう一度! 猪木、お前が男だったら! お前がレスラーというプライドを持ってるんだったら! 俺ともう一回闘え。俺は徹底的に闘うから」

もう一回俺と闘え!

このアピールにより、

急転直下で再戦が決定しました。

試合前から観る側のテンションはMAX!!(参照:蔵前~両国の名物)
「いのきっがんばれっ!! いのきっがんばれっ!!…」

闘う側のマサは控え室で、

静かに決戦の時を待ちます。
試合前のマサ

その裏でアントニオ猪木は“ある予告”をしていました。
試合前の猪木

それは前日、焼津大会の試合直前のことです。

more...

tag : アントニオ猪木 マサ斎藤 長州力 藤波辰巳 馳浩 飯塚さん 渋沢恵介

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード