月日が師と弟子を変える~後編~(1989)

前編からの続きです。

常に手四つから始まる両者の攻防、

やや押され気味の藤原喜明ですが、

形勢を逆転する一発を秘めていました。
再び手繰り合いから、

それがノーモーションのヘッドバットです。
藤原がノーモーションのヘッドバット!

高田延彦は、

この試合最初のダウンを喫してしまいました。
高田がこの試合最初のダウン

1989年時点においてUWF公式ルールでは、

あらゆる箇所に対する頭突きが認められていたんです。

しかし高田はカウント8で立ち上がると、

序盤から積み重ねたローキックの集中打で、
ローの集中打で、

すぐにダウンを奪い返して、

ロストポイントを同点に戻しました。
今度は藤原がダウン

more...

スポンサーサイト

tag : 高田延彦 藤原喜明

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード