獅子と狼のレスリング勝負~後編~(1978)

『プレ日本選手権』優勝決定戦、前編からの続きです。

ヒロ・マツダの左肘に攻撃の照準を絞ったアントニオ猪木

“腕折り殺法”ショルダー・アームブリーカーが数発決まると、
猪木の表情!!

マツダは必死のロープエスケープ。

一旦離れてから猪木はさらに、

マツダの左肩までも破壊にかかります。
さらに左肩を極めに行くと、

これに対してマツダは、

一瞬身を沈めると抱え上げてサイドバスターによる脱出。
マツダ起死回生のサイドバスター

猪木はローラン・ボック戦(参照:欧州“殺し”紀行~vier~同~finale~)で痛めた腰を痛打しました。

そこにマツダはスピニング・トーホールドから、
スピニング・トーホールドから、

猪木を場外へ蹴落としていきます。
猪木を場外へ蹴落とすと、

深追いしないのもマツダ流の戦術でしょうね。

再び群がる狼軍団にすぐさま割って入る新日軍、
群がる狼軍団に新日側も猪木を護衛

一瞬の予断も許されません。

more...

スポンサーサイト

tag : アントニオ猪木 ヒロ・マツダ プレ日本選手権

獅子と狼のレスリング勝負~前編~(1978)

1978年末の『プレ日本選手権』(参照:“殺し”の代償)続編となります。

長い欧州遠征で心身ボロボロで臨んだ激しいトーナメントも、

実力で優勝決定戦まで進出したアントニオ猪木
優勝戦に臨む猪木

さらにはWWWF選手権までも敢行し、

辛くも勝利を得たものの王座奪取はならず、

狼軍団の不法乱入により、さらに深い傷を負ってしまいました。
しかしWWWFルールによりベルト移動なし

怒りを胸に向かったリングの対角線上には、

かつて無法地帯テネシーを共に闘い抜いた、

ゴッチ道場の兄弟子、ヒロ・マツダが立っていました。
ヒロ・マツダと狼軍団

1978年12.16 蔵前国技館

プレ日本選手権優勝決定戦

アントニオ猪木vsヒロ・マツダ


新日正規軍と狼軍団の頂上対決です。
アントニオ猪木vsヒロ・マツダ

more...

tag : アントニオ猪木 ヒロ・マツダ プレ日本選手権

地上波でRIZIN GP2016開幕戦を観た

帰宅後、愛犬の散歩を済ませ、

夕食を摂りながら、

『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND PRIX 2016開幕戦』を観ました。

完全なる私見ですけども、

文句なしに面白かったのはアーセンvs才賀、

最もピリピリしたのは所vsクロン、

他流試合の醍醐味感じたのは美憂vsRENA、

一番つまらなかったのは藤田vs把瑠都です。

more...

tag : 藤田和之

5分延長だ!! テンミニッツだー!!

9.22、涼しい秋風が吹く休日の夜、

“NWA傘下団体”『ASP』を観戦して参りました。

会場は札幌から車で30分の当別町にある、

白樺コミュニティセンターという小ホール。
アジアンプロレス初観戦1

こんな地方会場に、

かつてのゴールデンタイムを彩ったスターが来襲したのです。

その名は“悪の正太郎くん”将軍KYワカマツ
将軍KYワカマツ見参

大会前夜に急遽決定した観戦、

そこには心強い諸先輩2人の姿もありました。

more...

tag : アジアンプロレス 将軍KYワカマツ サトウヨンペイ 亀熊

妖しい季節

9月ですね~、

もう9月も終わりに差し掛かってますけどね~、

9月と言えばこの曲が聴きたくなりますよね~。

私、冗談抜きで当時、

この人とデヴィッド・ボウイって同一人物だと思っていました(笑)。

土屋昌巳
土屋正巳

一風堂ですね~。

more...

tag : 一風堂 土屋昌巳 MODS 森山達也

“殺し”の代償(1978)

1978年末、アントニオ猪木は、

『欧州世界選手権シリーズ』(参照:欧州“殺し”紀行~eins~同~zwei~同~drei~同~vier~同~finale~)から帰国すると、
ボックが判定勝利

ローラン・ボック戦における歴史的敗戦の傷癒えぬまま、

すぐさま日本での戦列に復帰しました。
ボック勝利に猪木呆然、新間氏は激しく抗議

自ら不在の間に開幕した『プレ日本選手権』です。

猪木はシード権による決勝トーナメントからの出場、

その一回戦の相手は予選リーグ8位通過の、

同門、星野勘太郎でしたが、

欧州遠征での激戦の代償はかなり大きなものでした。
ガッチリと握手を交わして試合開始

1978年12.5 福岡市九電記念体育館

プレ日本選手権決勝トーナメント一回戦

アントニオ猪木vs星野勘太郎
、振り返りましょう。
アントニオ猪木vs星野勘太郎

殺人的日程だった欧州遠征でコンディション最悪の猪木、

序盤はグラウンド中心に攻めていきますが、
序盤、星野をコントロールしていく猪木

腕に覚えのある星野も簡単には取らせません、

持ち前のスピードでバックを奪います。
星野もバックを奪いに行くが、

猪木もすぐさま奪い返しますが、

星野のディフェンスも完璧です。
グラウンドは猪木のペース

more...

tag : アントニオ猪木 星野勘太郎 ボブ・バックランド プレ日本選手権 WWWFヘビー級

LET'S TRY!


大変失礼致しました!!

昨夜は記事作成中に寝落ちしてしまいました。

もうとっくに↓のリンク先を覗かれたかと思いますが、

プロレスファンなら、ぜひチャレンジしてみて下さい!!

流星仮面二世さんが作り上げた渾身のプロレス問題集!!

プロレスファンなら絶対楽しいですよ~!!

問題用紙の最初の方だけピックアップしてみますけど…、

 団塊Jrのプロレスファン列伝 より
団塊Jrのプロレスファン列伝
秋の夜長に

1. 【名】下記にあげるニックネームのレスラー名を答えなさい。

①燃える闘魂
(          )

②和製カーペンティア
(          )

③仮面の魔豹
(          )

④人間風車
(          )

⑤闘う青年将校
(          )

⑥飛鳥仮面
(          )

⑦爆弾小僧
(          )

⑧狂乱の貴公子
(          )

⑨黒い魔神
(          )

⑩スーパーロデオマシーン
(          )

⑪金髪のパンク野郎
(          )

⑫放浪の殺し屋
(          )

⑬黒い呪術師
(          )

⑭入墨獣
(          )

⑮ミズーリの隼
(          )

⑯荒くれ牧童
(          )

⑰ウガンダの大魔神
(          )

⑱喧嘩番長
(          )

⑲流血怪人
(          )

⑳流血大王
(          )


どうですか? わかります?

カンニングは無しですよ!

それからネット検索しながら…とかコズルイ真似もダメよん!!

さぁ!! わかったら、早速やって来~~~ひ!!

tag : 流星仮面二世

サミット日程決定!!

やや調整が難航したものの、

サミット開催日が決まりましたよ~。

当初の主催者発表通り、

10月22日土曜日

開始は夕刻を予定しております。

早速、出場予定選手の発表です。


more...

tag : 1972サミット

“続けること”が何よりも宝物

手短に行きますよ、今夜は。

安生洋二がMVに出てるって知ってました?
クリフエッジ×安生洋二1

それも元プロレスラーの焼き鳥屋さん修行中という、

本人そのものの役柄で、
クリフエッジ×安生洋二4

歌っているのはクリフエッジという3人組でして、
クリフエッジ×安生洋二2

撮影の舞台はもちろん『市屋苑』です。

more...

tag : 安生洋二 クリフエッジ

急告!!(追記)

サミットなんですが…、

10月22日、私が駄目でした(泣)。

他の日でどうでしょうか(号泣)。

ケロ姐さん…ごめんなさい。

10月8日以外の月前半って、

皆さんいかがでしょうか?

或いは9月後半の週末ってどうでしょうか?

勝手言って申し訳ございません(深々礼)。

ヨンクチュアリ~旅姿六人衆検証編~

夏休みはとっくに終わりましたが、

まだ私の夏の宿題、片付いていませんでした。

それはサトウヨンペイ先生からの課題

この88サマーファイトシリーズの2連戦?を特定しましょうよ!

レガさんならできますよo(^▽^)o

最初がヘルナンデス・ソイヤー・アサシンがメインで次の日が黄金コンビのタッグマッチ?

バスの中は明らかに同日だとして(笑)

函館とか室蘭の気が・・


う~ん…これはかなり難易度の高い宿題かな???

でもやれるところまでやってみましょうか!!
旅姿六人衆1

まずはいつものデータベースに立ち寄り、

当時の日程を調べてみるとしますか。

1988年夏の週刊ゴングからなのですが、
1988サマーファイト・シリーズ8

1988サマーファイト・シリーズ9

読んでいくと、

当時の記事も懐かしい…飛龍革命、天龍革命、新生UWF“真夏の格闘技戦”、

そして超獣の死があったんですよね。
1988サマーファイト・シリーズ10

1988サマーファイト・シリーズ12

とりあえず北海道の巡業ルートは把握しました。

旭川→帯広→小樽→札幌→苫小牧ですね。

続いて調べるのは各会場のカードです。

more...

tag : アントニオ猪木 駒沢シバティスト サトウヨンペイ alive

サミットしませんか?

そろそろサミットどうでしょうか?

札幌で集まれる方、

ご希望の日時をコメント下さると幸いです。

どうぞ、宜しくお願い致します。

ゴールデンタイム進出

雨上がり決死隊のトークバラエティ『アメトーーク』が、

10月から何と週2回の放送になる模様です。

 アメトーーク!番組公式 より
アメトーーク週2回放送決定
速報!!日曜もアメトーーク!!
10月から『アメトーーク!』が週2回に!!


凄いですね~! 週2回って、まるでWWEじゃないですか。

これまで幾多の人気深夜番組が、

ゴールデン進出によってダメになっちゃいましたが、

『アメトーーク!』はゴールデン特番での実績もありますから大丈夫でしょう。
アメトーーク!OP

プロレス人気再燃のきっかけを作ってくれた番組だと思っていますので、

“これまで通り”に頑張っていって欲しいです。

まずは加地さんはじめ、スタッフの皆さん、

おめでとうございまーーす!!



かつて好企画、『昭和プロレス芸人・新日編』(参照:アメトーーク×昭和プロレス芸人続・俺達の飛龍革命)でも、

ゴールデンタイムにおけるプロレスの偉大さが語られていました。

まずは有田哲平が口火を切ります。

有田
「金曜8時って何観てた?」
昭和プロレス芸人1

受けて立つMCは雨上がり決死隊のお二人、

ホトちゃん
「『金八先生』とかちゃう?…」
昭和プロレス芸人2

ひな壇一同
「(小馬鹿にする様に)ああー…そんなドラマあったんですね」

ここでケンドーコバヤシが一言、

ケンコバ
「都市伝説でしょ、それ?」
昭和プロレス芸人3

宮迫
「僕は『太陽にほえろ!』…」
昭和プロレス芸人4

ケンコバ
「(半笑いで)そんな宮迫さん、吠えた事もないくせに…」
昭和プロレス芸人5

とことん裏番組を馬鹿にしておいたところで、

本題に入ります。

more...

tag : アメトーーク! 雨上がり決死隊 有田哲平 ケンドーコバヤシ 岡田圭右

THE BLOGER

今一番面白いブロガー、それは駒シバさん

間違いなく。
駒沢シバティストさん(c)

こんなブログを書いてみたい。

たった一度でいいから。

 ~柴田勝頼 未公認応援 ブログ~ 今日のブログ後のテーマは、「○○」です。 より
スーパー・ササダンゴ・マシンが言ったこと

誰がいくら金を落とすとか、マーケティングしたところブームを作るのは女性でコンテンツに金落とすのが女性でとか、いやいや30代~40代で金稼ぎ始めた男がガッツリ金落とすとか、んなことどうでもいいんですよ。
オンナとかナオンとかどうでもいいんですよ。

いっぱい金落とすやつが偉い。
それだけっすよ。

もっと言えばこれからプロレス界が発展してほしいとか、ゴールデンタイム復活してほしいとか全く微塵も思ってないですからね。
私はまったく興味なし。
それは今もこれからも変わらないでしょうね。


この記事読んだとき、

自分の中で忘れかけていた何かが沸々と甦ってきました。

この感覚は今年のG1最終戦で、

柴田勝頼のアレ(参照:テレ朝ch2でG1両国三連戦を観た~後編~)を観た時の気持ち良さと非常に酷似。
柴田に猪木が憑依

more...

tag : 柴田勝頼 駒沢シバティスト

宮戸語録 vol.31~格闘技世界一決定戦がつないだもの~

久しぶりの宮戸語録であります。

宮戸優光原理主義者”の紫レガとしましては異例の、

実に1年半ぶりの記事となります。
宮戸優光解説員

唐突ですけど今回のテーマは『格闘技世界一決定戦』。

始祖であるアントニオ猪木と、
猪木引退特番での猪木アリ検証17

高田延彦をつなぐ壮大なロマンです。
格闘技世界一決定戦 高田vsバービック

「プロレスに市民権を得る為」の猪木の闘いを、

UWFインターでリメイクした宮戸にとって、

この継承は志を同じく持ってのものでした。

UWF最強の真実表紙
 U.W.F.最強の真実 より

宮戸
「格闘技世界一決定戦」というタイトルは本来、異種格闘技戦なんていうものはやってはいけないんだという、我々のひとつのこだわりから出てきた。単なる異種格闘技戦は邪道である。ただ、「格闘技世界一決定戦」は我々がポリシーを貫くために、「格闘技世界一を賭けてナンバーワン同士が闘い、プロレスの名誉を掛けて、プロレスの強さを世に知ってもらうために闘うんだ」という、ひとつの決意だった。また、過去に猪木さんがやった「格闘技世界一決定戦」に対しては、「あのテーマを引き継いでやれるのは我々しかいない」と120パーセント意識した。


モハメド・アリという世界規模のスーパースターから、

ミスターXやアノアロ・アティサノエという三流まで相手にした猪木でしたが、

Uインターはその中でも『格闘技世界一』の名に相応しい、

各競技のトップのみに照準を絞って、

この路線を引き継いでいった訳です。

more...

tag : アントニオ猪木 高田延彦 宮戸優光 格闘技世界一決定戦

このまま君と 旅に出よう

立て続けに北海道を襲って来た台風も、

やっと治まりました。

残した爪痕はかなり大きかったですが、

災害に遭われた方には、

心よりお見舞い申し上げます。



さて、台風が通過しても日中の暑さは変わらないのですが、

陽が沈むと…虫の鳴き声も窓から入る風の匂いも、

「もう秋かな?」と。

今宵は夏の終わりに聴きたくなる、

鈴木雅之の名曲をお送りしましょうか。
鈴木雅之2

まず、夏が終わりを告げるこの切ない歌詩から。

more...

tag : 鈴木雅之

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード