さらば愛しき危険たちよ(2015)

あの日から丸一年ですか。

そして今年も今日と明後日に、

RIZINは開催されます。

日本における総合格闘技のレジェンド、

桜庭和志が残した、

現時点において“最後の作品”。
桜庭父子の会話1

4年3か月ぶりにMMAのリングに上がった桜庭は、

死を覚悟したうえで、
桜庭父子の会話2

青木真也の前に立ちました。
“アジア最強の寝技師”青木真也

緊張から来ていたのか、

入場時の表情には精気がなく、

むしろ気だるそうに見えます。

それもそのはず、

青木に合わせてウェイトを77.6キロまで落としていました。
“帰って来たIQレスラー”桜庭和志

あの日を思い出しながら(参照:RIZINを地上波で観た)、

2015年12.29 さいたまスーパーアリーナ

RIZIN~SARABAの宴~

桜庭和志vs青木真也
を振り返ります。
桜庭和志vs青木真也

more...

スポンサーサイト

【煌け!!レガ大賞2016】

あ~あ今年も、あと三日で終わりを告げますよ。

例によって光の速さで一年が過ぎていく。

今年のプロレス界は年頭の激動をものともせず、

新日は内藤哲也(東スポ・プロレス大賞MVP)らL.I.Jの活躍で盛り返し、

他団体は好調をキープするところ、

厳しい局面を打破すべく再編に乗り出したところ、

はっきり二極化されました。

日本マット界はよりシビアなサバイバル戦に突入した模様です。

そんな中、今年も掉尾を飾る【レガ大賞2016】の始まりですっ!!
20160718プチサミット

more...

tag : 柴田勝頼 天山広吉 永田裕志 中西学 中嶋勝彦 潮崎豪 マイバッハ谷口 マサ北宮 亀熊 タイガーマスクW

つぶやきピロートーク・改

いいか悪いかはわからんが、

日本という国の中の大きな文化が、

今日、一つ終わったと思う。

tag : SMAP

ロンTジェネレーション

XMASですか~、

いやぁ先日初めて知ったんですけど、

クリスマスの表記って、

これまで『X'MAS』だと思っていたんですけど、

『'』っていらないそうなんですよね。

これまでずっと付けてきたんですけど、

『XMAS』で正解だそうな。

という事でXMASソング行きましょうか。

JUN SKY WALKER(S)です。
J(S)W1

このクリスマスソングがヒットした頃、

ちょうど高2ですね…これまた甘酸っぱいっす。

とにかく感化されてて、

学ランの下は毎日ロンT着ていましたね~。

まず聴きましょか!

more...

tag : J(S)W

酒のうたい手

昔は何とも思わなかった曲や歌が、

ある年齢に達すると、

深く深く胸に沁みわたる事って多々ありますよね。

私にとっては、

河島英五さんの曲もそれに当たります。
河島英五2

とにかく“酒”が歌詞の中に出てきますが、

そこには歓喜の酒だったり、

落ち込んでどん底で飲むヤケ酒だったり、

様々な酒の味があります。

今宵はそんな名曲の数々をお聴き下さい。

more...

tag : 河島英五

『Road to TOKYO DOME』から『Road to きたえーる』

昨夜テレ朝ch2で放送された新日本プロレス年内最終興行を、

録画しておいて本日観ました。
テレ朝ch2にて12.17後楽園観戦

12.17 後楽園ホール『Road to TOKYO DOME』ですね。

思った事だけつらつらと書き殴りますんで、

気が向いたら読んで下さるとありがたいです。

more...

tag : オカダ・カズチカ ケニー・オメガ KUSHIDA 高橋ヒロム 柴田勝頼 後藤洋央紀 中西学

12歳の老犬と共に13歳の冬へタイムスリップ

ここ一週間、

北海道は局地的な大雪に見舞われました。

幸いにも豪雪地帯で有名なマイホームタウンでは、

それ程の積雪もないまま冬に突入しております。

しかしながら今週は、

別な事で心労致しました。
愛犬との散歩20161216~1

more...

tag : 愛犬 古舘伊知郎 山本小鉄 吉田豪

超獣と仮面貴族の間にアラモ砦(1983)

年末といえば新日も全日もタッグリーグ戦。

今でも続くこの伝統が、

我々プロレスファンに刷り込まれたのは、

1977年のオープンタッグを起源とする全日の『最強タッグ』からですね。

先日のスカパー無料放送日にG+で、

『'83世界最強タッグ決定リーグ戦』を、

観る機会に恵まれたのですが、

私が最も興味深かったのは、

約6年前、目にした『Gスピリッツ』におけるドクトル・ルチャの記事、
ドクトル・ルチャの検証@Gスピリッツ18

“超獣”ブルーザー・ブロディ“仮面貴族”ミル・マスカラスの間で起きた、

“不穏試合”の一部始終です。

Gスピリッツ18表紙
 Gスピリッツ Vol.18 より

ドクトル・ルチャ(清水勉氏)
ブロディには、生前2度ほどインタビューしたことがある。そこで感じたのは、ミル・マスカラスに似ているということ。とにかくやたら頭の回転が早くて博学、人一倍プライドも高く、そして何より決して自分の考えを曲げない「強い思想」を備えているという点だ。もし2人が何かで議論したら、意気投合して親友になるか、あるいは掴み合いになるか―。水と油ならぬ、発火性の強い油同士という印象を持った。


それではこの記事を元に、

1983年12.5 福岡国際センター

83世界最強タッグ決定リーグ公式戦

スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディvsミル・マスカラス、ドスカラス
を検証してみましょう。
超獣コンビvsマスカラス兄弟

more...

tag : スタン・ハンセン ブルーザー・ブロディ ミル・マスカラス ドスカラス ドクトル・ルチャ

運命の不協和音 WoO.1.5 ~Another KING KONG~

先月末の亀熊さんとのテーブルマッチ(参照:ファイアーバードサミット 2016冬)の際、

ありがたく頂戴した貴重な昭和新日DVDの中に、

“超獣”ブルーザー・ブロディの姿もありました。
20161126ファイアーバードサミット4

それはまさしく私が所有していない映像でして、

一つは新日マット初登場のシーン。
左手のチェーン右手に花束

もう一つはアントニオ猪木との初対決直前に、

山本小鉄さん自ら取材に赴いたサンアントニオ・ロケ。
ブロディ!!

今記事をもって、

一連の猪木vsブロディ記事完結編とさせて頂きます。

初回の記事(参照:運命の不協和音 WoO.1~バーニングスピリット~)と併せてお読み下さると幸いです。

それでは早速、

31年前の春にタイムスリップ致しましょうか!

1985年の紫レガ2号さーん!!

more...

tag : アントニオ猪木 ブルーザー・ブロディ 山本小鉄 亀熊

七色の夢に染まるプリズム

プロレス関連のいろんな動画を巡っていると、

気が付けば最後は、

懐かしい曲を聴きまくっている訳で(笑)。

何も考えずつないでいると、

PERSONZに再会しました。
PERSONZ2

圧倒的なパワーの女性ボーカリスト、JILL
PERSONZ3

ヒールの女子プロレスラーじゃないですよ(笑)。

そのケバいメイクと対極の繊細なハスキーボイスが大好きでした。

一番最初に出会った曲はこれです。

more...

tag : PERSONZ

追悼・もう一人のボディガード

先月末の事、

永源遥、突然の訃報に驚きました。

 東スポWeb より
“ツバ攻撃”の名脇役 永源遙さん急死 サウナで突然倒れる

元プロレスラーの永源遙(えいげん・はるか、本名同じ)さんが28日に急死した。死因は不明。70歳だった。永源さんは1966年のプロレスデビューから6団体を渡り歩き、ファンから「名脇役」として愛された。くしくも全日本プロレス時代の後輩だった故ハル薗田さん(本名・薗田一治=享年31)の命日にまた一人、プロレス界を代表するバイプレーヤーが旅立った。


急死・永源さん 死因は「急性心筋梗塞」

プロレスリング・ノアは29日午後、28日に急死した元プロレスラー・永源遙(えいげん・はるか、本名同じ)さん(享年70)の死因が急性心筋梗塞だったと発表した。

成城警察署の検視の結果、28日午後4時30分ごろ都内のサウナで倒れ、1時間後に発見された。緊急搬送先の病院で死亡が確認された。


全日、ノアでの悪役商会キャラが確立されていますが、

元はといえばデビューは東京プロレス。

その後、新日の全盛期までアントニオ猪木に仕えた側近の一人です。
猪木と永源@パキスタン

猪木のコメントも載せておきます。

猪木氏が永源さん追悼コメント 1か月前に会食「本当に元気が良かった」

猪木氏にとっては、いわば最初の“弟子”で50年の付き合いになる。猪木氏は「サウナの中で死んじゃったの? みんなしようがない。オレたちの仲間は体を酷使している。スポーツということ以上にね」と達観した様子で語った。

(略)「レスラーでも型破りの営業ができた。なかなかレスラーでもそんなにいない。当時の新日本の裏のほうでも動いてくれた。相撲時代のタニマチの関係もあった」。永源さんは“営業部員”としても実力は抜きん出ていたという。

(略)猪木氏との“師弟関係”は続いた。1か月前にも会ったばかりといい「共通の友達がいて、何回か銀座でもメシを食った。本当に元気が良かったから、会うと昔の話になって『いや~(あのころは)良かったですね』って言ってましたよ。謹んでご冥福をお祈りします」と故人をしのんだ。


『型破りの営業』、『裏のほうでも動いてくれた』、『相撲時代のタニマチの関係もあった』。

永源といえば荒川と並んで、

その人脈から来る営業力が有名でしたね。

裏にも顔が利く上、リングでの実力も持ち合わせていた事で、

藤原喜明同様に、

猪木は全幅の信頼を寄せていました。

危険な場所に赴く際、その傍らには、

必ず永源の姿があったんですよね。

more...

tag : 訃報 永源遥 アントニオ猪木

至福の時間

休日前の至福の時間、
至福の時間

一番搾りと、

ペッパーベーコン柿ピー。

ブログ書きながら、

今日はアメトーーク『WWE芸人』鑑賞。

束の間の贅沢気分。

tag : ペッパーベーコン柿ピー アメトーーク

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード