ほとんど真実

『1984年のUWF』で納得いかないことがもう一個あります。

それはこの部分、

ターザン山本
「前田たちは典型的なプロレスラー。金と女とクルマにしか興味のない人間。UWFとは何か、UWFがどうあるべきか、UWFがどうあらねばならないか。そんなことを真剣に考えている人間は、新生UWFにはひとりもいなかった」


要するにUの理想とか概念なんていうのは選手に無く、

全ては週プロの敷いたレールの上に、

後から肉付けされたものである、という物言い。

言い換えれば、“強さ”よりも上位概念としてあるのは、

“金と女とクルマ”という欲望のみ…みたいな。

確かに数々の前田日明の回想を読めば、

“当時はみんなを食える様にしなきゃ…”というのをよく目にしますが、

実際に金銭以外に理想を求めてUWF入りしたレスラーはいます。

1984年の高田伸彦です。
悔しい表情の高田伸彦

この本でも話題になりましたが、

旧UWFでプロデュース面を手掛けた、

イラストレーターの更科四郎が、

8年前のインタビューで証言しています。
更科四郎@kamipro

kamipro130表紙
 kamipro No.130 より

更科
「では、なぜ前田さんと高田さんが藤原さんについていったかっていうと、藤原さんみたいな関節技を身につけたら強くなれるって本気で信じてたから。つまり、猪木さんに一番騙された二人なんですよ」


まず、間違いなく新日本における藤原組(80'S)は、

強さを求めて出来上がった集団だったのです。
藤原、高田UWF移籍会見

more...

スポンサーサイト

tag : 高田延彦 仲野信市 更科四郎 新日本プロレス80'S

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード